狩猟とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 狩猟 > 狩猟の意味・解説 

しゅ‐りょう〔‐レフ〕【狩猟】

読み方:しゅりょう

[名](スル)山野鳥獣を銃・網・わななどを使って捕らえること。狩り。猟。


狩猟

作者ベッシー・ヘッド

収載図書宝を集める人―ボツワナ物語
出版社
刊行年月1992.3


狩猟

読み方:シュリョウ(shuryou)

鳥獣追い捕らえること

季節

分類 人事


狩猟

読み方:カリョウ(karyou)

所在 宮城県本吉郡本吉町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

狩猟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 02:24 UTC 版)

狩猟(しゅりょう、: hunting)とは、野生動物を捕獲する行為のことである。狩り(かり)、とも。[注釈 1]


注釈

  1. ^ なお、英語のhuntingという言葉は、陸の生き物をとることも、水中の生き物をとることも、どちらも含む。つまりhuntingにはfishing(漁、漁労)も含みうる。それと関連するが、日本語の「りょう」も、それにあてる漢字は「猟」も「漁」もある。つまり、日本でも英語圏でも、陸上の生物も水中の生物も、生き物をとることであれば、根源的には同類の行為と扱われている。ただし、何でも細かく分類し対比することを人は積み重ねてきた歴史があるので、対比されることが増えてきた。近代以降は両者は対比、区別されることが増えてきた。当記事でも、基本的には「猟」と「漁」を区別し、漁以外を説明する。
  2. ^ 人間が食べられる量や食欲には限度があるが、金銭はいくらでも溜め込むことができ、いうなれば、人の金銭欲には限度が無いからである。(より正確に言うと、人類全員がそうだというわけではなく、人類の中には理性や智慧を使い、わずかでも自分には十分だ、と判断できる「小欲知足」の人々が一定割合いる一方で、人類の一部に、際限なく金銭欲に駆られて 際限なく金銭獲得の行為に突き進む輩がいて、そういう輩は金銭で人を大量に雇って組織的な行為を行ったり、法人(会社)を設立してさらにシステマティックに行うなどして、その行為の影響が特に大きいからである。)
  3. ^ 命は大切にすべきだ、どんな命でもただ殺して捨ててしまうのではなく、できるだけ大切に、せめて食料などとして活用するべきだ、と狩猟関係者も考え、また狩猟関係者に対して一般市民からそういった意見が寄せられる。
  4. ^ 米国では、弓矢としては、「コンパウンド・ボー」と呼ばれる、滑車つきのアーチェリーがさかんに使われている。
  5. ^ 一休とんち話に殺生を禁ずる寺院において仏具に獣皮が使われていることを皮肉る挿話がある。
  6. ^ ハーフライフル銃身のサボット弾専用散弾銃。

出典

  1. ^ a b 鳥獣保護管理と狩猟”. 野生鳥獣の保護管理. 環境省. 2012年9月4日閲覧。
  2. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 70–72.
  3. ^ a b c 『野生動物管理のための狩猟学』pp.34-42
  4. ^ a b c d 『野生動物管理のための狩猟学』pp.42-52
  5. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』pp.61-69
  6. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.69-76
  7. ^ 消えゆくゾウたち - アフリカゾウの危機(Elephants in the Dust-The African Elephant Crisis)』トラフィックイーストアジアジャパン 2015年6月15日閲覧。
  8. ^ U.S. Fish and Wildlife Service (2011年). “2011 National Survey of Fishing, Hunting, and Wildlife-Associated Recreation” (PDF). 2012年9月4日閲覧。
  9. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.52-61
  10. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』p.6
  11. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.7
  12. ^ 『野生動物管理 -理論と技術-』p.11
  13. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』p.8
  14. ^ 『暮らしと生業 ひと・もの・こと 2』p.162
  15. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.9
  16. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.10
  17. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.11-13
  18. ^ 田口洋美「マタギ―日本列島における農業の拡大と狩猟の歩み―」『地学雑誌』第113巻第2号、2004年、191-202頁。 
  19. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.14
  20. ^ 暴発狩猟 山仕事は命がけ 負傷、大半は住民 しいられる自衛策 資格きびしくしたい 警察庁『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月10日 12版 23面
  21. ^ TWINとは?”. The Women In Nature. 2013年3月27日閲覧。
  22. ^ 大日本猟友会 2012.
  23. ^ ワシ類の鉛中毒対策について”. 環境生活部 自然環境課. 北海道庁. 2012年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月27日閲覧。
  24. ^ スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ『人と動物の政治共同体』尚学社、2017年。 
  25. ^ 『動物の権利入門』 88頁


「狩猟」の続きの解説一覧

狩猟

出典:『Wiktionary』 (2021/08/27 07:30 UTC 版)

名詞

しゅりょう

  1. 野生動物猟具使って捕獲すること。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
狩猟-する

翻訳


「狩猟」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



狩猟と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狩猟」の関連用語

1
98% |||||

狩猟のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狩猟のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狩猟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの狩猟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS