略歴・概要とは? わかりやすく解説

略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 11:25 UTC 版)

一年余日」の記事における「略歴・概要」の解説

1933年昭和8年11月1日発行の『サンデー毎日』に掲載され山手樹一郎小説一年餘日』を原作に、伊丹万作脚本書き上げ、年をまたいで製作が行なわれて、原作発表後のわずか3か月後の翌年1月31日早くも公開された。伊丹前作渡鳥木曾土産』はそのわずか2週前の同年1月14日公開されているが、この前作の原作採用され佐伯清が、その縁で、本作以降5年間、『巨人傳』までの伊丹10作品助監督務めることになった日活データベースによれば東京では『炬火 都会篇』と同時上映された」と記述されており、本作公開におけるメイン館である浅草公園六区富士館では、『炬火 都会篇』は本作公開翌日である2月1日から公開されている記録がある。 同年昭和九年度キネマ旬報ベストテン第4位を獲得、これは、伊丹にとって『國士無双』(第6位、1932年以来2年ぶりのランクインであり、伊丹監督作のなかでは次年度の『忠次売出す』(1935年)とタイであり、伊丹にとっては生涯最高位ランクインである。田中純一郎は、木村錦花原作の『研辰の討たれ』(1932年)、長谷川伸原作の『刺青奇偶』(1933年)において「原作の持つ主題遙かに超えた映畫的表現示した」と評し山手樹一郎原作得た本作についても「好個題材得てまたもや絕妙構成見せた」と評している。伊丹は、同年5月17日公開され伊藤大輔監督日活京都撮影所作品忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇』に応援監督として尾崎とともにクレジットされたのが次作であり、それを最後に片岡千恵蔵プロダクション退社新興キネマ移籍しており、本作が同プロダクション在籍時の最後単独監督作単独監督作での最後サイレント映画となったトーキー作品戦国奇譚 気まぐれ冠者』(1935年)と同じく赤西蠣太』(1936年)は、新興キネマからの出向による作品である。 2013年平成25年1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、映画武道大鑑の上映用プリント所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである。

※この「略歴・概要」の解説は、「一年余日」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「一年余日」の記事については、「一年余日」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 16:09 UTC 版)

伯爵夫人 (田口掬汀)」の記事における「略歴・概要」の解説

小説伯爵夫人』の初出は、田口掬汀勤務先発行する萬朝報紙上で、1905年明治38年)に掲載された。同年田口本名である「田口次郎名義での個人事業として、『伯爵夫人』全2冊が刊行されている。同作、および前年同じく萬朝報』に連載した女夫波』はたいへん人気となり、いずれも映画化されている。 本作は、発表7年後に、日活へ合併目前とした横田商会で『ルイズの最後』のタイトル映画化されその3年後に日活向島撮影所リメイクされている。 映画ルイズの最後』は、いずれのヴァージョンも、東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵されていない小説伯爵夫人』は、2009年平成21年12月現在、すべて絶版である。青空文庫にも収録されていない国立国会図書館の「近代デジタルライブラリー」には、1905年版、1910年版がデジタル画像収録されており、ウェブサイト上で閲覧ダウンロードが可能である。 ⇒ #ビブリオグラフィ

※この「略歴・概要」の解説は、「伯爵夫人 (田口掬汀)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「伯爵夫人 (田口掬汀)」の記事については、「伯爵夫人 (田口掬汀)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 17:08 UTC 版)

ニッポンシネマコーポレーション」の記事における「略歴・概要」の解説

1945年昭和20年8月15日第二次世界大戦終了以降日本でもアメリカ映画中心とした連合国映画解禁になり、同社は、1948年昭和23年3月、その流れのなかで設立され広く欧米の映画日本紹介したアメリカインディペンデント映画会社であるリパブリック・ピクチャーズ共同同社映画配給するほか、英国映画協会日本事務所組んでイギリス映画イタリフィルム組んでイタリア映画等を配給したほか、北欧映画、外映協(外国映画輸入配給協会)、日活大映とも共同配給行った戦前製作され作品も、さかのぼって初公開した。 同社会長務めた曾我正史は、戦前映画監督振津嵐峡としても知られ戦後大映専務取締役1958年昭和33年)には大映退社し日映設立した人物である。また会長歴任した加藤辰彌外国映画輸入協会会長務めた1957年昭和32年)、ヘラルド映画北欧映画合併し1960年昭和35年)からはヘラルド映画とも共同配給進めたが、1961年昭和36年7月ヘラルド映画株式会社合併して日本ヘラルド映画株式会社現在の角川映画)となり、消滅した

※この「略歴・概要」の解説は、「ニッポンシネマコーポレーション」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ニッポンシネマコーポレーション」の記事については、「ニッポンシネマコーポレーション」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 17:11 UTC 版)

日本映画プロダクション」の記事における「略歴・概要」の解説

日活大将軍撮影所20歳美少年俳優市川市丸パトロンがつき、1927年昭和2年)に奈良設立したのがこの「日本映画プロダクション」である。監督には帝国キネマ芦屋撮影所から阪東妻三郎プロダクション経て同年直木三十五主宰の「連合映画芸術家協会」製作の『一寸法師』を、中川紫郎の「中川映画製作所」で撮っていた志波西果迎えた設立第1作新撰組テーマにした市丸主演作『宣戦布告』で、同作同年6月10日公開された。しかし、新進剣戟俳優林長二郎(のちの長谷川一夫)や市川百々之助擁したメジャー会社大宣伝に押され興行的に苦戦した同社設立にあたってカメラマン唐沢弘光帝キネ芦屋から引き抜きマキノ・プロダクションにいた俳優鳥羽陽之助入社したが、志波が2本、スタジオオーナーの中川紫郎が2本撮って同社解散した鳥羽市丸出演しない『東海道四谷怪談』初め主役張ったことが救いである。市丸東京河合映画製作社流れ志波唐沢鳥羽日活へ流れた中川マキノ拾い提携会社勝見庸太郎プロダクション」の理事などで遊ばせてくれたようである。

※この「略歴・概要」の解説は、「日本映画プロダクション」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本映画プロダクション」の記事については、「日本映画プロダクション」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 17:17 UTC 版)

日本映画 (映画会社)」の記事における「略歴・概要」の解説

1932年昭和7年)、京都等持院撮影所映画量産していた「東活」が、東京地区撮影所新設しようと本多嘉一郎派遣北多摩郡調布町大字布田小島分(現在の東京都調布市多摩川6-1-1角川大映撮影所)に白羽の矢立てたが、まもなく「東活」は解散京都撮影所競売付された。 解散した東活」を母体に、同社社長中山貞雄京王電気軌道現在の京王電鉄)と提携し1933年昭和8年)に設立されたのがこの日本映画株式会社である。ひきつづき日本映画多摩川撮影所」として建設した当時レジャーランド京王閣」、および「多摩川原駅」(現在の京王多摩川駅)が至近の好立地であった1934年昭和9年)、同社倒産建設した撮影所日活買収し、「日活多摩川撮影所となったが、第二次世界大戦時統制1942年合併して大映多摩川撮影所となった戦後本多1962年7月選挙当選し、第4代調布市となった

※この「略歴・概要」の解説は、「日本映画 (映画会社)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本映画 (映画会社)」の記事については、「日本映画 (映画会社)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 17:14 UTC 版)

日本映画プロダクション連盟」の記事における「略歴・概要」の解説

1928年昭和3年4月牧野省三率いマキノ・プロダクション四国ブロック配給会社三共社の山徳次郎は、阪東妻三郎プロダクション経営者立花良介とともに以前から映画作家インディーズ興行に熱心であった神戸菊水キネマ商会大島らを中心とした全国150館の独立系映画館主に呼びかけ、「日本活動常設館館主連盟映画配給本社」を設立配給会社中間マージン排除し独立プロダクションへの製作費のダイレクトな出資および興行方針打ち出した同時期、片岡千恵蔵先陣切って退社し嵐長三郎牧野にかつて命名された名を返上して退社して嵐寛寿郎名乗り、また山口俊雄中根龍太郎市川小文治山本礼三郎武井龍三尾上梅太郎(「マキノ梅太郎」名返上)ら50数名スター中心とした俳優大挙してマキノ・プロダクション退社した同年5月10日片岡が「片岡千恵蔵プロダクション」(千恵プロ)を設立、嵐、山口中根小文治、山本それぞれプロダクション設立、「千恵プロ」、嵐の「嵐寛寿郎プロダクション」(第1次寛プロ)を中心としたスタープロダクション5社が結成したのがこの「日本映画プロダクション連盟」である。 またこのとき、山崎共鳴したマキノ大道具主任河合広始撮影技師田中十三マキノ退社京都双ヶ丘貸しスタジオ日本キネマ撮影所」(双ヶ丘撮影所)を設立した。同撮影所は「日本映画プロダクション連盟撮影所」と呼ばれることもあり、同連盟もっぱらこれをレンタルし、スタッフ・キャスト共有し協力して映画製作行なった。 しかし、製作費の出資興行をになう山崎の「館主連盟」が同年7月末には早くも瓦解、「千恵プロ」と「寛プロ」以外は解散余儀なくされた。大島神戸経営する菊水館」を中心に興行協力する映画館残ったが、寛プロも翌1929年昭和4年2月には解散、嵐は東亜キネマ京都撮影所等持院撮影所)に入社した。 「千恵プロ」は同年1月嵯峨野自前撮影所千恵蔵映画撮影所」をオープン双ヶ丘撮影所離れて映画製作続行した武井龍三は「千恵プロ」から独立双ヶ丘撮影所に「武井龍三プロダクション」を設立し3本映画製作したが、失敗終り解散した解散後スター含めたキャストスタッフのほとんどは、マキノ以外のメジャー撮影所移籍、あるいは舞台出身の者は舞台戻った

※この「略歴・概要」の解説は、「日本映画プロダクション連盟」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本映画プロダクション連盟」の記事については、「日本映画プロダクション連盟」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 15:14 UTC 版)

丹前風呂」の記事における「略歴・概要」の解説

丹前風呂」の語源となった丹後守堀直寄)の屋敷は、神田佐柄木町(さえぎまち)にあったとされ、現在の神田小川町神田淡路町神田司町2丁目のあたりだという。寛永年間1624年 - 1645年)に、「摂津国風呂」という大規模な施設ができたという。湯女多数抱えており、「遊里の趣」があった、つまりは遊廓のようであったという。江戸の他地区他店比較して容色優れた湯女多く身分のある武家の身でありながら身を持ち崩した者も現れたという。 「丹前風呂」に限らず湯女風呂発展には目に余るものがあるとして、江戸幕府は、1637年寛永14年)に1店につき3人以上湯女を置くことを禁じたが、徹底され効果はなかった。 有名な湯女勝山がいたことで知られる紀伊国屋風呂市兵衛の「紀伊国屋風呂」も、寛永年間始まったとされ、勝山1646年正保3年)に同店に入った1648年慶安元年)には、湯女を置くことの全面禁止が行われたが、やはり徹底され効果はなかった。 ほかにも丹前地区にあった風呂屋には、「桔梗風呂」、「山方風呂」、「追手風呂」等があった。「桔梗風呂」には吉野という湯女がいて、彼女が「丹前節」(略称「丹前」)という小唄流派元祖とされる。「紀伊国屋風呂」の湯女・市野は、吉野一番弟子であったが、歌の技術吉野優った。「紀伊国屋風呂」の勝山おなじく采女吉野直接指導受けた。「山方風呂」の幾夜、「追手風呂」の淡路は市野の弟子であった。ほかにも独自の小唄歌った山方風呂」の柏木という湯女もおり、いずれも優れたであったとされる。 「丹前節」を参照 1657年明暦3年)には、幕府200軒に余る江戸全域風呂屋経営禁止し紀伊国屋風呂市兵衛らをはじめ、「丹前風呂」の業者たちはいずれ廃業追い込まれた。「紀伊国屋風呂」の勝山および「山方風呂」の幾夜は、同年9月明暦3年8月)、転じて新吉原山本芳潤山本芳順とも)抱え太夫となった。「紀伊国屋風呂」の采女は、大店である三浦屋抱えとなった

※この「略歴・概要」の解説は、「丹前風呂」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「丹前風呂」の記事については、「丹前風呂」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 14:00 UTC 版)

日本シネマ」の記事における「略歴・概要」の解説

記録の上最初にみられる作品は、1963年昭和38年6月18日に「日本シネマフィルム」が配給し公開した本木荘二郎監督の『女のはらわた』(製作巾プロダクション)である。同作の「企画」として鷲尾飛天丸クレジットされている。本木前年1962年昭和37年11月公開された初監督作肉体自由貿易』(製作国新映画)をヒットさせており、同作は4作目にあたるが、邦画五社の1/10の予算製作した肉体自由貿易』を配給しヒットさせたのが、「日本シネマ」であるとする資料もある。 初年度においては富士映画出身小林悟同年監督デビューたばかり若松孝二監督起用している。1965年昭和40年)には、同年監督デビューたばかり山本晋也翌年には前年監督デビューたばかり向井寛それぞれ監督起用している。『映画年鑑 1978によれば1966年昭和41年7月に「日本シネマ株式会社」が設立されている。同年には、松竹京都撮影所40作を監督した福田晴一同じく18作を監督した倉橋良介1968年昭和43年)には、ワールド映画出身の奥脇敏夫を監督起用している。 1975年昭和50年)から1979年昭和54年)にかけては、製作本数激減している。初期に「製作」の鷲尾ならんで企画」にクレジットされていた千葉実は、1978年昭和53年)の時点では、ニューセレクト常務取締役になっていた。 1980年昭和55年以降は、稲尾実梅沢薫らの監督作多く製作し1982年昭和57年)には、向井寛山本晋也助監督務めていた獅子プロダクション出身新人滝田洋二郎監督起用している。 1985年昭和60年以降は、渡辺元嗣、深町章らの新人起用1960年代から俳優として活動し東活監督デビューした新田栄監督作多く製作し1987年昭和62年12月新東宝映画配給し公開された、新田栄監督の『ザ・ペッティング4 舌戯』以降映画作品発表されておらず、活動停止したものとされる東京国立近代美術館フィルムセンターは、2012年平成24年6月現在、同社製作・配給された200近く作品のうち、若松孝二監督の『逆情』(1964年)をはじめ、約60の上映用プリント所蔵している。

※この「略歴・概要」の解説は、「日本シネマ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本シネマ」の記事については、「日本シネマ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 15:17 UTC 版)

動絵狐狸達引」の記事における「略歴・概要」の解説

東宝映画現在の東宝)の前身の1社であるP.C.L.映画製作所現在の東宝スタジオ)が製作し東和商事映画部現在の東宝東和)が配給し1933年昭和8年12月31日に、有楽町邦楽座(現在の丸の内ピカデリー)で公開され短篇アニメーション作品である。トーキー製作のために同年12月5日発足したP.C.L.映画製作所は、そもそも1929年昭和4年)に増谷麟植村泰二らが設立した写真化学研究所現在の東宝、およびソニーPCL)から分社化したもので、本作はその第1作となった同社設立以前松竹蒲田撮影所現像部長であった増谷麟は、同じく松竹蒲田でカットタイトル用の字幕書いていた大石郁雄独立し、「大石光彩映画」という工房構えて短篇アニメーション映画製作していたところ、これを吸収したのであるP.C.L.映画製作所写真化学研究所とともに1937年昭和12年9月10日合併して東宝映画形成すると、同製作所東宝映画東京撮影所になり、大石セクション特殊技術課に、さらには航空教育資料製作所発展したが、第二次世界大戦後1948年昭和23年12月1日東宝教育映画となった。現在みられる上映プリント冒頭に「東宝教育映画株式会社」のタイトル付されているのは、戦後同社教育映画配給社(現在の教配)を通じて本作普及上映活動行ったときのものである。 モダンハイセンスアニメーションフライシャー・スタジオからの影響濃厚な作品と評価されている。 2012年平成24年7月現在、東京国立近代美術館フィルムセンター本作所蔵しており、2004年平成16年)に発売されたDVDビデオグラム日本アートアニメーション映画選集 4 戦前傑作選』に収録されており、現存確認されている。1933年製作の映画であることに加え大石1944年昭和19年)に死去しており、本作パブリック・ドメインである。

※この「略歴・概要」の解説は、「動絵狐狸達引」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「動絵狐狸達引」の記事については、「動絵狐狸達引」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 15:09 UTC 版)

日本マンガフィルム研究所」の記事における「略歴・概要」の解説

1933年昭和8年)、京都政岡憲三による政岡映画美術研究所退社した瀬尾光世設立した同年11月11日第1回作品お猿三吉 防空戦の巻』が東和商事映画部現在の東宝東和)の配給公開された。 1935年昭和10年)には瀬尾瀬尾発声漫画研究所設立アニメーション映画のらくろ二等兵』および『のらくろ一等兵』を発表している。瀬尾脱退後、製作が途絶える1941年昭和16年)、大正末年からアニメーション研究・製作を始めていた岩松洋行高松豊次郎プロデュースし、製作を再開する瀬尾始めたお猿三吉シリーズは、横浜シネマ商会から日本マンガフィルム研究所移籍したアニメーター片岡太郎継承した1943年昭和18年7月1日公開された『お猿三吉 鬪ふ潜水艦』は、監督片岡のほか、マキノ東京派ことタカマツ・アズマプロダクション山根幹人共同監督として名を連ねている。 同年の『お猿三吉 奮戦記』を最後に1944年昭和19年以降同社消息不詳である。『古寺のおばけ騒動』は近年発見され2008年平成20年4月24日5月11日両日東京国立近代美術館フィルムセンター上映された。

※この「略歴・概要」の解説は、「日本マンガフィルム研究所」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本マンガフィルム研究所」の記事については、「日本マンガフィルム研究所」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 02:25 UTC 版)

詩的リアリズム」の記事における「略歴・概要」の解説

映画批評家のジョルジュ・サドゥール(Georges Sadoul)によって提唱され一部フランス映画の定義。表現手法としては、大型セットにおけるスタジオ撮影基本とし、遠近などに関して誇張行なう場合多く、そのため画面上におけるパースペクティブ歪み生じさせることが多い。主にジャック・プレヴェールによって書かれ作品に多いのも特徴的であると言える表現技法特徴から、1950年代における、リュック・ベッソンレオス・カラックスなど、ヌーヴェルヴァーグ支持するカイエ派を断絶した旧来の良質フランス映画」への回帰という点から、「新詩レアリスム」と呼ぶ傾向もあり、今後の研究待たれる。 なお、特定のジャンルといえるほど明確ではないが、「たいていはパリ舞台にし、厭世的な都市ドラマを描く。設定労働者階級であり、しばしば犯罪性に伴われ不幸に終わるロマンティック物語が伴う」という見解もある。

※この「略歴・概要」の解説は、「詩的リアリズム」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「詩的リアリズム」の記事については、「詩的リアリズム」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 05:01 UTC 版)

天神コア」の記事における「略歴・概要」の解説

1976年6月5日オープン2006年11月改装しリニューアルオープン2011年9月には43店舗改装新規入店し、より一新した天神コアができる前は西鉄街や銀座通り商店街といった商店街であったまた、開業前1976年6月22日には、テナント組織として「天神コア名店会」を結成している。商店街時代からこの地に店を構え天神コア出店している店舗もあった。 「コアあなたは『暮らすメイト』」をコンセプトに、「新宿原宿センス福岡直輸入する」をキャッチフレーズ据えた天神中心地においてギャル系ファッションビルとして最先端トレンド発信し続け福岡・天神の「ギャル聖地」「若者文化情報発信基地としての地位確立していた。来館者数は、平日で約4万人土日祝日で約7万人全館売上高は、約129億6千万円(2006年度実績)。 地下2階から6階までと8階ファッションフロア地階飲食店街、福家書店2階にはヘアサロン)、7階は飲食店街である。屋上緑化されており、無料休憩できるスペースとなっている。2007年3月まで6階にて営業していた紀伊国屋書店は、ゆめタウン博多移転その後博多バスターミナル出店)。2007年9月25日、その跡に東急モールズデベロップメント運営する109が「109MEN'S 天神コア」として、12店舗男性向けショップ出店した。天神ビブレ同一ビル入居しており、渡辺通り面したビル西側半分天神コアである。連絡通路があり、回遊できる。 ルビンの壺ベースとしたロゴマークは、福田繁雄によってデザインされた。「出会い」や「コミュニケーションの意味込められたもので、天神ローマ字表記頭文字「T」を中心に人の顔が向かい合っているというものである。 しかし福岡市進め天神ビッグバン計画2020年3月31日をもって閉館跡地隣接する福岡ビル天神ビブレとともに2024年商業施設・オフィス・ホテルの大型複合ビル((仮称)福ビル街建替プロジェクト)に再開発され予定である。

※この「略歴・概要」の解説は、「天神コア」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「天神コア」の記事については、「天神コア」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 16:06 UTC 版)

女夫波」の記事における「略歴・概要」の解説

小説女夫波』の初出は、田口掬汀勤務先発行する萬朝報紙上で、1904年明治37年)に掲載された。同年東京出版社金色社から『女夫波』全2冊が刊行されている。同作、および翌1905年明治38年)に同じく萬朝報』に連載した伯爵夫人』はたいへん人気となり、いずれも映画化されている。 本作は、井上正夫新派好んで上演したほか、発表5年後撮影所建設して劇映画製作を開始した吉沢商会初めとして、3回にわたり映画化されている。 映画女夫波』は、いずれのヴァージョンも、東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵されていない小説女夫波』は、2009年平成21年12月現在、すべて絶版である。青空文庫にも収録されていない国立国会図書館の「近代デジタルライブラリー」には、1904年版、1908年版デジタル画像収録されており、ウェブサイト上で閲覧ダウンロードが可能である。 ⇒ #ビブリオグラフィ

※この「略歴・概要」の解説は、「女夫波」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「女夫波」の記事については、「女夫波」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 15:57 UTC 版)

どんな愛をこめて」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1969年昭和44年)、イタリアの映画プロデューサーシルヴィオ・クレメンテッリが代表を務め製作会社クレシ・チネマトグラフィカ企画製作開始し同年11月撮影開始1970年初頭完成したオッタヴィオ・イェンマ執筆した原案を、イェンマとパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ脚本共同執筆した。イタリアで1970年1月30日公開された。DVD発売されていない日本では2011年平成23年2月現在に至るまで劇場公開テレビ放映DVD等のビデオグラム販売等は行われていない。劇伴音楽作曲行ったアルマンド・トロヴァヨーリベストアルバムスパーク・イン・シネマ』(1994年)等が日本独自に編まれ、『どんな愛をこめて』のタイトル日本でも知られるところとなる。

※この「略歴・概要」の解説は、「どんな愛をこめて」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「どんな愛をこめて」の記事については、「どんな愛をこめて」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 18:49 UTC 版)

女がしっぽをなくしたころ」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1971年昭和46年)、イタリアの映画プロデューサーシルヴィオ・クレメンテッリが経営する製作会社クレシ・チネマトグラフィカと、西ドイツ現在のドイツ)の映画会社テラ・フィルムが共同で製作を開始ローマ撮影所であるチネチッタ内のステージセット設営同年11月1日クランクイン同年12月23日クランクアップセット撮影のみでポストプロダクション入り翌年初頭完成させた作品である。前作女にしっぽがあったころ』の原案クレジットされた小説家ウンベルト・エーコ代わり前作集団脚本執筆参加したリナ・ウェルトミューラー原案執筆オッタヴィオ・イェンマ、マルチェッロ・コシャ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレの3人が脚本執筆したイタリアで同年2月24日公開され西ドイツでは同年12月25日アメリカ合衆国ではフィルム・ヴェンチャーズ・インターナショナルが配給し同年公開されている。イタリアでは、Koch Media2006年平成18年2月1日DVD発売した日本では2011年平成23年2月現在に至るまで劇場公開テレビ放映DVD等のビデオグラム販売等は行われていない。

※この「略歴・概要」の解説は、「女がしっぽをなくしたころ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「女がしっぽをなくしたころ」の記事については、「女がしっぽをなくしたころ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/06 07:53 UTC 版)

フジクローム」の記事における「略歴・概要」の解説

1948年昭和23年)、富士フイルム初のカラーリバーサルフィルム「フジカラーリバーサルフィルム」(外型・感度ISO10)を発売1969年昭和44年)には内型反転方式シートフィルム発売、という前史受けて1972年昭和47年12月120フィルムでのフジクロームプロフェッショナル120 タイプDデイライト)とフジクロームプロフェッショナル120 タイプT(タングステン)を発売して、フジクロームラインがスタートする映画用フィルムにおいても、翌1973年昭和48年3月、内型反転方式フジクロームRT200(タングステン、ISO200)を発売している。1975年昭和50年3月にはフジクロームR25デイライト、ISO25)、1976年昭和51年4月にはそれぞれのサウンドフィルム同年12月にはそれぞれのアフレコフィルム発売しシングル8フィルムラインナップが6種類増えた1978年昭和53年10月フジクローム100プロフェッショナル タイプDデイライトISO100)、翌1979年昭和54年3月フジクローム64プロフェッショナル タイプT(タングステン、ISO64)を発売している。1980年昭和55年4月フジクローム400プロフェッショナル タイプDデイライトISO400)を発売した1983年昭和58年3月には、「ニューフジクローム」と称したラインナップ発表している。フジクローム50プロフェッショナルD(デイライト感度ISO50)、フジクローム100プロフェッショナルD(デイライト感度ISO100)、フジクローム64プロフェッショナルT(タングステン感度ISO64)、フジクロームデュプリケーティングフィルム(複製専用)の4種である。 1990年平成2年3月ベルビア1994年平成6年2月プロビア発表した映画用フィルムは、1999年平成11年3月1日ラインナップ刷新従来の6種類全廃しフジクロームR25Nデイライト、ISO25)とフジクロームRT200N(タングステン、ISO200)の2種類絞った2000年平成12年7月プロビア100Fプロフェッショナル(RDPIII)、プロビア400Fプロフェッショナル(RHPIII)を発売同年10月にはトレビ400、翌2001年平成13年7月にはトレビ100Cを発売した2003年平成15年7月には、「ベルビアシリーズに100Fと100新シリーズアスティア」に100F、さらにセンシアIII100発売してラインナップ刷新した2004年平成16年7月には、「フォルティア」を発売している。 2011年平成23年9月5日、「フジクロームセンシアIII100」の135フィルムタングステン光源用フィルムフジクロームT64135フィルム同年12月販売終了、「フジクロームアスティア100F」の120フィルム220フィルムシートフィルム4×5in判8×10in判、および4×5クイックロードタイプ)が2012年平成24年3月販売終了することをアナウンスし

※この「略歴・概要」の解説は、「フジクローム」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「フジクローム」の記事については、「フジクローム」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/25 18:14 UTC 版)

ヤマニ洋行」の記事における「略歴・概要」の解説

遅くとも1920年代には設立されている。1926年大正15年)には、東京市京橋区三十間堀2丁目1番地現在の東京都中央区銀座2丁目8番地近辺)に所在した。1924年大正13年)に合併設立されアメリカメトロ・ゴールドウィン・メイヤーMGM)の輸入代理店務め同社作品日本への輸入配給業務行なった。『映画年鑑 大正十五年版』(1926年)に広告打ち同年MGMの『奇蹟薔薇』、『キートン面棒』(『セブン・チヤンス』)、『グリード』を公開することを謳う同年12月22日には、朝鮮キネマ製作、羅雲奎監督主演作アリラン』を公開すべく、配給元として検閲受けた記録がある。 1928年昭和3年6月15日、『踊る英雄』を公開したのを最後にMGM作品から離れMGM同年9月日本支社設けている。同年ポヴァティ・ロウの1社ティファニー・ピクチャーズ(ティファニー・スタール・プロダクションズ)製作の『ワイルド・ギーズ』といった作品日本への紹介手がけるその後マルセル・レルビエ監督の『バラライカ』等、フランス映画輸入配給行ない1929年昭和4年)には、カール・テオドア・ドライヤー監督の『裁かるゝジャンヌ』を公開している。 1930年昭和5年)、ドノゲー商会配給提携しワーナー・ブラザースサイレント作品輸入手がける1932年昭和7年)には、ジガ・ヴェルトフ監督の『カメラを持った男』を『これがロシヤだ』のタイトル公開する等、3作のソビエト映画日本紹介している。1933年昭和8年8月24日ドキュメンタリー映画海底』を公開した以降配給作品記録見当たらない

※この「略歴・概要」の解説は、「ヤマニ洋行」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ヤマニ洋行」の記事については、「ヤマニ洋行」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 06:37 UTC 版)

散り行く花」の記事における「略歴・概要」の解説

トーマス・バーク短編小説集ライムハウス夜景集』の一遍中国人子供』を映画化したのである。 ロンドン・ライムハウスを舞台に、15歳少女ルーシーリリアン・ギッシュ)と中国人青年チェン・ハン(リチャード・バーセルメス)の儚い恋を描く。 全編通じ美し映像・詩情にあふれた無声映画秀作本作により、映画第八芸術となりえた、とまで評価された。ユナイテッド・アーティスツUA)の第一回配給映画でもある。 本作2010年現在著作権の保護期間満了したパブリックドメインであり、インターネット・アーカイヴ全篇ダウンロードすることが可能である。

※この「略歴・概要」の解説は、「散り行く花」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「散り行く花」の記事については、「散り行く花」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/08 09:29 UTC 版)

腰抜け二刀流」の記事における「略歴・概要」の解説

早稲田大学卒業し第二次世界大戦前東宝前身東宝映画入社し戦後新東宝設立参加した映画プロデューサー佐藤一郎が、佐藤プロダクション名義製作した作品である。マキノ・プロダクションヴェテラン監督並木鏡太郎山中貞雄参加したことで知られる脚本家集団鳴滝組出身脚本家三村伸太郎といった大御所新東宝招き同年5月6日マキノ正博(のちのマキノ雅弘)と離婚したばかりの轟夕起子を、同年3月並木監督した右門伊豆旅日記以来連続的に起用した1947年昭和22年)に東宝製作・配給した『女優』に端役出演した後、ムーランルージュ新宿座舞台で軽演劇出演していた、佐藤同世代で同じ早稲田大学出身俳優森繁久彌主役に抜擢した。

※この「略歴・概要」の解説は、「腰抜け二刀流」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「腰抜け二刀流」の記事については、「腰抜け二刀流」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/28 03:19 UTC 版)

義人長七郎」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、公開情報については不明である。 東京国立近代美術館フィルムセンター本作プリント所蔵していない。マツダ映画社所蔵していない。現状観賞することの不可能な作品である。

※この「略歴・概要」の解説は、「義人長七郎」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「義人長七郎」の記事については、「義人長七郎」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/25 17:47 UTC 版)

墓石が鼾する頃」の記事における「略歴・概要」の解説

東亜キネマ吸収されマキノ・プロダクション等持院撮影所が、再独立直前一時期東亜マキノ等持院撮影所」と名乗っていた時期作品である。 本作は、東亜キネマ配給し同年5月15日浅草公園六区大東京フラッグシップ全国公開された。同時上映は、直木三十三(のちの直木三十五)が主宰する聯合映画芸術家協会等持院撮影所製作した新国劇の『月形半平太』の最初映画化で、衣笠貞之助監督沢田正二郎主演による『月形半平太であった当時を知る映画批評家滝沢一によれば、「悪魔派」と呼ばれ一世を風靡した一連の作品最初に位置するといい、主演した岡島艶子によれば本作のあとに「悪魔派とされる悪麗之助監督本作と同じ寿々喜多呂九平脚本の『蜘蛛』がつづいたのだという。 本作の上映用プリントは、現在、東京国立近代美術館フィルムセンターにも、マツダ映画社にも所蔵されていない現存しいとされる映画中心に玩具映画発掘・復元する大阪藝術大学リストにも存在しない現状観賞することの不可能な作品である。 公開時ポスター煽り文句は以下の通り。 「恋を弄ぶ魔性美女と、其美に幻惑されて醜くも鬩ぎ争ふ人々群れ変態性の女を主材として・・・ 鬼才寿々喜多呂九平氏が得意の鋭き筆に描き出せる凄妖怪奇の物語り・・・」

※この「略歴・概要」の解説は、「墓石が鼾する頃」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「墓石が鼾する頃」の記事については、「墓石が鼾する頃」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/27 21:37 UTC 版)

エフケ」の記事における「略歴・概要」の解説

エフケフィルムは、金属銀の含有量高くラティチュード露光寛容度)が幅広いことで知られるフォトケミカは、1970年昭和45年)にドイツアドックス(アドックス・デュポン)から、フィルム製法についての権利取得しているが、この製法は、アドックス1940年代開発したのであるエフケフィルムは、他社白黒フィルム比して初心者扱いすいとされる。 エフケにおいて特筆すべきは、コダック1995年平成7年7月製造終了した127フィルムいわゆるベスト判フィルム」を引き続き製造販売していた点である。ほかには、ドイツマコが、ローライブランドの127フィルムを、カナダブルーファイア・ラボラトリーズが「ブルーファイア・ムラノ160」というカラー127フィルムそれぞれ製造販売していた。エフケ製品はほとんど日本では出回らなかったが、127フィルムに関しては、クラシックカメラを扱う店で長らく扱われていた。 エフケ日本での正規輸入代理店は、かわうそ商店北海道斜里郡斜里町)である。同商店により、127フィルム以外の多くフィルム日本国内入手可能になった。 2012年製造設備修理不能となり、エフケフィルム印画紙はすべて出荷終了している。

※この「略歴・概要」の解説は、「エフケ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「エフケ」の記事については、「エフケ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 15:34 UTC 版)

善良なる王ダゴベール」の記事における「略歴・概要」の解説

本作1984年フランスの映画会社ゴーモンテレビ局フランス3等が出資して製作、フランス国内ではゴーモン配給し同年8月22日イタリア国内では同年10月25日公開された。 日本では本作に関して東京日仏学院等での上映を除いて劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「善良なる王ダゴベール」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「善良なる王ダゴベール」の記事については、「善良なる王ダゴベール」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 07:22 UTC 版)

日本国際民間協力会」の記事における「略歴・概要」の解説

1979年当時カンボジア内戦により急増した難民助けるために、カンボジアから京都大学留学していたヘン・パラー氏の呼びかけにより、京都学生主婦中心となって京都街頭で募金集め、それを元にカンボジア難民支援するための“カンボジア難民救援会(KRRP)”として発足以降1980年代タイカンボジア国境地帯中心に緊急支援職業訓練小規模融資銀行コミュニティ開発を行う。 1988年カンボジア以外での活動広がり合わせて日本国民間協力機関(NICCO)に改称1991年湾岸戦争後イラク医薬品等の供与実施1993年終了)。 1992年日本NGOとして初めて、ベトナム復興支援開始1998年からはパーマカルチャーに基づく村落開発実施2005年終了)。 1993年外務省より社団法人格の許可を受け、社団法人日本国際民間協力会(NICCO)と改称1994年ラオスにて牛銀行等の小規模融資等の支援実施2002年終了)。 1995年阪神淡路大震災被災者支援のためのボランティア派遣実施同年終了)。 1996年特定公益増進法人格を取得し寄付金税制上の優遇措置対象となる。国連経済社会理事会の特別協議資格Special Consultative Status)を取得国際社会リーダーシップ取れ人材の育成目的として、インターンシップ制度開始以後毎年20名の若者受入れ京都本部途上国事業地にて実務研修実施。(インターンシップ修了生は約200名以上) 1998年ネパールにて紙漉きによる職業訓練等を実施2001年終了)。 1999年イエメンにて洋裁による女性職業訓練実施2002年終了)。 2000年ジャパン・プラットフォーム(緊急人道支援のためのNGO政府財界による協力体)の設立メンバーとして参加ヨルダンにてパーマカルチャー基づいたコミュニティ開発実施2007年終了)。 2002年アフガニスタンでの復興支援イラン国内アフガン難民支援実施2003年、イラン・バムの地震被災者への緊急災害支援実施2004年終了)。 2004年インド洋大津波被災者への緊急災害支援スリランカにて実施2005年終了)。 2005年パキスタン地震被災者への緊急災害支援実施2006年終了)。ヨルダンでのオリーブ農家支援事業から生まれた有機JAS認証得たオリーブオイルRoyal Nabali Organic」が、日本でも販売開始される。滋賀県大津市にて環境保全地域活性化人材育成目的とした「琵琶湖モデルファーム」の運営開始2007年まで)。 2006年マラウイ飢餓による種子配布実施その後農業技術移転衛生保健医療収入創出植林総合的に行い、「飢餓起きない村づくり支援実施。インドネシア・ジャワ島の地震被災者への緊急災害支援実施2007年終了)。レバノンにてイスラエルヒズボラ戦闘による被災者への緊急人道支援実施同年終了)。 2007年、インドネシア・スマトラ島の地震被災者への緊急災害支援実施同年終了)。パレスチナ西岸地区でのオリーブ農家女性対象としたコミュニティ開発実施ヨルダンイラク難民対す心理社会的ケアカウンセリング支援実施2008年ミャンマーにてサイクロン被災者への緊急災害支援実施同年終了)。中国四川大地震被災者への緊急災害支援実施同年終了)。「琵琶湖モデルファーム」を新たに滋賀県竜王町移転し冬季湛水型の田んぼでの稲作等による、環境保全地域活性化人材育成モデル作り実施日本諸外国との友好親善推進への寄与認められ平成20年度外大臣表彰受賞2009年、パレスチナ・ガザ地区にてイスラエルハマス戦闘後の緊急人道支援実施その後女性洋裁訓練孤児への衣料品の提供を継続。インドネシア・スマトラ島の地震被災者への緊急災害支援実施2010年パレスチナオリーブ農家支援から生まれたエキストラ・バージン・オリーブオイル「Tubassee Nabali」が、新宿伊勢丹にて販売されるハイチの地震被災者への緊急災害支援実施2011年終了)。パキスタン水害被災者への緊急災害支援実施2012年終了)。内閣府より公益社団法人格の認定を受け、公益社団法人日本国際民間協力会(NICCO)となる。 2011年途上国への息の長い自立支援活動認められ第18回読売国際協力賞を受賞タイ水害被災者への緊急災害支援実施2012年終了)。東日本大震災被災者支援実施、現在に至る。 2012年東日本大震災の被災地支援活動ペストコントロール)に対す環境大臣感謝状受領

※この「略歴・概要」の解説は、「日本国際民間協力会」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本国際民間協力会」の記事については、「日本国際民間協力会」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 15:17 UTC 版)

親愛なるパパ」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1978年昭和53年)、ピオ・アンドレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリア製作会社ディーン・フィルムが、フランスの映画会社AMLFおよびカナダ製作会社レ・フィルム・プロスペックと提携して製作を開始同年10月23日 - 同年12月16日スイスジュネーヴカナダケベック州モントリオールイタリアローマ市内等でのロケーション撮影、同市内のINCIR=デ・パオリス撮影所セット撮影行い完成した1979年4月11日イタリア国内公開され同年5月10日 - 24日開催され第32回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品されパルムドール競ったが、ステファーノ・マディアが助演男優賞獲得する結果終わった同年ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞ヴィットリオ・ガスマン主演男優賞獲得した日本では本作に関してイタリア文化会館等での上映を除いて劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「親愛なるパパ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「親愛なるパパ」の記事については、「親愛なるパパ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 15:30 UTC 版)

戦争の狂人」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1985年、ピオ・アンドレッティ(イタリア語版)とアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリア製作会社ディーン・フィルムと、クロード・ベリによるフランス製作会社レン・プロデュクオンが共同で製作、完成した同年5月8日 - 20日開催され第38回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品されパルムドール競った受賞はならなかった。同映画祭終了直後5月22日からフランスで半年後の同年11月20日からイタリアでそれぞれ公開された。 日本では本作に関してイタリア文化会館等での上映を除いて劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない撮影イタリア語行われた主演コリューシュフランス人だがイタリアの家系出自で、軽いフランス語訛りはあったものの流暢なイタリア語しゃべった共演ベルナール・ブリエイタリア語しゃべって演技したが、フランス語訛り強かった。ただし彼は度々撮影イタリア訪れていた。最終的に、彼らフランス人はじめとするイタリア人以外の俳優にはイタリア語吹き替え当てられている。

※この「略歴・概要」の解説は、「戦争の狂人」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「戦争の狂人」の記事については、「戦争の狂人」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/09 02:39 UTC 版)

イコフレックス」の記事における「略歴・概要」の解説

フランケ&ハイデッケ(現ローライ)のローライフレックスとは基本的にコンセプト異なりローライフレックススタジオで使えるプロであったに対してイコフレックス屋外でのスナップ撮影行なうための手軽なカメラであった。それは搭載されシャッターレンズからも判断できるその後徐々に高級化が進みローライ同様な路線カメラとなっていく。ただイコフレックスIIIとイコフレックスファボリートを除き販売価格からローライフレックスではなくローライコードをターゲットにした中級機であると言える。一番の特徴は横送りイコフレックスIから最終機のイコフレックスファボリートまで一貫して採用した明るファインダーで、戦前コンデンサーレンズ戦後型フレネルレンズ使って実現している。 アタッチメントイコフレックスIIIを除く戦前機種撮影レンズ、ファインダーレンズともに当初はφ28.5mmカブセで後にφ27mmねじ込み併設された。イコフレックスIII及び戦後型全ての撮影レンズがφ35.5mmねじ込みまたはφ37mmカブセファインダレンズがφ27mmねじ込みまたはφ28.5mmカブセ使用するカメラには「Ikoflex」と表記されるのみであり、また大幅に改変した何代にも渡り同じ番号使用したため個体認識は困難である。

※この「略歴・概要」の解説は、「イコフレックス」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「イコフレックス」の記事については、「イコフレックス」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 15:14 UTC 版)

新怪物たち」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1977年、ピオ・アンドレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリア製作会社ディーン・フィルムが製作、エミリア=ロマーニャ州モデナ県カプリ等でロケーション撮影行って完成同年12月15日イタリア国内公開された。1963年昭和38年)にマリオ・チェッキ・ゴーリのフェア・フィルムが製作しディーノ・リージ監督ウーゴ・トニャッツィヴィットリオ・ガスマン主演したオムニバス映画怪物たち』の新ヴァージョンとして製作されたものである1980年昭和55年4月14日発表授賞式が行われた第52回アカデミー賞アカデミー外国語映画賞ノミネートされている。 日本では本作に関してイタリア文化会館等での上映を除いて劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「新怪物たち」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「新怪物たち」の記事については、「新怪物たち」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 15:23 UTC 版)

正常な若者」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1969年フランコ・クリスタルディ経営するイタリアの映画会社ヴィデス・チネマトグラフィカおよびイタルノレッジオ・チネマトグラフィコが製作、直接にはピオ・アンドレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリによる同国製作会社ディーン・フィルムが請け負って製作を開始ラツィオ州ローマ県ローマ市内やチュニジアチュニス等でロケーション撮影行い完成した同年11月29日同国映画会社イスティトゥート・ルーチェの配給によってイタリア国内公開された。イタリア国内では、ジェネラル・ヴィデオが87分版のDVD発売している。 日本では本作劇場公開されておらず、2011年1月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「正常な若者」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「正常な若者」の記事については、「正常な若者」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 16:11 UTC 版)

白い電話 (映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

本作1976年、ピオ・アンドレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリア製作会社ディーン・フィルムが製作、ローマ市内等でロケーション撮影行って完成同年2月6日イタリア国内公開された。同年ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞特別賞主演のアゴスティナ・ベッリが獲得した原題 Telefoni bianchi複数の「白い電話」を意味し1930年代ファシズム政権下のイタリアで製作された、中流下層ブルジョワの生活を描く、ハリウッド映画模倣したジャンル映画群「テレフォニ・ビアンキ」に由来する日本では本作に関してイタリア文化会館等での上映を除いて劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「白い電話 (映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「白い電話 (映画)」の記事については、「白い電話 (映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 16:30 UTC 版)

裸でどこ行くの?」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1969年チェッキ・ゴーリ・グループ代表のマリオ・チェッキ・ゴーリ経営するフェア・フィルムが製作、同年完成したオッタヴィオ・イェンマ執筆した原案を、イェンマ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、サンドロ・コンティエンツァ、ルイジ・マレルバの4人が脚本共同執筆した。プロデューサーマリオ・チェッキ・ゴーリ法律家の役で出演している。 本作は、イタリアでは、同年9月12日西ドイツ現在のドイツ)では翌1970年昭和45年4月24日公開された。2010年平成22年1月19日、「89分」のヴァージョンDVDがチェッキ・ゴーリ・ヴィデオによりイタリアで発売された。 日本では2011年平成23年2月現在に至るまで劇場公開テレビ放映DVD等のビデオグラム販売等は行われていない。

※この「略歴・概要」の解説は、「裸でどこ行くの?」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「裸でどこ行くの?」の記事については、「裸でどこ行くの?」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 19:37 UTC 版)

裏切者の旅」の記事における「略歴・概要」の解説

シングルは、前年1975年昭和50年)の『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』のヒットブレイクしたダウン・タウン・ブギウギ・バンドが、1973年昭和48年)のデビュー曲知らず知らずのうちに』の原点戻ったスローバラードブルースである。オリコンチャート最高位16位、21.0万枚売り上げる。本シングルB面収録楽曲ア! ソウ』は、『カックラキン大放送!!』の最後提供クレジットバック使用されその後1979年昭和54年5月26日公開柳ジョージ&レイニーウッド劇伴音楽担当根津甚八とともに宇崎竜童主演した工藤栄一監督映画その後の仁義なき戦い』の挿入歌として使用された。 『裏切者の旅』は、同年キングレコードから発売され平田満+シャネル・ファイブのアルバム愛の狩人』で、『裏切り者の旅』のタイトル土持城夫編曲により平田カヴァーされている。その後西城秀樹新沼謙治カヴァーしている。

※この「略歴・概要」の解説は、「裏切者の旅」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「裏切者の旅」の記事については、「裏切者の旅」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/02 10:49 UTC 版)

三木鶏郎グループ」の記事における「略歴・概要」の解説

1946年昭和21年1月29日三木鶏郎当時本名繁田裕司)が、NHKラジオ現在のNHKラジオ第1放送)の新番組『歌の新聞第1回放送出演するにあたって朝川賞郎、秋元喜雄(河井坊茶とともに、「コメディアン・ハーモニスト」名義出演したのがさいしょきっかけで、2週後の同年2月10日第3回『歌の新聞』から、三木が「三木鶏郎」と名乗り三木朝川秋元河井)は、「ミッキートリオ」名義レギュラー出演することになる。 同トリオに、神田千鶴子三木鮎郎同年4月ジョージ川口小野満鈴木章治らジャズミュージシャンで結成する三木鶏郎楽団」を加えて三木鶏郎グループとなった同年6月6日、同グループ三木のり平加入した同年10月には、丹下キヨ子千葉信男小野田勇らが「三木鶏郎グループ」に加わっている。 1947年昭和27年10月5日NHKラジオ番組日曜娯楽版』が放送開始され、2週目の同月12日から、「三木鶏郎グループ」は出演開始する。翌1948年昭和23年2月1日、「三木鶏郎グループ」が池袋文化劇場経営開始旭輝子有島一郎らが加入している。同年3月1日楽器焼失し、「三木鶏郎楽団」が解散した1950年昭和25年)、新宿ムーランルージュ出身小崎政房らが、吉本興業資本東京映画会社太泉映画現在の東映前身のひとつ)で製作した映画『なやまし五人男』と『オオ!! 細君三日天下』、大映京都撮影所製作した狸銀座を歩く』に「三木鶏郎グループ」が出演した同年春、三木のり平脱退する1951年昭和26年8月31日三越名人会出演後に、「三木鶏郎グループ」は解散した

※この「略歴・概要」の解説は、「三木鶏郎グループ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「三木鶏郎グループ」の記事については、「三木鶏郎グループ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/30 08:04 UTC 版)

教育映画」の記事における「略歴・概要」の解説

映画発明されたごく初期から、教育への使用考えられてきた。 日本でも1919年大正8年7月10日牧野省三日活から独立し映画会社ミカド商会」を設立したが、これは教育映画の製作を中心に行なう会社であった1921年大正10年6月同じく牧野再度日活から独立して牧野教育映画製作所」を設立した1931年昭和6年)には、女優佐々木清野が「キヨノ教育映画社」を設立1939年昭和14年)に設立された「南旺商事会社」は、大日本児童映画協会設立して教育映画製作したが、収益上がらず南旺映画という一般映画製作する会社となった1963年昭和38年)には、岩波映画製作所土本典昭監督ある機関助士』を製作した1977年昭和52年)には、チャールズ&レイ・イームズ夫妻監督した教育映画Powers of Ten』が製作された。 1970年代以降道徳教育太平洋戦争体験作中織り込ませた実写親子映画制作されるようになり、1980年代以降上映会形式によるアニメーション映画親子映画#アニメーション作品)の制作が行われるようになった2003年平成15年)には、『ママ帰ってこないの』が学映社によって製作された。

※この「略歴・概要」の解説は、「教育映画」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「教育映画」の記事については、「教育映画」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 02:00 UTC 版)

日本映画演劇労働組合」の記事における「略歴・概要」の解説

第二次世界大戦集結した1945年昭和20年12月東宝従業員組合東宝従組)が結成され、翌1946年昭和21年2月東京・砧の東宝撮影所現在の東宝スタジオ)を舞台東宝争議起きる。同年4月3日産業別組織である全日本映画従業員組合同盟結成され、他の映画会社労働組合らが同争議支援同年4月28日結成されたのが、日本映画演劇労働組合日映演)である。 同組合は、全日本映画従業員組合同盟東宝従組ほか映画労働組合劇団95分会12,662名を結集した産別単組であった日活労組不参加地方小劇場参加していない。委員長には映画プロデューサー伊藤武郎就任した。 同組合東宝支部から脱退した従業員第二組合結成して分裂1947年昭和22年5月1日、1,500名が全国映画演劇労働組合全映演)を結成全員東宝第二撮影所設立され新東宝現在の国際放映)に入社する1948年昭和23年4月8日東宝撮影所従業員270名を解雇、同15日ボイコットきっかけ第3次争議起こり日映演はこれを指導する同年10月18日解雇撤回により争議終結するが、1950年昭和25年)、200人が改め解雇される。 同組合日本映画同盟共同で製作をした映画に、小沢栄太郎出演山本薩夫監督の『暴力の街』(1950年2月26日公開大映配給)がある。 1952年昭和27年2月28日第9回組合大会で解散決定翌日同年3月1日将来大統一「映演総連合」の結成目指して、日本映画演劇労働組合連合(略称映演労連)を結成大映村山三男同労連の議長就任した同月25日、これを引き継ぎ映画演劇労働組合総連合映演総連現在の映画演劇労働組合連合会)が結成となった新東宝労組現在の国際放映労組)はこれに加盟している。

※この「略歴・概要」の解説は、「日本映画演劇労働組合」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「日本映画演劇労働組合」の記事については、「日本映画演劇労働組合」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/29 14:05 UTC 版)

みんなが恋してる」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1959年イタリアの映画プロデューサーグイド・ジャンバルトロメイが、フランスの映画会社フランス・シネマ・プロデュクシオンとの提携によりロヤル・フィルムで製作を開始パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレおよびマッシモ・フランチオーザ2人執筆した原案を、カンパニーレ、フランチオーザ、ウーゴ・グェッラ、ジョルジョ・プロスペリ、フランコ・ロッシの5人で脚色し助監督出身のジュゼッペ・オルランディーニが初め監督し完成したイタリアでは、同年、チネリッツが配給し公開された。 日本では同年10月6日イタリフィルム配給し公開された。同年若城希伊子日本語訳による映画同名物語本を、秋元書房発行した2011年平成23年2月現在に至るまでDVD等のビデオグラム販売等は行われていない。

※この「略歴・概要」の解説は、「みんなが恋してる」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「みんなが恋してる」の記事については、「みんなが恋してる」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/27 15:11 UTC 版)

ロールフィルム」の記事における「略歴・概要」の解説

1881年アメリカ合衆国ウィスコンシン州カンブリア英語版)の農民ピーター・ヒューストンが、世界初ロールフィルム写真機発明、弟デイヴィッド・ヘンダーソン・ヒューストン(1841年6月14日 - 1906年5月6日)が特許登録を行なった硬質ではない柔軟なロールフィルムのための最初ホルダー発明したのは、同地でのことであったヒューストンはすでに1880年ダコタ準州ハンター英語版)(現在のノースダコタ州ハンター)に転居しており、翌年10月11日カンブリア在住デイヴィッド対し、ロールフィルム・ホルダーの特許米国特許248,179号、特許名 PHOTOGRAPHIC APPARATUS)が登録されたのであったデイヴィッドは、1886年にこれを改良更新しており、その特許権をすべて、すでに1888年ボックスカメラ英語版)にこの発明使用していたコダック創立者ジョージ・イーストマン対し、翌1889年に5,000ドル売却している。デイヴィッド写真機開発続け最初の発明から1902年までの間に、写真機部品についての21特許得ている。デイヴィッド特許残余は、1912年イーストマン譲渡された。 ロールフィルム安価なスナップ写真用の写真機のために選択される規格として1950年代末まで中心的に使用され、もっとも一般的であったのは小型カメラ用の127フィルム828フィルム中判カメラ用の120フィルム116フィルムであったロールフィルムは、職業写真家のためのスウェーデン製の高級写真機ハッセルブラッド等にも使用された。スナップショット写真機使用されるフィルムは、その後パトローネ入りフィルムである135フィルム126フィルムにとって代わられたが、120フィルム220フィルム中判カメラ用として残った

※この「略歴・概要」の解説は、「ロールフィルム」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ロールフィルム」の記事については、「ロールフィルム」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/18 12:04 UTC 版)

菜売」の記事における「略歴・概要」の解説

菜売」を「菜候」あるいは「菜候売」と呼ぶのは、「そう」が「そうろう」(「ございます」の意)の略であり、「そう」という呼び声売り歩いたことに由来する。このことは1645年正保2年)に刊行され俳諧論書毛吹草』にも指摘がある。 室町時代15世紀末の1494年明応3年)に編纂された『三十二番職人歌合』の冒頭には、「いやしき身なる者」として、「鳥売とともにうり」(菜売)あるいは「なさう賣」(菜候売)として紹介され頭上巨大な容器入った載せて裸足で歩く女性の姿が描かれている。同歌合ピックアップされた32職能のうち、女性は「菜売」のほかは「桂の女」「鬘捻」のみで、後者はいずれ座っており、「鬘捻」は足が見えず桂の女」は足袋のようなものを履いている。また裸足路上歩いているように描かれているのは、作業上必要とみられる石切」「大鋸挽」「結桶師」を除けば、「菜売」のほかは、漂泊系の宗教者芸能者である「猿牽」「胸叩」「高野法師」「巡礼」「薦僧」、運輸業者である「渡守」「輿舁」、物売である「糖粽売」「火鉢売」「材木売」、そして判者の「勧進聖」である。同歌合載せられた歌は、 春霞くくたちぬる 花の陰に 売るやさうも 心あらなむ 定めをく 宿もなそうの あさ夕に かよふ内野の 道のくるしさ というもので、前者春霞が立ちが咲く風景に「菜売」の「そう」という呼び声響き渡っており、情趣理解して欲しいものだという風流人視線思い描き後者京都の西の外れである「内野」(うちの、現在の京都市上京区南西部一帯)から、朝も夕も通ってくる住所不定漂泊民のように伺える「菜売」の姿を描いている。 「内野」とは、もともと平安時代8世紀)には平安京大内裏存在した地であるが、律令政治終焉して以降荒廃し1227年安貞元年)の大内裏全焼をもって再建されることなく原野になっていた地域である。とくに明徳の乱内野合戦1391年以降は、カブ栽培の畑のみが残され、ここで栽培収穫されるカブを「内野蕪菁」(うちのかぶら)と呼んだ16世紀末に同地聚楽第造営されたが、数年廃棄されたので、以降ふたたびカブの栽培が行われ、「聚楽蕪菁」(じゅらくかぶら)とも呼ばれた隣接する地域である壬生栽培されとして、壬生菜ミブナ)がある。「菜売」が京都市街地で売り歩いたのは、これら京野菜源流となる葉菜類であろう推定されている。1527年大永7年以後成立したとされる宗長の『宗長手記によれば、「菜候候、なすび候、白うり候」と、「菜売」(菜候同様の呼び声で、やなすび(ナス)、白うり(シロウリ)の行商が行われたという。 江戸時代17世紀 - 19世紀)、後期時点でも「菜売」は存在しており、1813年文化10年3月)に初演され歌舞伎狂言お染久松色読販』にも登場している。同作同時代を描く「世話物」であり、作者四世鶴屋南北1755年 - 1829年)の時代江戸現在の東京都)には、「菜売」は少なくとも存在したといえる

※この「略歴・概要」の解説は、「菜売」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「菜売」の記事については、「菜売」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/21 04:33 UTC 版)

千秋万歳」の記事における「略歴・概要」の解説

現代にも続く踏歌節会踏歌源流である、とする説がある。平安時代末期勃興し中世大い流行した2人1組で行う芸で、扇を持って舞う者と鼓で拍子をとる者がいた。 11世紀半ば1052年永承7年前後成立したとされる新猿楽記』で、藤原明衡が「千秋万歳之酒禱」(せんずまんざいさかほがい)と記したのが、最古の記録という。鎌倉時代12世紀 - 14世紀)には、藤原定家日記明月記』(1180年 - 1235年)、広橋兼仲日記勘仲記』(1268年 - 1300年)にも「千秋万歳」についての記述みられるという。1275年建治元年)に完成した辞書名語記』による定義では、散所法師さんじょほうし)が新春初子の日最初の子の日)に家々訪ねて門付し、金品を得る芸であるとする。 室町時代14世紀 - 16世紀)には、寺に属しあるいは没落して民間流れた職業芸人である「声聞師」(しょうもじ)が、新春予祝芸能としの門付行っていた。15世紀末の1494年明応3年)に編纂された『三十二番職人歌合』には、「絵解」(えとき)とともに千秋万歳法師」として紹介されている。この時代には、「声聞師」が旧暦正月五日禁裏御所)、旧暦正月七日には公方訪れ、「千秋万歳」を演じ曲舞」を舞った戦国時代16世紀)の宮廷では、陰陽道による正月儀式陰陽頭が行ったが、正月四日五日には「千秋万歳の儀」があり、これを民間芸能者である「声聞師が行った。グレゴリオ暦1570年2月8日にあたる元亀元年正月四日には、正親町天皇(第106天皇)が、「声聞師」の行った千秋万歳」と「大黒舞」を観覧した記録残っている。 16世紀末に発祥する三河萬歳源流となった

※この「略歴・概要」の解説は、「千秋万歳」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「千秋万歳」の記事については、「千秋万歳」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 16:29 UTC 版)

俺はフォトジェニック」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1980年、ピオ・アンドレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリア製作会社ディーン・フィルム、フランス製作会社レ・フィルム・マルソー=コシノールが製作、ロンバルディア州ヴァレーゼ県のラヴェーノ、ローマ市内、およびアメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッド等でロケーション撮影行って完成フランスでは同年3月16日イタリアで同年3月21日公開された。同年5月9日 - 22日開催され第33回カンヌ国際映画祭で、特別招待作品として上映された。 日本では本作に関してイタリア文化会館等での上映を除いて劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラム発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「俺はフォトジェニック」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「俺はフォトジェニック」の記事については、「俺はフォトジェニック」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 16:34 UTC 版)

芽ばえ (映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1957年イタリアカルロ・ポンティ会社カルロ・ポンティ・チネマトグラフィカとディノ・デ・ラウレンティスが製作、同年2月20日イタリア国内で、同年10月4日にはフランス国内で公開された。同年フランスカンヌ開かれた第10回カンヌ国際映画祭コンペティション出品された。同年度のナストロ・ダルジェント脚本賞をヴァレリオ・ズルリーニレオナルド・ベンヴェヌーティピエロ・デ・ベルナルディアルベルト・ラットゥアーダの4人が受賞した日本では、イタリア・フランス公開翌年1958年イタリフィルム輸入し同年11月25日同社ニッポンシネマコーポレーションNCC)と共同配給して、公開された。日本でのビデオグラムは、2010年8月現在発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「芽ばえ (映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「芽ばえ (映画)」の記事については、「芽ばえ (映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 16:48 UTC 版)

巷の恋」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1953年スター俳優一切起用せずにファロ・フィルムが製作、イタリアラツィオ州ローマ県ローマ市各所ロケーション撮影行って完成同年11月26日イタリア国内公開された。 日本では劇場公開されていないが、フェデリコ・フェリーニ監督デビュー作でアルベルト・ラットゥアーダとの共同監督作寄席の脚光』に次ぐ作品として、フェリーニ監督した第四話の『結婚相談所』というタイトルとともに、『巷の恋』のタイトル多く紹介されていた。時期不明であるが、日本テレビ放送網が『都市の恋』のタイトル放映したことがあり、1997年平成9年11月28日には東北新社VHSフォーマットで『街の恋』に改題してビデオグラム発売した

※この「略歴・概要」の解説は、「巷の恋」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「巷の恋」の記事については、「巷の恋」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/18 10:52 UTC 版)

盤嶽江戸へ行く」の記事における「略歴・概要」の解説

マキノ正博(のちの雅弘)の旧制中学時代後輩で、マキノ・プロダクション出身山中貞雄1933年昭和8年)に大河内傳次郎主演作品として監督した盤嶽の一生』の第2話を、20年ぶりに同じ大河内主演映画化した企画自体1948年昭和23年4月に「株式会社新東宝」として設立したばかりの新東宝初代社長就任した佐生正三郎CAC持ち込んだのである。「企画」として名を連ねた小川記正白井喬二原作脚色したものを用い、「十人の旗の会」の発起人であり新東宝所属俳優となった大河内傳次郎主演で、という企画であった。『盤嶽江戸へ行く』は当時小川編集していた『シナリオ』誌の第4巻第2号1948年9月1日刊)に「齋藤良輔名義発表された。同号には、小川記正名義エッセイ『盤嶽日記抄』、大河内によるエッセイ『盤嶽先生生きてゐる』も掲載された。マキノは佐生からのオファー同時に小川脚本手渡されたが、八尋不二脚本書き直させた。 小川記正は、松竹蒲田撮影所出身脚本家で、「小川正名義監督作もある。戦後松竹大船撮影所プロデューサー転向しCAC解散後には小川プロダクション構えるが、1952年昭和27年以降は、「小川正名義東映京都撮影所剣戟映画脚本量産し人物である。脚本八尋不二は、前作盤嶽の一生』の脚本書いた山中貞雄とともに脚本集団「鳴滝組」を結成した梶原金八」のひとりである。嵐寛寿郎大映京都撮影所からの出張出演である。轟夕起子当時マキノの妻であり、CAC所属していた。撮影技師三木滋人照明技師西川鶴三録音技師加瀬久は、CAC創立メンバーである。美術デザイナー角井平吉大映京都撮影所所属で、戦時統合前の日活京都撮影所時代には、マキノ監督作続清水港』等を手がけている。 撮影に関しては、CAC兵庫県宝塚スタジオ内に設置されプロダクションであるが、同社前作幽霊暁に死す』同様、長年スタジオ休眠状態のため使用せず東京新東宝撮影所使用しなかった。セット撮影は、奈良郊外あやめ池遊園地戦前市川右太衛門プロダクション建設したあやめ池撮影所」を使用ロケーション撮影奈良中心に京都でも寺社長屋撮影をした。 当時東宝争議のため東宝は製作不能であり、新東宝製作の映画配給していたが、本作新東宝作品として東宝配給し1949年昭和24年3月8日公開された。

※この「略歴・概要」の解説は、「盤嶽江戸へ行く」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「盤嶽江戸へ行く」の記事については、「盤嶽江戸へ行く」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/19 05:31 UTC 版)

ブルーファイア・ラボラトリーズ」の記事における「略歴・概要」の解説

当初ブルーファイア・ラボラトリーズは、一般的ではないサイズフィルム紹介する通販ウェブサイトであった「フリューガルフォトグラファー」(英語: Frugal Photographer )の余技として始まった2003年平成15年)、同社は、失効していたアドックス商標権取得社名アドックス・フォトワーク・インク改める。ところが同年ドイツでもアドックス商標権取得した企業存在し交渉結果同社カナダでの商標権ドイツ企業ライセンス供与し全世界的にアドックスブランドの製品ドイツ企業製造販売する、ということになった2006年平成18年)、同社カラーネガ127フィルム、「ブルーファイアムラーノ160」の発売開始する日本では2012年4月現在、北海道斜里町かわうそ商店が、同社正規輸入代理店である。

※この「略歴・概要」の解説は、「ブルーファイア・ラボラトリーズ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ブルーファイア・ラボラトリーズ」の記事については、「ブルーファイア・ラボラトリーズ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/18 20:45 UTC 版)

ドウェインズ・フォト」の記事における「略歴・概要」の解説

1956年、ドウェイン・ステインリが同社創立したときには小さなフィルム現像所であったが、急速に成長し合衆国における有数写真現像所のひとつに数えられるようになった8mmフィルムおよびその後フォーマットであるスーパー81980年代になって急激に衰退し、ほとんどの現像所閉鎖されていったが、同社業務続けた126フィルムといったようなすでに製造販売終了したフィルム製品含めたあらゆるタイプ映画用写真用フィルム現像対応する数少ない現像所のひとつである。 同社は、2010年12月最後まで、コダクローム現像続行すること、同時点ですでにコダクローム供給不足していると発表した業務としての現像終焉が、コダクローム時代終焉示している。同年7月14日コダクローム最終生産ロールを、スティーヴ・マッカリー(英語版)のために現像した、と発表36スライドが、ニューヨーク州ロチェスターのジョージ・イーストマン・ハウス(英語版)に永久展示されることとなった同社コダクローム最終現像ロールは、社主のドウェイン・ステインリが撮影したものであり、その最後感光しフレームは、同社従業員集合写真であったコダックによれば映画用フィルムに関しては、35mmフィルム16mmフィルムスーパー16含む)、スーパー8カラーリバーサル現像スーパー8カラーネガ現像を行う現像場であるとされている。

※この「略歴・概要」の解説は、「ドウェインズ・フォト」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ドウェインズ・フォト」の記事については、「ドウェインズ・フォト」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 16:56 UTC 版)

よい子の歌謡曲」の記事における「略歴・概要」の解説

1979年昭和54年9月1日創刊する創刊メンバーは、編集長梶本学、岩田晃、川上英典、山口幸太郎ら。当初発行元は「よい子の歌謡曲編集部名義本文記事手書きであった1987年4月1日岡田有希子一周忌際しベスト・オブ岡田有希子特集号を発行する1989年、同編集部中心となり、株式会社ファッシネイションを設立発行元発売元となる。 1991年平成3年11月20日発行の第48号をもって実質休刊となる。最終号表紙フリッパーズ・ギターであった2019年令和元年9月22日渋谷ロフト9にて『よい子の歌謡曲40周年トークライブが行われ、第49号が発行される

※この「略歴・概要」の解説は、「よい子の歌謡曲」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「よい子の歌謡曲」の記事については、「よい子の歌謡曲」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/16 17:53 UTC 版)

フォルテ (企業)」の記事における「略歴・概要」の解説

1922年大正11年3月ハンガリー王国時代に、イーストマンコダック写真フィルム印画紙工場として、現在のペシュト県ヴァーチ開業したのが、同社始まりである。コダックは、1910年代にすでに土地購入していた。 1945年昭和20年5月8日ハンガリー王国第二次世界大戦に敗北してソビエト連邦占領下置かれ1946年昭和21年2月1日共産主義国家であるハンガリー共和国ハンガリー第二共和国)が成立して以降1947年昭和22年6月30日コダック同工場を放棄した1949年昭和24年)、フォルテ合資会社となる。 1970年代には、1500人の従業員抱えて大工場であった1989年平成元年10月23日ハンガリー第三共和国成立を受け、1992年平成4年)、同工場は株主会社化、「フォルテ写真化株式会社となった2004年平成16年)に破産、翌2005年平成17年)にはショモジ県チュルゴー英語版)の投資家たちが同社買収、「フォルテインヴェスト資本投資株式会社」(ハンガリー語: Forteinvest Tőkebefektető Kft)と改称10億フォリント売り上げた2006年平成18年)には1億5,000万円損失出し、翌2007年平成19年1月すべての生産中止した従業員数十人のみになっていた。 2010年平成22年)、ポリウォームトーン計画もちあがりスクラップ寸前フォルテ工場印画紙生産のための機材運び出しドイツ使用することになり、アドックス引き継がれることになった日本では長野県白馬村グレイス当時京都府八幡市)が、同社正規輸入代理店であった

※この「略歴・概要」の解説は、「フォルテ (企業)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「フォルテ (企業)」の記事については、「フォルテ (企業)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/13 09:47 UTC 版)

殿様ホテル」の記事における「略歴・概要」の解説

1949年昭和24年)に設立熊谷久虎を代表に、俳優ブローカー星野和平映画監督倉田文人森永健次郎俳優佐分利信らが取締役就任して結成され映画芸術研究所登記上の式社名は藝研株式会社)の第1回作品として、倉田が「クラタ・フミンド名義脚本執筆し監督した作品である。本作にも出演している原節子、彼女を映画界入りさせるきっかけとなった実兄会田吉男は、本作撮影技師としてデビューしている。 『古川ロッパ昭和日記 戦後篇』によれば倉田執筆した脚本は、小国英雄古川ロッパ東横映画撮影すべく検討した経緯があるという。 キネマ旬報映画データベースおよび文化庁日本映画情報システム」の本項によれば、「製作会社:芸研配給:藝研プロ」と記述されているが、映連データベース日本映画製作者連盟)、日本映画データベース、および東宝による資料直営洋画劇場上映作品 1934–1954』によれば、製作は「芸研」、配給は「東宝」とされている。東宝の同資料によれば公開日は、他のどの資料とも異なり同年2月22日日劇上映されていると記録されている。 2012年平成24年4月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターには、本作プリント等は所蔵されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「殿様ホテル」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「殿様ホテル」の記事については、「殿様ホテル」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 06:31 UTC 版)

渋谷東急」の記事における「略歴・概要」の解説

2003年6月30日東急文化会館閉館これに伴い運営会社東急レクリエーション渋谷クロスタワーにあったホール「クロスタワーホール」を映画館改装同年7月12日渋谷東急移転し新たなスタート切った旧劇時代から引き続きディズニードリームワークス系のアニメ作品や、中規模系の作品丸の内TOEI2系列作品など多く上映しており、松竹東急系のチェーンマスターだったが、一時的に運営委託していた渋谷TOEI2東映本社経営権戻したため、2010年6月12日公開『アウトレイジ』より丸の内ルーブル系のチェーン変更2011年7月2日公開『マイティ・ソー』から3Dデジタルシネマシステムを導入した。 しかし2011年3月期に上映予定だった『ザ・ライト -エクソシストの真実-』が上映されず、『塔の上のラプンツェル』に差し替えられたり、2012年11月封切の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が渋谷TOEI上映された関係で『最強のふたり』に差し替えたり等、番組編成フリー化が目立ってきていた。 2012年12月18日10年間の定期建物賃貸借契約満了に伴い翌年5月中旬での閉館発表2013年5月23日午後8時50終映の『L.A. ギャング ストーリーをもって旧劇時代合わせて56年半の歴史に幕下ろした。当館の閉館により、渋谷方面東急映画館Bunkamura内のミニシアタール・シネマ」を残すのみとなった渋谷方面丸の内ルーブル作品上映は、同年6月15日封切の『ハード・ラッシュ』からヒューマントラストシネマ渋谷及び渋谷TOEI2TOHOシネマズ渋谷引き継いでいた。

※この「略歴・概要」の解説は、「渋谷東急」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「渋谷東急」の記事については、「渋谷東急」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:22 UTC 版)

女にしっぽがあったころ」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、イタリアの映画プロデューサーシルヴィオ・クレメンテッリが経営する製作会社クレシ・チネマトグラフィカが製作、小説家ウンベルト・エーコ原案リナ・ウェルトミューラーオッタヴィオ・イェンマ、マルチェッロ・コシャ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ脚色した作品である。 イタリアで同年10月15日公開されアメリカではフィルム・ヴェンチャーズ・インターナショナルが配給し同年公開されている。シルヴィオ・クレメンテッリパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレは、翌1971年昭和46年)、続篇女がしっぽをなくしたころ』を製作を開始1972年昭和47年2月24日公開した西ドイツ現在のドイツ)でも同年12月17日公開されその後同国では、3作の本作とは直接続篇関係にはない同傾向映画Als die Frauen noch Schwänze hatten 2 等タイトル公開した2005年平成17年4月7日には、同国DVDが、2009年平成21年3月19日にはブルーレイディスク発売された。 日本では2011年平成23年2月現在に至るまで劇場公開テレビ放映DVD等のビデオグラム販売等は行われていない。エンニオ・モリコーネによる劇伴音楽は、2007年平成19年2月7日キングレコード日本版CD発売した

※この「略歴・概要」の解説は、「女にしっぽがあったころ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「女にしっぽがあったころ」の記事については、「女にしっぽがあったころ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:31 UTC 版)

堕落 (映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1963年に製作、イタリア・フランス両国公開されたが、正確な公開日不明である。 日本では負債負ったイタリフィルムから営業譲渡受けて発足した東京第一フィルム輸入し1964年昭和39年8月22日同社配給により公開された。

※この「略歴・概要」の解説は、「堕落 (映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「堕落 (映画)」の記事については、「堕落 (映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:42 UTC 版)

忘れられた人々」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1950年2月メキシコ首都メキシコ・シティ市内ロケーション撮影、同市内のテペヤック撮影所セット撮影行い製作された。メキシコ国内では同年11月9日から公開され、翌1951年昭和26年4月3日 - 同月20日行われた第4回カンヌ国際映画祭出品ブニュエル監督賞を勝ち取った日本ではパールハウス映画輸入し1953年昭和28年8月11日松竹洋画部との共同配給により公開された。日本国内向けビデオグラムは、1990年平成2年)、2008年平成20年)にそれぞれVHSDVDとして発売されている。 2003年平成15年)、ユネスコの「世界の記憶」に登録された。

※この「略歴・概要」の解説は、「忘れられた人々」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「忘れられた人々」の記事については、「忘れられた人々」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:25 UTC 版)

女王蜂 (1963年の映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1963年イタリアの映画会社サンクロ・フィルムとフェア・フィルムが、フランスの映画会社マルソー=コシノール(コシノールおよびレ・フィルム・マルソー)と合作で製作、ラツィオ州ローマ県ローマ市内、とりわけコンチリアツィオーネ通り等でロケーション撮影行い完成したゴッフレード・パリーゼ最初アイデアラファエル・アスコナマルコ・フェレーリ2人ストーリー練りディエゴ・ファッブリパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレマッシモ・フランチオーザとともに集団執筆行って脚本作成したのであるイタリア国内でまず同年4月7日封切られ、同年5月9日開催され第16回カンヌ国際映画祭出品されマリナ・ヴラディ女優賞獲得した同年9月16日アメリカ合衆国では、エンバシー・ピクチャーズの配給によりニューヨークで公開された。同年10月日本でも松竹映配の配給により公開されている。翌1964年昭和39年)、アメリカ合衆国では、第22回ゴールデングローブ賞において、マリナ・ヴラディ主演女優賞 (ドラマ部門)にノミネートされたが、賞は逸した同年ナストロ・ダルジェント賞において、ウーゴ・トニャッツィナストロ・ダルジェント主演男優賞受賞した2006年平成18年9月19日、メドゥーザ・フィルム傘下のメドゥーザ・ヴィデオがイタリア国内でのDVD発売した日本では2011年平成23年2月現在までに、VHSおよびDVDいずれの形式でもビデオグラム発売され形跡はない。

※この「略歴・概要」の解説は、「女王蜂 (1963年の映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「女王蜂 (1963年の映画)」の記事については、「女王蜂 (1963年の映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:23 UTC 版)

女トラッカー 甘い爆走」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1987年イタリア製作会社ディーン・フィルムが製作、同年11月26日、メドゥーザ・ディストリブツィオーネの配給によってイタリア国内公開され、翌1988年昭和63年5月11日開かれた第41回カンヌ国際映画祭マーケット上映された。 日本ではアルバトロス買付け輸入し1989年平成元年2月4日同社配給公開された。日本でのビデオグラムは、同社の提供、日本コロムビア現在のコロムビアミュージックエンタテインメント)の発売により、VHSカセットがセル・レンタルともにリリースされた。2010年9月現在、日本でのDVDリリースされていない

※この「略歴・概要」の解説は、「女トラッカー 甘い爆走」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「女トラッカー 甘い爆走」の記事については、「女トラッカー 甘い爆走」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:50 UTC 版)

國寶 (映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、当初2巻もの短篇西部劇として製作されたが、急遽15巻シリアル・フィルム変更となったことで、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチャリング・カンパニー初のシリアルとなったその背景には、本作封切られた同年4月14日直前である同年3月31日に、パテ・フレール(パテ)が、パール・ホワイト主演としたシリアルポーリン』(別題ポーリン危難』 The Perils of Pauline)をリリースし大好評得たことが挙げられる本作は、主演務めたグレイス・キュナードフランシス・フォード男女2人俳優オリジナルシナリオ執筆しフォード監督したもので、本作シリアル・フィルムとしてヒットすることで、この2人コンビスターになり、キュナードは「ザ・シリアル・クイーン」の異名をもつきっかけとなる。本作には、フォード実弟ジョン・フォードが、当時芸名ジャック・フォードの名で出演しており、小道具スタント、製作助手として撮影クルー参加している。出演俳優多数は、フォードキュナード次作シリアル名金』にも引き続き出演している。 日本では、まず1915年大正4年9月30日浅草公園六区電気館において、ユニヴァーサル・シリアルの第2作であるロバート・Z・レナード監督の『マスター・キイ』、2週間後の同年10月10日同じく浅草公園六区帝国館で、ユニヴァーサル・シリアルの第5作であるフランシス・フォード監督の『名金』が連続して封切られて、いずれも成功収め、翌1916年大正5年7月本作公開されている。配給は、1915年7月東京市京橋区南伝馬町3丁目14番地(現在の東京都中央区京橋3丁目)に設立され播磨ユニヴァーサル商会が行なった。 現在、本作原版散逸し現存しないとみなされているが、第2-3話第6話第8話第10話第12-14話という合計8話分の上映プリントだけは現存しアメリカ議会図書館所蔵している。

※この「略歴・概要」の解説は、「國寶 (映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「國寶 (映画)」の記事については、「國寶 (映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:16 UTC 版)

自由、夜」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、フィリップ・ガレル原案政治活動家のベルナール・ランベールが翻案し再度ガレル映画用脚本執筆、それを台本として撮影が行われた。1950年代末のアルジェリア戦争舞台背景とした作品である。夫ジャン演じるモーリス・ガレルはガレル実父であり、ラズロ・サボ案じたラズロの妻ミシュリーヌ演じるブリジット・シーとガレルの間には、本作製作した1983年6月14日、現在俳優ルイ・ガレル誕生している。 1983年フランス国立視聴覚研究所INA)が製作し1984年5月11日から開催され第37回カンヌ国際映画祭の「フランス映画展望」(フランス語: Perspectives du cinéma français部門出品され、同部門賞獲得した日本では1990年5月25日、シネマトリックスの配給で、東京六本木存在したシネ・ヴィヴァン六本木公開された。同年11月21日にはVHS同年12月27日にはLDビデオグラムそれぞれ発売されたが、2010年7月現在DVD発売はされていない

※この「略歴・概要」の解説は、「自由、夜」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「自由、夜」の記事については、「自由、夜」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 16:16 UTC 版)

スミス都へ行く」の記事における「略歴・概要」の解説

原作ルイス・R・フォスターLewis R. Foster)の『モンタナから来た紳士』。 主人公スミス田舎ボーイスカウトリーダーだったが、死亡した上院議員代わりに政界担ぎ出されるスミスはそこで政治腐敗単身対決することになる。 第12回アカデミー賞で、作品賞を含む合計11部門ノミネートされ原案賞を受賞主演ジェームズ・ステュアートは、第5回ニューヨーク映画批評家協会賞において男優賞受賞した上院議員議会議事妨害フィリバスター牛タン戦術)を行う場面がある。

※この「略歴・概要」の解説は、「スミス都へ行く」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「スミス都へ行く」の記事については、「スミス都へ行く」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:47 UTC 版)

類猿人ビンゴ・ボンゴ」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1982年チェッキ・ゴーリ・グループ代表のマリオ・チェッキ・ゴーリおよび子息のヴィットリオ・チェッキ・ゴーリが製作、ロンバルディア州ミラノ県ミラノ等でロケーション撮影行って完成したコロムビア・ピクチャーズ世界配給行い同年12月23日イタリア、翌1983年昭和58年2月11日には西ドイツ現在のドイツ)で公開された。イタリアでは、2005年平成17年8月30日、チェッキ・ゴーリ・ヴィデオがDVD発売した日本では2011年平成23年2月現在に至るまで劇場公開されておらず、時期不明であるが『類猿人ビンゴ・ボンゴ』のタイトルVHSベースビデオグラム発売されているが、DVD発売されていない

※この「略歴・概要」の解説は、「類猿人ビンゴ・ボンゴ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「類猿人ビンゴ・ボンゴ」の記事については、「類猿人ビンゴ・ボンゴ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:46 UTC 版)

陽気な踊子」の記事における「略歴・概要」の解説

1922年大正11年)にデビューしたフランク・キャプラ当時クレジットフランク・R・キャプラ)の監督第7作として、コロンビア映画が提供、フランク・R・キャプラ・プロダクションズが製作、コロンビア映画配給して、合衆国内では1928年3月14日公開された。原作は、ロバート・ロードとアーネスト・パガノが執筆した戯曲 Come Back to Aaron (「アーロン帰れ」の意)で、これを映画のためにエルマー・ハリスが翻案した日本では同年11月22日スター・フィルム配給公開された。 長らく失われた映画」とされていたが、1990年代発見され1997年平成9年)に映画芸術科学アカデミーおよびソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントコロムビア映画後身)がデジタル復元した復元されたのは56分のヴァージョンである。同年、アカデミー・フィルム・アーカイヴは、日本の東京国近代美術館フィルムセンター復元プリント寄贈、同センター所蔵することとなった。同センター所蔵版は「57分」と記述されている。

※この「略歴・概要」の解説は、「陽気な踊子」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「陽気な踊子」の記事については、「陽気な踊子」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:18 UTC 版)

若い夫たち」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1958年イタリアの映画プロデューサーであるエマヌエーレ・カッスートが、同国製作会社ネーピ・フィルム、フランス製作会社シルヴェール・フィルムの共同製作により製作を開始マウロ・ボロニーニパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレピエル・パオロ・パゾリーニ、エンツォ・クッレーリの4人でオリジナル脚本共同執筆トスカーナ州ルッカ県ルッカ市内ロケーション撮影行って完成した同作同年3月12日、ルックス・フィルムの配給によりイタリア国内公開された。同年5月2日 - 同18日開催され第11回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品されピエル・パオロ・パゾリーニパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレマウロ・ボロニーニの3人が脚本賞を獲得したフランスで公開されたのは、カンヌ後の同年10月1日である。翌1959年昭和34年)のナストロ・ダルジェント賞で、撮影監督務めたアルマンド・ナンヌッツィが、撮影賞(白黒映画部門)を受賞した日本では2011年平成23年3月現在に至るまで劇場公開テレビ放映DVD等のビデオグラム販売等は行われていない。

※この「略歴・概要」の解説は、「若い夫たち」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「若い夫たち」の記事については、「若い夫たち」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 15:35 UTC 版)

痴漢電車 いけない妻たち」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、監督瀬々敬久が自ら書き下ろしたオリジナルシナリオよるもので、脚本記され本作原題わたくしの汽車は北へ走つてゐるはずなのに ここではみなみへかけてゐる』は、宮澤賢治の『春と修羅初版本収録された『青森挽歌』のなかの一文引用である。国映製作し新東宝映画配給同年11月28日公開された。同年10月10日公開され瀬々前作で、『わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です』という同じく宮澤賢治の『春と修羅冒頭一文原題とし、同じく岸加奈子主演した禁男の園 ザ・制服レズ』の7週後の公開である。前作同様、瀬々宮澤賢治インスパイアされた時代作品である。 日本でのビデオグラムは、1997年平成9年3月18日、ビデオメーカーのKUKIVHSセルビデオとして橋口卓明監督の『痴漢電車 絶倫おんな』(1995年11月23日公開)とのカップリングで『痴漢電車 絶倫おんな/痴漢電車 いけない妻たち』のタイトル発売した日本以外に関しては、劇場配給ビデオグラム等のオールメディアかつワールドワイドのオールライツをアメリカ合衆国の映画会社 PinkEiga.com が掌握しているが、ビデオグラム発売見当たらない

※この「略歴・概要」の解説は、「痴漢電車 いけない妻たち」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「痴漢電車 いけない妻たち」の記事については、「痴漢電車 いけない妻たち」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 03:19 UTC 版)

成金 (1921年の映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

1918年大正7年)ごろ、横浜東洋汽船の子会社東洋フィルム会社製作し、まずアメリカ合衆国上映されるべく、Sanji Goto - The Story of Japanese Enoch Arden (「ゴトウサンジ - 和製イノック・アーデン物語」の意)のタイトル輸出された。同社は、1920年大正9年4月大正活映改称され1921年大正10年9月2日東京・日本橋人形町水天館で公開された。 1990年代アメリカで、英語字幕のみの輸出版プリント発見され東京国立近代美術館フィルムセンター収蔵された。同センターは現在、29分、16ミリフィルム部分プリント所蔵している。

※この「略歴・概要」の解説は、「成金 (1921年の映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「成金 (1921年の映画)」の記事については、「成金 (1921年の映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 03:18 UTC 版)

スイスの映画」の記事における「略歴・概要」の解説

スイスにおける最初公開され映画上映は、1896年明治29年)にジュネーヴ開かれた内国博覧会でのことであった移動上映が、展示会場や音楽ホールサーカス小屋行なわれ、そして最初いくつかの映画館出現した1920年代後半までのサイレント映画時代には、スイス人による映画製作はほとんど行なわれなかった。1920年代初頭には、レマン湖畔のジュネーヴローザンヌスタジオが、映画製作のためのインフラ提供した1930年代から1950年代にかけての原初的スイス映画は、原則的にドイツ語圏のスイスであったチューリッヒ映画プロダクションであるプレゼンス・フィルムが国際的な名声を得ることで、スイス映画は、レオポルト・リントベルク監督戦争映画最後のチャンス』(Die Letzte Chance, 1945年のような人道主義的アンガージュマン映画同義語となったそういった映画は、スイスドイツ方言撮影された。 ジャン=リュック・ゴダール中心的な役割担ったヌーヴェルヴァーグは、1960年代におもにスイス西部フランス語圏展開された。同地テレビ局であるテレヴィジオン・スイス・ロマンドは、アラン・タネールクロード・ゴレッタミシェル・ステーら「グループ5」のメンバーとともに劇映画共同製作行なった。現在スイスでは、さまざまな異なジャンル映画共存している。ドキュメンタリー分野では、例えクリスチャン・フレー監督の『戦場フォトグラファー ジェームズ・ナクトウェイ世界』(War Photographer, 2001年)が第74回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされている。 ロカルノ国際映画祭は、インディペンデント映画作家作品映画祭であり、国際的な名声得ている。スイス映画賞を毎年発表しているソロトゥルン映画祭通じてスイス映画に賞が与えられている。スイスは、ボリウッド多数インド映画撮影インフラ提供している。

※この「略歴・概要」の解説は、「スイスの映画」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「スイスの映画」の記事については、「スイスの映画」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/14 05:17 UTC 版)

火の夜」の記事における「略歴・概要」の解説

1900年明治33年前後ロシア帝国現在のロシア)のレフ・トルストイ執筆し死後発表され戯曲生ける屍』を、マルセル・レルビエT・Hロベールらと共同脚色し映画化したのである日本での配給は、エムパイヤ商事合名会社が行った。

※この「略歴・概要」の解説は、「火の夜」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「火の夜」の記事については、「火の夜」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/14 05:02 UTC 版)

二人の殺し屋」の記事における「略歴・概要」の解説

ハリウッド映画製作経験し、Bムーヴィーヨーロッパ向けセールス代理人務めていた経験から、ロジェ・ヴァディム監督の『素直な悪女』を手がけ、ヴァディムの妻ブリジット・バルドースターダム送り込んだ若手プロデューサーラウール・レヴィは、1962年昭和37年)から歴史超大作マルコ・ポーロ 大冒険』に取り組んでいたが、トラブル続きでなかなか完成せず、完成して公開がなかなか決まらなかった。そこで原点返り白黒フィルム低予算でのフィルムノワールを自らの手監督することに決めた。それが本作二人の殺し屋』、レヴィの初監督作品である。フランスイタリア合作であるにもかかわらず使用言語は英語である。 ピエール・ヴィアル=ルズーが「ピエール・ヴィアル」の名で書いた小説たたえられよ、マフィア』(1964年)を原作に、レヴィ自らが脚本書いたタイトルの「Je vous salue, mafia」は、「Je vous salue, Marie」(たたえられよ、マリア)をもじったもので、のちにレヴィ友人であったジャン=リュック・ゴダールは、『こんにちは、マリア』(Je vous salue, Marie1984年)、『たたえられよ、サラエヴォ』(Je vous salue, Sarajevo1993年)の2作を発表している。 本作は、『マルコ・ポーロ 大冒険』が封切られた1965年昭和40年8月6日のわずか5日後、同年8月11日公開された。日本ではタイヘイフィルム配給1966年昭和41年12月17日劇場公開した。日本あるいはフランスにおいてはビデオグラム化がされていないが、アメリカでは2008年平成21年5月27日、シニスター・シネマからDVD発売されている。

※この「略歴・概要」の解説は、「二人の殺し屋」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「二人の殺し屋」の記事については、「二人の殺し屋」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/13 20:35 UTC 版)

ヒットパレード (1950年の映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

第二次世界大戦後1949年昭和24年10月1日設立され新興映画配給会社である東京映画配給現在の東映)は、おもに京都太秦東横映画東京東大泉太泉スタヂオの製作物劇場配給するために設立されたが、本作のような独立系製作会社作品多く配給した本作は『岡晴夫のマドロスの唄』と二本立で「歌謡映画祭」と銘打って公開された。本作完成は、公開前年12月23日であったが、公開までに2か月かかっている。脚本執筆した清水正二郎は、シネアートアソシエートオブトーキョーの次作『裸の天使』(監督中川順夫配給松竹)の脚本書いている。清水は、のちの直木賞作家胡桃沢耕史本名であり、経歴において「東映シナリオライターとなった」とは本作執筆等を指す。 東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリント等を所蔵していない。

※この「略歴・概要」の解説は、「ヒットパレード (1950年の映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ヒットパレード (1950年の映画)」の記事については、「ヒットパレード (1950年の映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/31 05:34 UTC 版)

レフューズニクたちへの祈り」の記事における「略歴・概要」の解説

2006年平成18年5月11日 - 同年8月14日パリ国立総合文化施設ポンピドゥー・センター企画した初のゴダール展『ユートピアでの単数/複数旅行 ジャン=リュック・ゴダール 1946年 - 2006年』(Travel(s) in Utopia, Jean-Luc Godard 1946-2006)が行なわれた際に、同センターの上ホールで、ゴダール初期の作品カラビニエ』(1963年)の併映として公開された。 本作はいずれも、徴兵拒否したために幽閉されイスラエルの若い兵士たち(レフューズニク)への映画書簡である。2007年平成19年11月7日フランスで発売された『愛の世紀』と『アワーミュージック』の2枚組DVDボーナストラックに、いずれも収録されている。

※この「略歴・概要」の解説は、「レフューズニクたちへの祈り」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「レフューズニクたちへの祈り」の記事については、「レフューズニクたちへの祈り」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 00:14 UTC 版)

ORWO」の記事における「略歴・概要」の解説

1945年昭和20年4月20日第二次世界大戦におけるナチス・ドイツ崩壊つづいてアグファのヴォルフェン工場米軍管轄下におかれ、アグファカラーの現像に関する重要な工場プラントやほかの書類没収されアメリカコダックイギリスイルフォードといった、西側同業他社渡された。同工場はドイツにおけるソビエト連邦占領下置かれる地域にあったため、米軍同工場をソビエト軍政に引き渡した工場おおかた取り壊され主要なドイツ人スタッフとともにソビエト連邦国内移転しソ連カラーフィルム産業基礎形作ることになる。 1953年昭和28年)、同工場は東ドイツ資産となり、貿易協定設置の際に、VEBフィルムおよびアグファ・ヴォルフェン化学繊維工場VEB Film- und Chemiefaserwerk Agfa Wolfen)という東ドイツ国営企業に、「アグファブランド東欧諸国対す製品販売権与えたそのかわりに、西ドイツドイツ連邦共和国現在のドイツ)のレーヴァークーゼン新たに再建されアグファが、東欧以外の世界使用権握った貿易協定は、東ドイツ企業に対して西側諸国への販売権阻害するものであったので、1964年昭和39年)になると、「元祖ヴォルフェン」(Original Wolfen)を意味するORWO」という商標導入された。「ORWO」と銘打たれ35mmスライドカラーフィルム1970年代にはイギリス使用可能になり、通販流通のための雑誌広告打たれた。当時としては、主流ブランド対する、貧弱なオルタナティヴでしかなかった。 1972年昭和47年)、ORWOは、ソ連において、ORWOブランドの黒いパッケージカセットテープ発売しはじめたことが、レニングラード現在のサンクトペテルブルク)発のニュースとして、同年3月25日発行米国雑誌ビルボード』で報じられている。 西ドイツ東ドイツ合併するのに次いで同社1990年平成2年)に民営化された。2回の倒産経て新会社フィルモテックが1998年平成10年)に設立された。同社は、映画用フィルム特化されORWO製品縮小され規模であるが製造続けたいくつかの製品は再ブランド化され、マコというフィルム会社販売している。 日本小型映画専門店レトロエンタープライズ販売しているシングル8用の同社オリジナル黒白生フィルムレトロX」は、フィルモテックが継承する黒白リヴァーサルフィルムORWO UN54を原反としてつくられたものである。 現在、ORWOブランドフィルムは以下の長巻35mm白黒フィルム3種類と35mm白黒インフラレッドフィルム1種類輸入されている。 ORWO UN 54 (ISO100) 135-30.5m(100ft) ORWO N 74 plus (ISO400) 135-30.5m(100ft) ORWO NP 20 (<1980s) ORWO NP22 (<1990) ORWO CHROM UT21 - 135 film (<1990) Perforated ORWO film (70 mm) USSR (<1990) 1980s ORWO CHROM (<1990) Magnetic tape packaging (<1990) ORWO Audio Cassette(<1990) ORWO PAN 400 (< 1994) ORWO UN 54 in 30,5m / 100ft can (ORWO FilmoTec GmbH,2016)

※この「略歴・概要」の解説は、「ORWO」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「ORWO」の記事については、「ORWO」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 05:56 UTC 版)

たのしい知識」の記事における「略歴・概要」の解説

アンナ・カリーナとの破局経験した1965年ゴダールは、冬のパリで『男性・女性』(1966年)を撮影しシネマ・ヴェリテ手法によって顕わにした若い世代考え興味を抱く。1966年に『メイド・イン・USA』および『未来展望』(オムニバス愛すべき女・女たち』の一篇)を撮影し、この2作を最後にカリーナ主演にすえることを断念したゴダールは、ドキュメンタリー作家クリス・マルケル呼びかけによるオムニバス映画ベトナムから遠く離れて』のために『カメラ・アイ』を撮りよりいっそうシネマ・ヴェリテ実践と、若い世代思想新しマルクス主義である毛沢東思想傾倒してゆく。 翌1967年出会ったマオイストシネフィル青年ジャン=ピエール・ゴラン当時24歳)との会話から生み出されたのが、同年早々に撮り始めた中国女』、そして本作たのしい知識』である。ゴダールは、同年夏にはモデル出身ミレイユ・ダルクと『ウイークエンド』を撮るが、『中国女』で主役に抜擢した当時まだ20歳アンヌ・ヴィアゼムスキーと同1967年7月22日結婚同作8月30日フランスで公開され時期同じくして「商業映画との決別宣言」を発表する。『男性・女性』、『中国女』を通じて知り合った10歳以上若い仲間である、ヴィアゼムスキー、ジャン=ピエール・レオジュリエット・ベルトゴダールで、その年の秋、本作撮影開始された。 フランス放送協会からの依頼始まったこの企画は、当初ジャン=ジャック・ルソーエミール』の映画化であったが、非常にルーズに下敷きにしただけであり、また、フリードリッヒ・ニーチェ著作と同じタイトルDie fröhliche Wissenschaft (la gaya scienza)の仏題)であるが直接の関係はなく、むしろヴァルター・ベンヤミン『パサージュ論』影響指摘されるような作品となったレオ演じる「エミール・ルソー」は、もちろんルソーの『エミール』に登場する少年の名から、ベルト演じる「パトリシア・ルムンバ」の名は、1960年ベルギーから独立したコンゴ民主共和国初代首相となり翌1961年暗殺された、アフリカ民族主義指導者パトリス・ルムンバからとったものである。なお劇中使用されるキューバ革命歌『7月26日行進』は、1953年7月26日フィデル・カストロら反バティスタ若者反乱にちなんだ曲である(キューバ革命)。 プロットのない映像言語探索が行われた本作は、1968年完成するも、延々と暗黒画面がつづくなどあまりに映画的でないとの理由発注元のテレビ局から拒絶され放送されず、契約違反その他で訴訟起こされ出資からも下りられてしまう。結果的にミュンヘンのバヴァリア・フィルムが作品買収、翌1969年第19回ベルリン国際映画祭コンペティション部門上映された。 本作製作開始から完成のあいだのゴダールは、1968年2月にはシネマテーク・フランセーズ館長アンリ・ラングロワ解雇され大衆的に闘って闘争勝利し同年5月にはいわゆる五月革命」がパリ起きゴダールレオとともにカンヌのりこみクロード・ルルーシュフランソワ・トリュフォーらと第21回カンヌ国際映画祭粉砕した同年6月にはゴランらと結成したジガ・ヴェルトフ集団」(1968年 - 1972年)の第一作あたりまえの映画』を撮影11月にはその直後D・A・ペネベイカー共同監督で『ワン・アメリカン・ムービー』をニューヨークで撮る。翌1969年から1970年かけてもカナダイギリスロンドン)、チェコスロヴァキアイタリア果てはパレスティナまで政治映画の撮影飛び回るゴダール日々が始まる。

※この「略歴・概要」の解説は、「たのしい知識」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「たのしい知識」の記事については、「たのしい知識」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 08:24 UTC 版)

大泥棒 (映画)」の記事における「略歴・概要」の解説

本作は、1979年昭和54年)にパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ発表した小説 Il ladrone原作に、レナート・ギオット、オッタヴィオ・イェンマ、サンティーノ・スパルタ、ステファーノ・ウベツィオが翻案脚色しフルヴィオ・ルチザーノが代表を務めイタリアン・インターナショナル・フィルム中心に合作し、製作を行ったのであるチュニジアモナスティル県モナスティルあるいはスース等でロケーション撮影行い完成したイタリアで1980年2月1日フランスではちょうど2年後1982年昭和56年2月24日公開された。イタリアでは、2009年平成21年10月21日イタリアン・インターナショナル・フィルムIIF傘下IIFホーム・ヴィデオDVD発売した日本では2011年平成23年2月現在に至るまで劇場公開テレビ放映ビデオグラム販売等は行われていない。

※この「略歴・概要」の解説は、「大泥棒 (映画)」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「大泥棒 (映画)」の記事については、「大泥棒 (映画)」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 08:15 UTC 版)

目黒シネマ」の記事における「略歴・概要」の解説

1955年昭和30年)、大蔵貢大蔵映画株式会社が「目黒金龍座」「目黒オリオン座」の2館として、現在の東京都品川区上大崎2丁目24番15号に開業した1975年昭和50年)、現在の建物改築して1館に統一、「目黒オークラ劇場」と名称を変更した1976年昭和51年)、現行の目黒シネマ」に改称した第二次世界大戦前目黒駅隔てて反対側の東口に「目黒キネマ」が存在したが、資本関係はない。

※この「略歴・概要」の解説は、「目黒シネマ」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「目黒シネマ」の記事については、「目黒シネマ」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/08 09:14 UTC 版)

蹴合鶏」の記事における「略歴・概要」の解説

日活大将軍撮影所現代劇部を残して前年1927年昭和2年4月太秦撮影所移転となり、大将軍撮影所1928年昭和3年4月閉鎖となった時代劇現代劇両方主演していた南光明マキノ・プロダクション御室撮影所迎えることになり、その第1回作品として製作、銘打たれ公開された。本作は、マキノ監督作浪人街 第一話 美しき獲物』が1位を獲得した同年キネマ旬報ベストテンで7位を獲得し、4位を獲得した崇禅寺馬場とともにベストテン10作品中3作品マキノ正博監督作占めた当時チラシによれば阪東三吉改め阪東三右衛門入社第1回作品天明果報談』が近日公開である旨が併記されているが、三右衛門5月入社しており、金森万象監督の『天明果報談』は『蹴合鶏公開のちょう1か月後に公開されている。主演俳優入社ラッシュであった

※この「略歴・概要」の解説は、「蹴合鶏」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「蹴合鶏」の記事については、「蹴合鶏」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 15:17 UTC 版)

チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の記事における「略歴・概要」の解説

夫妻宇刈夫妻主人公である。毎回一話完結15分間ドラマである。 第1回放送日は、ラジオ東京開局日の1951年昭和26年12月25日であった3回リニューアル繰り返し1958年昭和33年)には、放送2,000回を迎え初期長寿番組となる。1964年昭和39年10月に、13年続いた放送終止符を打つまた、ラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)開局日の1955年昭和30年4月1日13時から、映画放送された。 スポンサーは、当初企業降板した後、1952年昭和27年10月から朝日麦酒現在のアサヒビール)が一社提供する。バャリース・オレンジや同社ビール作品内大い取り上げ、同番組フィーチャーした新聞広告打った1958年昭和33年7月には、降板した。 それから21年半後の1986年4月より、同局の昼番組『ロンペーのときめきランチタイム』(パーソナリティ桝井論平アナウンサー)内で復活1年放送したスポンサー津村順天堂(現:ツムラ・バスクリン)。オープニングテーマは「アリス迷子」(作詞湯川れい子 / 編曲清水信之 / 作曲・歌:小林明子)。

※この「略歴・概要」の解説は、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の解説の一部です。
「略歴・概要」を含む「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の記事については、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の概要を参照ください。


略歴・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/07 02:11 UTC 版)

竹売」の記事における「略歴・概要」の解説

室町時代14世紀 - 16世紀)、当時経済流通交通変化発展を受け、農民が自ら伐採した竹を売る「竹売」に進出する例もあったが、京都においては山城国宇治郡山科荘(現在の京都市山科区)の山科家本所とした「竹供御人」が、供御人として朝廷に竹を貢納し独占的に販売していた。山科家の「竹供御人」は、 紀伊郡深草現在の京都市伏見区深草宇治郡木幡現在の京都府宇治市木幡) の2か所に存在した1481年文明13年)には、深草木幡の「竹供御人」どうしがその利権争い結果的には「伏見ひさしき供御人小幡ハちかし」(「伏見深草古来供御人であり、木幡最近のものである」の意)と判定され記録残っている。このほか「山科散所」の者たちも、竹うり散所者竹売散所者)として、「竹売」を行った当時掃部助大沢重有が差配していた、この「竹売散所」の所在地不明である。