芸術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 芸術 > 芸術の意味・解説 

げい‐じゅつ【芸術】

特定の材料様式などによって美を追求表現ようとする人間活動。および、その所産絵画彫刻建築などの空間芸術音楽文学などの時間芸術演劇・映画舞踊オペラなどの総合芸術など。「芸術の秋」「芸術品

学芸技術


げい‐じゅつ【芸術】

〔名〕

学芸技術

続日本紀大宝三年703)一〇月甲戌本姓金、名財、沙門幸甚子也。頗渉芸術、兼知筭暦」〔晉書‐芸術伝〕

武芸技術

天狗芸術論1729)一「芸術未熟の者、名僧知識に逢たりとて、開悟すべきにあらず」

鑑賞対象となるものを人為的創造する技術空間芸術建築工芸絵画)、時間芸術音楽文芸)、総合芸術オペラ舞踊演劇・映画)など。また、その作品。〔和英語林集成再版)(1872)〕

通俗国権論(1878‐79)〈福沢諭吉〉初「今我国の有様西洋諸国比較して、文学芸術等、彼に及ばざるもの甚だ多きが如くなれども

高等学校における教育課程一つ各科目に必要な知識技術取得させ、創造的表現鑑賞能力高めることを目的とする。音楽美術工芸書道含まれる

[語誌]近世まではもっぱら学芸技術」の意で用いられたが、明治期西洋文化摂取盛んになるに及んで、英語の art その他、美の表現創造を共通の概念とするヨーロッパ各国語訳語としての③の意が出現した。ただし、明治初期にはむしろ同じ訳語に「美術」を用いることがより一般的であり(たとえば明治五年(一八七二)の西周美妙学説」、同一八年一八八五)の坪内逍遙小説神髄」)、「芸術」が新し意義定着するのは、ほぼ明治三〇年(一八九七)前後である。


芸術

作者ふみともしん

収載図書笑った顔が一番素敵。
出版社SDP
刊行年月2008.12


芸術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 07:53 UTC 版)

芸術(げいじゅつ、: (η) τέχνηtéchni: ars: art: art: Kunst)とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動を表す。文芸言語芸術)、美術造形芸術)、音楽音響芸術)、演劇映画総合芸術)などが、芸術の諸分野である。旧字体では藝術


注釈

  1. ^ ドイツ語では、Kunst(芸術)、Kunstwissenschaft(芸術学)、allgemeine Kunstwissenschaft(一般芸術学)、Kunstverhalten(芸術態度)、Kunstwollen(芸術意志)などの用語分岐もある。
  2. ^ 佐久間象山は「東洋道徳西洋芸術」という言葉を遺している(全文:「象山先生七絶 : 題地球儀詩 / 象山 [撰]」が、ここでいう芸術は技術のことである(和魂洋才と同様の意味)。

出典

  1. ^ a b c d e 佐々木健一 1995, p. 31.
  2. ^ 後漢書』5巻孝安帝紀の永初4年(110年)2月の五経博士の劉珍及による「校定東觀 五經 諸子 傳記 百家蓺術 整齊脫誤 是正文字」の「蓺術」等の用例に由来する。
  3. ^  范曄. 後漢書/卷5. - ウィキソース. 
  4. ^ 早稲田大学図書館古典籍総合データベース http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/chi06/chi06_03890_0185/index.html
  5. ^ ウィキペディア項目「芸能」参照


「芸術」の続きの解説一覧

芸術

出典:『Wiktionary』 (2020/03/08 00:38 UTC 版)

名詞

げいじゅつ

  1. 表現者或いは表現物と、鑑賞者とが相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚な変動を得ようとする活動のこと。

発音

げいじゅつ

  • IPA: /ɡeː.ʤɯ.ʦɯ/

しばしば

げーじゅつ

複合語

関連語

翻訳




芸術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芸術」の関連用語

芸術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芸術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの芸術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS