標本とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 標本 > 標本の意味・解説 

ひょう ほん へう- [0] 【標本】

動植物鉱物その他の物を、ありのままの姿で保存するために、それらの個体もしくはその一部適当な処理を施したもの。 「 -室」
ある物の見本ひな形転じて典型的なもの。 「けちの-のような人」
統計で、ある集団母集団)の全部についてではなく一部抜き出して調査する場合の、その抜き出された個々資料サンプル


標本(サンプル)

標本抽出手続き 1は、すべての個人(110-2)を調査しなくてもすむように、母集団に関する情報をその一部分だけから得るために用いられる。調査対象となった母集団一部分は標本(サンプル) 2呼ばれる母集団調査対象である要素 3集合体である。抽出単位 4母集団の一要素でも要素集合でもありうるが、標本を選択するために用いられる。人口学的標本において、要素個人(110-2)、家族115-1)、世帯(110-3)であることが多く抽出単位個人世帯住宅ブロック行政単位地域のいずれでもかまわない。標本は標本設計 5に従って選択された多数抽出単位からなる


田沢湖のクニマス(標本)

名称: 田沢湖のクニマス(標本)
ふりがな たざわこのくにますひょうほん
種別 動物植物地質鉱物関係
種別2:
都道府県 秋田県
市区町村 秋田市秋田県立博物館)、仙北市仙北市田沢湖郷土史料館
管理団体
登録年月日 2008.07.28(平成20.07.28)
登録基準 登-天3
追加登録年月日
解説文: 形態及び生態において多く特徴をもつ秋田県田沢湖固有の淡水魚1940年発電等を目的として玉川強酸性水田沢湖導入したため絶滅。現在標本は17体しか残っていない人為的絶滅させた淡水魚の標本として、また、その生物学特長を知るうえで貴重である。
登録記念物のほかの用語一覧
動物植物地質鉱物関係:  田沢湖のクニマス  禅寺丸柿  菊池川堤防のハゼ並木
名勝地関係:  みとろ苑庭園  亀井氏庭園  伊東氏庭園  函館公園

標本

作者吉村昭

収載図書死のある風景
出版社文芸春秋
刊行年月1989.11

収載図書吉村昭自選作品集14炎のなかの休暇月下美人
出版社新潮社
刊行年月1991.11

収載図書死のある風景
出版社文芸春秋
刊行年月1992.11
シリーズ名文春文庫


標本

作者ロバート・ブロック

収載図書世界ベスト・ミステリー50選―名作短編で編む推理小説50年史 上
出版社光文社
刊行年月1994.3
シリーズ名光文社文庫


標本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/05 07:34 UTC 版)

標本(ひょうほん)は、全体の中から取り出し観察・調査を行う一部分をいう。分野によって特定の意味を持つ場合がある。




「標本」の続きの解説一覧

標本

出典:『Wiktionary』 (2019/05/02 06:17 UTC 版)

名詞

ひょうほん

  1. 適当処理施し保存された動植物鉱物などの実物
  2. 見本代表的なもの。
  3. 統計学統計で、全体の中から一部抜き出した個個資料

発音

ひょ↗-ほん

対義語

複合語

翻訳

語義3




標本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標本」の関連用語

標本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



標本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの標本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS