背景とは? わかりやすく解説

背景

背景(はいけい)とは、ある事象物事生じるための状況条件、またはその事象や物事理解するための基盤となる情報を指す言葉である。例えば、物語における背景は、その物語が生まれた時代地域登場人物生い立ち社会状況などを含む。これらの情報は、物語理解を深めるために必要な要素である。 また、背景は、ある問題発生した原因や、その問題解決するための手がかりを提供する例えば、社会問題における背景は、その問題生じた社会的経済的政治的な状況を指す。これらの情報は、問題解決のための策定助ける。 さらに、背景は、ある人物の行動意思決定理解するための情報提供する例えば、人物の背景は、その人物の生い立ち経験価値観などを含む。これらの情報は、その人物の行動意思決定理解するために重要な要素である。

背景

読み方:はいけい

背景は、絵画などにおいて主題後方位置している景色景観光景のこと。または、主題となる物事の奥に潜む事情経緯裏事情

背景の「背」の字は、人の胴体背中、および、前方正面)とは反対側の後方意味する。背景の「景」の字は、目に見えている・目の前に広がっている様子眺め、といった意味で用いられる。すなわち「背景」とは「(主題の)背後にある景色情景」という意味合い解釈できる

絵画などの創作においては背景は情景世界観表現し主題特定の世界中にいることを表現する要素として機能する人物画の背景に描けば、人物中に佇んでいる場面となる。

事件問題など話題においては話題中心となる事柄直接的または間接的に関連する事情指して「背景」と呼ぶ。「背景」と「理由」の違いは、特にない(意識されない)場合も多いが、「理由」の語には明確な因果関係直接的な要因となっているニュアンス付随しがちであるのに対し、「背景」は時代的趨勢機運高まりといった漠然とした要素や、些細な事象積み重なりなどを指して用いられやすい。

はい‐けい【背景】

読み方:はいけい

絵画写真などで、主要題材引き立たせる背後光景後景バック

舞台後方仕切る絵。書き割り

物事背後にある事情また、裏から支え勢力。「事件政治的—」


背景

作者堀田善衛

収載図書堀田善衛全集 3 記念碑奇妙な青春鬼無鬼島
出版社筑摩書房
刊行年月1993.7


背景

読み方:はいけい

  1. ⑴〔演〕舞台遠景、又は背後の幕。⑵後援者、即ち後立のこと。

分類 演劇


背景

読み方:はいけい

  1. 後援者即ち後立のこと。〔隠語

背景

読み方:はいけい

  1. 舞台見せた遠景背後の幕。〔歌舞伎

分類 歌舞伎

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

背景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/05/27 05:50 UTC 版)

背景はいけいは、絵画写真などの主題以外の物を指す用語であり、転じて漫画などの背景を描く人や周囲の状況、物事の裏に隠れた事情などをさす。語源は背の景せのけしき、つまり後ろに見えるもの




「背景」の続きの解説一覧

背景(MV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 08:21 UTC 版)

SEE YA」の記事における「背景(MV)」の解説

MV集単独発売するのは、本作初めてとなる。アルバム『SEE YA』収録曲MVは、「太陽と埃の中で」を除きレコーディング滞在していたロンドンで主に撮影された。また、CHAGEバンド"MULTI MAX"のMV徳永英明提供した心のボール」をセルフカバーしたMV収録している。

※この「背景(MV)」の解説は、「SEE YA」の解説の一部です。
「背景(MV)」を含む「SEE YA」の記事については、「SEE YA」の概要を参照ください。


背景 (スペイン共和派 - フランス亡命)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 20:01 UTC 版)

ホルヘ・センプルン」の記事における「背景 (スペイン共和派 - フランス亡命)」の解説

ホルヘ・センプルン1923年12月10日マドリード生まれた母方の祖父アントニオ・マウラ(スペイン語版)は1903年から1922年まで5度わたってスペイン首相務めた母方叔父ミゲル・マウラ(スペイン語版)はニセト・アルカラ=サモラスペイン語版)らとともに共和派率い1930年共和政樹立向けてサン・セバスティアン協定締結第二共和政成立する内相就任した。父ホセ・マリア・センプルン (1893-1966) も共和派で、トレド県知事務めた後、スペイン第二共和政外交官としてハーグオランダ)に赴任し、さらに1937年から39年までイタリア滞在した1939年フランコ率い反乱軍スペイン全土制圧し第二共和政崩壊すると、センプルン一家フランス亡命ヴァル=ドワーズ県サン=プリに居を定めた当時16歳のセンプルンはアンリ4世高等学校通い、さらにソルボンヌ大学哲学修めた

※この「背景 (スペイン共和派 - フランス亡命)」の解説は、「ホルヘ・センプルン」の解説の一部です。
「背景 (スペイン共和派 - フランス亡命)」を含む「ホルヘ・センプルン」の記事については、「ホルヘ・センプルン」の概要を参照ください。


背景 (1209–1244)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 07:07 UTC 版)

フランクとモンゴルの同盟」の記事における「背景 (1209–1244)」の解説

モンゴルキリスト教英語版)」、「モンゴルヨーロッパ征服英語版)」、および「中世中国ヨーロッパ人英語版)」も参照 西欧諸国市民の間では、偉大なキリスト教同盟国東方からやって来るという噂や予言永らく語り継がれていた。これらの噂は第1回十字軍 (1096年1099年) と同時期には既に広まっており、十字軍戦い敗れた後にうねりとなって一般に伝播した。プレスター・ジョンとして知られている虚像に関する伝説生まれ彼の国ははるか彼方インド中央アジアにあるとされ、極端な例ではエチオピアですら彼の地考えられていた。この伝説は十字軍兵士士気高めたまた、東方から来た一部人々は、彼らが永らく待ち望んだプレスター・ジョンによって送られた軍であるかもしれないという希望から、快く受け入れられることとなった1210年キリスト教信者ナイマン部君主であったクチュルク (当時既にナイマン部チンギス・カン率いモンゴル軍破れ壊滅しており、彼は西遼亡命し君主耶律直魯古 (チルク) の女婿となっていた。後に西遼簒奪し、モンゴル戦って1228年戦死。) の闘争の噂が西欧届いた。噂では、クチュルクの軍は当時強大なイスラム国家であったホラズム・シャー朝 (君主アラーウッディーン・ムハンマド) と戦っていた (実際にクチュルクホラズム朝を主敵としては戦っておらず、むしろハン位の簒奪時にはチルク対抗するためホラズム朝同盟さえしている。その他、クチュルク西遼簒奪後はウイグル族カラハン朝攻撃しているが、実際にホラズム朝攻撃し滅ぼしたのはモンゴル将軍ジェベである) 。欧州ではクチュルクこそが神話プレスター・ジョンではないかという噂が広まり、再び東方イスラム戦おうという気運高まっていった。 第5回十字軍 (1213年1221年) の間、キリスト教徒エジプトディムヤート包囲失敗して退いており、プレスター・ジョン伝説チンギス・カン率いられ急速に拡大するモンゴル帝国現実混同されていった1219年1221年には、モンゴル侵略軍はマー・ワラー・アンナフル地域ペルシャ地域侵入し、東イスラム世界侵略し始めていた。十字軍兵士の間で、「インドキリスト教諸国の王」 (プレスター・ジョン本人彼の子孫の1人であるデイビッド王) が東方からイスラム教徒攻撃しており、十字軍への援軍に来る途中なのだと噂が広まった1221年6月20日付け書簡で、ローマ教皇ホノリウス3世までもが「聖地を救うために極東から来ている軍隊」についてコメントしている。 1227年チンギス・カン亡くなると、モンゴル帝国彼の子孫によって4つ汗国分割され、やがて内戦状態へと堕落していった。モンゴル指導者達モンゴル首都カラコルム戻り次期大ハーン地位巡って相互に反目し合っている間に、北西ジョチ・ウルスでは、彼らのいとこに当たるバトゥによってヴォルガ・ブルガール侵攻が行われ、主にハンガリーポーランド方面ヨーロッパ侵略拡大していった。イルハン朝として知られる南西部は、チンギス・カンの孫にあたるフレグ指導にあった。彼は彼の兄で大ハーンモンケ支援し続けたため、ペルシャエルサレム方面前進続けると同時にキプチャクとも戦った

※この「背景 (1209–1244)」の解説は、「フランクとモンゴルの同盟」の解説の一部です。
「背景 (1209–1244)」を含む「フランクとモンゴルの同盟」の記事については、「フランクとモンゴルの同盟」の概要を参照ください。


背景(リトル・リチャード版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 04:15 UTC 版)

ロング・トール・サリー」の記事における「背景(リトル・リチャード版)」の解説

ブラックウェルは、テネシー州ディスクジョッキーであるハニー・チルから「すぐに来て欲しい。見てほしいものがある」という電話受けたブラックウェルチルのいるホテルへ向かうと、チリのそばにエノトリス・ジョンスンという10代少女がおり、ジョンスンの手には「Saw Uncle John with Long Tall Sallyジョンおじさんのっぽのサリーいっしょだった)」というフレーズから始まる3行の歌詞記されドイリー握られていた。ジョンスンは、病気患った叔母治療費を稼ぐために曲を売る必要があったことから、ミシシッピにある自宅から数日をかけて歩いてきて、2人音楽担当重役会っていた。事情理解したブラックウェルは、ジョンスン書いた歌詞クライアント持ち帰りその日午後に2人は「Have some fun tonight今夜ちょいと楽しもう)」というフレーズボーカルフックとなるように曲を仕上げたブラックウェルからアイデア伝えられリチャードは、当初渋っていたものの、「ducked back in the alleyあわてて路地裏ひっこんだ)」というフレーズ自身求めていたものであったことから、できるだけ早口歌えるように練習続けヴァースコーラス加えて完成させた。

※この「背景(リトル・リチャード版)」の解説は、「ロング・トール・サリー」の解説の一部です。
「背景(リトル・リチャード版)」を含む「ロング・トール・サリー」の記事については、「ロング・トール・サリー」の概要を参照ください。


背景(在満機関改革問題)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/22 08:49 UTC 版)

駐満海軍部」の記事における「背景(在満機関改革問題)」の解説

1905年明治38年)の南満州鉄道満鉄)の獲得当初から、領事館外務省)、関東都督府陸軍)、満鉄三つ巴による満州経営に関する権限争い起こっていた。 1919年大正8年)、関東都督府民政部門の関東庁軍事部門関東軍分離され、さらに1924年大正13年)に、満州を含む外地統治所掌する拓務省新設されるなど、日本満州進出により出先機関複数乱立していたが、いずれも関東軍から排撃されていった1931年昭和6年)の満州事変以降の在満政治機構は、「殊に現実三位一体構成して圏外超然たる駐満海軍部除いた関東軍大使館関東庁対立し唯一の経済機関たる満鉄この間処して監督権帰属などで引張凧」となっているような状況長らく続き、在満機関改革問題日本政府および歴代内閣争点として深刻化していった。

※この「背景(在満機関改革問題)」の解説は、「駐満海軍部」の解説の一部です。
「背景(在満機関改革問題)」を含む「駐満海軍部」の記事については、「駐満海軍部」の概要を参照ください。


背景(MV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 07:46 UTC 版)

TREE (CHAGE and ASKAのアルバム)」の記事における「背景(MV)」の解説

VHS盤はアルバムからリカットされたシングル僕はこの瞳で嘘をつく」と同時発売された。 アルバム収録曲加えてASKAソロ発売したはじまりはいつも雨」のMV収録されている。

※この「背景(MV)」の解説は、「TREE (CHAGE and ASKAのアルバム)」の解説の一部です。
「背景(MV)」を含む「TREE (CHAGE and ASKAのアルバム)」の記事については、「TREE (CHAGE and ASKAのアルバム)」の概要を参照ください。


背景(MV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 11:05 UTC 版)

GUYS」の記事における「背景(MV)」の解説

MVはすべてレコーディング滞在していたロンドンとその郊外撮影された。

※この「背景(MV)」の解説は、「GUYS」の解説の一部です。
「背景(MV)」を含む「GUYS」の記事については、「GUYS」の概要を参照ください。


背景(映像作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 15:07 UTC 版)

女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」の記事における「背景(映像作品)」の解説

シングルミュージック・ビデオ収録した作品発売するのは「匂艶 THE NIGHT CLUB以来である。上記ビデオシングルとして、同時発売VHSVHD・20cmLD(LDシングル)で発売。現在もDVD化されていない作品である。ジャケットCDシングル大方同じ。CDシングル収録曲加え前年シングルみんなのうた」も収録している。 なお、自身映像作品オリコンチャート1位を獲得するのは初である。

※この「背景(映像作品)」の解説は、「女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」の解説の一部です。
「背景(映像作品)」を含む「女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」の記事については、「女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」の概要を参照ください。


背景(マーヴェレッツ版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 09:38 UTC 版)

プリーズ・ミスター・ポストマン」の記事における「背景(マーヴェレッツ版)」の解説

1961年春、当時ザ・マーベルズ名義であったマーヴェレッツは、タムラ・レコードによるオーディション臨んだ。「プリーズ・ミスター・ポストマン」は、マーヴェレッツメンバー友人であるウィリアム・ギャレット書いたものを、オーディション後に脱退したジョージア・ドビンズが手を加えたのだったモータウン創設者であるベリー・ゴーディによってグループ名が「マーヴェレッツ」に改名され、「プリーズ・ミスター・ポストマン」は当時モータウン作曲チームとして知られていたフレディ・ゴーマン、ブライアン・ホーランド、ロバート・ベイトマンの3名によって手直しされた。 歌詞は、遠く離れた場所で暮らすボーイフレンドからの手紙を待ちわびている心情歌ったもの。なお、本作作曲携わったゴーマン実際に郵便配達員として働いたことがある

※この「背景(マーヴェレッツ版)」の解説は、「プリーズ・ミスター・ポストマン」の解説の一部です。
「背景(マーヴェレッツ版)」を含む「プリーズ・ミスター・ポストマン」の記事については、「プリーズ・ミスター・ポストマン」の概要を参照ください。


背景(2021 Remaster)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 05:40 UTC 版)

Sugarless GiRL」の記事における「背景(2021 Remaster)」の解説

2021年8月始動した過去作品を、リマスター音源ビジュアライザーと共にオフィシャルYouTubeチャンネル公開していく『CAPSULE アーカイブコレクション』という企画伴ってリマスター音源配信第2弾として発売された。本アルバム収録曲は、同年8月24日から9月2日までの10日間、連日公開されていった

※この「背景(2021 Remaster)」の解説は、「Sugarless GiRL」の解説の一部です。
「背景(2021 Remaster)」を含む「Sugarless GiRL」の記事については、「Sugarless GiRL」の概要を参照ください。


背景(オリジナル版のスリーヴ・ノートから)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 00:13 UTC 版)

ミサ・ルバ」の記事における「背景(オリジナル版のスリーヴ・ノートから)」の解説

1953年 ギド・ハーゼン神父ベルギーからベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)に赴任1954年 ハーゼン神父9歳から14歳少年たち45人とカミナのセントラル・スクールの15人の教師達から成るThe Troubadours出会う1958年 ヨーロッパツアー喝采迎えられる。あるコンサートでは、ウィーン少年合唱団共演2004年 ハーゼン神父死去

※この「背景(オリジナル版のスリーヴ・ノートから)」の解説は、「ミサ・ルバ」の解説の一部です。
「背景(オリジナル版のスリーヴ・ノートから)」を含む「ミサ・ルバ」の記事については、「ミサ・ルバ」の概要を参照ください。


背景(地方分権)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 08:29 UTC 版)

自治型社会」の記事における「背景(地方分権)」の解説

地方分権」も参照 地方政府存立保証した憲法に則り、「地方自治の本旨」を具体化しようとする動き。特に日本においては、「国から地方へ」「官制から民間へ」「官僚から政治へ」の公共政府部門推進という、行政改革流れにおける、地方自治体が担う公共役割分担流れの中で、中央省庁都道府県市町村権限の再整理行おうとする動きとして、地方分権が行われている。 1995年阪神大震災地下鉄サリン事件体験し地方自治体独力で地域社会での公共的課題解決できない事態直面し問題露呈し、その解決のために地方自治体への権限整理議論盛り上がったことに端を発する

※この「背景(地方分権)」の解説は、「自治型社会」の解説の一部です。
「背景(地方分権)」を含む「自治型社会」の記事については、「自治型社会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「背景」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

背景

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 10:18 UTC 版)

名詞

はいけい

  1. 絵画映画写真などで、中心として扱われるものの背後にある景色
  2. 舞台の奥にある書き割り
  3. ある事柄陰か成り立たせている事情

発音(?)

は↗いけー、は↘いけー

翻訳

関連語


「背景」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「背景」に関係したコラム

  • MT4でFXやCFDの1日ごとの相場を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示して、1日ごとの相場の動きを一目でわかるようにするインディケーターを紹介します。インディケーターは「Coloured_Days_o...

  • MT4でFXやCFDの世界の取引時間を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示する場合、時間表示は欧州時間になります。しかし、FXやCFDではほぼ24時間の取引になるため、欧州時間以外にもアジア時間やニューヨ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のローソク足の設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、チャートの表示形式が標準ではバーチャート(Bar Chart)に設定されています。MT4では、バーチャート以外に...

  • 株365の日経225証拠金取引とSQとの関係は

    SQとは、日経225先物取引において、満期日を迎えた限月物の最終価格のことです。SQは、Special Quotationの略で日本語では特別清算数値、特別清算指数といいます。SQが決められるのは限月...

  • 株式やFX、CFDのエリオット波動とは

    株式やFX、CFDのエリオット波動とは、R・N・エリオットの考案したテクニカル理論のことで、1つの相場の動きを表したものです。下の図は相場の周期をエリオット波動により色分けして分類したものです。エリオ...

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「背景」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



背景のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの背景 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSEE YA (改訂履歴)、ホルヘ・センプルン (改訂履歴)、フランクとモンゴルの同盟 (改訂履歴)、ロング・トール・サリー (改訂履歴)、駐満海軍部 (改訂履歴)、TREE (CHAGE and ASKAのアルバム) (改訂履歴)、GUYS (改訂履歴)、女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) (改訂履歴)、プリーズ・ミスター・ポストマン (改訂履歴)、Sugarless GiRL (改訂履歴)、ミサ・ルバ (改訂履歴)、自治型社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの背景 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS