水流とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 水流 > 水流の意味・解説 

すい‐りゅう〔‐リウ〕【水流】

読み方:すいりゅう

水が流れること。また、その流れ


水流

読み方:ミズナガレ(mizunagare)

火事火災火難忌詞


水流

作者モリアキオ

収載図書あおむしの旅
出版社東京図書出版会
刊行年月2007.9


水流

読み方:ツルtsuru

所在 宮崎県えびの市


水流

読み方:ミズナガレ(mizunagare)

所在 青森県上北郡東北町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

水流

読み方
水流すいりゅう
水流つる
水流みずなが
水流みずながれ
水流ずりゅう
水流みずる
水流みながれ

流れ

(水流 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/14 16:47 UTC 版)

流れ(ながれ、: flowやstreamなど)は


注釈

  1. ^ 野球監督の中には、選手に対して働きかけるだけでなく、選手の(配偶者)の誕生日などにプレゼントをすることで、そうした流れを根底からつくるという高等な技を使う人もいる。
  2. ^ ただし、バスケットボールにおいては、一度シュートを決めた選手は他の選手に比べてその後もシュートを決めやすくなる(「ホットハンド」)が信じられていることがあるが、 これに関しては、アメリカ心理学者トーマス・ギロビッチが、実際にNBAフィラデルフィア・セブンティシクサーズの1980-1981年シーズンのフィールド・ゴール、およびボストン・セルティックスの1980-1981年、1981-1982年シーズンのフリースローを統計分析したところ、シュートが連続して決まる確率に偶然の域を出るものは無く、シュートは完全なる独立試行であることが明らかとなった。(ただし近年ではトーマス・ギロビッチの行った統計の不備を指摘したり、積極的に「ホットハンド」の存在を支持する研究もある。詳しくはホットハンドの誤謬を参照のこと。)
  3. ^ このように本当は何ら意味の無い情報の中から何らかのパターンを見出してしまう現象のことをクラスター錯覚en:clustering illusion)と呼ぶ。クラスター錯覚は認知バイアスの一種であり、統計データから誤った解釈を導き出す原因となる。また、クラスター錯覚のような「まやかしの有意性」から理屈を組み立ててしまうことを「テキサスの射撃手の誤謬」(en:Texas sharpshooter fallacy)と呼ぶ。

出典

  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1979
  2. ^ 大辞林
  3. ^ 広辞苑 第五版  p.1979「流れる」
  4. ^ 日本人に馴染みのある有名な作品では例えば『方丈記』など。(Wikibooks : [1])。他にも多数あり。
  5. ^ フィリップ ボール『流れ: 自然が創り出す美しいパターン』早川書房、2011
  6. ^ Suzuyo、物流とは
  7. ^ [2]
  8. ^ Spedding, G. R., Rayner, J. M. V., and Pennycuick, C. J. (1984). “Momentum and Energy in the Wake of a Pigeon (Columba Livia) in Slow Flight”. J. Exp. Biol. 111: pp. 81-102. 
  9. ^ 樋口広太郎『だいじょうぶ!必ず流れは変わる』2000年
  10. ^ 植西聰『「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣』PHP研究所、2013


「流れ」の続きの解説一覧

水流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 19:45 UTC 版)

ヨセミテ渓谷」の記事における「水流」の解説

シエラネバダ山脈雪解け水クリークと湖を形成している。ヨセミテ渓谷周辺ではこれらクリーク渓谷の端に流れて瀑布小滝になっている多くのクリークマーセド川支流シエラネバダ山脈集めマーセド湖に入っているそこからマーセド川が谷(リトル・ヨセミテ・バレー)を流れ下り、「ジャイアント・ステアケース」と呼ばれるものを始める。最初の段差落差594フィート (181 m) のネバダ滝であり、その下の花崗岩斜面跳ね返る。その次は落差317フィート (97 m) のバーナル滝であり、この渓谷でも最大級美しい滝である。その後急流下ってイリルーエット・クリークと合流し、イリルーエット滝を形成するそれぞれの流れを含む峡谷の底で合わさり、ハッピー・アイルズを回ってヨセミテ渓谷東端でテナヤ・クリークと合流する。 テナヤ・クリークはテナヤ湖から南西流れてテナヤ・キャニオンを降りハーフドームとノースドームの間を流れてマーセド川に合流する下記の滝は渓谷の縁から落ちて様々な地点で合流している。 ヨセミテ滝、合計標高差2,425フィート (739 m) - 上段 1,430 フィート (440 m) 、中段 670 フィート (200 m)、下段 320 フィート (98 m) 、ヨセミテ・クリーク スノークリーク滝 標高差2,140フィート (650 m) センティネル標高差1,920 フィート (590 m) リボン標高差1,612 フィート (491 m) ロイヤルアーチ・カスケード 標高差1,250 フィート (380 m) レハマイト滝 標高差1,180 フィート (360 m) ステアケース滝 標高差1,020 フィート (310 m) ブライダルベール滝 標高差620 フィート (190 m)、ブライダルベール・クリーク ネバダ標高差594 フィート (181 m) シルバーストランド滝 標高差574 フィート (175 m) バーナル滝 標高差318 フィート (97 m)

※この「水流」の解説は、「ヨセミテ渓谷」の解説の一部です。
「水流」を含む「ヨセミテ渓谷」の記事については、「ヨセミテ渓谷」の概要を参照ください。


水流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:41 UTC 版)

再生可能エネルギー」の記事における「水流」の解説

大規模水力発電、貯水式水力、ダム式水力重力ポテンシャル運動電力ダムなどに貯水したタービン回し発電する再生可能エネルギー発電の中で最大でエネルギー全体90%以上、発電全体で18%程度占める(「発電」項目参照)。ダム建設による環境への影響が大きい小水力発電重力ポテンシャル運動電力小規模な流水利用貯水設備設置による環境破壊小さい。高低差大き地形に多い沢などのほか上下水道用水路など設置可能場所が多い。 海流発電動力電力海流を羽に受け原動機回して発電沿岸浅い海では漁業との共存課題である。 波力発電動力電力海面の上下動により装置内部に気流起こしタービン回し発電するものと、効率を上げるため内部に抵抗大き液体満たし水流を発生させタービン発電するもののほか上下動ジャイロ回転変換するものがある灯浮標海洋気象ブイなど海上無人機器の独立電源広く利用英国では大型の発電設備開発されつつある。 潮力発電重力ポテンシャル動力電力潮汐による海水定期的な移動である潮流利用して水車回し発電する河口ダム設置するものと海水潮汐流を利用するものがある

※この「水流」の解説は、「再生可能エネルギー」の解説の一部です。
「水流」を含む「再生可能エネルギー」の記事については、「再生可能エネルギー」の概要を参照ください。


水流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 00:13 UTC 版)

デッドゾーン (エコロジー)」の記事における「水流」の解説

水温塩分濃度差によって形成される成層上が熱い風呂のように夏の水面に層が出来る)により水の流れ淀み表層生産され酸素有機物分解によって酸素消費される底層行き渡らなくなりデッドゾーン形成されやすくなる

※この「水流」の解説は、「デッドゾーン (エコロジー)」の解説の一部です。
「水流」を含む「デッドゾーン (エコロジー)」の記事については、「デッドゾーン (エコロジー)」の概要を参照ください。


水流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 09:44 UTC 版)

マイン川」の記事における「水流」の解説

マイン川平均水量は、シュヴァインフルトで112m³/sヴュルツブルク120m³/sアシャッフェンブルクで155m³/sフランクフルト200m³/sランに合流する河口付近で約225m³/sである。ただし、この水量は、年間大きく変動する。最も水量が多いのは1月から3月で、夏の終わり頃が最も少なくなる。 1970年代から2000年にかけてバイエルン州は "Überleitung"というシステム構築した。このシステムは、アルトミュール川マイン=ドナウ運河を介してマイン川流域に送るもので、これにより水量少なレグニッツ川水量を15m³/sまで上昇させた。フランケン湖水地方全体で年間1500フランケン方面ひいてはマイン川振り分けられた。Überleitungは、バイエルン州水利経済上最大のプロジェクトであった。このプロジェクト1970年バイエルン州議会全会一致決議された。これに対して批判者達は環境への憂慮表明している。彼らは、Überleitungがドナウ川水系からライン川水系ヨーロッパ分水界越えて大量の移動させることは、自然界水分平衡許容し得ない多大な干渉及ぼしていることだ、と主張している。このプロジェクト支持者らは、このシステムは、特に水量が減る夏期水質改善するなどマイン川環境改善寄与しアルトミュール川およびドナウ川洪水の危機軽減するものであるということ強調している。

※この「水流」の解説は、「マイン川」の解説の一部です。
「水流」を含む「マイン川」の記事については、「マイン川」の概要を参照ください。


水流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:09 UTC 版)

マリオカート ツアー」の記事における「水流」の解説

Wii ノコノコみさき」に登場する。水流に沿って走ると若干スピード速くなり、逆らうと遅くなる

※この「水流」の解説は、「マリオカート ツアー」の解説の一部です。
「水流」を含む「マリオカート ツアー」の記事については、「マリオカート ツアー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「水流」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「水流」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



水流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水流」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

水流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水流のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの流れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヨセミテ渓谷 (改訂履歴)、再生可能エネルギー (改訂履歴)、デッドゾーン (エコロジー) (改訂履歴)、マイン川 (改訂履歴)、マリオカート ツアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS