説明とは? わかりやすく解説

せつ‐めい【説明】

読み方:せつめい

[名](スル)ある事柄が、よくわかるように述べること。「―を求める」「科学では―のつかない現象」「事情を―する」

[用法] 説明・解説――「この件について説明(解説してください」など、わかりやすく述べるの意では相通じ用いられる。◇「説明」は、「医者病状説明する」「相手説明を求める」「事件のあらまし説明する」「電気器具は説明をよく読んで使用したほうがいい」のように、使われる範囲広く客観的な感じがある。◇「解説」は、「事件背景解説する」「作品の解説」「ニュース解説」のように、ある事柄について分析し、その生じた理由背景他に与え影響などにまで言及することが多い。

「説明」に似た言葉

説明

作者ドナルド・バーセルミ

収載図書シティ・ライフ
出版社白水社
刊行年月1995.11


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 08:03 UTC 版)

説明(せつめい、:explanation,account)とは、事柄の内容や意味を、よくわかるように解き明かすこと[1]。ある事柄について、よくわかるように述べること[2]


  1. ^ a b c d e 広辞苑第六版【説明】
  2. ^ a b c d e f g デジタル大辞泉【説明】
  3. ^ 注 - 例えば、《記述》のほうは、「夕日は赤い」という文章である。赤い、ということを言っているに過ぎない。理由については述べていない。一方、《説明》のほうは、例えば(あくまで、一例であるが) 「夕日は橙色や赤色だが、それは、夕日のほうは日中に比べて太陽光が人の眼に届くまでに大気層を通過する距離が長く、波長の短い青色光は障害物に衝突する回数が多くなった分、吸収される率が増し、人の眼に到達しにくく、それに対して黄、橙、赤などの長波長光線は長距離を経ても届き、その結果、青色成分が(ばかりが)除かれた光となり、それが人の眼には橙色や赤色に見えるからである。」といったもので、赤(や橙)になっている理由も述べている。
  4. ^ a b c d e f 比留間太白『よい説明とは何か:認知主義の説明研究から社会的構成主義を経て』 関西大学出版部 2002年、ISBN 4873543487 pp.3-7.
  5. ^ 『岩波哲学・思想事典』【説明】
  6. ^ 関連書:ヘンペル著、長坂源一郎訳『科学的説明の諸問題』岩波書店、1973年
  7. ^ アレックス・ローゼンバーグ 著、東克明/森元良太/渡部鉄兵 訳 『科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか』春秋社、2011年、89頁。ISBN 978-4-393-32322-9 
  8. ^ デジタル大辞泉【記述的科学】[1]


「説明」の続きの解説一覧

説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 00:42 UTC 版)

イカルド・テンタクルズ」の記事における「説明」の解説

イカリムは高校のバンドクラスでイカルド会い彼のライバルになった。イカリムはイカルド失敗したすべてのことに成功しイカルド見下ろしている。イカルド痛々しく嫉妬しており、自分敗者ではないことをイカリムに証明したい考えている他のタコのように、イカリムのモデルイカルドほとんど同じである彼はプライベートヨット、プライベートレイク、プライベートヘリポート、プライベートアイランド気球/カジノ所有している。彼は『お宅拝見!』登場するファンシータワーを所有している。また、屋上には、金のドアノブでできた大きな単眉のオブジェがある(『お宅拝見!』)。 イカリムは6つの足を持つタコである。彼は赤と黒ローブ着ており、アスコットタイをしている。大きな黒い単眉を持っていて、『イカルド楽団』の中で大きくて貴重な単眉」だと自負している。『ニセ教授災難英語版)』では、この特徴を「イカルド区別する方法」として警察がイカリムに伝えた

※この「説明」の解説は、「イカルド・テンタクルズ」の解説の一部です。
「説明」を含む「イカルド・テンタクルズ」の記事については、「イカルド・テンタクルズ」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 16:31 UTC 版)

ワニのパラドックス」の記事における「説明」の解説

選択肢(1)ワニ赤ん坊食おうとする場合母親ワニがしようとすることを言い当てたので、赤ん坊返さなければならない。つまり赤ん坊食わない。 → 選択肢(2)へ。 選択肢(2)ワニ赤ん坊食わない場合母親言い当てなかったのでワニ赤ん坊を食うことになる。→ 選択肢(1)へ。 このようにワニがどちらの選択肢選ぼうとも、矛盾起こってしまい、赤ん坊を食うことも、食わないこともできなくなってしまう。「ワニ赤ん坊食ってしまう」という最も忌むべき予想敢えて答えたことが母親賢さ示している野崎昭弘は、選択肢(1)選択肢(2)無限に循環する様子と、ワニ赤ん坊食べようとして口を開ける動作赤ん坊食べず口を閉じる動作無限に繰り返様子を、電鈴ベル)が鳴る原理例え説明している

※この「説明」の解説は、「ワニのパラドックス」の解説の一部です。
「説明」を含む「ワニのパラドックス」の記事については、「ワニのパラドックス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 09:30 UTC 版)

オブイェークト770」の記事における「説明」の解説

オブイェークト770車体前面T-54のような傾斜装甲になっている。この戦車乗員4名で動かされた。オブイェークト770NBC防御システム装備する砲塔前方寄り配置されエンジン後方に搭載されている。 オブイェークト7703人乗りドーム状砲塔載せ内部に130mm M-65戦車砲積んだ。この主砲は砲安定装置自動装填装置装備する。また昼間及び夜間用の照準装置砲塔内に組み込まれている弾薬37発を携行し、対航空機用として砲塔後方マウントに14.5mm KPV 重機関銃1挺が搭載された。 オブイェークト770は7個の転輪を持つが上部転輪持たない。この戦車には油気圧式のサスペンション乗員快適性よりよい照準性能のために搭載された。また10気筒4ストロークのDST-10ディーゼルエンジン試作され、搭載されている。エンジンには過給機組み込まれ1000馬力出力し、この戦車を55km/hで巡航させることができた。

※この「説明」の解説は、「オブイェークト770」の解説の一部です。
「説明」を含む「オブイェークト770」の記事については、「オブイェークト770」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 10:14 UTC 版)

NVivo」の記事における「説明」の解説

NVivoは、非数データ非構造化データである質的データ整理分析支援目的としている。 ユーザー情報分類並べ替え整理することを可能にし、 データ内の関係を調べ、リンク、シェーピング検索分析組み合わせることが可能。 NVivoでは検索およびクエリ機能使用した多様な方法データ追求仮説の検証傾向特定が可能。ソフトウェア観測行いケースまたはプロジェクトサポートするとなるエビデンス構築することができる。 NVivoは、ネットワーク組織の分析行動やエビデンスベースの研究談話分析グラウンデッド・セオリー会話分析エスノグラフィー文献レビュー現象論混合研究法(ミックスメソッド)、フレームワーク手法 など幅広い研究手法対応している対応しているデータフォーマットにはオーディオファイルビデオ画像WordPDFスプレッドシートリッチテキストプレーンテキストウェブ、ソーシャルメディアデータ などの様々なデータフォーマットがある。 ユーザーは、Microsoft ExcelMicrosoft WordIBM SPSS StatisticsEndNoteMicrosoft OneNote、SurveyMonkey、Evernoteなどのアプリケーションデータ交換可能。 TranscribeMeを使用してNVivoプロジェクト内から書き起こし依頼することができる。

※この「説明」の解説は、「NVivo」の解説の一部です。
「説明」を含む「NVivo」の記事については、「NVivo」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 15:32 UTC 版)

Fine colorday」の記事における「説明」の解説

カップリングの「おやすみなさい 明日はおはよう」は、かつてAM KOBE(現:ラジオ関西)にて放送されたラジオ熱血電波倶楽部』内で放送されていたラジオドラマ版『万能文化猫娘』で、本人番組エンディング言っていた言葉だった。 2曲共、オリジナルアルバム未収録

※この「説明」の解説は、「Fine colorday」の解説の一部です。
「説明」を含む「Fine colorday」の記事については、「Fine colorday」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 06:25 UTC 版)

ロペス・オープニング」の記事における「説明」の解説

白の2手目次にポーンd4進めて強固なセンター確立しようとするものであるロペス・オープニングスコッチゲームのポンツィアーニオープニングやゲーリングギャンビットへと移行することも多い。 しかしエリック・シラーは著書 'Unorthodox Chess Openings' の中で、展開が遅すぎる述べている。つまり黒は積極的に2...d5とすることで他のオープニングへの移行可能性消し後手としての問題完全に解決することができる。1.e4 e5 2.c3 d5! 3.exd5 Qxd5と進んだ時、4.Nc3 とクイーン当てて手得しながら展開する手がないからである

※この「説明」の解説は、「ロペス・オープニング」の解説の一部です。
「説明」を含む「ロペス・オープニング」の記事については、「ロペス・オープニング」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 04:11 UTC 版)

アイシンコムセンター」の記事における「説明」の解説

2001年平成13年11月に、アイシン精機(現:アイシン)の会社創立35周年記念し本社敷地内建設された。建設当時は地上1階建て(一部中2階)で延床面積は2,242m2であったが、2015年平成27年)には創立50周年記念事業として全面改装され、地上2階建て延床面積約2,809m2に拡張されている。 館内リニューアルに伴いグループ概要企業活動グループ製品の歴史自動車関連製品展示など従来からの展示に加え、プロジェクションマッピングシアターや製品機能仕組み体験できるコーナー追加されている。

※この「説明」の解説は、「アイシンコムセンター」の解説の一部です。
「説明」を含む「アイシンコムセンター」の記事については、「アイシンコムセンター」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 08:35 UTC 版)

エレベータアルゴリズム」の記事における「説明」の解説

アイドル状態ハードディスク要求受信すると、まずヘッドはその要求されデータが格されているシリンダ方向に動く。次の要求受信すると、その要求現在の移動方向同じならば処理されるアーム現在の移動方向で処理可能な要求がなくなると、アーム逆側動き始め残り要求を順に処理する

※この「説明」の解説は、「エレベータアルゴリズム」の解説の一部です。
「説明」を含む「エレベータアルゴリズム」の記事については、「エレベータアルゴリズム」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 23:01 UTC 版)

リミックス文化」の記事における「説明」の解説

ローレンス・レッシグ2008年著作REMIX ハイブリッド経済栄え文化商業のあり方英語版)』でリミックス文化説明したローレンスは、20世紀既定メディア文化コンピューター技術用語比較し読み取り/書き込み文化RW )対読み取り専用文化RO )とした。 通常の読み取り専用メディア文化では、文化多かれ少なかれ受動的に消費される情報または製品はその特定の情報/製品に関する権限有する専門的なコンテンツ産業によって提供されるが、コンテンツ制作者とコンテンツ消費者役割明確に分かれているため、創造的なコンテンツ着想のみの一方向流れがある。アナログ大量生産複製技術デジタル革命以前ラジオ放送のようなインターネット登場以前)の出現によって、読み取り専用文化生産と流通ビジネスモデル本質的に可能となったが、消費者役割メディア消費限定されていた。

※この「説明」の解説は、「リミックス文化」の解説の一部です。
「説明」を含む「リミックス文化」の記事については、「リミックス文化」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 18:11 UTC 版)

グランド・タック・モデル」の記事における「説明」の解説

グランド・タック・モデルでは、木星形成後に2段階の移動、すなわち日心距離 1.5 au へ至る軌道への内向き移動と、方向転換後の外側へ移動を経るとされる木星最初、およそ 3.5 au 辺りにある凍結線近辺形成される木星は、ガス円盤の中でギャップ(溝、あるいは間隙)を切り開いた後、タイプII移動 (Type II migration) と呼ばれる太陽へのガス円盤降着に伴う内向きゆっくりとした惑星移動を経る。もし遮るものがなければ木星はこの移動によって近他の恒星系発見されているホット・ジュピターのように、太陽極めて近接した軌道まで移動しただろう。土星もまた太陽方向移動するが、木星より小さいため移動速くタイプI移動 (Type I migration) もしくは runaway migration呼ばれる移動を経る。これは土星ガス円盤に対して励起して生じ密度波が及ぼ重力よるものである。やがて土星木星合流し移動の間木星と 2:3 の平均軌道共鳴捕獲されるこの時木星土星作ったガス円盤ギャップ重なり合った態となり、共に移動する2つ惑星力関係変化する土星は、外側円盤によって木星にかかるトルク減少させる隙間一部部分的に切り開く。このとき、外側円盤から受ける負のトルクを超える正のトルクが「内部リンドブラッド共鳴」によって生じるために両惑星掛かるトルク合計は正へと変わり、ともに外側へ移動を始める。惑星間の相互作用によってガスギャップを通じて流れることが可能となるため、惑星外向き移動継続する。このときギャップ流れガスは、移動の間惑星角運動量交換し正のトルク与える。また外部円盤から内円盤へと質量移動させ、両惑星のより外側へ移動を可能とする。内部円盤へのガス流入また、太陽への降着による内部円盤ガス減少緩和し内部円盤外部円盤質量比の減少緩やかにする。内部円盤の太陽への降着は、一方で内側からのトルク減らすため、両惑星外向き移動終わらせるグランド・タック・モデルは、木星内向き移動によって 1.5 au達したときに移動反転する仮定する木星土星外向き移動は、フレア構造を持つ円盤の中でトルクゼロになる配置になるか、あるいはガス円盤散逸するまで継続する。もしグランド・タック・モデル正しいならば、この惑星移動木星現在の軌道近くで来たときに終えた推測される

※この「説明」の解説は、「グランド・タック・モデル」の解説の一部です。
「説明」を含む「グランド・タック・モデル」の記事については、「グランド・タック・モデル」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 07:44 UTC 版)

捷羚防空システム」の記事における「説明」の解説

捷羚システムは、トラックハンヴィーなどの装輪車両搭載された4基のTC-1(天剣1型ミサイル発射装置使用している。このシステムは、独立型拠点防衛システムとしても、統合された地域防空システム一部としても使用できる。 本システムは、ミサイルそのものだけでなく、照準誘導通信などの要素を含む。1995年TC-Iミサイル開発計画副産物として開発された。正確な作動範囲は9km、18km、4マイル(約6.4km)と様々に報告されている。必要な人員は2名で、1名の砲手と1名の観測手構成される。これは、操作者安全性生存性高めるため、トラックキャビンから、または車両から最大70m離れた場所にある移動式制御機器から制御することができる。 本システムのTC-1L迎撃ミサイル赤外線誘導採用しており、歴史的に台湾短距離防空ネットワーク主力であったアメリカ製MIM-72システム類似した設計となっている。これは低空飛行ヘリコプター戦闘機攻撃機爆撃機迎撃用に使用できるまた、移動目標捕捉できる。

※この「説明」の解説は、「捷羚防空システム」の解説の一部です。
「説明」を含む「捷羚防空システム」の記事については、「捷羚防空システム」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 05:34 UTC 版)

ブランドバーグ山」の記事における「説明」の解説

ブランドバーグ山南緯210857秒、東経14度3439秒に位置する山頂ドイツ語で「王の石」を意味する語である「Königstein」と呼ばれている。標高は2606mであり、ナミビアの最高標高地点である。この山は約650km2の面積を持つ大きな山体である上に、この山の周囲広がっているナミブ沙漠平坦な地形なので、よく晴れていれば遠い場所からでもこの山を見ることができる。なお、この山は固有種見られるなど、独特な生態系有している。この山から最も近い集落ウイス英語版)であり、この山から30kmの距離にある。山中にある谷に存在する洞窟には、古代壁画残されいる場所見られる

※この「説明」の解説は、「ブランドバーグ山」の解説の一部です。
「説明」を含む「ブランドバーグ山」の記事については、「ブランドバーグ山」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:13 UTC 版)

英語で出版された日本の成人向け漫画一覧」の記事における「説明」の解説

ここでは、英語で出版された18歳未満購入禁止されている日本の成人向け漫画記載する

※この「説明」の解説は、「英語で出版された日本の成人向け漫画一覧」の解説の一部です。
「説明」を含む「英語で出版された日本の成人向け漫画一覧」の記事については、「英語で出版された日本の成人向け漫画一覧」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 14:25 UTC 版)

hyperSPARC」の記事における「説明」の解説

hyperSPARCは、双方向のスーパースカラーマイクロプロセッサだった。整数ユニット浮動小数点ユニットロード/ストアユニット、ブランチユニットの4つ実行ユニットがあった。 hyperSPARCにはオンダイの8KB命令キャッシュがあり、そこからサイクルごとに2つ命令フェッチされ、デコードされる。以前にデコードされた命令実行ユニット発行されなかった場合デコーダ新しい命令をデコードできなかった。 整数レジスタファイルには136個のレジスタ含まれSPARC ISA定義され機能である8個のレジスタウィンドウ提供する読み取りポート2つある。整数ユニットには4ステージパイプラインがあり、そのうち2ステージ追加されたため、パイプラインすべての浮動小数点パイプライン等しくなる整数乗算除算SPARCアーキテクチャV8バージョン追加され命令は、それぞれ18サイクル37サイクルレイテンシ持ち完了するまでパイプライン停止させた。 マイクロプロセッサは、 MBusシステムでのマルチプロセッシングサポートしていた。

※この「説明」の解説は、「hyperSPARC」の解説の一部です。
「説明」を含む「hyperSPARC」の記事については、「hyperSPARC」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 01:52 UTC 版)

バスク系メキシコ人」の記事における「説明」の解説

バスク系メキシコ人メキシコ隅々見つけることができるが、特にチアパス州アリアーガ英語版)、ドゥランゴ州ドゥランゴタマウリパス州ヌエボ・ラレドソノーラ州アリスペ(英語版)、ケレタロ州ベルナルメキシコシティのナルバルテ地区などの都市地域に多い。 バスク人祖先を持つメキシコ人人口定かではない20世紀初頭のスペインから移民により、バスク人コミュニティはその規模拡大させている。1930年代スペイン内戦起こると、スペイン・バスクから1万人以上が難民としてメキシコラテンアメリカ政治的亡命果たしたメキシコフランコ死去するまでフランコ政府容認しなかった国であり、フランコ政権弾圧されスペイン人亡命先となったラサロ・カルデナス大統領スペイン人を約1万人受け入れメキシコに渡っていたホセ・アントニオ・アギーレバスク自治政府メキシコスペイン第二共和国再建尽力したバスク系メキシコ人大半はモンテレイサルティーリョカマルゴなどの都市や、ハリスコ州コリマ州ドゥランゴ州ヌエボ・レオン州タマウリパス州コアウイラ州などの州に集中している。バスク人メキシコ鉱業にとって重要な存在であり、バスク人多く牧場経営者やカウボーイなどに従事し残りメキシコシティグアダラハラプエブラなどの大都市小規模商店主従事している。 今日バハ・カリフォルニア州近隣ソノーラ州コアウイラ州で、バスク語の姓であるアランブルサバラ(Aramburuzabala)はもっともよく知られた姓のひとつである。

※この「説明」の解説は、「バスク系メキシコ人」の解説の一部です。
「説明」を含む「バスク系メキシコ人」の記事については、「バスク系メキシコ人」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 14:52 UTC 版)

ウィグナー効果」の記事における「説明」の解説

ウィグナー効果発生は、中性子結晶構造構成する原子衝突し、そのエネルギー衝突され原子結晶格子から弾き出し変位させるに足ることが要件となる。その大きさ変位エネルギー閾値)とは、おおよそ25電子ボルトである。中性子が持つことの出来エネルギーの幅は広いが、原子炉内では、10MeV(107電子ボルト)を越え高速中性子珍しくない。ある特定のエネルギー中性子は、格子間原子弾性衝突を通じて変位連鎖引き起こすだろう。たとえば1MeVの中性子黒鉛結晶衝突する900格子間原子変位生じうるが、格子構成していた原子変位して、別の空孔収まる、または格子間原子空孔変位格子再構成することもあるためすべての変位欠陥となるわけではない原子結晶格子としてふさわしくないところから格子空孔探して移動するこはないため、格子対称性失われるこれらの原子格子欠陥または単に格子間原子呼ばれるこれらの原子が、必ずしも理想的な位置配置されていないのは、あたかも丘の上にあるボール位置エネルギーを持つように、エネルギーで関係付けられているためである大量の格子欠陥は、それらが蓄積しているエネルギー解放ウィグナー解放)して、突発的温度上昇起こす危険性有するある種原子炉では、低出力運転中突然発生する意図しない温度上昇が最も重大な事故要因であるとされ、ウィンズケール原子炉火災事故間接的原因ともされている。中性子照射された黒鉛蓄積したエネルギーについては、2.7 kJ/gという記録があるが、大抵はこれよりも低い。 チェルノブイリ原子力発電所事故いくつか報告されたが、ウィグナーエネルギー蓄積による問題は無かったロシア技術者ウィンズケール事故をよく認識しており、事故のあった原子炉は、他の同時期の炉と同じく高温転による黒鉛構造変位エネルギー蓄積許容することが出来るよう設計されていた。

※この「説明」の解説は、「ウィグナー効果」の解説の一部です。
「説明」を含む「ウィグナー効果」の記事については、「ウィグナー効果」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 09:20 UTC 版)

テラトフォネウス」の記事における「説明」の解説

テラトフォネウスホロタイプ断片的な頭骨前頭骨一部であるそれらの化石はもともと4体の異な個体のものとして記載されていたが、恐らく実際は1体亜成体のものであったと思われるテラトフォネウス標本カーらによると全長6m、体重667kgと推定され成長しきっていないとされるアルバートサウルス比較しテラトフォネウス眼窩涙骨鼻骨先の間の長さの比はおよそ23パーセント短い。頭骨比較深くなっている。なぜこのような違いがあるのかはわからないが、奥行きが増すことによって顎の筋肉強化されていたのかもしれない

※この「説明」の解説は、「テラトフォネウス」の解説の一部です。
「説明」を含む「テラトフォネウス」の記事については、「テラトフォネウス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:13 UTC 版)

レプトクレイドゥス」の記事における「説明」の解説

レプトクレイドゥスは、大きな鎖骨と胸骨および小さな肩甲骨をもち、ジュラ紀前期ロマレオサウルス白亜紀のポリコティルス科の首長竜に似ていた。この動物は、上顎両側21本ずつ、下顎両側に約35本ずつの歯を有していた。レプトクレイドゥス三角形頭骨には、鼻の端から鼻の領域まで延び隆起があり独特であるレプトクレイドゥス他のプレシオサウルス類と異なり頸椎中央部一対頸肋骨と深いくぼみを有していた。レプトクレイドゥス属の平均全長は約3mであった。ただしスペルステス種はL. superstesは、その半分(1.5m)くらいであることが判明し、これは知られている最小の種である。

※この「説明」の解説は、「レプトクレイドゥス」の解説の一部です。
「説明」を含む「レプトクレイドゥス」の記事については、「レプトクレイドゥス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:12 UTC 版)

バナノグミウス」の記事における「説明」の解説

多くのプレトドゥス科 (Plethodidae) 魚類と同様バナノグミウス現代エンゼルフィッシュ彷彿とさせるような扁平な体をしていた。12本の小さな歯があり、極めて高い背鰭をもっていた。

※この「説明」の解説は、「バナノグミウス」の解説の一部です。
「説明」を含む「バナノグミウス」の記事については、「バナノグミウス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:11 UTC 版)

ハヤ (恐竜)」の記事における「説明」の解説

ハヤは、2002年から2007年にJavkhlant Formation という地層からモンゴル科学大学チームによって発掘されいくつかの保存状態良い標本知られる地層があるKhugenetslavkant の地質年代は多分サントニアンとされるホロタイプIGM 100/2017 で、これは保存状態良好で完全な頭骨を含む全身骨格である。その他、IGM 100/1324というばらけた大腿骨IGM 100/2013という体骨格の要素IGM 100/2014という砕けた頭骨を含む全身IGM 100/2015という完全な体骨格IGM 100/2016という部分的な幼体頭骨IGM 100/2018という単離した下顎骨(および数本の歯)、 IGM 100/2019というほぼ完全な頭骨を含む全身骨格IGM 100/2020という体骨格要素参照された。ハヤ骨格の一つIGM 100/2015は大きな胃石保存していた。分岐分析では鳥盤類内でジェホロサウルスとカンクンサウルスと共に1つクレード構成する結論づけられた。

※この「説明」の解説は、「ハヤ (恐竜)」の解説の一部です。
「説明」を含む「ハヤ (恐竜)」の記事については、「ハヤ (恐竜)」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:14 UTC 版)

スティクソサウルス」の記事における「説明」の解説

スティクソサウルス大型首長竜で、白亜紀後期エラスモサウルス類呼ばれるグループ属す種類一つである。エラスモサウルス類短くとも全長半分ほどの長い首が特徴で、6072個の頚椎をもっていた。 スティクソサウルスは約1112mの全長で、その半分は5.25mの首である。尖った歯は他の首長竜類同じく円錐形噛み切るよりも捕らえ事に特化しており、獲物丸飲みにしたと考えられる。彼らの天敵は、最も獰猛な海の怪物鋭い歯をしたサメクレトキシリナモササウルス科巨大なティロサウルスなどだったと考えられている。スティクソサウルス2組ヒレを持っていた。現代アザラシアシカと同じようにヒレ足を8の字動かして水中泳いでいた。彼らの腹部化石一緒に胃石呼ばれる石が数百発見されることがある。この石は、消化を助けるため、あるいは泳ぐときの安定性を得るためにのみ込んいたもの推測されている。

※この「説明」の解説は、「スティクソサウルス」の解説の一部です。
「説明」を含む「スティクソサウルス」の記事については、「スティクソサウルス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:12 UTC 版)

タロス (恐竜)」の記事における「説明」の解説

タロスに非常に近縁なグループであるマニラプトル類トロオドン類である。全てのトロオドン類頭骨たくさんのユニークな特徴があり、下顎骨ぎっしりと生えた歯、無数の歯などが含まれるトロオドン類ヴェロキラプトルのようなシックルクロー鎌状鉤爪)を備え鳥類除けば最高の脳化指数持ち主である。これは、彼らが鋭い感覚をもったハンターだったことを示すタロス全長2m体重38kgと推定されるタロス標本シックルクロー破損しているが、生前獲物攻撃する際に負った怪我によるものである可能性があると言われている。 2011年タロストロオドン科として記載された。同じクレードにはビロノサウルス、サウロルニトイデスザナバザルトロオドン含まれる

※この「説明」の解説は、「タロス (恐竜)」の解説の一部です。
「説明」を含む「タロス (恐竜)」の記事については、「タロス (恐竜)」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:11 UTC 版)

オスタフリカサウルス」の記事における「説明」の解説

オスタフリカサウルス厚く鋸歯のある歯のみに基づく。その長さは約49mm。ビュフェトー2008年にこの歯はスピノサウルス科の未命名の属であると指摘し、かつてラブロサウルス? とされた他の歯とは異なるとした。オリバー・ロウハットは 2011年にその差異の一覧をまとめたMB R 1084 ははるかに鋸歯の数が多く最大11個)、手前側(吻側)にも3つの隆起および溝が見られる。さらに、いくつかの鋸歯は、歯冠のほぼ全域にわたって延びており、頂部の5mmだけが平滑であり、他の部分基底部限定されており、さらに頂部延び隆起部に入り込んでいる。さらに畝が歯冠近心正面)のほぼ全面存在し一方遠位背面)の5/5は特定の装飾欠いている。特に、隆起した領域は、わずかに遠心的に凹状領域によって、近心の竜条から少し離れている。しかしその一般的な形状鋸歯密度恐竜泥灰岩中部から見つかったものと非常に似ている。最後にロウハットは、この歯が他の歯と同じタクサ、または近縁なタクサである可能性示唆したオスタフリカサウルス全長は8~10mほど、体重は2tと推定されている。

※この「説明」の解説は、「オスタフリカサウルス」の解説の一部です。
「説明」を含む「オスタフリカサウルス」の記事については、「オスタフリカサウルス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 03:55 UTC 版)

ドニエプルの月夜」の記事における「説明」の解説

この絵は、満月の夜ドニエプル川のほとりを表している。地平線大幅に低くなっているため、絵画大部分空で占められている。月明かりは川に反射されている。

※この「説明」の解説は、「ドニエプルの月夜」の解説の一部です。
「説明」を含む「ドニエプルの月夜」の記事については、「ドニエプルの月夜」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 14:32 UTC 版)

カルシャリ」の記事における「説明」の解説

伝統的にカルシャリ集団は、秘密的で男性のみで構成されている「春の儀式」に向けた組織である。元々は部族戦士集団末裔とみられる組織年長の指導者(ルーマニア語: vataf)は「儀式知識踊りステップ」(ルーマニア語: descântece)を受け継いでおり、"vataf" は若くて独身身体能力の高い男性参加者達カルシャリ勧誘する男性参加者独身でなくてもよいが、儀式期間中メンバー女性との性的接触タブーであり、既婚者は妻と別居する決まりである。 参加者秘密に関す誓い立て、「旗を揚げる」と呼ばれる開始儀式経て踊りの様式を学ぶ。春になるカルシャリ集団村々順番に回り週末行われる踊りホラ)に参加するカルシュ男性達の踊りである。かつてはオルテニア地域伝統記録には1-2人の少女を含む踊りがあったが今日では廃れてしまっている。その事例では、カルシュ踊り手集団達が巡って行った村々から、その踊り手達によって、「花嫁としての少女踊り技能に基づいて選びだす。選ばれた花嫁」はその後3年連続儀式踊り参加することを宣誓するカルシャリは白いズボンと白いチュニック着用し明るい色のリボン帽子からなびかせるベル足首に付けて華やか飾りがついた棒を使い踊っている時に棒を直立させたり、棒で地面指したりする。体を伸ばしたり高く飛ぶことを強調した踊りは、それ自体高度に曲芸的であり、アイルランドケーリー・ダンスにとても良く似ている多くのモリス・ダンス英語版)でそうであるように、多くの伝統的なカルシャリ中には道化役(ルーマニア語: nebun)が含まれている。 踊りには以下の特徴みられる踊り始めは、「歩いて」(ルーマニア語: plimbări)、あるいは基本的なステップ踏んで踊りの輪の上反時計回りに進む。 歩いている動作合間に、その場でより複雑なステップ動作(ルーマニア語: mișcare)をする。 踊り構成は、要素組み合わせて行われ、「最初-途中-最後」といった構造を持っていることが多い。

※この「説明」の解説は、「カルシャリ」の解説の一部です。
「説明」を含む「カルシャリ」の記事については、「カルシャリ」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 06:21 UTC 版)

レイリー長」の記事における「説明」の解説

z ^ {\displaystyle {\hat {z}}} 軸方向伝播する真空中ガウシアンビームレイリー長は以下の式で表されるz R = π w 0 2 λ {\displaystyle z_{\mathrm {R} }={\frac {\pi w_{0}^{2}}{\lambda }}} ここで λ {\displaystyle \lambda } は波長 であり w 0 {\displaystyle w_{0}} は集光点におけるビーム径である(ビームウエスト)。この式はビームウエスト波長程度それ以上のときになりたつ: w 0 ≥ 2 λ / π {\displaystyle w_{0}\geq 2\lambda /\pi } 集光位置からの距離が z の位置におけるビーム径は 以下の式で表される。 w ( z ) = w 0 1 + ( z z R ) 2 {\displaystyle w(z)=w_{0}\,{\sqrt {1+{\left({\frac {z}{z_{\mathrm {R} }}}\right)}^{2}}}} w ( z ) {\displaystyle w(z)} の最小値は w ( 0 ) = w 0 {\displaystyle w(0)=w_{0}} である。定義のとおり、集光位置からの距離がレイリー長 z R {\displaystyle z_{\mathrm {R} }} のとき、ビーム径は 2 {\displaystyle {\sqrt {2}}} 倍になり断面積2倍となる。

※この「説明」の解説は、「レイリー長」の解説の一部です。
「説明」を含む「レイリー長」の記事については、「レイリー長」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 09:44 UTC 版)

雄風IIE型 (ミサイル)」の記事における「説明」の解説

ベースラインの HF-2E ブロック I 対地巡航ミサイルLACM)は、800 lbf (3.6 kN)の推力範囲評価される台湾独自開発ターボファンエンジン搭載していると言われている。これは、雄風II型 (HF-2) 対艦巡航ミサイル使用されるマイクロターボ 078 ジェットエンジン技術経験を部分的にベースにCSISTによって開発された。標準的な一体型高性能弾頭1,000 lb (450 kg)級を搭載した場合最大射程は700kmと言われている。他にもクラスター爆弾強化標的貫通弾頭なども開発中とされるまた、TDRによると、既存エンジン改修しミサイル制御電子システム再設計縮小組み合わせることで、CSISTはミサイル内部空間重量制限緩め追加燃料搭載可能となるとともに射程が2,000km以上に伸長できたと報じられているが、他のバージョン射程800kmのミサイルに過ぎないとの防衛ニュース報道もあった。最終的な目標は、燃料効率ミッション持続時間優れた技術的に高度な台湾動力装置使用して目標射程5,000キロ(3,100マイル以上のミサイル開発することであり、場合によってはより高度で軽量な小型弾頭開発考えられる。 HF-2EブロックIミサイルは、全地球測位システムGPS)とTERCOMの更新とともに慣性誘導使用している終末誘導には、赤外線ホーミング赤外線画像)と自律型デジタル目標認識システム使用するIIR終末シーカー用いて目標捕捉し最適な照準点を最終的に特定する。そして、目標画像搭載誘導コンピュータ(DSMAC(英語版終末誘導)のメモリ内のデジタルファイル比較する。HF-2E ブロック I ミサイル巡航速度は、マッハ 0.75-0.85 (571-647 mph;919-1,041 km/h ) の高亜音速域である。ミサイル敵地接近すると、約15-30m(49-98フィート)の高度まで下降する目標への最終接近時には物理的な障壁避けるために上昇し、その IIR シ ーカー目標捕捉し最適な狙撃点を特定した後、指定された着弾地点落下するようにする。台湾ディフェンスレビューの報告書では、HF-2E ブロック I ミサイルは約 15m の精度を持つとされている

※この「説明」の解説は、「雄風IIE型 (ミサイル)」の解説の一部です。
「説明」を含む「雄風IIE型 (ミサイル)」の記事については、「雄風IIE型 (ミサイル)」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 18:14 UTC 版)

アルカンタラ渓谷」の記事における「説明」の解説

この渓谷は高さが25メートル、幅が2メートル、幅が4メートルから5メートルの狭い峡谷である。一般的な渓谷違いによる侵食によって形成されたわけではなくエトナ山の北に位置するネブロディ山脈流れていたアルカンタラ川に、エトナ噴火流れてきた溶岩流流れ、それによる地殻変動によって出来たアルカンタラ川は、特徴的な川床形成する溶岩石の間流れている。この峡谷特徴は、玄武岩質の溶岩流シリコン少ないがマグネシウムカルシウムが豊富)によって作成され壁の構造にある。渓谷の川の出現は、過去8,000年のマグマ流れさかのぼると考えられている。

※この「説明」の解説は、「アルカンタラ渓谷」の解説の一部です。
「説明」を含む「アルカンタラ渓谷」の記事については、「アルカンタラ渓谷」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 18:12 UTC 版)

ウラジオストクのケーブルカー」の記事における「説明」の解説

下駅はプーシキン通りにあり、ヴセボロドシビルセフ通り上の高架に沿ってケーブルカー運行されスハノフ通りにある上駅に達する。 2013年まで観光客だけでなく、建物近くにある極東連邦大学学生ケーブルカー主な乗客であった。しかし、FEFU部門ルースキー島移転した後、旅客数大幅に減少したケーブルカー平行するかなり急な階段1957年山の斜面に沿って敷設された。ケーブルカー修理メンテナンスの間だけでなく、夜間丘の頂上と麓の間の経路大幅に短くなった。地元の人はそれを「ケーブル階段」、「健康階段」、「1001段階段」と呼んでいる(ただし実際の団数は368段である)。

※この「説明」の解説は、「ウラジオストクのケーブルカー」の解説の一部です。
「説明」を含む「ウラジオストクのケーブルカー」の記事については、「ウラジオストクのケーブルカー」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 10:10 UTC 版)

ベルベルの旗」の記事における「説明」の解説

各色は、 北アフリカベルベル人住んでいた地域であるタマズガの側面対応してます 。 青は地中海大西洋表してます。 緑は自然と緑の山を表します黄色サハラ砂漠の砂を表しますYAZヤズは ( ⵣ )Amazighモットー象徴します :「 自由人、自由女。 フリーピープル 」。 ベルベル人自身の名前( エンドニーム )。 それは、 生命の色である赤です。 このようにベルベルの旗は、彼らの土地であるタマズガと調和して暮らすアマズィグ族全体象徴してます。

※この「説明」の解説は、「ベルベルの旗」の解説の一部です。
「説明」を含む「ベルベルの旗」の記事については、「ベルベルの旗」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 03:25 UTC 版)

ベンフォードの法則」の記事における「説明」の解説

ベンフォードの法則様々な観点から説明されてきた。

※この「説明」の解説は、「ベンフォードの法則」の解説の一部です。
「説明」を含む「ベンフォードの法則」の記事については、「ベンフォードの法則」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 17:53 UTC 版)

セクター・モデル」の記事における「説明」の解説

中心業務地区(CBD)の存在前提とした上でホイトは、都心から鉄道道路その他の交通路に沿って外へ伸びて行くゾーン存在提起したシカゴを例に取れば、比較的高い階級住宅地セクター扇形)がミシガン湖湖岸に沿ってCBDから北へ発展していたのに対し工場などは鉄道に沿ってセクター状に南へ広がっていた,と言うこと指摘される。 このモデル構築する中でホイトは、一般的に低所得世帯は、鉄道路線商業施設近くに住み業務交通の便求める、ということ観察している。鉄道港湾路面電車など、都市地域流れ込む様々な交通路線の存在が、より大きな交通の便表していると認識したホイトは、都市が、CBD起点とし、主な交通路に沿って楔型ないし扇型パターン成長する傾向があることを理論化した。交通の便が良いということは地価が高いということ意味するので、多くの商業施設都心残留するが、製造業交通路線沿いに扇形展開していくことになる。住宅地については、低所得世帯住宅地製造業セクター隣接して楔形広がり交通に伴う騒音大気汚染などのため、こうした地域住宅地としての評価は低い)、中〜高所得世帯セクターは、製造業関係施設などから離れたところに位置するホイトモデルは、都市組織する大きな原理について述べよう試みたものであった

※この「説明」の解説は、「セクター・モデル」の解説の一部です。
「説明」を含む「セクター・モデル」の記事については、「セクター・モデル」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 17:54 UTC 版)

付け値地代理論」の記事における「説明」の解説

あらゆる土地利用者はCBDへ最もアクセスしやすい土地求め競争繰り広げる土地利用者が支払意思がある総額を「付け値地代」という。その結果土地利用同心円状パターン生まれ同心円モデル作り出す。 この理論によると、最貧困層が居住する経済的余裕がある場所は都市の端にある郊外だけなので、最貧困層の住宅建物はそこに位置するだろうと推測される。ところが現代ではこれは稀なケースである。というのもCBD付近へのアクセス良い土地か、(付け値地代理論によると)都心部同額でもより広い土地購入できる居留地外側に移動するか、というトレードオフ多くの人々したがるからである低所得者もまた住宅について、より広い居住空間か、職場へのアクセスの良さかのトレードオフを行う。以上の理由により、例え北米都市において低所得者向け住宅都市の内側に高所得者向け住宅居留地外側に位置することがよくある

※この「説明」の解説は、「付け値地代理論」の解説の一部です。
「説明」を含む「付け値地代理論」の記事については、「付け値地代理論」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 09:21 UTC 版)

逆ピラミッド」の記事における「説明」の解説

逆にした、ひっくり返ったピラミッド単純な三角形として考えられる上部の最も広い部分は、最も実があり、興味深く重要な情報として伝えられる記事の見出しとなりうる題材であり、他の題材下部に行くに従って重要性徐々に減っていく

※この「説明」の解説は、「逆ピラミッド」の解説の一部です。
「説明」を含む「逆ピラミッド」の記事については、「逆ピラミッド」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 15:14 UTC 版)

CS/MPQ-90」の記事における「説明」の解説

CS/MPQ-90は、NCSISTで設計製作された短・中距離3D防空AESAレーダーである。 CS/MPQ-90成功基地グラウンドCS/MPQ-90成功基地グラウンド

※この「説明」の解説は、「CS/MPQ-90」の解説の一部です。
「説明」を含む「CS/MPQ-90」の記事については、「CS/MPQ-90」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/29 09:18 UTC 版)

フサエリショウノガン」の記事における「説明」の解説

フサエリショウノガン中くらいノガンよりも小さい。長さは55-65cmで、両翼長さは135-170cmほどである。背は茶色く腹は白、首の横に黒い線がある。飛ぶと長い翼の大部分が黒と羽毛であることが分かるMacqueen's Bustardよりもわずかに小さく黒い。オスとメス似ているが、メスはやや小さく背が灰色をしている。体重オスで1.15-2.4kg、メスで1-1.7kgである。

※この「説明」の解説は、「フサエリショウノガン」の解説の一部です。
「説明」を含む「フサエリショウノガン」の記事については、「フサエリショウノガン」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 06:51 UTC 版)

KAddressBook」の記事における「説明」の解説

KAddressBook家族友達取引先などの住所連絡情報をまとめるためのグラフィカルユーザインタフェースである。KDE統合し他の KDE プログラム相互運用できるようになっている例えば、メールクライアント KMail とはワンクリックメール作成できたりインスタントメッセンジャー Kopete とはインスタントメッセンジャーでのやりとりについてオンラインの情報表示した容易にアクセスできたりする。Kitchensync や OpenSync を使って他のソフトウェアデバイス同期をとることができる。 連絡先家族取引先顧客といったカテゴリー分類できるメールアドレスなどフィールド多く複数エントリーを持つことができる。連絡先フィールドはカスタムフィールドを含む複数タブ分けられている。

※この「説明」の解説は、「KAddressBook」の解説の一部です。
「説明」を含む「KAddressBook」の記事については、「KAddressBook」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 19:08 UTC 版)

スキップリスト」の記事における「説明」の解説

スキップリストリスト階層になっている最下層通常のソートされた連結リストである。それより上の層は、それぞれ下のリストに対する急行列車」のように働き、層i に存在するリストの要素は層i+1 においては固定確率p(良く使われる p の値は 1/2 と 1/4)で存在する各要素平均1/(1-p)個のリスト属し、最も背の高い要素、つまり普通スキップリスト先頭の特別扱いされる要素すべてのリスト属する。スキップリストlog 1 / p ⁡ n {\displaystyle \log _{1/p}n\,} 個の連結リストを含む。 目的要素を探索するには、まず、最上層連結リスト先頭の要素から(水平方向に)スキャンして、目的要素と同じかそれより大き要素を探し出す。もし、探し出し要素目的要素と等しいならば、探索完了。もし、探し出し要素目的要素より大きいならば、あるいは、リスト最後の要素到達してしまった場合は、一つ前要素戻ってから一つ下の層の連結リストに(垂直方向に)降り、そのリストに対して同じ操作繰り返す。各連結リストにおいてリンクを辿る数の期待値最大でも 1/p となる。これは目的要素から逆向き戻って上層リストにつながる要素到達するまでの期待値であることから理解できる従っ探索の総コストは ( log 1 / p ⁡ n ) / p {\displaystyle (\log _{1/p}n)/p\,} で、pを固定すれば O ( log ⁡ n ) {\displaystyle {\mathcal {O}}(\log n)\,} である。pにさまざまな値を選ぶことで、探索時間メモリ使用量トレードオフをとることが可能である

※この「説明」の解説は、「スキップリスト」の解説の一部です。
「説明」を含む「スキップリスト」の記事については、「スキップリスト」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 23:35 UTC 版)

サン・ヴィセンテ岬」の記事における「説明」の解説

サン・ヴィセンテ岬ヨーロッパ南西端の地点であり、エストニアナルヴァ=ヨエス(Narva-Jõesuu)から5000kmに及ぶヨーロッパ沿海歩道E9)の南西終端を成す。 岬はサグレスからおよそ6kmのところにあり、地中海への往還航海における陸標となっている。崖の高さは75mで、大西洋からほぼ垂直に立ち上がっている。 サン・ヴィセンテ岬では豊富な海の生き物見ることができ、またその崖は、珍しボネリワシハヤブサトビ、岩ツグミカワラバトコウノトリアオサギなどが高い密度で巣を営んでいる

※この「説明」の解説は、「サン・ヴィセンテ岬」の解説の一部です。
「説明」を含む「サン・ヴィセンテ岬」の記事については、「サン・ヴィセンテ岬」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 08:03 UTC 版)

コンカヴェナトル」の記事における「説明」の解説

コンカヴェナトル中型推定全長6m)のカルカロドントサウルス類で、いくつかの独特の特徴をもっていた。最大の特徴は、腰に位置する2本脊椎神経刺が異様に高くなっていることである。これが背中尖った隆条を形作っていた。このような構造他の獣脚類では一切知られていないケンブリッジ大学古生物学者ロジャー・ベンソンは「ビジュアルディスプレイに用いられる頭のトサカ類似したもの」だったかもしれない述べた一方スペイン科学者体温調節使っていた可能性示唆した加えてコンカヴェナトル尺骨には小さな瘤状の突起いくつか見られ、これは鳥類羽軸支える骨見られる構造であることから、コンカヴェナトル前腕には何かしらの特殊化した表皮系存在していたことが示唆されている。

※この「説明」の解説は、「コンカヴェナトル」の解説の一部です。
「説明」を含む「コンカヴェナトル」の記事については、「コンカヴェナトル」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 23:35 UTC 版)

フェドチェンコ氷河」の記事における「説明」の解説

北緯38度4601秒、東経721658秒に位置する。この氷河は、細く長く続いている氷河として知られていて、2005年現在約70kmの長さを持っていて、約900km2の範囲覆っている。この70kmという長さは、地球極圏以外の地域存在する氷河としては最長である。この氷河は、標高6200m付近から流れ出していて、そこから概ね北の方向へ流れ降り、だいたい標高3000m付近完全に融解してしまう。なお、この氷河中流域における氷の流速は、2005年現在おおよそ1日に67cmであった。ただし、近年地球温暖化の影響によって、この氷河後退縮小傾向にあり、流速なども変わっている氷河融解し始めると流速速くなったりする)可能性があるちなみに、この氷河融解は、幾つかの小河川経てバフシュ川に入りその後アムダリヤ川へと流れ込んでいる。かつては、この氷河融解アムダリア川流れ込んでいたアラル海へと流れ込んでいたものの、近年アムダリア川河口付近事実上干上がっており、アラル海へは融解届かなくなってきている。

※この「説明」の解説は、「フェドチェンコ氷河」の解説の一部です。
「説明」を含む「フェドチェンコ氷河」の記事については、「フェドチェンコ氷河」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 22:06 UTC 版)

パンとサーカス」の記事における「説明」の解説

地中海世界支配したローマ帝国は、広大な属州従えていた。それらの属州から搾取し莫大な富はローマ集積しローマ市民労働から解放されていた。そして、権力者市民政治的無関心の状態にとどめるため、「パンとサーカス」を市民無償提供した現在の社会福祉政策イメージさせるが、あくまでも食料配給市民の権利ではなく為政者による恩寵として理解されていた。また食料配布公の場で行われ受給者受け取り際に物乞い行為大衆視線晒されるリスク負わされた。この配給仕組みによって無限の受給対象者拡大を防ぐことが出来た食糧に関しては、穀物無償配給が行われていたうえ、大土地所有者や政治家が、大衆支持獲得するためにしばしば食糧配布行っていた。皇帝中にも処刑した富裕市民没収財産手続きを以て広く分配したネロ帝や、実際に金貨ばら撒いカリグラ帝の例がある。 食糧困らなくなったローマ市民は、次に娯楽求めた。これに対して権力者はキルケンセス(競馬場)、アンフィテアトルム円形闘技場)、スタディウム競技場)などを用意し毎日のように競技剣闘士試合といった見世物開催することで市民娯楽提供したこうした娯楽の提供は当時民衆からは支配者たるものの当然の責務と考えられるようになり、これをエヴェルジェティズム(英語版)(恵与行為と呼ぶパンとサーカス社会的堕落象徴として後世しばしば話題にされ、ローマ帝国没落一因とされることもある。また、パンとサーカス」に没頭して働くことを放棄した者(これらの多く土地所有しない無産階級のローマ市民で、プロレタリー(スペイン語版ノルウェー語版)と呼ばれたプロレタリアート語源)と、富を求めて働く者と貧富の差拡大したことも、ローマ社会歪みもたらすことになった。 ところで、これらの給付恩寵実際に受けたのは広大な帝国人民のなかで数割にも満たないローマ市民権保有者の、なかでも都市住んでいるさらに一部であった共和政中期マリウスの軍制改革までは男性ローマ市民はすべて従軍義務があり、故郷パトロネジ庇護を受けるのは男手奪われ(あるいは生命奪われ困窮しがちの中小地主階層であり、彼らは軍団兵家族であった。そして実際に配給されるのは焼かれパンではなく穀物小麦粉)であり、当然ながら食べるためには調理器具燃料必要であり帝国化してのち述べられるようになった「働く事を放棄する」というのは大げさな表現である。 統治者側の視点からみれば、ローマにとって穀物給付は大貴族皇帝気まぐれに恩寵的に与え始めたようなものではなく、前123年ガイウス・グラックスによって提案され穀物法低価格全市民あるいは貧窮市民への売却提案起源をもち前58年クロディウス護民官により初め実施されローマにとって伝的な意味合いをもった政策でもあった。また当初はポエニ戦役勝利により急速に拡大したローマ世界において支配階層となっていった大貴族・騎士階層と、ローマ近在没落しつつあった中小地主階層との格差問題解消という緊張関係のなかで提案され法案であった。もっとも、実際に穀物給付政策としておこなわれはじめた共和政末期には、すでにローマ軍政は給付付き志願制変更されていたため、この穀物給付政策軍団兵家族救恤といった当初の目的から没落市民への恩給へと、また護民官皇帝権威鼓吹する手段へと変質してゆく。 この「パンとサーカス」はローマ帝国東西分割後も存続し東ローマ帝国ではしばらく維持されていたが、7世紀サーサーン朝イスラム帝国侵攻によってエジプト・シリアといった穀倉地帯を失うと穀物供給維持できなくなり終焉した。ただし、その後皇帝即位時に市民贈り物配ったり年に何回か戦車競争を行うなどローマ皇帝正統性を示す儀式としては続けられており、帝国末期国庫窮乏していた14世紀末の皇帝マヌエル2世戴冠式時にも、銀貨市民配られたことが記録されている。

※この「説明」の解説は、「パンとサーカス」の解説の一部です。
「説明」を含む「パンとサーカス」の記事については、「パンとサーカス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 03:47 UTC 版)

パトリック・スター」の記事における「説明」の解説

頭がかなり悪く、字の読み書き苦手で鉛筆を使うとき「字が出ないと言ったり、自分でたった今食べたにもかかわらず自分のお菓子をスポンジ・ボブがとったと思ったりスポンジ・ボブから「僕のズボンの形はなんでしょう?」と言われても分からなかったり、遊園地の乗り物制御装置スポンジ・ボブ勘違いしたり、トランシーバーを使うときに中に閉じ込められたりして「今助けに行くから」と言って壊したりど頭はかなり悪いように見えるが、本人曰く頭の悪さは「その時による」(『テレビ出演』)。また、彼が集中出来時間は約0.02秒である。 ただし、「図書室ってなあに?」ではスポンジ・ボブ勧められ大量の本を読み一気知識詰め込んで一時的に賢くなったこともある。ちなみにマヨネーズ楽器かどうかわからないらしい。 また、「最も役に立たない男」としてトロフィー貰ったことがあるスポンジ・ボブ曰く何もできないことの達人」(『いとこのスタンリー』)。 普段家でテレビ見たり昼寝をしたり、スポンジ・ボブ遊んだりしている。スポンジ・ボブから食べ物などをもらっているシーンもある。 時々スポンジ・ボブ助言したアドバイスしたりすることがあるが、大抵役に立たないとばかりである。適切な意見言った場合自分でも意味が分からないカーニイカルドからは頭の悪さ呆れられていることが多いが、スポンジ・ボブだけは例外であり、困った時などに彼に相談した助けてもらうことも珍しくない。怒ると非常に恐く暴走して周囲迷惑をかけるが、ナイーブなところもある。無職(ただし、『フライ料理選手権』ではフライ料理選手権出たいがために、エサバケツ亭一時働いたまた、タダ食いパトリック』と『休暇なんて大嫌い』などではカニカーニ働いたことがある)。怖い物は、グローブワールドという遊園地マスコットグロービー・グローブシーズン8ではグロービーの衣装着たがっていた一面もある)。 彼はカニカーニエサバケツ亭一時的に働いているときを除いて無職である。そのため、ほとんどの時間はスポンジボブ一緒に遊園地グローブワールド(現在はグローブワールドユニバース)」に行ったりクラゲ捕まえたり、彼が住んでいる岩の下でのんびり過ごしたりして過ごしている。家では、寝たりテレビ見たり何もせずに過ごしたりしている。彼の岩の下空間にあるすべての家具は砂でできておりパトリック必要に応じて家具をすぐに建てることができる。それでも、彼の家には、最小限必需品しか置いていない。

※この「説明」の解説は、「パトリック・スター」の解説の一部です。
「説明」を含む「パトリック・スター」の記事については、「パトリック・スター」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 22:23 UTC 版)

クロスデフォルト」の記事における「説明」の解説

債務者に対してデフォルト宣言された場合、同じ債務者のまだ支払期限来ていない債務に対して債権者支払い要求することができるとする契約条項これにより責任制限規定する法制度形式主義弱められる。この概念は、合弁事業にも適用される

※この「説明」の解説は、「クロスデフォルト」の解説の一部です。
「説明」を含む「クロスデフォルト」の記事については、「クロスデフォルト」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 16:40 UTC 版)

strlen」の記事における「説明」の解説

strlen(str)は、文字列strから最後のNULLコード除いたときのバイト数を返す

※この「説明」の解説は、「strlen」の解説の一部です。
「説明」を含む「strlen」の記事については、「strlen」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 02:33 UTC 版)

大気電気学」の記事における「説明」の解説

大気電気は常に存在し雷雨のない晴天時には地表上空気正に帯電し地表電荷は負に帯電する。このことは地表点との上大気中の点と間の電位差理解することができる。大気中の電場晴天では負の方向向いているため、電位勾配考えると地表では反対符号であり、約100V/mである。ほとんどの場所で電位勾配地球すべての雷雨大気乱れにより蓄積され電荷平均あるため、この値よりもずっと低くなる大気電場内に移動する大気イオンの弱い伝導電流があり、平方メートルあたり約2ピコアンペアであり、大気これらの大気イオン存在することにより弱い伝導性を持つ。

※この「説明」の解説は、「大気電気学」の解説の一部です。
「説明」を含む「大気電気学」の記事については、「大気電気学」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 16:40 UTC 版)

strcmp」の記事における「説明」の解説

strcmp() 関数2つの文字s1 と s2辞書式順序比較する。この関数は、s1s2 に比べ小さ場合 等し場合 大き場合 に、それぞれ ゼロよりも小さ整数負数ゼロに等しい整数ゼロゼロよりも大き整数正数) を返す

※この「説明」の解説は、「strcmp」の解説の一部です。
「説明」を含む「strcmp」の記事については、「strcmp」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 01:17 UTC 版)

フェニック木」の記事における「説明」の解説

フェニック木木構造を元に作られたが、実際には二分ヒープ実装のような1次元配列用いた暗黙データ構造として実装される。あるノードを表すインデックス与えられた場合、その親と子インデックスは、そのインデックスビット演算を施すことで計算可能である例えば、親のインデックス最下位の"1"であるビットを0にしたインデックスである(1010に対して1000)。配列各要素には部分木の要素和が格納されており、その部分木の合計足し合わせることで、部分和もしくは任意の求めたい区間和)を計算できるデータの値を更新する場合には、変更された値を含むノード容易に特定でき、後述するように順に遡りながら更新可能であるフェニック木作るにあたって必要な前処理は、 O ( n ) {\displaystyle O(n)} 時間終了する部分和計算以外にもすべての値が正の場合には値のインデックスの検索が、すべての値が負でない場合にはすべてのインデックスの値の指定効率的である。また、 O ( n ) {\displaystyle O(n)} 時間全ての係数定数倍することが可能であるフェニック木は"1"であるビット基準にで考えるとわかりやすいインデックス i が2の累乗である要素は、i 要素までの和を持つ。インデックス i が2つ異な2の累乗の和(例え12 = 8+4)である要素は、その2つの要素間の区間和を持つ。一般に各要素はその親以降の値の合計を持つ(親ノードインデックスは、最下位の"1"であるビットを0にすることで得られる) 。 所望部分和計算するためには、インデックスの2進表記用い、2進表記で1であるビット対応する要素を足し合わせれば良い例えば、最初の11要素の和を求めたい場合には、まず112進法表記して 10112 を得る。 この表記には3つの1が含まれているため、10002、10102 、10112の3つ足し合わせれば良い。 これらはそれぞれ1 - 89 - 1011の和に対応している。"1"であるビットの数は配列サイズビット数で抑えられるため、 O ( log ⁡ n ) {\displaystyle O(\log n)} で区間和を計算可能である次に11番目の要素を更新する場合考える。更新必要な要素は、10112、11002、100002の3要素である。これの位置は、最下位の"1"であるビットから繰り上げることによって得られる。これらはそれぞれ119 - 121 - 16和に対応するこの場合値の更新配列サイズビット数で抑えられるため、 O ( log ⁡ n ) {\displaystyle O(\log n)} で更新可能である

※この「説明」の解説は、「フェニック木」の解説の一部です。
「説明」を含む「フェニック木」の記事については、「フェニック木」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 05:10 UTC 版)

Noclipモード」の記事における「説明」の解説

この用語は、1990年代id Softwareゲームによって普及した。名前はゲームコマンド「idclip」(以前は「idspispopd」)に由来しており、従来からDoom ⅡPCゲーム機版でそのコマンド入力してnoclipモード起動していた。 このチートは、特に『Quake』や『Half-Life』などのアクション指向ファーストパーソン・シューティングゲームではよく見られるid Softwareジョン・カーマックは、「動きベクトルクリッピングという概念からこの用語を派生させたとファン語っている。noclipコード最初の例は、 id Software人気ゲームシリーズ『コマンダー・キーン』から来ているNoclipモード(および同様のモード)は、多くの場合開発者ゲームテストする手段として始まっている。新し機能ゲーム実装されているが、それが機能するかどうか判断するためにプレイすることが必要な場合開発者が死を回避するゲーム環境時間のかかる領域を「飛ぶ」ことにより、ゲームの関連部分すばやく到達できれば時間節約できる。神モードのこのソースは、多くの場合プレイヤーこれらのモード有効にするルート、たとえば、開発モードフラグをたててゲーム実行することで現れるゲームの同等のコードでもクリッピングオフにできるが、これはプレイヤーが壁を歩いて通り抜けることができる理由ではない。このコードは、まったく別のトグルである衝突検出オフにする。通常、このコードはバックフェースカリングをオフにしないため、プレイヤーが「衝突なし」モード使用して壁を通過しても、片側の壁の反対側描画されない。 一部開発者id Softwareの方法で継続している一般的に言えば高度なゲーム内物理学使用されていない限り、壁とオブジェクトには「実体」はない。衝突検出とは、壁やオブジェクトプレーヤーアバター交差することを指す。交差する場合衝突オン)、ゲームあたかもプレイヤー交差するオブジェクトぶつかったかのようにプレイヤー動作停止するそうでない場合アバターオブジェクト相互作用せずに通過する。これは、ゲーム内物理学を壁で実装する比較簡単な方法である。 Noclippingは、ゲームの他の要素競合する可能性がある。たとえば、MS-DOS登録されている1.3Dバージョンの『Duke Nukem 3D』と『コマンダー・キーン』シリーズでは、noclipモードオンになっていて、ステージエリア外を歩くと死に至るプレイヤーが神モード有効にしていると、神モード実装方法によりゲーム無限ループ陥ったり、クラッシュしたりするMS-DOS Plutonium Pak 1.4/Atomic Edition 1.5および『Duke Nukem 3D』のソース移植ではこの問題は修正され代わりにDoomのように動作する衝突検出無効にすると、他の方法ゲームのプログラミング干渉する可能性があるプレイヤーは、事前にプログラムされイベント間違ったタイミングでトリガーしたり、重要なイベントがまったく作動しないようにしたり、誤ってゲーム世界他のセクションへのアクセス無効にしたりすることがある

※この「説明」の解説は、「Noclipモード」の解説の一部です。
「説明」を含む「Noclipモード」の記事については、「Noclipモード」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 03:18 UTC 版)

制御の反転」の記事における「説明」の解説

従来プログラミングでは、ビジネスロジックフロー制御は、互いに静的結合したオブジェクト群により決められる制御の反転使った場合フロー制御プログラム実行中に構築されたオブジェクト・グラフに依存して決まる。抽象化媒介としてオブジェクト間の相互作用の関係を定義することによって、そのような動的なフロー制御が可能となっている。この実行時結合遅延結合)は依存性の注入あるいはサービス・ロケータ・パターンのような仕組みにより実現される。但し、制御の反転を使う場合おいてもコード直接参照する代わりに外部設定ファイル読んで実行すべきコード探す仕組みにするのであればコンパイル中にコード静的関連づけることはありうる依存性の注入において、依存する側のオブジェクトあるいはモジュールは、その依存先のオブジェクトと、実行時において結合される特定のどのオブジェクトプログラム実行中にその依存関係満たすことになるのかは、静的コード解析を行うコンパイル時には知りようがない。ここではオブジェクト間の相互作用題材説明したが、この原則オブジェクト指向プログラミング以外の他のプログラミング手法にもあてはまる。 実行中プログラムオブジェクトどうしを相互に結び付け合うためには、結び付けられるオブジェクトどうしが互換性のあるインターフェースを持ってなければならない例えば、クラスAはその振舞いインターフェースIに委任しており、IはクラスBにより実装されているとする。このようにしてあれば、プログラムAとBインスタンス化した上で、BをAに注入できるのである

※この「説明」の解説は、「制御の反転」の解説の一部です。
「説明」を含む「制御の反転」の記事については、「制御の反転」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 08:20 UTC 版)

アカズキコンゴウインコ」の記事における「説明」の解説

ロスチャイルドは、ヒルがフィリップ・ヘンリー・ゴッセに送った説明に基づいているという。 頭が赤で、首、肩、下腹部活気のある緑色両方にある二枚の羽は、水色で、尾羽ほとんどは緋色で、先端は青、羽と尾の両方羽毛があり、全て鮮やかな色で目立っていたという。 Ara erythrocephalaは、ジャマイカトレローニーとセントアンの小教区の山で発見され可能性があるという。山の他にそしておそらくでも発見されたと説明されている。

※この「説明」の解説は、「アカズキコンゴウインコ」の解説の一部です。
「説明」を含む「アカズキコンゴウインコ」の記事については、「アカズキコンゴウインコ」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 02:29 UTC 版)

トリナクロメルム」の記事における「説明」の解説

トリナクロメルム全長3mだった。歯からすると小型の魚類捕食してたらしいトリナクロメルム長い水中速いスピード泳げたことを示唆している。リチャード・エリスはこの身体的特徴をリチャード・エリスは翼が4あるペンギン比喩した。学名は「3つのとがった太腿」を意味する

※この「説明」の解説は、「トリナクロメルム」の解説の一部です。
「説明」を含む「トリナクロメルム」の記事については、「トリナクロメルム」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 04:38 UTC 版)

PTP (薬剤包装)」の記事における「説明」の解説

多く上面カバー透明になっており、未開封の状態で錠剤本体直視できるようになっている吸湿性を持つ錠剤は、不透明な防湿シート包装されるので錠剤直視できない錠剤のみならずカプセル剤包装にも使用される

※この「説明」の解説は、「PTP (薬剤包装)」の解説の一部です。
「説明」を含む「PTP (薬剤包装)」の記事については、「PTP (薬剤包装)」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 22:29 UTC 版)

産褥」の記事における「説明」の解説

この時期の女性褥婦じょくふ)または産褥婦(さんじょくふ、英: puerperant)という。期間は一般に6週間から8週間といわれているが、個人差出産ごとでも異なることがある。この期間、妊娠時から急速に体内濃度高くなっている体内ホルモンプロラクチン乳腺刺激して乳腺葉発達させ、オキシトシン乳腺筋肉刺激して乳汁分泌させる。これらが闘争欲や遁走欲、恐怖心減少させ、母性行動誘導する産褥期には体に以下のような諸症状現れる。これらが生活に影響を与えるほど悪化し、または異常に進行して病気」とされた場合産褥病という。主には以下のものがあるが、発症の程度や期間に個体差があり、無発症の場合もある。 手足のむくみ - 分娩直後妊娠中体内血液量通常の1.5倍ほどに増えているが、これが出産により一気失われたために起き体の一時的な反射反応。また授乳始まって水分バランスくずれて発症することがある乳汁分泌開始 - 分娩からおよそ3後から 産褥熱 - 分娩後10日以内2日以上にわたる38以上の高熱が続く発熱症状感染症一種後陣痛 産褥心筋症 - 分娩後2〜20週の間にみられる鬱血性心筋症原因不明とされる子宮口や腟腔の復古 - およそ4週間ほどかかるが、分娩のため妊娠前の状態には完全に戻らない悪露排出 - およそ4週間ほどかかる。下り物とは異なる。大きな傷が体内にあり出血感染危険がある時期である。 子宮急激な縮小子宮復古) - およそ6週間ほどかかる。 体重減少 その他の身体の全般にわたる大きな変化 また、前出のようにホルモン体内濃度急激に変化するため心理的安定を伴うとされる。主には以下のものがある。 ノイローゼマタニティ・ブルー産後うつ産褥鬱)、錯乱幻覚妄想アメンチア意識障害)、ガルガル期。 これには、生活環境変化育児へのプレッシャー育児環境への不安、育児疲れ孤独感焦燥感自責感などからのストレス複合要因としてあげられる。 この産褥期経て母体妊娠前の正常な体へ戻っていく。主に減少した体重からの回復期にあたるため、これを古来日本語で「産後の肥立ち」という。肥立ちが悪いとの表現は、なかなか回復できない、あるいは産褥症状続いている女性指したものである

※この「説明」の解説は、「産褥」の解説の一部です。
「説明」を含む「産褥」の記事については、「産褥」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 03:48 UTC 版)

岡崎タワーレジデンス」の記事における「説明」の解説

かつてこの地には名鉄岡崎ホテルとする西三河総合ビルがあった。全国初め市街地再開発事業認定を受けて1973年開業建物地上12階建て・地下2階建ての延床面積30600平方メートルであり、8階から12階ホテルが、下階にはテナント入っていた。1981年からは、ホテルと並ぶ中核施設として百貨店メルサ入っていたが、1991年度に約59億円だった売り上げ2000年度には約16億円に減少したこともあり2001年8月をもって撤退した結局名鉄岡崎ホテル開業から一度も黒字化できず、2004年3月ホテルとして営業終了した累積赤字23億円に上った康生通西4丁目の岡崎スポーツガーデン岡崎郵便局跡地岡崎市図書館交流プラザ建設を始めていた岡崎市は、ホテル跡地敷地面積4,905平方メートル)を中心市街地再開発要所とみなし、用地取得目的として2004年4月から名鉄との交渉入った当初内容建物解体し更地にした後の買収条件だったが、建物含めた要望名鉄側から出されるうになると交渉難航同年12月、市には売却されないことが明らとなった2005年8月名鉄不動産西三河総合ビル跡地超高層マンションタワーマンション)の建設計画した。「トヨタ自動車関連企業管理職住宅取得者層の需要見込める」と判断したのである大林組施工によって岡崎タワーレジデンス建設された。2006年9月下旬販売開始された際には、富裕層対象とする高層階タイプへの関心高かった2008年2月竣工しその後入居開始された。

※この「説明」の解説は、「岡崎タワーレジデンス」の解説の一部です。
「説明」を含む「岡崎タワーレジデンス」の記事については、「岡崎タワーレジデンス」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 04:10 UTC 版)

ゴドーを待ちながら」の記事における「説明」の解説

2人待ち続けるゴドー(Godot)の名は英語の神(God)を意味するという説もあるが、ゴドー実際に何者であるか劇中明言されず、解釈それぞれの観客委ねられる。木一本だけの背景空虚感表し似たような展開が2度繰り返されることで永遠の繰り返し暗示される

※この「説明」の解説は、「ゴドーを待ちながら」の解説の一部です。
「説明」を含む「ゴドーを待ちながら」の記事については、「ゴドーを待ちながら」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 03:11 UTC 版)

マーク IX 戦車」の記事における「説明」の解説

完全に新設計する時間が無いため、マークIXマークV基礎として9.73メートルまで車体延長している。150馬力のリカード・エンジンは前方へ移された。またギアボックス後部へ、サスペンション完全に省略された。こうして長さ4メートル、幅2.45メートル内部空間作り兵員30名(公式には50名)用の充分な大きな部屋、または10トン収容する貨物室となった車体充分強固にするため、床は大きな横桁によって補強された。搭乗した兵士達は、天井配されギア操作用のロッド類や、中央部を通るドライブシャフト避けなければならなかった。兵員のための席は用意されていなかった。 車輌本来の要員は、左方に座る操縦手右方に座る車長機関員後部ハッチ機銃操作する機銃手構成されるイギリス製戦車としては初めフランスの交通状況譲歩している。2挺めの機銃車体正面に装備された。装甲兵員輸送車として設計されたこの型式歩兵戦闘車としての要素持っており、車体両側面に沿って8個ずつの銃眼設けられ兵員ここから小銃突き出して射撃できた。計16個の銃眼のうち4個は、兵員乗降するための卵形ドア設けられていた。このドア両側面に2個ずつ設けられていた。 10ミリメートル厚の薄い装甲用いたにもかかわらず運用時重量27トンであり、速度わずかに6.9km/hであった。またこの戦車は、車長用に装甲化され監視ターレット後方、その屋上設けられトレー補給物資輸送できた。車輌の最高部は2.64メートルとなっている。さらに3基の大型そりを牽引できた。ラッカムは、大型の消音器とともに換気用ファン屋上設けることで内部状況改善試みた。しかし未だに隔離された機関区画が無く、この計画では「戦える状態の歩兵分隊輸送する車輌」という目標を達成し得たかは疑わしい。またマークIXには、非常に限られた航続能力という問題存在した

※この「説明」の解説は、「マーク IX 戦車」の解説の一部です。
「説明」を含む「マーク IX 戦車」の記事については、「マーク IX 戦車」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 02:13 UTC 版)

シーライオニング」の記事における「説明」の解説

これを行う荒らし無知で礼儀正しいふりをし、標的になった人が痺れ(しびれ)を切らせ怒り出すと、荒らしあたかも自分不当に虐げられたような振る舞いをして見せる。シーライオニング一人荒らしが行うこともあるし、複数荒らし協力して行うこともある。シーライオニング技法ギッシュギャロップ英語版)と似たようなもので、人間相手DoS攻撃例えられるバークマン・センターハーバード大学出版したオンライン上の有害発言に関する展望』に収められたある随筆は、次のように書いている。 修辞学的に言うとシーライオニングは、合理的に議論しよう大声で主張しながら、基礎的な情報に関してどこでもすぐに見つか情報に関して無関係だった脱線した事柄に関してなされる絶え間ない質問を、融合させる。それは学習しコミュニケーションしようとする実そう姿勢装うそうやってシーライオニングは、標的となった人の忍耐注意対話努力すり減らしその人理性的でなく見えるように仕向ける一見、これをする荒らし質問は無邪気だが、それは悪意に基づいており有害な結果もたらす。 — エイミー・ジョンソンバークマン・センター2019年5月

※この「説明」の解説は、「シーライオニング」の解説の一部です。
「説明」を含む「シーライオニング」の記事については、「シーライオニング」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 16:18 UTC 版)

VPN blocking」の記事における「説明」の解説

VPN アクセスブロックするには、いくつかの方法がある。PPTPL2TP などの一般的な VPN トンネリングプロトコル接続確立データ転送使用するポートは、システム管理者特定のネットワークでの使用を防ぐために閉じることができる。同様にウェブサイトは、VPNプロバイダー属することが知られているIPアドレスからのアクセスブロックすることで、コンテンツへのアクセス禁止することができる。政府中には、その政府管轄下では動作しないリモートホストVPN使用して接続する場合があるため、海外IPアドレスへのアクセスをすべてブロックすることが知られている組織ファイアウォール迂回する VPN アクセスブロックする努力強めているため、VPN プロバイダー接続目立たなくするために、より洗練された技術利用することで対応している例えば、中国政府VPNプロトコル識別するためにディープパケット検査使用し始めたことを受けてGolden Frog検出避けるために人気のあるVyprVPNサービスのためにOpenVPNパケットメタデータスクランブル化し始めた

※この「説明」の解説は、「VPN blocking」の解説の一部です。
「説明」を含む「VPN blocking」の記事については、「VPN blocking」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 08:12 UTC 版)

供給予備力」の記事における「説明」の解説

2022年1月12日近畿地方需要電力予想黄緑色)と実績オレンジ色ならびに供給力青色)の推移午前7時頃から12時にかけて予想大幅に上回る需要電力発生し8時台には供給力をほとんど使い果たしたことが見て取れる厳しく冷え込んだこの日電力広域的運営推進機関からの指示により、関西電力送配電他社から緊急の電力融通受けた発電設備変電設備負荷設備電気エネルギー消費する設備)を電線路結んだ巨大な電気回路電力系統という。電力系統周波数一定維持するためには、時々刻々需要電力発電電力とがつり合ってなければならず、そのために系統運用者日本では一般送配電事業者)は、時々刻々需要電力変動に合わせて一部発電設備(主に火力発電設備)の出力常時加減している(需給バランス調整)。 ところで、需要電力は、熱波寒波襲来により、予想外に増えることがあり得るまた、発電設備送電設備など故障により、一部発電設備が運転できなくなることがあり得るこのような事態にあって発電電力需要電力不足するとき、電力系統周波数一定範囲外れて低下する火力発電所原子力発電所タービン発電機は、電力系統周波数定格周波数のときに定格回転速度回転し異常な振動起こさないように設計されている。系統周波数定格より1.5 Hz以上低い状態が持続すると、共振より大きく振動しタービン羽根損傷する可能性がある。そこで、発電設備は、系統周波数が所定値以下に低下した状態が所定時間(数秒を超え継続した場合周波数低下リレー (UFR) が作動し設備保護するために、発電機電力系統から自動的に切り離す解列する)仕組みになっているひとたび発電機UFR作動すると、その発電機系統から脱落する結果需要電力発電電力とのギャップ拡大し周波数低下拍車がかかる。そして、周波数低下持続別の発電機UFR作動させるという悪循環起こり、この悪循環放置すれば最終的に電力系統全体停電に至る。このような事態何としても避けるというのが系統運用鉄則である。 電力系統全体停電避けるためには、発電機UFR作動する前に一部負荷強制的に遮断して需要電力引き下げることにより需要電力発電電力とのバランス取り戻し系統周波数回復させることが必要であるそのために配電用変電所にもUFR備えられており、発電機UFR作動する前に変電所UFR作動させ、一部配電系統への電気供給自動的に遮断するようになっている。これは一部の地域で停電発生することを意味する(この停電UFR動作により自動的に起きるもので、事前に計画したとおりに一部の地域で電気供給止める輪番停電とは異なる。)。 電力系統全体停電はもちろん一部の地域で停電をも回避するためには、不測の事態に備えて予想される需要電力上回る出力発電設備供給力)を用意しておく必要がある多めに用意した分の供給力供給予備力という。 供給予備力最大3日平均電力に対する比率を、供給予備率(あるいは単に予備率)という。最大3日平均電力は、1年間または1か月間のうち、日ごと最大電力の上3日分の平均である。 供給予備力は、少なすぎれば熱波寒波最中供給力不足による停電引き起こすことになり、人々の生活経済活動多大な悪影響を及ぼす上、場合によっては人命にかかわるしかしながら供給予備力大量に保有することは、普段は運転しない発電設備をいつでも運転できる状態に維持し続けることにもなり、費用がかさむしたがって、供給予備率には、適正な水準がある。供給予備力は、需要電力の8%から10%程度確保する

※この「説明」の解説は、「供給予備力」の解説の一部です。
「説明」を含む「供給予備力」の記事については、「供給予備力」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 08:25 UTC 版)

反物質起爆式核パルス推進」の記事における「説明」の解説

従来核パルス推進には、エンジン最小サイズ推力生成するために使用される核爆弾最小サイズによって定義されるという欠点がある従来水素爆弾設計は、2つ部分構成されている。起爆側はほとんどの場合プルトニウム基本しておりもう一方核融合燃料通常水素化リチウム)を使用している前者最小サイズは約25キログラムで、約1/100キロトン10トン42 GJ; W54 )の小さな核爆発引き起こす。より強力なデバイスは、主に核融合燃料追加によってサイズ拡大する2つのうち、核融合燃料はるかに安価で放射性生成物はるかに少ないため、コスト効率観点からより大きな爆弾の方はるかに効率的である。しかし、宇宙船推進このような大きな爆弾使用するには、応力処理できるはるかに大きな構造必要であり2つ要求トレードオフになっている臨界量未満燃料塊(通常プルトニウムまたはウラン)に少量の反物質注入することにより、燃料核分裂強制することができる。反陽子電子と同じように負の電荷を持っており、正に帯電した原子核によって同様の方法捕獲することができる。ただし、初期構成安定しておらず、ガンマ線としてエネルギーを放射する結果として反陽子最終的に接触するまで原子核にどんどん近づきその時点で反陽子陽子両方消滅する。この反応途方もない量のエネルギー放出しそのうちのいくつかガンマ線として放出されいくつか運動エネルギーとして原子核伝達され原子核爆発させる結果として生じる中性子シャワーは、周囲の燃料急速な核分裂または核融合さえも起こす可能性がある装置サイズ下限は、反陽子処理の問題核分裂反応要件によって決まる。そのため、大量の核爆必要とするオリオン計画型の推進システムや、膨大な量の反物質必要とするさまざまな反物質駆動装置とは異なり反物質核パルス推進には本質的な利点がある反物質熱核爆発概念設計は、通常従来水素爆弾熱核爆発点火必要なプルトニウム質量が1μg反水素置き換えられものである。この理論的設計では、反物質ヘリウム冷却されデバイスの中心で直10分1mmペレット形で磁気浮上する。この位置は、レイヤーケーキ/スロイカ設計主要な核分裂コア類似している反物質爆発望まし瞬間まで通常の物質から離れてなければならないので、中央のペレット100グラム熱核燃料周囲の中空球から隔離されなければならない爆縮レンズ核融合燃料は、反水素接触しする。ペニングトラップが破壊された直後に始ま消滅反応役割は、熱核燃料核融合開始するためのエネルギー提供することである。選択した圧縮度が高い場合爆発/推進効果増加したデバイス得られ、低い場合、つまり燃料高密度ない場合かなりの数の中性子デバイスから逃げ中性子爆弾の様になる。どちらの場合も、電磁パルス効果放射性降下物は、同じ収量従来核分裂装置または水素爆弾装置よりも大幅に低く、約1ktである。

※この「説明」の解説は、「反物質起爆式核パルス推進」の解説の一部です。
「説明」を含む「反物質起爆式核パルス推進」の記事については、「反物質起爆式核パルス推進」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 05:40 UTC 版)

デスマッチ (コンピュータゲーム)」の記事における「説明」の解説

通常のファーストパーソン・シューティング (first-person shooterFPS)デスマッチ試合では、プレイヤーPeer to Peerモデルまたはクライアントサーバモデルでのコンピュータネットワーク経由して個々のコンピュータローカルまたはインターネット接続する各個人のコンピュータコンピュータキャラクター仮想世界で見る第一人称視点生成する。 つまりプレイヤーコンピュータキャラクター目を通じて見ることになる。 プレイヤー様々な操作システム用いて仮想世界における彼らのキャラクター操作することができる。パソコン使用時におけるゲームの操作システム通常マウスキーボード組み合わせたものになる例えば、プレイヤーマウス動かせばキャラクター視点変えることができ、マウスボタン武器トリガー操作用いることができる。キーボード特定のキー仮想空間内のキャラクター動かすことができる他、しばしば機能追加されている可能性があるしかしながら家庭用ゲーム機ではマウス+キーボードと同じ操作ができる多くのボタンジョイスティック搭載され手持ちの操作パッド(コントローラー)」を使用するプレイヤーゲーム中にマイクスピーカーヘッドセットを使うことで他のプレイヤー対話することができ、パソコンプレイしているならば「インスタントチャット」メッセージでも他プレイヤーコミュニケーションをとれる。 ゲームでは全てのコンピュータ家庭用ゲーム機仮想世界キャラクター十分すぎるほど早くリアルタイムでレンダリングするため秒単位フレーム数が標準的なフルモーションビデオかそれ以上のようなビジュアルシミュレーションを生成する家庭用ゲーム機メーカー各社自社製品それぞれ異なハードウェア用いているため、ゲームの質と性能ゲーム機ごとに異なることになる。 デスマッチゲームによりルール目的異なっているが、典型的なFPSデスマッチ試合は全プレイヤー対全プレイヤー(つまり自分以外の全員が敵)である。 ランダムな場所(事前に設定された場所のいずれか)から各プレイヤー出現することでゲーム開始される出現すれば必然的にスコア体力防具装備デフォルト値リセットされることになり、通常スコアは0で体力フル(100%)、防具無く基本的な火器または近接武器持った状態(素手の場合もある)で始まる。試合開始した後で任意のプレイヤーゲーム参加またはゲームから離脱することができる。 この文脈置いてプレイヤー(Player)」は人間ゲーム操作するキャラクターコンピュータソフトウェアAI操作するキャラクターボット(bot)である。人間コンピュータ操作するキャラクター基本的な外観同じであるが、大半現代ゲーム任意のグラフィックモデル(スキン)を選択することができ基本モデル操作方法変わらない人間プレイヤーのキャラクターコンピュータボットはのキャラクター身体的特長初期体力初期防備武器容量機動スピードといった特長同一である。すなわち彼らは実際に操作する部分除いて平等にマッチする。 新人プレイヤー人間の敵とコンピュータ操作する敵との差はほぼゼロに近い(すなわち経験実際のスキル考慮しない)。しかしながら経験を積んだプレイヤーにとっては人間知能欠いたボット大半気づくボット実際のスキルにかかわらず知能欠如少なくとも例え超人的な命中率エイムなどでいくらか補正されるしかしながら一部システムプレイヤースコア表を見た時にどのプレイヤーボットでどのプレイヤー人間意図的にプレイヤー知らせることもある (例:OpenArena). この出来事ではプレイヤーが敵の性質気づきプレイヤースキルにかかわらずプレイヤー認知プロセス影響を与える 全ての通常マップには様々なパワーアップアイテムが登場する例え追加ヘルス防具弾薬や(通常より強力な)他の武器などである。一度プレイヤーパワーアップ回収すれば、一定時間後に同じ場所に再び出現する再出現までの時間ゲームモードアイテムの種類によって異なる一部デスマッチモードではパワーアップアイテムは再出現することはない特定のパワーアップは特に強力であり、しばしばゲームパワーアップコントロールをめぐる争いになることがある。すなわちその他の条件等しいと仮定すると、[最も強力な]パワーアップコントロールする(つまりアイテムを最も頻繁に収集するプレイヤーは、最高得点獲得する蓋然性が最も高いプレイヤーである。 各プレイヤー目的フラグ数を稼ぐために直接攻撃マップ操作するなどあらゆる手段他のプレイヤー殺害することであるが後者フラグ数にカウントされるかはゲームによって異なる。どちらの場合でも最も高いスコア到達するためにこのプロセス可能な限り多く繰り返さなければならず、かつ可能な限り早くキル間隔できるだけ短くしなければならない試合タイムリミットフラグリミットリミットなしの可能性がある、もしリミット存在するならばリミット達し試合が終了する時に最もフラグ数が多いプレイヤー勝者となる体力プレイヤー負傷しているかどうか変化する。しかし、大半ゲームにおいてプレイヤー負傷して動作機能減退伴わず出血死することもないプレイヤー体力値が0以下に到達した死亡し、もしその値が大幅なマイナスになった時、ゲームによっては身体バラバラになることがある大半ゲームではプレイヤー死亡した(すなわちフラグされた)時、獲得していた全ての装備失い画面プレイヤー通常見る(未だに動いている)光景表示し続けそれに加えてスコア表(フラグ数)も通常表示される。) 画面プレイヤー死亡時には暗転しない。通常プレイヤー直ぐに復活する死んだままでいるかを選ぶことができる。 防具(アーマー)は受けたダメージ減少させることで体力変動影響及ぼし概念上体力の減少実際にダメージ受けた時のアーマー値とは反比例するアーマー変数は、ダメージ軽減することによって体力変数影響及ぼし体力低下は、アーマーの値に反比例する概念である。 さまざまな実装における明らかな違いがある一部ゲームではダメージ受けた推定される時に負傷した身体の所を示すが、特に多くの古いゲームでは示されることはない大半ゲームではアーマープレイヤー動作遅くさせることはない(すなわちプレイヤー重量問題経験することはない)。 ニュートン物理学は、しばしば幾分正確にシミュレートされているだけであり、飛行中にプレーヤ進路ある程度修正することが多くのゲームでできるようになっている例えば、逆方向移動することによって前方飛行遅らせるかまたはコーナー周り飛び越えて飛行することができる。FPSゲームエンジン物理由来する他の注目すべきコンセプトは、バニー・ホッピング(bunny-hopping)、ストレイフ・ジャンプ(strafe-jumping)、ロケットジャンプ(rocket-jumping)などがあり、それら全てプレイヤースピードや高さ、その他の属性を得るために問題物理エンジン特定の特性活用したものである例えば、ロケットジャンプではプレイヤージャンプした直後に足下の床にロケット弾打ち込むことで、ロケット爆発により通常のジャンプと比べてより高くジャンプする自傷行為のためいくらか軽減される体力減少する)。 利用可能テクニックタイプと、テクニックプレイヤーによってどのように実行されるかは、ゲームにも依存するので、物理的な実装とは異なる。 死亡したプレイヤー失った装備(普通はアーマー含まない)は通常早い者勝ちではある誰でも拾うことができる(殺害され復活したプレイヤーでさえも可能)。 現代実装ではゲームの開始後で新たなプレイヤー参加でき、各ゲーム参加可能最大プレイヤー数ゲームマップルールごとに任意であり、サーバーによって選択可能である一部マップ少数プレイヤー適し一部多数プレイヤー用に適している。 もし試合フラグまたはタイムリミット達したら現在の試合終了した短時間で新たな試合始まることになり、その猶予間にプレイヤースコア表の閲覧雑談スコア表の背景として動くマップ疑似概観表示普通は閲覧することができる。一部ゲームでは各プレイヤー新たな試合への準備ができているとアナウンスできるシステム搭載しているものがあるが、そのようなシステムがないゲームもある。新たな試合サーバー保持されているマップリストに基づいて違うマップになるかもしれないが、もしそのようなマップリストのローテーションなければ常に同じマップになる可能性がある多くのゲーム共通するのはメッセージ放送私的メッセージシステムの一部形式である。メッセージ放送システム一般出来事アナウンスするものであり、例えばもしプレイヤー死亡すればしばし誰がどのように死亡し、それがフラグされたことによるものなら何の武器よるものかが一般に伝えられる同様のシステムはまたプレイヤーゲーム参加または離脱した時にアナウンスし合計残りフラグ数およびゲームのエラーまたは警告を含む他の重要なメッセージを伝えることもある。他のプレイヤーからのインスタントテキストメッセージ同様にこのシステム表示される私的メッセージシステムは対象的に個人プレイヤーのみにメッセージ表示され例えプレイヤー「A」武器拾った場合、その武器拾われたことを確認するメッセージをAは受け取ることになる。 大半現代のデスマッチゲームは高度な生々しい暴力特長しており、高クオリティ人間キャラクター殺害される多少の血を流し痛み悲鳴をあげながら死亡したり、身体爆発させるバラバラになることは一般的である。 一部ゲームではゴア表現水準無効および/または減少させる機能搭載している。しかしながらゲームの設定通常架空の世界ものであるので、プレイヤーは「リスポーン(respawning)」と呼ばれる形で復活でき、更にキャラクター通常超人的な能力(例え至近距離から発射されマシンガンの弾が防具着けていない頭部に何発も直撃して耐えたり、超人的な距離までジャンプしたりかなり高い所から落ちたりできるなど)を有している。 以上のようなゲーム搭載されているこれらの非現実的な要素プレイヤーゲーム体験リアル感薄れさせることになる。 この説明では、QuakeDoomUnreal Tournamentなどの主要タイトル基づ典型的なデスマッチ示しており、その目的コンセプト基本的なアイディア与えることである。しかし、デスマッチには多くのバリエーションが存在しオプションルール自由に設定可能ことから説明した事の全て他のゲームでは多かれ少なかれ変化する可能性がある

※この「説明」の解説は、「デスマッチ (コンピュータゲーム)」の解説の一部です。
「説明」を含む「デスマッチ (コンピュータゲーム)」の記事については、「デスマッチ (コンピュータゲーム)」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 08:52 UTC 版)

カニバリゼーション (マーケティング)」の記事における「説明」の解説

電子商取引では、一部企業は、オンライン製品低価格を通じて小売売上高意図的にカニバリゼーションしている。特に以前に小売価格固定されていた場合は、通常よりも多くの消費者割引商品購入する可能性がある店舗での売上減少しても、会社全体利益見られる可能性があるカニバリゼーションの別の例は、小売業者特定の製品期間限定プロモーション割引するときに発生する消費者は、より高い価格競合する製品ではなく割引され製品購入する傾向があるため販売数増加する。ただし、プロモーションイベント終了して価格通常に戻ると、販売数増加効果はなくなる傾向がある消費者行動のこの一時的な変化は、カニバリゼーションとして説明できるが、通常は、カニバリゼーションというフレーズをこの件では使用しない新製品プロジェクトにおける売上評価では、新製品から生み出される推定利益は、カニバリゼーション失われる売上分を差し引いて評価する必要があるカニバリゼーションのもう1つ一般的なケースは、企業、特に小売企業互いに近すぎる店舗開いて事実上、同じ顧客をめぐって競合する場合である。スターバックスマクドナルドなど、ある地域多くの店舗を持つ企業検討する場合カニバリゼーション可能性ついてよ議論されるカニバリゼーションは、組織ブランド拡張実行することを目的とする場合マーケティング戦略における重要な問題である。通常ブランド拡張1つのサブカテゴリ(例:マールボロ)から別のサブカテゴリ(例:マールボロライト)に実行される場合前者売上一部後者奪われる。ただし、そのような拡張戦略的意図が、既存セグメントでの潜在的な売上損失にもかかわらず異な市場セグメントより大きな市場獲得することである場合新製品発売動きは「カニバリゼーション戦略と呼ぶことができる。21世紀に入ってから乗用車セグメント飛躍的に伸びているインドでは、小型車セグメントリーダーであったマルチ800と同じサブカテゴリーで、マルテ・スズキがスズキアルト発売したヒュンダイ自動車との競争は、カニバリゼーション戦略典型的な事例であると見られている自身とのカニバリゼーション行っている企業では、効果的に自社競争している。企業がこれを行う主な理由2つあります第一に同社市場シェア拡大したい考えており、新製品導入自社よりも他の競合他社害を及ぼす賭けている。第二に、会社新製品最初の製品よりも売れる、または別の種類バイヤー売れると信じている可能性がある。たとえば、会社自動車製造し後でトラック製造開始する場合、どちらの製品も同じ一般市場(ドライバー)にアピールするが、一方他方よりも個人ニーズに合う可能性がある。ただし、自身とのカニバリゼーションはしばし悪影響を及ぼす自動車メーカー顧客ベース自動車代わりにトラック購入し始めトラック売上良好になるが、会社市場シェア増加せず、減少する可能性さえある。これは、市場カニバリゼーションとも呼ばれる最後にカニバリゼーション検索エンジン最適化SEO業界でも頻発する。それはキーワードのカニバリゼーションとして知られている。キーワードのカニバリゼーションは、ウェブサイト複数ページが特に同じコンテンツターゲットにしている場合発生し検索エンジン検索クエリに最も関連性の高いページ特定するのが困難になるため、必ずしもウェブサイト訪問者に最も多く見てもらいたい意図したページ宣伝するとは限らなくなることを指す。 2017年にRankBrainがアルゴリズム導入され以来、カニバリゼーションページの問題より一般的になった。Googleは現在、ユーザー操作結果で(トピック関連性に加えて上位ランク付けするものを決定しているため、さまざまな種類検索ワードランク付けされるページ順位変動大きくなっている。 カニバリゼーション本質的にネガティブに見えるかもしれないが、慎重に計画された戦略の下では、最終的に市場成長させたり消費者需要よりよく効果的に満たすことができる。 カニバリゼーションは、製品ポートフォリオ分析における重要な考慮事項でもある。たとえば、 アップルiPad発表したとき、それは当初元のMacintoshから売上奪ったが、最終的には消費者向けコンピューティングハードウェアの市場拡大した

※この「説明」の解説は、「カニバリゼーション (マーケティング)」の解説の一部です。
「説明」を含む「カニバリゼーション (マーケティング)」の記事については、「カニバリゼーション (マーケティング)」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 17:01 UTC 版)

プロジェクト計画」の記事における「説明」の解説

最初にプロジェクトスコープ定義されプロジェクト完了するための適切な方法決定される。これに続いてさまざまな作業完了必要な期間を一覧にして、作業分解図 (WBS)に入れていく。プロジェクト計画では、プロジェクト計画書作業負荷チーム個人管理など、プロジェクトさまざまな領域整理する作業間の論理的な依存関係は、クリティカルパス識別可能にするアクティビティネットワーク図を使用して定義するプロジェクト計画は、プロジェクト実際に開始する前に行う必要があるため確実なものではない。したがって、作業期間は、多くの場合楽観的な場合通常場合悲観的な場合加重平均などで推定するクリティカルチェーン方式では、計画に "バッファー" を追加してプロジェクト実行潜在的な遅延予測するスケジュールフロートまたはスラック時間は、プロジェクト管理ソフトウェア使用して計算できる次に必要なリソースを見積もり、各活動コストを各リソース割り当てプロジェクトの総コスト算出するこの段階で、プロジェクトスケジュール最適化して、リソース使用と期間の適切なバランス実現しプロジェクトの目的準拠させる。プロジェクト日程は、合意後は基準日程となる。進捗状況は、プロジェクト全期間を通じて基準日程に対して測定される基準日程と比較した進捗状況分析は、アーンド・バリュー・マネジメント呼ばれるプロジェクト計画次の段階では、プロジェクト憲章コンセプト提案を元にプロジェクト要件プロジェクト日程、およびプロジェクト管理計画作成する

※この「説明」の解説は、「プロジェクト計画」の解説の一部です。
「説明」を含む「プロジェクト計画」の記事については、「プロジェクト計画」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 01:36 UTC 版)

現代日本語文法」の記事における「説明」の解説

文語文法に対してと同様いわゆる四大文法呼ばれる山田文法松下文法橋本文法時枝文法4つが、現代日本語文法において重要な位置占めてきた。四大文法のうち松下文法を除くものは、国学流れの中で日本語研究受け継いでいるが、統語論意味論区別明確でなく、助詞助動詞用法についての研究大部分占める。これに対し松下文法は、独自の視点から言語一般理論志向している。時枝文法渡辺実北原保雄鈴木重幸によって根本的な批判修正を受けつつも継承されている。 他方アメリカ構造主義言語学の方法論による現代日本語文法として、バーナード・ブロックサミュエル・マーティンなどの研究挙げられるブロック文法言語学的整合性の高いものであり、アメリカ軍言語教育プログラムであるASTPにも応用されている(ブロック自身、このプログラム日本語教育携わっている)。 文科省国語教育文法橋本文法ベースとする学校文法である。外国人向けの日本語教育にはなじまないとされており、現状では後述の「にっぽんご」などが参考にされているヨーロッパの言語学、特にソビエト・ロシア言語学ヴィクトル・ヴィノグラードフら)の影響を受け、言語対立統一からなる体系として捉えることを重視した奥田靖雄や、その指導影響下にある鈴木重幸鈴木康之高橋太郎工藤真由美言語学研究会研究がある。述語活用について本居春庭より連なる伝統批判し活用形についての重要な考察多く提示した中でもロシア語研究を踏まえアスペクト研究については、金田一春彦研究をついで大きく発展させた。言語学研究会は、民間教育研究団体である教育科学研究会国語部会教科研国語部会に対して指導的立場にあり、言語教育テキスト副読本)「にっぽんごシリーズむぎ書房)の編集指導したため、その文法論は「教科研文法」と呼ばれることもある。「にっぽんごシリーズ中国・韓国ロシアなどでも日本語に関する要文献とされており、日本語教育おいても参考にされている生成文法枠組みにおいては統語論意味論区別明確にされ、様々な現象掘り起こされた。最も早い研究としては井上和子研究があり、その後奥津敬一郎黒田成幸久野暲柴谷方良原田信一神尾昭雄などにより重要な研究なされた。格、態、スコープ研究生成文法の方法論によって促進され、現在に至っている。 以上の他に特定の方法論属するというよりも、それらに目配りをしつつ独自の研究行った三上章南不二男寺村秀夫などがいる。寺村秀夫アメリカで構造主義言語学バーナード・ブロックから学び、さらに生成文法をも学んで、また三上章との交流から大きな影響を受けたその一方国語学知見取り入れ、さらに日本語教育実践通して質の高い記述文法提示した。 「記述文法」というスタンス大きな影響与え現在の日本語学日本語教育においてオーソドックス研究法となっている。その性格特定の理論依拠せず、網羅的で、実用的であるといえるその一方理論的研究との境界明確でなくなってきており、また学際的になってきている。

※この「説明」の解説は、「現代日本語文法」の解説の一部です。
「説明」を含む「現代日本語文法」の記事については、「現代日本語文法」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:09 UTC 版)

スポンギフォルマ・スクァレパンツィ」の記事における「説明」の解説

スポンギフォルマ・スクァレパンツィの子実体の色は明るオレンジ色であり、形はほぼ球形から楕円形であり、大きさは幅3〜5 cm、高さ2〜3 cm程である。柄は無いが付け根部分から中心まで伸びる無菌組織小さな紐である初歩的なコルメラがある。子実体表面には深い尾根があり、やや脳に似た折り目がある。スポンジのようでゴム状である。つぶすと元の形に戻る。 表面には不規則で比較大きな空洞小室)がある。空洞内側に胞子生成する組織がある。室の直径は2〜10 mm程である。室の尾根淡いオレンジ色またはより明るくなっており、毛のような突起がある。子実体は、「漠然とフルーティーまたは強くかび臭い」と表現される強い匂いを持っている。3%の水酸化カリウム滴下すると、組織紫色変色する全体として胞子赤褐色または濃いマホガニー色(英語版)である。食用キノコであるか不明である胞子アーモンド似た形をしており通常およそ10〜12.5μm×6〜7μm程の大きさで、壁の厚さ0.51.2μmである。蒸留水滴下すると、表面粗くいぼ状になり、さびた茶色に見えるようになる。3%の水酸化カリウム滴下する胞子淡いライラックグレー色になり、表面装飾腫れた膿疱形成し、それが緩み溶解していく。また、胞子メルツァー試薬英語版)で染色する赤褐色になる。 棍棒状の担子器英語版に付く長さ9.5μm程のステリグマ(英語版)の先端には4つ胞子付いている。室の隆起は、直径4〜6μm程の直立した円筒形菌糸の鎖と混合した直立した嚢胞含んでいる。嚢胞はほぼ円筒形で、2060μm×4〜9μm程の大きさがある。真菌菌糸クランプ接続英語版)は見られない

※この「説明」の解説は、「スポンギフォルマ・スクァレパンツィ」の解説の一部です。
「説明」を含む「スポンギフォルマ・スクァレパンツィ」の記事については、「スポンギフォルマ・スクァレパンツィ」の概要を参照ください。


説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 02:27 UTC 版)

エヒメアヤメ」の記事における「説明」の解説

エヒメアヤメは、コカキツバタ似た形をしている。 細長く丈夫で赤褐色の匍匐性根茎を持つ。根茎下には、栄養求めて土の中に伸びる長い根がある新葉基部には、前年黄褐色の残骸葉鞘繊維)がある。 細長く線状は、漸先形先端尖っているのような形)で、長さ4–10 cm (2–4 in)、幅0.20.5 cm (0–0 in)である。葉脈は2~4本ある。開花後は長さ30 cm (12 in)まで伸びる(または花茎)は矮性短く長さ1030 cm (4–12 in)。には、長さ4–7 cm (2–3 in)、幅0.1–0.4 cm (0–0 in)の披針形状)の仏炎苞(花のつぼみの)が2~3枚ある。 春から初夏にかけて4月から5月にかけて、1~2個の頂生花(の上部に咲く花)を咲かせる。 花は直径3.5–4 cm (1–2 in)と小さく赤紫から青紫まで色合いには範囲があるが、白色のものもある。白い花朝鮮でのみ見られる花弁は2対で、3枚大きな萼片外側花弁)は「フォール」と呼ばれ内側3枚小さな花弁(または花被片)は「スタンダード」と呼ばれるフォール長さ3cm、幅0.8~1.2cmの楕円形で、白い