ユダヤ人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 人文 > 人々 > ユダヤ人の意味・解説 

ユダヤ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/16 14:18 UTC 版)

ユダヤ人(ユダヤじん、ヘブライ語: יהודים[注 1]英語: Jewsラジノ語: Djudiosイディッシュ語: ייִדן[注 2])は、ユダヤ教の信者(宗教集団)またはユダヤ教信者を親に持つ者によって構成される宗教信者のこと。原義は狭義のイスラエル民族のみを指した。由来はイスラエル民族のひとつ、ユダ族がイスラエルの王の家系だったことからきている。ユダヤ教という名称は、ユダヤ教徒が多く信仰していた宗教であることによる。


注釈

  1. ^ ヘブライ語ラテン翻字: Yehudim
  2. ^ イディッシュ語ラテン翻字: Jidn
  3. ^ 紀元前17世紀には、ヒクソスがエジプトへ移住し、エジプト第15王朝(紀元前1663年頃 - 紀元前1555年頃)を興している。紀元前1628年にはギリシャサントリーニ島ミノア噴火が起こり、火山の冬が原因で気候が大きく変動し、カナンに居住し続けるのが困難になった。
  4. ^ 紀元前1200年頃に、アイスランドヘクラ山第三ヘクラ大噴火英語版が原因と考えられる世界的な気温低下による前1200年のカタストロフが起こった。
  5. ^ この問題でダレスは、1956年8月19日にロンドン会談で日本の重光葵外相にもソ連と北方領土を二島返還で妥結するなら沖縄返還は無いと圧力をかけた。 当時の日本は、朝鮮戦争1953年に休戦したことを受け、ソ連とも講和条約締結と北方領土の返還を協議していた。日本は1951年サンフランシスコ講和条約単独講和路線を選択した後だったことから、ダレスの圧力を受け入れ、10月12日鳩山一郎首相とニキータ・フルシチョフの首脳会談で、国交回復を先行させ、平和条約締結後に歯舞群島色丹島を返還する前提で平和条約の交渉を行う事が合意された。その結果、10月19日日ソ共同宣言で北方領土は返還されなかった。
  6. ^ アラビア語: Ahl al-Kitab
  7. ^ マルティン・ブーバーは「聖にする民」と訳している。レビ記11章45節を参照。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m (PDF) Annual Assessment, Jewish People Policy Planning Institute (Jewish Agency for Israel), (2006), pp. p. 11, https://web.archive.org/web/20070927014358/http://www.jpppi.org.il/JPPPI/SendFile.asp?DBID=1&LNGID=1&GID=443 [リンク切れ](アーカイブ), sourced from American Jewish Year Book. 106. American Jewish Committee. (2006). http://www.ajcarchives.org/main.php?GroupingId=10142 
  2. ^ 2006 census[疑問点]
  3. ^ www.zsido.hu - A magyar zsidóság története”. ZSIDO.HU. 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ Belarus Jews Take Part in Jewish Life, but Don't Know Much About Judaism”. Jewishtucson.org. United Jewish Communities.. 2014年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j The Jewish Population of the World (2006)”. Jewish Virtual Library. 2009年10月6日閲覧。, sourced from American Jewish Year Book. 106. American Jewish Committee. (2006). http://www.ajcarchives.org/main.php?GroupingId=10142 
  6. ^ Struggle to Save Ethiopian Jewry”. SSEJ. 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ The Jews of Iran (Jewish Virtual Library)
  8. ^ Antisemitism And Racism”. 2011年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月3日閲覧。
  9. ^ Jewish Virtual Library Kazakhstan
  10. ^ 関 2003, p. 1.
  11. ^ 関 2003, p. 2.
  12. ^ 佐藤唯行 『英国ユダヤ人』 講談社〈講談社選書メチエ〉、1995年、16頁。
  13. ^ 杉本淑彦 著「白人の形成. 白色人種論とアラブ人 - フランス植民地主義のまなざし」、藤川隆男 編 『白人とは何か? ホワイトネス・スタディーズ入門』刀水書房、2005年10月、64-65頁。ISBN 4887083467 
  14. ^ 南 1994, p. 57.
  15. ^ a b 内田樹 2006,p.26
  16. ^ a b 大澤武男 1991, p. 10.
  17. ^ 大澤武男 1991, p. 11.
  18. ^ 内田樹 2006,43-47頁
  19. ^ ラビ・マービン・トケイヤー 『ユダヤ5000年の教え』実業之日本社、2004年4月。ISBN 4-408-39551-X [要ページ番号]
  20. ^ Herrnstein and Murray 1994; Richard Lynn 1991a; Lynn 2006[要文献特定詳細情報]
  21. ^ 内田樹 2006,176-177頁
  22. ^ 内田樹 2006, p. 175.
  23. ^ 大貫隆ほか 編 『岩波キリスト教辞典』岩波書店、2002年6月、1014頁。ISBN 400080202X (「ヘブライ人」の項目。著者:月本昭男)
  24. ^ Colin McEvedy and Richard Jones, 1978, "Atlas of World Population History," Facts on File, New York, ISBN 0-7139-1031-3.[要ページ番号]
  25. ^ 加藤徹『貝と羊の中国人』新潮社〈新潮新書〉、2006年、78頁。
  26. ^ Marcus Roberts (2007年). “THE STORY OF ENGLAND’S JEWS The First Thousand Years (PDF)”. National Anglo-Jewish Heritage Trail. 2019年3月3日閲覧。
  27. ^ 大澤 1996, p. 36.
  28. ^ 大澤 1996, p. 44.
  29. ^ メンデル・ノイグレッシェル 著、野村真理 訳 『イディッシュのウィーン』野村真理解説、松籟社、1997年10月。ISBN 4-879-84192-7 [要ページ番号]
  30. ^ ニアイースト・リポート 1991, pp. 41–43.
  31. ^ ニアイースト・リポート 1991, p. 200.



ユダヤ人(英語版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 01:10 UTC 版)

ザーホー」の記事における「ユダヤ人(英語版)」の解説

ザーホーはかつてシナゴーグと、「アッシリアエルサレム」あるいは「クルディスタンエルサレム」と呼ばれる古代からの大きなコミュニティ知られていた。この地のユダヤ人は祖先話していたアラム語あるいはそこから派生した言語である新アラム語英語版)(古アラム語英語版)と対比して)を使用していた。小ハブール川土手旧約聖書にも古代イスラエル人が追放された場所のひとつ記述されている。(歴代誌上 5:26列王記下17:6、18:11

※この「ユダヤ人(英語版)」の解説は、「ザーホー」の解説の一部です。
「ユダヤ人(英語版)」を含む「ザーホー」の記事については、「ザーホー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユダヤ人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ユダヤ人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ユダヤ人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユダヤ人」の関連用語

ユダヤ人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユダヤ人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユダヤ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのザーホー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS