火事とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 火事 > 火事の意味・解説 

か‐じ〔クワ‐〕【火事】

読み方:かじ

建築物山林などが焼けること。火災。「—になる」「隣家が—を出す」「船(ふな)—」《 冬》

[補説] 曲名別項。→火事


かじ〔クワジ〕【火事】


火事

作者大林

収載図書かっこうのうた
出版社東京図書出版会
刊行年月2000.11


火事

作者夏目漱石

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


火事

作者玄鎮健

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集19011938 創作篇 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2004.6

収載図書運のいい日玄鎮健短篇集
出版社槿蘭文化社
刊行年月2008.3


火事

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


火事

作者町田登喜

収載図書白い残像町田登喜作品集
出版社あさを社
刊行年月2008.9


火事

作者山田風太郎

収載図書橘傳来記山田風太郎初期作品集
出版社出版芸術社
刊行年月2008.11


火事

読み方:カジkaji

火を発して家屋などが焼けること

季節

分類 人事


火災

(火事 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 09:50 UTC 版)

火災(かさい)は、による災害。消防統計上は「人の意図に反して発生拡大または放火により発生して消火の必要がある燃焼現象であって、これを消火するために消火施設又はこれと同程度の効果のあるものの利用を必要とするもの、又は人の意図に反して発生し若しくは拡大した爆発現象」と定義される[1]火事(かじ)と呼ばれることもあるが、火災と火事は区別される[2]。また、火難(かなん)などともいわれ、小規模な内に消し止められたものは小火(ぼや)、焼失面積が大きく被害が甚大なものは大火(たいか)ともいう。被害は有形財産の焼失はもとより、消火の際に水等に濡れて汚損されて損失となる場合や、怪我人や死者がでることも頻繁にある。山林で起こる林野火災のことを特に山火事という。




「火災」の続きの解説一覧

火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/22 13:40 UTC 版)

フランシス・タバーン」の記事における「火事」の解説

建物19世紀多く使用されていたが、1832年最初に何度か大火災遭っている。そのため、建物数回再建され外観はもともとの設計分からない程までに変更された。建物1800年代初頭、マルヴィナ・ケテルタスによって所有された。エルンスト・ビュアメイヤーとその家族は、1845年財産の一部賃貸し1860年までこの場所でブロード・ストリート・ハウスと呼ばれたホテル営まれた。1852年大火災の後、タバーン2階建て増しされ合わせて5階建てとなった1890年には酒場大衆向けレベルまで低下し一階外観改装されて、そのもともとの材木記念品として売られた。 建物は、駐車場として利用しよう考え所有者により、1900年解体危機にあった多くの組織(特にアメリカ独立戦争娘達)が建物保存のために働きかけ収用利用して公園として建物指定するようニューヨーク政府説得した1904年アメリカ独立戦争中にジョージ・ワシントン情報長官だったベンジャミン・トールマッジの孫、フレデリック・サミュエル・トールマッジ(トールマッジの飾り板建物にある)の遺言により残されたものを主とした資金で、ニューヨークアメリカ独立戦争息子達建物獲得したとき、指示無効となった広範囲な改築は、1907年保存建築士ウィリアム・マースロウの指揮下で終了した建物は、団体2002年ミズーリ州インディペンデンス移転するまで、アメリカ独立戦争息子達によって利用されていた。その博物館では、組織歴史についてマッケンティーアメリカ独立戦争息子達」を含む、独立戦争に関し芸術作品ギャラリー維持している。 歴史家ランドール・ガブリエランは、2000年に「マースロウはフランシス・タバーン改築がもともとの設計同じようだと主張しているが、これは彼の時代には論争の的となっていた。上階撤去についての議論行われなかった。これは建物商業用途使われていた19世紀に付け加えられたと知られているが、寄棟屋根疑問となっていた。彼はニューヨーク州ヨンカーズのフィリップス・マナー・ホールを使用し隣接した建物レンガ辿って、もともとの建築に従うように設計した主張したと書いている。 建築家ノーベル・ホワイトとエリオット・ウィレンスキーは、2000年建物は「非常に推測のみの改築で、再建ではない。その時代の典型的な建築で、残る壁の一部当て推量が多い」と書いている。

※この「火事」の解説は、「フランシス・タバーン」の解説の一部です。
「火事」を含む「フランシス・タバーン」の記事については、「フランシス・タバーン」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 16:26 UTC 版)

ストロングホールド」の記事における「火事」の解説

ランダム火災起きる、放置していくとどんどん火の勢い広がり建物大被害を受けることになる、井戸建てる火災を遮ることが出来る

※この「火事」の解説は、「ストロングホールド」の解説の一部です。
「火事」を含む「ストロングホールド」の記事については、「ストロングホールド」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 02:36 UTC 版)

松本亨の株式必勝学II」の記事における「火事」の解説

不動産火事になる。2軒目以降の家を購入する頻繁に発生火災保険をかけておくと数日後保険下りる

※この「火事」の解説は、「松本亨の株式必勝学II」の解説の一部です。
「火事」を含む「松本亨の株式必勝学II」の記事については、「松本亨の株式必勝学II」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 05:52 UTC 版)

乾坤院」の記事における「火事」の解説

2016年3月火災により本堂座禅堂、堅雄堂が全焼2019年5月11日再建工事完了とし、落慶が行われた。

※この「火事」の解説は、「乾坤院」の解説の一部です。
「火事」を含む「乾坤院」の記事については、「乾坤院」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 08:10 UTC 版)

西畠清順」の記事における「火事」の解説

読売新聞2017年11月10日、西畠の話として「このアスナロ真っすぐできれいなのは、周囲の木々山火事焼けたことが原因だろう」と伝えた15日にはそら植物園リリースで「西畠清順からのメッセージ」として「周り山火事遭い唯一生き延びた縁起のよいです」と発表同日ほぼ日刊イトイ新聞は「清順さんの思い」として「なぜこの木だけが、これほど大きくなったかというと近く山火事があったときも、この木だけは燃えず残った、という歴史があるんです」と記した。 西畠は12月17日Instagramで火事の日付について昭和62年11月29日実際に現地で火事があった」と明かした。しかし当時の新聞同日の火事について、木造一部二階建て住宅260または約265全焼した報じており、山火事とはしていなかった。『氷見市史』や『一刎八幡宮史』にはこの日の火事に関する記載はない。 東京新聞12月24日主催側の「山火事から唯一生き残った木」という説明について木の元の所有者の妻が「『木の前にあった家が燃えたことがあった。それを聞き間違えたのでは』と首をひねった」と報じたサンデー毎日YouTubeチャンネルで西畠の活動批判した田中康夫に対し西畠は、翌年2月1日弁護士を通じて慰謝料100万円、動画記事の削除謝罪文章ないし動画掲載要求する通知書送付その中で通知人は、氷見市森林組合関係者から、昭和62年11月29日発生した火災際に本件樹木無傷で生き残った旨の説明受けたことから、同内容発言をしたに留まります」と主張した。なお田中康夫はこの要求拒否している。 2018年5月実行委員会公表した収支決算報告では「火災見舞われた際に延焼免れた縁起の良い木」と表現変えられた

※この「火事」の解説は、「西畠清順」の解説の一部です。
「火事」を含む「西畠清順」の記事については、「西畠清順」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 18:13 UTC 版)

葛飾北斎」の記事における「火事」の解説

「火事は江戸名物といわれるほど江戸は火事が多かったが、北斎何十回と引っ越し繰り返しながら、転居56回、75歳になるまで奇跡的に火災遭わなかった。これが自慢鎮火御札描いて人に渡したりしていた。 75歳でとうとう火災遭い、もともと乏しかった家財失い浮浪者の様になってしまった。若い頃から描き貯めた資料焼失し、大変がっかりしてもう集めなくなった火災直後道具が無い間徳利割って底を筆洗いに、破片パレットにして画を描いていたこともあった。 この火災のとき、仕事中の北斎は筆を握ったまま飛び出し、娘お為飛び出して逃げた後から思うと家財運び出す余裕はあったが、その時あわてていて気が回らなかった。

※この「火事」の解説は、「葛飾北斎」の解説の一部です。
「火事」を含む「葛飾北斎」の記事については、「葛飾北斎」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:03 UTC 版)

喫煙」の記事における「火事」の解説

タバコの火不始末火事の原因の上となっている。

※この「火事」の解説は、「喫煙」の解説の一部です。
「火事」を含む「喫煙」の記事については、「喫煙」の概要を参照ください。


火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 10:06 UTC 版)

フィンボス」の記事における「火事」の解説

乾燥した夏期よく起こる火事は、多くのフィンボス植物の生育にとっては必須の段階である。多くのタネは火事の猛火後で芽を出す。火事を待ち望んでヤマモガシ科植物のほとんどはタネ最低でも一年のなかにとどめておく。その習性はserotinyとして知られている

※この「火事」の解説は、「フィンボス」の解説の一部です。
「火事」を含む「フィンボス」の記事については、「フィンボス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「火事」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火事

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 13:47 UTC 版)

名詞

(かじ)

  1. 建物山林などが燃え容易鎮火できない災害

発音(?)

か↘じ

関連語

翻訳


「火事」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



火事と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火災 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランシス・タバーン (改訂履歴)、ストロングホールド (改訂履歴)、松本亨の株式必勝学II (改訂履歴)、乾坤院 (改訂履歴)、西畠清順 (改訂履歴)、葛飾北斎 (改訂履歴)、喫煙 (改訂履歴)、フィンボス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS