6世紀とは? わかりやすく解説

6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 08:17 UTC 版)

6世紀(ろくせいき)とは、西暦501年から西暦600年までの100年間を指す世紀


  1. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火ー自然災害の環境史ー』刀水書房 2012年 84ページ



6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 17:33 UTC 版)

ジルオール」の記事における「6世紀」の解説

【粛正王】サラミス 邪竜イシュバアル封印明らかになったため、アルノートゥン聖光石の鉱山封鎖させる。 強力な魔導器を操る施文院を非合法化施文院、地下潜り暗殺集団告死天使」を用い歴史の裏暗躍続ける。 商人を悪と定義し追放処刑一度きり逢瀬神聖騎士団長イグザクスとの間にヤシェをもうけるが、商人かばったイグザクスの追討令を出した。 (6世紀末)神聖騎士団長イグザクス、サラミス苛烈粛正から商人を守るため職を辞し、リベルダムへ。 【40代神聖王】ヤシェ イグザクスの親友ベルク宰相迎え混乱した神聖王国徐々に安定させる

※この「6世紀」の解説は、「ジルオール」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「ジルオール」の記事については、「ジルオール」の概要を参照ください。


6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 04:20 UTC 版)

キリスト教年表」の記事における「6世紀」の解説

517年 ブルグント王ジギスムントアリウス派からカトリック改宗529年 ベネディクトゥスモンテ・カッシーノ修道院を開く(ベネディクト会)。 535年 ネストリウス派宣教師初め中国訪問553年 第2コンスタンティノポリス公会議開かれる590年 ローマ教皇グレゴリウス1世大聖グレゴリオ)が着座するこの頃より、ローマ教皇という言葉使われる)。 アイルランド出身修道士コルンバヌスヨーロッパ大陸伝道開始する596年 カンタベリーのアウグスティヌスアングロ・サクソン人伝道開始する

※この「6世紀」の解説は、「キリスト教年表」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「キリスト教年表」の記事については、「キリスト教年表」の概要を参照ください。


6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 13:27 UTC 版)

古代文学」の記事における「6世紀」の解説

ラテンボエティウス:哲学の慰め - 古典哲学最後の作品広く考えられている。 アラム語タルムード サンスクリットヴァラーハミヒラ:パンチャ・シッダーンティカー、ブリハット・サンヒター ヤティバーサブハ:ティロヤパナッティ ビラハンカ プラバーカラ:Triputipratyaksavada 法称::知識論評釈知識論決択、正理一滴、証因一滴論議理論関係の考察他人存在論証 プラシャスタパーダ:Padartha-dharma-sangraha 清弁中観心論、般若灯論 オデョタカラ ガウダパーダ:マーンドゥーキヤ・カーリカー シンハラ語Wansaththppakasini - マハーワンサシンハラ語シーギリヤの詩 - シーギリヤ城塞訪れた客が書いた詩 パーリチューラワンサ アイルランド初期アイルランド文学ダラン・フォーゲイル:アムラ - 聖コルンバ伝記

※この「6世紀」の解説は、「古代文学」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「古代文学」の記事については、「古代文学」の概要を参照ください。


6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 23:28 UTC 版)

ユダヤ史関連人物の一覧」の記事における「6世紀」の解説

ヨセ・ベン・ヨセ :代表的なピユート詩人 ラビ・ヤナイ :代表的なピユート詩人 アッ=サマウアル・イブン=アーディヤー ’as-Samaw’almuel) ’ibn ‘Ādiyā’ :アラビア詩人。アル・アブラク al-Ablaq 城主

※この「6世紀」の解説は、「ユダヤ史関連人物の一覧」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「ユダヤ史関連人物の一覧」の記事については、「ユダヤ史関連人物の一覧」の概要を参照ください。


6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 18:34 UTC 版)

ギリシア人の一覧 (時代順)」の記事における「6世紀」の解説

ヤコボス・バラダイオス - キリスト教ヤコブ派設立者

※この「6世紀」の解説は、「ギリシア人の一覧 (時代順)」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「ギリシア人の一覧 (時代順)」の記事については、「ギリシア人の一覧 (時代順)」の概要を参照ください。


6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 06:03 UTC 版)

フランスの歴史年表」の記事における「6世紀」の解説

年日事件507年 ヴイエの戦いクロヴィス1世西ゴートアラリック2世破りガリア・アクィタニア獲得。これが現代のフランス基礎となった511年 11月27日 クロヴィス1世死去、4人の息子遺領分割しキルデベルト1世パリを、クロタール1世ソワソンを、クロドメールオルレアンを、テウデリク1世ランスアウストラシア)を相続した524年 6月25日 ヴェズロンスの戦いクロヴィス1世息子連合軍ブルグント王ゴドマール2世大勝した。しかし、オルレアンの王クロドメール戦死したネウストリアの王クロタール1世クロドメール長男テオドバルド次男グンタールを殺害し、末息子クロドアルドも逃亡相続人のいなくなったオルレアン王国クロタール1世キルデベルト1世の間で分割された。 534年 テウデリク1世死去、子のテウデベルト1世アウストラシア王位継承547年 テウデベルト1世死去、子のテオデバルドがアウストラシア王位継承555年 テオデバルド死去アウストラシアクロタール1世併合された。 558年 12月13日 キルデベルト1世死去。弟のクロタール1世がその領地相続しクロヴィス1世作り上げたフランク王国再統一した。 561年 11月29日 クロタール1世死去、4人の息子遺領分割しカリベルト1世パリを、グントラムブルグント王国を、シギベルト1世アウストラシアを、キルペリク1世ネウストリア相続した567年 11月 パリの王カリベルト1世死去後継者がなく、領地3人弟たち分割された。 575年 アウストラシアの王シギベルト1世死去、子のキルデベルト2世王位継承584年 9月 ネウストリアの王キルペリク1世暗殺された。生後4ヶ月遺児クロタール2世継承し、その母フレデグンド摂政となった592年 1月28日 ブルグント王グントラム死去養子キルデベルト2世継承した595年 キルデベルト2世死去遺領2人の息子相続したテウデベルト2世アウストラシアの王になり、テウデリク2世ブルグント王になった597年 12月28日 フレデグンド死去しネウストリアの王クロタール2世13歳親政した。

※この「6世紀」の解説は、「フランスの歴史年表」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「フランスの歴史年表」の記事については、「フランスの歴史年表」の概要を参照ください。


6世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 08:19 UTC 版)

地震の年表 (日本)」の記事における「6世紀」の解説

599年5月26日5月28日)(推古7年4月27日推古地震 - M7大和国奈良県)で地震家屋倒壊『日本書紀』記述がある。記録に残る日本初震災記録である。

※この「6世紀」の解説は、「地震の年表 (日本)」の解説の一部です。
「6世紀」を含む「地震の年表 (日本)」の記事については、「地震の年表 (日本)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「6世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「6世紀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

6世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



6世紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの6世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジルオール (改訂履歴)、キリスト教年表 (改訂履歴)、古代文学 (改訂履歴)、ユダヤ史関連人物の一覧 (改訂履歴)、ギリシア人の一覧 (時代順) (改訂履歴)、フランスの歴史年表 (改訂履歴)、地震の年表 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS