不動産とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 不動産 > 不動産の意味・解説 

ふ‐どうさん【不動産】

土地およびその定着物である建物立木など。船舶自動車なども法律上不動産に準じ取り扱いを受ける。→動産


不動産

作者ローリー・ムーア

収載図書アメリカ鳥たち
出版社新潮社
刊行年月2000.5

収載図書アメリカ短編小説傑作2001
出版社DHC
刊行年月2001.6
シリーズ名アメリカ文芸年間傑作


不動産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 15:41 UTC 版)

不動産(ふどうさん、: real estate)は、大陸法系の民事法国際私法において用いられる概念であり、主に土地やその定着物をいう概念。




  1. ^ 星野英一『民法概論 I 序論・総則 改訂版』良書普及会、1993年、159頁。
  2. ^ 小島信泰「動産と不動産」(『歴史学事典 13 所有と生産』(弘文堂、2006年) ISBN 978-4-335-21042-6 P438-439)
  3. ^ 笠松宏至「徳政」(『日本史大事典 5』(吉川弘文館、1989年) ISBN 978-4-642-00510-4 P172下段)
  4. ^ a b c d 平野裕之『民法総則』日本評論社、2017年、101頁。
  5. ^ 中野貞一郎『民事執行・保全法概説 第3版』有斐閣、2006年、9頁。
  6. ^ 中野貞一郎『民事執行・保全法概説 第3版』有斐閣、2006年、10頁。
  7. ^ http://www.urel.biz/ 大学不動産連盟 2020.12.16閲覧
  8. ^ https://diamond.jp/articles/-/163335 「学閥の王者・慶應三田会、秘密の物件情報が飛び交う「不動産三田会」に潜入」週刊ダイヤモンド編集部 2018.3.15 ネット記事等参照


「不動産」の続きの解説一覧

不動産

出典:『Wiktionary』 (2018/05/09 09:04 UTC 版)

名詞

ふどうさん

  1. 大陸法系の民法学において、有体物のうち、移動させるのが困難財産のこと。その具体的な内容各国民法によって異なる。現行の日本民事法では、基本的には土地とその定着物(土地付属物、建物)を指すが、立木鉄道財団なども不動産に含まれる

語源

関連語

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




不動産と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「不動産」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式投資に日本銀行の1%ルールを活用する方法

    日本銀行(日銀)の金融市場局では、資産買入れ等の基金の運営として、ETF(指数連動型上場投資信託受益権)やJ-REIT(不動産投資法人投資口)などを買い入れています。日本銀行では、TOPIXが前場に1...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不動産」の関連用語

不動産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不動産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不動産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不動産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS