ハンガリー語とは? わかりやすく解説

ハンガリー‐ご【ハンガリー語】

読み方:はんがりーご

ウラル語族フィン‐ウゴル語派属する言語。ハンガリーのほか、その周辺諸国使用者をもつ。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 11:00 UTC 版)

ハンガリー語あるいはマジャル語(ハンガリーご、マジャルご、magyar nyelv)は、主にハンガリーで話されている言語。現在はハンガリー及びセルビアヴォイヴォディナ自治州にて公用語となっている。ハンガリーでは住民の93.6%(2002年)のマジャル人がハンガリー語を話し、国語化している。


  1. ^ 「マジャル(Magyar)」は、日本の教科書などにおいて「マジャール」と誤ってカタカナ表記されているものが見られるが、どの母音も伸ばさない「マジャル」が正しい表記・発音となる。ハンガリー語では長母音の場合はアクセント符号をつける規則があるため、そうでない場合は長母音ではない(「Magyar」であって「Magyár」でないため、長母音として発音しないのが正しい)。
  2. ^ ハンガリーは漢字で洪牙利と表記され、と略される。なお、オーストリア=ハンガリー帝国は墺洪帝国と記載されることもあった。


「ハンガリー語」の続きの解説一覧

ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:49 UTC 版)

ウムラウト」の記事における「ハンガリー語」の解説

ö, ü が使われ前舌母音 /ø/, /y/ を表す。

※この「ハンガリー語」の解説は、「ウムラウト」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「ウムラウト」の記事については、「ウムラウト」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/27 08:51 UTC 版)

三重音字」の記事における「ハンガリー語」の解説

dzs /dʒ/ - dzsúdó /ˈuːdoː/ 「柔道借用語外来音を表すのに用いられる

※この「ハンガリー語」の解説は、「三重音字」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「三重音字」の記事については、「三重音字」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 22:33 UTC 版)

オーストリアの言語」の記事における「ハンガリー語」の解説

ハンガリー語は、現在ではほとんど話されていないが、オーストリアハンガリーの歴史的なつながりにより、オーストリアにおいて伝的に重要な立場保持している。現在、ブルゲンラント州1000人ほどの話者がいる。

※この「ハンガリー語」の解説は、「オーストリアの言語」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「オーストリアの言語」の記事については、「オーストリアの言語」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:46 UTC 版)

ダブルアキュート」の記事における「ハンガリー語」の解説

ő, ű が用いられそれぞれ ö, ü の長音を表す。

※この「ハンガリー語」の解説は、「ダブルアキュート」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「ダブルアキュート」の記事については、「ダブルアキュート」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:44 UTC 版)

アキュート・アクセント」の記事における「ハンガリー語」の解説

ékezet(エーケゼット)という。á, é, í, ó, ú は各母音長音を表す。なお、ö, ü の長音ダブルアキュート用いて ő, ű としている。

※この「ハンガリー語」の解説は、「アキュート・アクセント」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「アキュート・アクセント」の記事については、「アキュート・アクセント」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 21:28 UTC 版)

二重否定 (言語学)」の記事における「ハンガリー語」の解説

ハンガリー語では基本的に動詞否定否定語は組で用いる。例として次のようになる(イタリック体否定語を示す。) "Senki sem szeret engem."(誰も僕を好いてくれない) "Nem tudok semmit"(僕は何も知らない動詞否定呼応する否定語用いられない場合もあるが、その場合は意味が変化し完全な否定とはならない上記の例と比較参照のこと。 "Valaki nem szeret engem."(誰かが僕を好いてくれない) "Nem tudok valamit"(僕は特定の何かを知らない

※この「ハンガリー語」の解説は、「二重否定 (言語学)」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「二重否定 (言語学)」の記事については、「二重否定 (言語学)」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 07:25 UTC 版)

完結相」の記事における「ハンガリー語」の解説

ハンガリー語には、動詞の接頭辞として、完結相作るmeg-が存在する他、以下の接頭辞にも動詞完結相転じる機能備わっているfel- (上へ、"up")、le- (下へ、"down"/"off")、be- (中へ、"in")、ki- (外へ、"out")、el- (去って、"away")、vissza- (後ろへ、"back")、át- (上に/通過して、"over"/"through")、oda- (あそこに、"there")、ide- (ここに、"here")、össze- (一緒に、"together")、szét- (から離れて、"apart")、rá- (てっぺんに、"on top") 。 例:áll:立つ、立っている基本動詞完結相未完相の両方megáll立ち止まる、やめる(完結相feláll立ち上がる(完結相leáll立ち止まる、停止する完結相beáll中に入る完結相kiáll外へ出る完結相elállszétáll:こっそり立ち去る完結相)összeáll暴徒などが集団を作る完結相

※この「ハンガリー語」の解説は、「完結相」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「完結相」の記事については、「完結相」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 17:05 UTC 版)

分離動詞」の記事における「ハンガリー語」の解説

ハンガリー語では一般に焦点直後に動詞が来る性質があり、このため分離動詞は、否定文命令文禁止文などで分離形となり、付加的形態素動詞後に来る。さらに強調する場合は、付加的形態素動詞前に離れて立つこともある。 letesz「(電話を)切る」 Leteszem a telefont.「私は電話を切る。」 Nem teszem le a telefont.「私は電話切らない。」 Ne tedd le a telefon!「電話を切るな。」 Le ne tedd a telefon!「電話を切るんじゃない!」(強調形)

※この「ハンガリー語」の解説は、「分離動詞」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「分離動詞」の記事については、「分離動詞」の概要を参照ください。


ハンガリー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 01:10 UTC 版)

二重音字」の記事における「ハンガリー語」の解説

cs - /tʃ/ gy - /ɟ/ ly - /j/ ny - /ɲ/ sz - /s/ (sは/ʃ/と読まれる。) ty - /c/ zs - /ʒ/ dz - /dz/ (外来語音)

※この「ハンガリー語」の解説は、「二重音字」の解説の一部です。
「ハンガリー語」を含む「二重音字」の記事については、「二重音字」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハンガリー語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ハンガリー語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 08:24 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 hu
ISO639-2 hun
ISO639-3 hun
SIL {{{4}}}

名詞

ハンガリーハンガリーご、漢字表記: 洪牙利語】

  1. 主にハンガリー話されている言語ハンガリー公用語

別表記

翻訳


「ハンガリー語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハンガリー語」の関連用語

ハンガリー語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハンガリー語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハンガリー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウムラウト (改訂履歴)、三重音字 (改訂履歴)、オーストリアの言語 (改訂履歴)、ダブルアキュート (改訂履歴)、アキュート・アクセント (改訂履歴)、二重否定 (言語学) (改訂履歴)、完結相 (改訂履歴)、分離動詞 (改訂履歴)、二重音字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハンガリー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS