染色とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 染色 > 染色の意味・解説 

せん‐しょく【染色】


そめ‐いろ【染(め)色】

読み方:そめいろ

染料染めた色。また、その色調


染色 DYEING

カーペット業界用いられている主な染色方法には次のものがある
1.原液染め 合繊にのみ採用されノズルから噴出され前の原液段階の状態で染色する方法

2.わた染め 紡績工程の前に繊維染め方法

3.糸染めまたは綛染め カーペット製織する前に
糸の状態で染色する方法

4.反染め カーペット製織後、裏張り加工などの仕上工程前に
一反ずつ染め方法

5.クロス染め 糸タイプによって異なった親和力を持つ染料染める異染方法。

6.スペースダイ(絣染め) 糸にプリントするなどして、
そのもの多色に染めあげる染色法

7.連続染色 ロットごとに反染めするのではなく
連続的にカーペット原反染色する方法

→SOLUTION-DYED、STOCK-DYED、PIECE-DYED、CROSS-DYED、SPACE-DYED、 CONTIN-UOUS-DYED。

染色

作者芝木好子

収載図書下町の空
出版社講談社
刊行年月1989.4
シリーズ名講談社文庫


染色

作者ジャンバティスタ・バジーレ

収載図書ペンタメローネ五日物語
出版社筑摩書房
刊行年月2005.9
シリーズ名ちくま文庫


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 15:39 UTC 版)

染色(せんしょく)とは、など繊維質に色素吸着結合させることである。




「染色」の続きの解説一覧

染色(糸浸染作業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/24 21:05 UTC 版)

染色技能士」の記事における「染色(糸浸染作業)」の解説

1級第1課題:染色データ再現作業を行う。 第2課題色合わせ作業を行う。 第3課題:染色データ作成作業を行う。 試験時間5時30分 2級第1課題:染色データ再現作業を行う。 第2課題色合わせ作業を行う。 第3課題:染色データ作成作業を行う。 試験時間5時30分

※この「染色(糸浸染作業)」の解説は、「染色技能士」の解説の一部です。
「染色(糸浸染作業)」を含む「染色技能士」の記事については、「染色技能士」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 15:34 UTC 版)

組織学」の記事における「染色」の解説

詳細は「染色 (生物学)を参照 生物組織が元々持つコントラストあまりに弱く光学顕微鏡電子顕微鏡ではほとんど判別できない。染色は、組織の特殊構造強調するだけでなく、組織コントラスト与えることができる。染色の基礎を成す機械論理解するためには、組織化学用いられるヘマトキシリンエオシンによるHE染色は、組織学組織病理学での光学顕微鏡観察最もよく活用される塩基性染料ヘマトキシリンは、核酸結合して細胞核を青〜青紫色に染める酸性エオシンは、細胞質ピンクに染める電子顕微鏡用に組織コントラスト上げるには、酢酸ウラニル(VI)クエン酸鉛が使われる選択的に細胞細胞成分染色する方法他にも多数存在する1つはがん周縁部やサージカルマージン (Surgical margin) を染色するもので、試料前後境界面を別々の染料染め分けサンプル中でのがんやその他の病変位置分かりやすくするものである他にもサフラニンオイルレッドO英語版)、コンゴレッドファストグリーンFCF銀塩、更に多数自然・人染料が染色に使われるこれらの染料は、織物産業の発展に伴って誕生したものが多い。 組織化学は、実験室化学薬品組織内物質どのように化学反応を起こす研究する学問である。組織化学で最も用いられる手法は、パールズ・プルシアンブルー(英語版)法で、ヘモクロマトーシス鉄過剰症一種)などの沈殿を見るために用いられる組織学標本は、放射線用いて解析されることもある。組織切片放射線撮影法英語版)では、スライド組織化学的染色されていることもある)を放射線にかける。オートラジオグラフィーは、放射性同位体体内のどこに移動した可視化する技術である。DNA複製が行われるS期に取込まれるトリチウムチミジン検出したり、in situ ハイブリダイゼーションで、放射性ラベルされた核酸プローブがどこに結合した調べることで可視化ができる。顕微鏡レベルオートラジオグラフィーを行うためには、スライド液性トラック感光乳剤浸し乾かしてフィルム制作するこの後暗視野検鏡法を使いフィルム上の個々の粒子観察する最近ではタンパク質炭水化物脂質可視化に、抗体利用されている。この方法は免疫組織化学呼ばれ、特に染料蛍光物質である場合蛍光抗体法英語版)と呼ばれる。この技術は、顕微鏡下での細胞分類能を飛躍的に上させた。他にも放射性同位体in situ ハイブリダイゼーション(英: nonradioactive in situ hybridization)などは、蛍光物質プローブ・タグと結合した特定のDNARNA分子検出する技術である。これは蛍光抗体法酵素活用蛍光増幅(英: enzyme-linked fluorescence amplification、例えアルカリホスファターゼやチラミドシグナル増幅利用したもの)に活用されている。蛍光顕微鏡共焦点顕微鏡は、細胞内の蛍光シグナル検知利用されている。現在では組織学組織病理学写真撮影に、デジタルカメラ広く利用されている。

※この「染色」の解説は、「組織学」の解説の一部です。
「染色」を含む「組織学」の記事については、「組織学」の概要を参照ください。


染色(染色補正作業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/24 21:05 UTC 版)

染色技能士」の記事における「染色(染色補正作業)」の解説

1級第1課題文様消し作業を行う。 第2課題:ぼかしの合わせ作業を行う。 第3課題小紋直し作業を行う。 試験時間5時2級第1課題:紋抜き作業を行う。 第2課題友禅地直し作業を行う。 第3課題汚れ落とし作業を行う。 試験時間4時30分

※この「染色(染色補正作業)」の解説は、「染色技能士」の解説の一部です。
「染色(染色補正作業)」を含む「染色技能士」の記事については、「染色技能士」の概要を参照ください。


染色(織物・ニット浸染作業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/24 21:05 UTC 版)

染色技能士」の記事における「染色(織物ニット浸染作業)」の解説

1級第1課題:染色データ再現作業を行う。 第2課題色合わせ及び染色データ作成作業を行う。 試験時間5時間(バッチ染色)、4時間(連続染色) 2級第1課題:染色データ再現作業を行う。 第2課題色合わせ及び染色データ作成作業を行う。 試験時間5時間(バッチ染色)、4時間(連続染色)

※この「染色(織物・ニット浸染作業)」の解説は、「染色技能士」の解説の一部です。
「染色(織物・ニット浸染作業)」を含む「染色技能士」の記事については、「染色技能士」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:29 UTC 版)

傘をもたない蟻たちは」の記事における「染色」の解説

美大に通う市村は、彼女の橋杏奈連れて母校芸術祭まわっていた。杏奈自分と同じ苗字である生徒描いた作品絶賛していたが、市村には途中でさじを投げてしまった作品のように思えた芸術祭の後、1人何気なく土手歩き続けた市村は、その張本人橋本美優午前2時にも関わらず橋脚カラースプレーグラフィティアート描いているところに遭遇する聞く美優芸術祭の中で市村作品が最も印象的だったという。美優アパート訪れるとそこには描きかけ作品がたくさんあり、互い作品意図理解しあっているとわかった2人結ばれるその日から、杏奈との関係も続けながら毎日のように美優アパート訪れるようになる市村だったが、美優がいつも自分の腕にカラースプレー吹き付ける行為重要性だけは理解できなかった。橋脚描いたグラフィティはどんどん増え、いつからか「HANDS」と呼ばれて謎の覆面アーティスト集団としてネットテレビで話題になるが、2月半ばある日美優から学校辞めてロンドン行くことにしたと告げられ2人の関係は終わる。卒業式の日、美優を初め見かけた店の壁に美優の名前を含んだURL描かれハガキ見つけた市村アクセスしてみるが、そこには見覚えのある作品1つもなかった。美優住んでいたアパート当然のように今は空室で、市村はそこで美優のことを思い出しながら自慰をするが絶頂迎えられず、あの日々色彩はどこへ行ってしまったのだろうと考えながら、「今から会えないかな」と杏奈電話をする。 市村 文登いちむら ふみと) 美大3年生仲間内では「優等生」でとおっている。杏奈には「いっちゃん」と呼ばれている。 橋本 杏奈はしもと あんな) 市村の彼女。人との距離感をつかむのが上手。 橋本 美優はしもと みゆ) 市村と同じ美大に通っている。一人暮らしで、ボロいアパート1階2部屋を借り1つベッドルーム1つアトリエとして利用している。描いている途中で違うものを描きたくなってしまうため、描きかけの絵ばかりが部屋にある。橋脚絵を描くようになったのは、短時間で描かなければならないグラフィティなら描きあげられるのではと考えたため。 いつも両腕カラースプレー染めており、その色は日によって異なる。精神安定のために必要な行為で、逆に色が付いてないと気分変になるらしく、一度ちょっとした興味市村カラースプレー隠した時は顔面蒼白になり、最後には泣き出してしまった。

※この「染色」の解説は、「傘をもたない蟻たちは」の解説の一部です。
「染色」を含む「傘をもたない蟻たちは」の記事については、「傘をもたない蟻たちは」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 08:22 UTC 版)

宝石のトリートメント」の記事における「染色」の解説

石の外観向上させるために色素染める。色素染み多孔質多結晶集合体のみが対象とされるターコイズトルコ石ハウライトという別種白い石ターコイズ・ブルー染色した贋物存在するアゲートメノウ)、サンゴ真珠ヒスイ輝石ラピスラズリ オパール(主にエチオピア産)。エチオピア産のオパール他の産地より吸いやすい性質がある為に 染料など様々な色に着色されることがある

※この「染色」の解説は、「宝石のトリートメント」の解説の一部です。
「染色」を含む「宝石のトリートメント」の記事については、「宝石のトリートメント」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 08:35 UTC 版)

インディゴ」の記事における「染色」の解説

アメリカ合衆国における主な用途は綿製の服やジーンズの染色である。世界中で10億以上のジーンズインディゴ青く染められている。また、長年にわたりウール生地を深いネイビーブルーにするため使われてきた。 繊維強く定着しないため、着古した洗濯繰り返すうちに徐々に染料落ちていく

※この「染色」の解説は、「インディゴ」の解説の一部です。
「染色」を含む「インディゴ」の記事については、「インディゴ」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 23:10 UTC 版)

ドラゴンフルーツ」の記事における「染色」の解説

レッドピタヤの赤紫色色素ベタレインであり果皮染色への利用研究されている。

※この「染色」の解説は、「ドラゴンフルーツ」の解説の一部です。
「染色」を含む「ドラゴンフルーツ」の記事については、「ドラゴンフルーツ」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 13:44 UTC 版)

ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の記事における「染色」の解説

タワー内の特殊通貨GEM)を購入し消費することにより、(主に)防具カラー変更が可能。こちらもエピック状況により選択できる色が増えるが、ある条件を満たすことで、一部装備品設定されたSPカラー選択可能に

※この「染色」の解説は、「ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の解説の一部です。
「染色」を含む「ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の記事については、「ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の概要を参照ください。


染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 05:24 UTC 版)

黄櫨染御袍」の記事における「染色」の解説

10世紀の『延喜式によれば、綾1疋を黄櫨染に染めるには、14斤、蘇芳11斤、酢2升、灰3斛、8荷を用いるとあり、山櫨樹皮と蘇芳の芯材使って染められたことが分かる櫨染めはやや褐色がかった黄色に染まり蘇芳はやや黒っぽい赤色染まるため、仕上がり鮮烈な日光の色と云うよりも深くて落ち着いた印象黄褐色系から赤褐色系になる。しかし、黄櫨染は非常に難易度の高い染色で、熟練工であっても毎回同じ色染めることはできず、安定して色を出すことは不可能とも言われているまた、着用者年齢等によっても仕上り変えたと言われる広隆寺には、後奈良天皇以降歴代の天皇聖徳太子立像着せるために納めた黄櫨染等の御袍が伝わるが、その色はさまざまであるまた、吉岡幸雄復元によると、黄櫨染麹塵天皇日常の御袍の色)は、日光下にあるときと灯火の下にあるときとで色調変わ効果があるという。 なお、近世黄櫨染御袍材質は固地綾であった

※この「染色」の解説は、「黄櫨染御袍」の解説の一部です。
「染色」を含む「黄櫨染御袍」の記事については、「黄櫨染御袍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「染色」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「染色」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



染色と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「染色」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



染色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ニッシンニッシン
Copyright (C) 2022 NISSIN CARPET CO., LTD. All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの染色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの染色技能士 (改訂履歴)、組織学 (改訂履歴)、傘をもたない蟻たちは (改訂履歴)、宝石のトリートメント (改訂履歴)、インディゴ (改訂履歴)、ドラゴンフルーツ (改訂履歴)、ドルアーガオンライン THE STORY OF AON (改訂履歴)、黄櫨染御袍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS