イスタンブールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 港湾都市 > イスタンブールの意味・解説 

イスタンブール(ノット・コンスタンティノープル)

作者高野史緒

収載図書地図異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2005.4
シリーズ名光文社文庫


イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:28 UTC 版)

イスタンブールトルコ語: İstanbul [isˈtanbuɫ] ( 音声ファイル)英語: Istanbul [ˌɪstænˈbuːl]ラテン語: Constantinopolis コンスタンティーノポリスギリシア語: Κωνσταντινούπολις コーンスタンティヌーポリス /現代ギリシア語 Κωνσταντινούπολη コンスタンディヌーポリ)は、トルコ最大の都市であり、経済・文化・歴史の中心地。ヨーロッパ有数の世界都市。トルコ語の発音に準じて「イスタンブル」と表記される場合もある。


注釈

  1. ^ a b c Sources have provided conflicting figures on the area of Istanbul. The most authoritative source on this figure ought to be the Istanbul Metropolitan Municipality (MMI), but the English version of its website suggests a few figures for this area. One page states that "Each MM is sub-divided into District Municipalities ("DM") of which there are 27 in Istanbul" [emphasis added] with a total area of 1,538.9 square kilometers (594.2 sq mi).[98] However, the Municipal History page appears to be the most explicit and most updated, saying that in 2004, "Istanbul Metropolitan Municipality's jurisdiction was enlarged to cover all the area within the provincial limits". It also states a 2008 law merged the Eminönü district into the Fatih district (a point that is not reflected in the previous source) and increased the number of districts in Istanbul to thirty-nine.[99] That total area, as corroborated on the Turkish version of the MMI website,[100] and a recently updated Jurisdiction page on the English site[101] is 5,343 square kilometers (2,063 sq mi).
  2. ^ a b c The foundation of Byzantion (Byzantium) is sometimes, especially in encyclopedic or other tertiary sources, placed firmly in 667 BC. However, historians have disputed the precise year the city was founded. Commonly cited is the work of 5th-century-BC historian Herodotus, which says the city was founded seventeen years after the city of Chalcedon,[21] which came into existence around 685 BC. However, Eusebius, while concurring with 685 BC as the year Chalcedon was founded, places Byzantion's establishment in 659 BC.[22] Among more modern historians, Carl Roebuck proposed the 640s BC[23] while others have suggested even later. Further, the foundation date of Chalcedon is itself subject to some debate; while many sources place it in 685 BC,[24] others put it in 675 BC[25] or even 639 BC (with Byzantion's establishment placed in 619 BC).[22] As such, some sources have opted to refer to Byzantium's foundation as simply located in the 7th century BC.
  3. ^ a b Historians disagree—sometimes substantially—on population figures of Istanbul (Constantinople), and other world cities, prior to the 20th century. However, Chandler 1987, pp. 463–505, a follow-up to Chandler & Fox 1974,[84] performs a comprehensive look at different sources' estimates and chooses the most likely based on historical conditions; it, therefore, is the source of most population figures between 100 and 1914. The ranges of values between 500 and 1000 are due to Morris 2010, which also does a comprehensive analysis of sources, including Chandler (1987); Morris notes that many of Chandler's estimates during that time seem too large for the city's size, and presents alternative, smaller estimates. Chandler disagrees with Turan 2010 on the population of the city in the mid-1920s (with the former suggesting 817,000 in 1925), but Turan, p. 224, is, nevertheless, used as the source of population figures between 1924 and 2005. Turan's figures, as well as the 2010 figure,[160] come from the Turkish Statistical Institute. The drastic increase in population between 1980 and 1985 is largely due to an enlargement of the city's limits (see the Administration section). Explanations for population changes in pre-Republic times can be inferred from the History section.
  4. ^ The United Nations defines an urban agglomeration as "the population contained within the contours of a contiguous territory inhabited at urban density levels without regard to administrative boundaries". The agglomeration "usually incorporates the population in a city or town plus that in the suburban areas lying outside of, but being adjacent to, the city boundaries".[163] Figures dated 1 July 2011 place the populations of the agglomerations of Moscow and Istanbul at 11.62 million and 11.25 million, respectively.[164] The UN estimates that the agglomeration of Istanbul will exceed the agglomeration of Moscow in population by 2015 (with 12.46 million and 12.14 million, respectively), although extrapolation suggests that the former will not surpass latter until the second half of 2013. A revision with 2013 data is due in the first half of 2014.[163]
  5. ^ While UEFA does not apparently keep a list of Category 4 stadiums, regulations stipulate that only these elite stadiums are eligible to host UEFA Champions League Finals,[246] which Atatürk Olympic Stadium did in 2005, and UEFA Europa League (formerly UEFA Cup) Finals,[247] which Şükrü Saracoğlu Stadium did in 2009. Türk Telekom Arena is noted as an elite UEFA stadium by its architects.[248]

出典

  1. ^ The Results of Address Based Population Registration System, 2021”. Turkish Statistical Institute (2021年2月4日). 2022年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c Province by Province / Town Center and Town / Village Population – 2011”. Address Population-Based Registration System (ABPRS) Database. The Turkish Statistical Institute (2011年). 2012年5月9日閲覧。
  3. ^ a b Mossberger, Clarke & John 2012, p. 145
  4. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  5. ^ Statistical Institute page
  6. ^ a b 日高ら(1990)、p.10-11、1.イスタンブールへようこそ、- 歴史を辿る<神話の中で生まれた町>
  7. ^ 日高ら(1990)、p.6-7、1.イスタンブールへようこそ、- イスタンブールに魅せられて
  8. ^ a b c WCTR Society; Unʼyu Seisaku Kenkyū Kikō 2004, p. 281
  9. ^ a b c 井上(1990)、p.56-58、2-「新しいローマ」の登場、憧れの都コンスタンティノープル
  10. ^ Çelik 1993, p. xv
  11. ^ a b Masters & Ágoston 2009, pp. 114–5
  12. ^ Dumper & Stanley 2007, p. 320
  13. ^ a b Turan 2010, p. 224
  14. ^ a b c Population and Demographic Structure”. Istanbul 2010: European Capital of Culture. Istanbul Metropolitan Municipality (2008年). 2012年3月27日閲覧。
  15. ^ a b Weiner, Miriam B. “World's Most Visited Cities”. U.S. News & World Report. 2012年5月21日閲覧。
  16. ^ The World According to GaWC 2010”. Globalization and World Cities (GaWC) Study Group and Network. Loughborough University. 2012年5月8日閲覧。
  17. ^ a b c d e OECD Territorial Reviews: Istanbul, Turkey”. Policy Briefs. The Organisation for Economic Co-operation and Development (2008年3月). 2012年8月20日閲覧。
  18. ^ Global Cities 2017 AT Kearney 2017年公表 2017年8月4日閲覧。
  19. ^ a b IOC selects three cities as Candidates for the 2020 Olympic Games”. The International Olympic Committee (2012年5月24日). 2012年6月18日閲覧。
  20. ^ 日高ら(1990)、p.7-9、1.イスタンブールへようこそ、- 雑踏の中で
  21. ^ Herodotus Histories 4.144, translated in De Sélincourt 2003, p. 288
  22. ^ a b Isaac 1986, p. 199
  23. ^ Roebuck 1959, p. 119, also as mentioned in Isaac 1986, p. 199
  24. ^ Lister 1979, p. 35
  25. ^ a b Freely 1996, p. 10
  26. ^ a b c Room 2006, pp. 177
  27. ^ Gregory 2010, pp. 62–3
  28. ^ a b Masters & Ágoston 2009, p. 286
  29. ^ Masters & Ágoston 2009, pp. 226–7
  30. ^ Finkel 2005, pp. 57, 383
  31. ^ Göksel & Kerslake 2005, p. 27
  32. ^ Room 2006, pp. 177–8
  33. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, p. 7
  34. ^ Keyder 1999, p. 95
  35. ^ Pliny the Elder, book IV, chapter XI:
    "On leaving the Dardanelles we come to the Bay of Casthenes, ... and the promontory of the Golden Horn, on which is the town of Byzantium,a a free state, formerly called Lygos; it is 711 miles from Durazzo, ..." )
  36. ^ a b Janin, Raymond (1964). Constantinople byzantine. Paris: Institut Français d'Études Byzantines. p. 10f. 
  37. ^ a b Georgacas, Demetrius John (1947). “The Names of Constantinople”. Transactions and Proceedings of the American Philological Association (The Johns Hopkins University Press) 78: 347–67. doi:10.2307/283503. JSTOR 283503. 
  38. ^ a b c d Necdet Sakaoğlu (1993/94a): "İstanbul'un adları" ["The names of Istanbul"]. In: 'Dünden bugüne İstanbul ansiklopedisi', ed. Türkiye Kültür Bakanlığı, Istanbul.
  39. ^ According to the Reallexikon für Antike und Christentum, vol. 164 (Stuttgart 2005), column 442, there is no evidence for the tradition that Constantine officially dubbed the city "New Rome" (Nova Roma or Nea Rhome). Commemorative coins that were issued during the 330s already refer to the city as Constantinopolis (see e.g. Michael Grant, The climax of Rome (London 1968), p. 133). It is possible that the Emperor called the city "Second Rome" (Deutera Rhome) by official decree, as reported by the 5th-century church historian Socrates of Constantinople.
  40. ^ Bartholomew, Archbishop of Constantinople, New Rome and Ecumenical Patriarch
  41. ^ Finkel, Caroline, Osman's Dream, (Basic Books, 2005), 57; "Istanbul was only adopted as the city's official name in 1930..".
  42. ^ An alternative derivation, directly from Constantinople, was entertained as an hypothesis by some researchers in the 19th century but is today regarded as obsolete; see Sakaoğlu (1993/94a: 254) for references.
  43. ^ Detailed history at Pylos#The Name of Navarino
  44. ^ Bourne, Edward G. (1887). “The Derivation of Stamboul”. American Journal of Philology (The Johns Hopkins University Press) 8 (1): 78–82. doi:10.2307/287478. JSTOR 287478. 
  45. ^ G. Necipoĝlu "From Byzantine Constantinople to Ottoman Kostantiniyye: Creation of a Cosmopolitan Capital and Visual Culture under Sultan Mehmed II" Ex. cat. "From Byzantion to Istanbul: 8000 Years of a Capital", June 5 - September 4, 2010, Sabanci University Sakip Sabanci Museum, Istanbul. Istanbul: Sakip Sabanci Museum, 2010 p. 262
  46. ^ Necdet Sakaoğlu (1993/94b): "Kostantiniyye". In: 'Dünden bugüne İstanbul ansiklopedisi', ed. Türkiye Kültür Bakanlığı, Istanbul.
  47. ^ A.C. Barbier de Meynard (1881): Dictionnaire Turc-Français. Paris: Ernest Leroux.
  48. ^ Stanford and Ezel Shaw (1977): History of the Ottoman Empire and Modern Turkey. Cambridge: Cambridge University Press. Vol II, p. 386; Robinson (1965), The First Turkish Republic, p. 298
  49. ^ Arab historian Al Masudi writes that the Greek calls the city Stanbulin. Necipoĝlu (2010) p. 262
  50. ^ a b "Istanbul", in Encyclopedia of Islam.
  51. ^ H. G. Dwight (1915): Constantinople Old and New. New York: Scribner's. [要ページ番号]
  52. ^ Edmondo De Amicis (1878) Costantinopoli Milano, Treves, passim
  53. ^ http://www.aii-t.org/j/maqha/magazine/osman/20080219.htm
  54. ^ Rainsford, Sarah (2009年1月10日). “Istanbul's ancient past unearthed”. BBC. http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7820924.stm 2010年4月21日閲覧。 
  55. ^ Düring 2010, pp. 181–2
  56. ^ Çelik 1993, p. 11
  57. ^ De Souza 2003, p. 88
  58. ^ Freely 1996, p. 20
  59. ^ Freely 1996, p. 22
  60. ^ Grant 1996, pp. 8–10
  61. ^ Limberis 1994, pp. 11–2
  62. ^ Barnes 1981, p. 77
  63. ^ Barnes 1981, p. 212
  64. ^ a b Barnes 1981, p. 222
  65. ^ a b 井上(1990)、p.58-60、2-「新しいローマ」の登場、私の前を歩いている御方が
  66. ^ a b c Gregory 2010, p. 63
  67. ^ a b Klimczuk & Warner 2009, p. 171
  68. ^ Dash, Mike (2012年3月2日). “Blue Versus Green: Rocking the Byzantine Empire”. Smithsonian Magazine. The Smithsonian Institution. 2012年7月30日閲覧。
  69. ^ Dahmus 1995, p. 117
  70. ^ Cantor 1994, p. 226
  71. ^ Morris 2010, pp. 109–18
  72. ^ Gregory 2010, pp. 324–9
  73. ^ Gregory 2010, pp. 330–3
  74. ^ Gregory 2010, p. 340
  75. ^ Gregory 2010, pp. 341–2
  76. ^ Reinert 2002, pp. 258–60
  77. ^ Baynes 1949, p. 47
  78. ^ 井上(1990)、p.238-240、6-ビサンティン帝国の落日、ビサンティン帝国の滅亡
  79. ^ Gregory 2010, pp. 394–9
  80. ^ 井上(1990)、p.114-116、3-「パンとサーカス」の終焉、「髭の皇帝」は誰か
  81. ^ a b Holt, Lambton & Lewis 1977, pp. 307
  82. ^ Holt, Lambton & Lewis 1977, pp. 306–7
  83. ^ Holt, Lambton & Lewis 1977, pp. 735–6
  84. ^ a b Chandler, Tertius; Fox, Gerald (1974). 3000 Years of Urban Growth. London: Academic Press. ISBN 978-0-12-785109-9. 
  85. ^ Shaw & Shaw 1977, pp. 4–6, 55
  86. ^ Çelik 1993, pp. 87–9
  87. ^ a b Harter 2005, p. 251
  88. ^ 「オリエント急行の時代 ヨーロッパの夢の軌跡」p183 平井正 2007年1月25日発行 中央公論新社
  89. ^ Shaw & Shaw 1977, pp. 230, 287, 306およびオスマン債務管理局の項目に付した出典
  90. ^ Çelik 1993, p. 31
  91. ^ 「バルカン 歴史と現在」p308-309 ジョルジュ・カステラン著 山口俊章訳 1994年7月発行 サイマル出版会
  92. ^ Landau 1984, p. 50
  93. ^ Dumper & Stanley 2007, p. 39
  94. ^ Keyder 1999, pp. 11–2, 34–6
  95. ^ Efe & Cürebal 2011, pp. 718–9
  96. ^ TÜRK BELEDİYECİLİĞİNİN GELİŞİM SÜRECİ”. www.mevzuatdergisi.com. 2022年2月6日閲覧。
  97. ^ BÜYÜKŞEHİR BELEDİYESİ KANUNU” (10/7/2004). 2022年2月6日閲覧。
  98. ^ Districts”. Istanbul Metropolitan Municipality. 2011年12月21日閲覧。
  99. ^ a b c History of Local Governance in Istanbul”. Istanbul Metropolitan Municipality. 2011年12月21日閲覧。
  100. ^ İstanbul İl ve İlçe Alan Bilgileri” [Istanbul Province and District Area Information] (Turkish). Istanbul Metropolitan Municipality. 2010年6月20日閲覧。
  101. ^ Jurisdiction”. Istanbul Metropolitan Municipality. 2011年12月21日閲覧。
  102. ^ Istanbul from a Bird's Eye View”. Governorship of Istanbul. 2010年6月13日閲覧。
  103. ^ a b The Topography of İstanbul”. Republic of Turkey Ministry of Culture and Tourism. 2012年6月19日閲覧。
  104. ^ Revkin, Andrew C. (2010年2月24日). “Disaster Awaits Cities in Earthquake Zones”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/02/25/science/earth/25quake.html 2010年6月13日閲覧。 
  105. ^ Parsons, Tom; Toda, Shinji; Stein, Ross S.; Barka, Aykut; Dieterich, James H. (2000). “Heightened Odds of Large Earthquakes Near Istanbul: An Interaction-Based Probability Calculation”. Science (Washington, D.C.: The American Association for the Advancement of Science) 288 (5466): 661–5. doi:10.1126/science.288.5466.661. PMID 10784447. 
  106. ^ Traynor, Ian (2006年12月9日). “A Disaster Waiting to Happen – Why a Huge Earthquake Near Istanbul Seems Inevitable”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/world/2006/dec/09/turkey.naturaldisasters 2010年6月13日閲覧。 
  107. ^ Kottek, Markus; Grieser, Jürgen; Beck, Christoph; Rudolf, Bruno; Rube, Franz (June 2006). “World Map of the Köppen-Geiger climate classification updated”. Meteorologische Zeitschrift 15 (3): 259–263. doi:10.1127/0941-2948/2006/0130. http://www.schweizerbart.de/resources/downloads/paper_free/55034.pdf 2011年2月27日閲覧。. 
  108. ^ Peel, M. C.; Finlayson, B. L.; McMahon, T. A. (2007). “Updated world map of the Köppen-Geiger climate classification”. Hydrology and Earth System Sciences 4 (2): 439–473. doi:10.5194/hessd-4-439-2007. http://www.hydrol-earth-syst-sci-discuss.net/4/439/2007/hessd-4-439-2007.pdf 2011年2月27日閲覧。. 
  109. ^ a b Efe & Cürebal 2011, pp. 716–7
  110. ^ a b Weather – Istanbul”. World Weather. BBC Weather Centre. 2012年10月15日閲覧。
  111. ^ Istanbul Enshrouded in Dense Fog”. Turkish Daily News (2005年1月14日). 2012年10月15日閲覧。
  112. ^ Thick Fog Causes Disruption, Flight Delays in İstanbul”. Today's Zaman (2009年11月23日). 2012年10月15日閲覧。
  113. ^ Dense Fog Disrupts Life in Istanbul”. Today's Zaman (2010年11月6日). 2012年10月15日閲覧。
  114. ^ a b Pelit, Attila. “When to Go to Istanbul”. TimeOut Istanbul. 2011年12月19日閲覧。
  115. ^ a b c Resmi İstatistikler (İl ve İlçelerimize Ait İstatistiki Veriler)” [Official Statistics (Statistical Data of Provinces and Districts) - Istanbul] (Turkish). Turkish State Meteorological Service. 2012年9月22日閲覧。
  116. ^ Quantic 2008, p. 155
  117. ^ Kindap, Tayfin (2010-01-19). “A Severe Sea-Effect Snow Episode Over the City of Istanbul”. Natural Hazards 54 (3): 703–23. ISSN 1573-0840. http://www.springerlink.com/content/cu66841r30p20v72/ 2012年10月15日閲覧。. 
  118. ^ Istanbul Winds Battle Over the City”. Turkish Daily News (2009年10月17日). 2012年10月15日閲覧。
  119. ^ Yıllık Toplam Yağış Verileri” [Annual Total Participation Data: Istanbul, Turkey] (Turkish). Turkish State Meteorological Service. 2012年7月6日閲覧。
  120. ^ İstanbul Bölge Müdürlüğü'ne Bağlı İstasyonlarda Ölçülen Ekstrem Değerler” [Extreme Values Measured in Istanbul Regional Directorate] (Turkish). Turkish State Meteorological Service. 2010年7月27日閲覧。
  121. ^ March 1987 Cyclone (Blizzard) over the Eastern Mediterranean and Balkan Region Associated with Blocking”. American Meteorological Society. 2010年7月27日閲覧。
  122. ^ Weather Information for Istanbul”. 2010年3月6日閲覧。
  123. ^ [1]
  124. ^ BBC - Weather Centre - World Weather - Average Conditions - Istanbul”. 2010年3月6日閲覧。
  125. ^ Çelik 1993, pp. 70, 169
  126. ^ Çelik 1993, p. 127
  127. ^ a b c Besiktas: The Black Eagles of the Bosporus”. FIFA. 2012年4月8日閲覧。
  128. ^ Moonan, Wendy (1999年10月29日). “For Turks, Art to Mark 700th Year”. The New York Times. 2012年7月4日閲覧。
  129. ^ Oxford Business Group 2009, p. 105
  130. ^ Karpat 1976, pp. 78–96
  131. ^ Yavuz, Ercan (2009年6月8日). “Gov't launches plan to fight illegal construction”. Today's Zaman. http://www.todayszaman.com/newsDetail_getNewsById.action?load=detay&link=177450&bolum=103 2011年12月20日閲覧。 
  132. ^ Boyar & Fleet 2010, p. 247
  133. ^ Taylor 2007, p. 241
  134. ^ Water Supply Systems, Reservoirs, Charity and Free Fountains, Turkish Baths”. Republic of Turkey Ministry of Culture and Tourism. 2012年4月29日閲覧。
  135. ^ Time Out Guides 2010, p. 212
  136. ^ a b Chamber of Architects of Turkey 2006, pp. 80, 118
  137. ^ Chamber of Architects of Turkey 2006, p. 176
  138. ^ Gregory 2010, p. 138
  139. ^ Freely 2000, p. 283
  140. ^ Necipoğlu 1991, pp. 180, 136–137
  141. ^ Çelik 1993, p. 159
  142. ^ Çelik 1993, pp. 133–34, 141
  143. ^ もう1都市は同じ大都市自治体のイズミットでこちらはコジャエリ県とほぼ同一の範囲
  144. ^ Büyükşehir Belediyesi Kanunu” [Metropolitan Municipal Law] (Turkish). Türkiye Büyük Millet Meclisi (2004年7月10日). 2010年11月30日閲覧。 “Bu Kanunun yürürlüğe girdiği tarihte; büyükşehir belediye sınırları, İstanbul ve Kocaeli ilinde, il mülkî sınırıdır. (On the date this law goes in effect, the metropolitan city boundaries, in the provinces of İstanbul and Kocaeli, are those of the province.)”
  145. ^ Çelik 1993, pp. 42–8
  146. ^ Kapucu & Palabiyik 2008, p. 145
  147. ^ Taşan-Kok 2004, p. 87
  148. ^ Wynn 1984, p. 188
  149. ^ Taşan-Kok 2004, pp. 87–8
  150. ^ a b Kapucu & Palabiyik 2008, pp. 153–5
  151. ^ Erder, Sema (November 2009). “Local Governance in Istanbul” (pdf). Istanbul: City of Intersections. Urban Age (London: London School of Economics): 46. http://v0.urban-age.net/publications/newspapers/istanbul/media/UrbanAgeIstanbulNewspaper_en.pdf 2012年7月16日閲覧。. 
  152. ^ a b Kapucu & Palabiyik 2008, p. 156
  153. ^ a b Metropolitan Executive Committee”. Istanbul Metropolitan Municipality. 2011年12月21日閲覧。
  154. ^ Kapucu & Palabiyik 2008, pp. 155–6
  155. ^ The Mayor's Biography”. Istanbul Metropolitan Municipality. 2011年12月21日閲覧。
  156. ^ 在イスタンブール日本国総領事館 イスタンブールについて
  157. ^ Organizasyon” [Organization] (Turkish). Istanbul Special Provincial Administration. 2011年12月21日閲覧。
  158. ^ Organisation for Economic Co-operation and Development 2008, p. 206
  159. ^ Encümen Başkanı” [Head of the Council] (Turkish). Istanbul Special Provincial Administration. 2011年12月21日閲覧。
  160. ^ Address Based Population Registration System Results of 2010 (doc)”. Turkish Statistical Institute (2011年1月28日). 2011年12月24日閲覧。
  161. ^ Morris 2010, p. 113
  162. ^ Chandler 1987, pp. 463–505
  163. ^ a b Frequently Asked Questions”. World Urbanization Prospects, the 2011 Revision. The United Nations (2012年4月5日). 2012年9月20日閲覧。
  164. ^ a b File 11a: The 30 Largest Urban Agglomerations Ranked by Population Size at Each Point in Time, 1950–2025 (xls)”. World Urbanization Prospects, the 2011 Revision. The United Nations (2012年4月5日). 2012年9月20日閲覧。
  165. ^ Kamp, Kristina (2010年2月17日). “Starting Up in Turkey: Expats Getting Organized”. Today's Zaman. 2012年3月27日閲覧。
  166. ^ a b Social Structure Survey 2006”. KONDA Research (2006年). 2012年3月27日閲覧。 (Note: Accessing KONDA reports directly from KONDA's own website requires registration.)
  167. ^ Turkey”. The World Factbook. The Central Intelligence Agency (2012年6月28日). 2012年7月6日閲覧。
  168. ^ U.S. Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor. “Turkey: International Religious Freedom Report 2007”. U.S. Department of State. 2012年3月27日閲覧。
  169. ^ Davidson & Gitlitz 2002, p. 180
  170. ^ History of the Ecumenical Patriarch”. The Ecumenical Patriarch of Constantinople. 2012年6月20日閲覧。
  171. ^ Çelik 1993, p. 38
  172. ^ Athanasopulos 2001, p. 82
  173. ^ The Greek Minority and its foundations in Istanbul, Gokceada (Imvros) and Bozcaada (Tenedos)”. Hellenic Republic Ministry of Foreign Affairs (2011年3月21日). 2012年6月21日閲覧。
  174. ^ Khojoyan, Sara (2009年10月16日). “Armenian in Istanbul: Diaspora in Turkey welcomes the setting of relations and waits more steps from both countries”. Armenia Now. 2012年6月21日閲覧。
  175. ^ Masters & Ágoston 2009, pp. 520–1
  176. ^ Wedel 2000, p. 182
  177. ^ Zalewski, Piotr (2012年1月9日). “Istanbul: Big Trouble in Little Kurdistan”. TIME. 2012年6月23日閲覧。
  178. ^ Can't They Get Along Anymore?”. The Economist (2005年9月8日). 2012年6月23日閲覧。
  179. ^ Rôzen 2002, pp. 55–8, 49
  180. ^ Rôzen 2002, pp. 49–50
  181. ^ Brink-Danan 2011, p. 176
  182. ^ ʻAner 2005, p. 367
  183. ^ Schmitt 2005, passim
  184. ^ III – Which are the largest city economies in the world and how might this change by 2025?”. PricewaterhouseCoopers (2009年11月). 2012年3月27日閲覧。
  185. ^ a b Presentation of Reference City: Istanbul”. Urban Green Environment (2001年). 2011年12月30日閲覧。
  186. ^ Melby, Caleb (2012年3月16日). “Moscow Beats New York, London In List Of Billionaire Cities”. Forbes. 2012年3月27日閲覧。
  187. ^ Dış Ticaretin Lokomotifi İstanbul” [Istanbul is the Locomotive of Foreign Trade] (Turkish). NTV-MSNBC (2006年2月13日). 2012年3月28日閲覧。
  188. ^ CNN Türk: Dış ticaretin lokomotifi İstanbul (Istanbul is the locomotive of foreign trade)
  189. ^ Odabaşı, Attila; Aksu, Celal; Akgiray, Vedat (December 2004). “The Statistical Evolution of Prices on the Istanbul Stock Exchange”. The European Journal of Finance (London: Routledge) 10 (6): 510–25. doi:10.1080/1351847032000166931. 
  190. ^ History of the Bank”. The Ottoman Bank Archives and Research Centre. 2012年3月28日閲覧。
  191. ^ Milestones in ISE History”. Istanbul Stock Exchange (2012年). 2012年3月28日閲覧。
  192. ^ Oxford Business Group 2009, p. 112
  193. ^ Jones, Sam, and agencies (2011年4月27日). “Istanbul's new Bosphorus canal 'to surpass Suez or Panama'”. The Guardian. 2012年4月29日閲覧。
  194. ^ Organisation for Economic Co-operation and Development 2008, p. 80
  195. ^ Ports of Turkey”. Cerrahogullari T.A.S.. 2012年8月28日閲覧。
  196. ^ Cavusoglu, Omer (2010年3月). “Summary on the Haydarpasa Case Study Site”. Cities Programme. London School of Economics. 2012年4月3日閲覧。
  197. ^ What Role for Turkish Ports in the Regional Logistics Supply Chains?”. International Conference on Information Systems and Supply Chain (–2008-05-30). 2012年8月28日閲覧。
  198. ^ Organisation for Economic Co-operation and Development 2008 p82
  199. ^ Organisation for Economic Co-operation and Development 2008, p. 143
  200. ^ Organisation for Economic Co-operation and Development 2008 p81
  201. ^ Urban Tourism: An Analysis of Visitors to Istanbul” (英語). Vienna University of Economics and Business. 2019年1月3日閲覧。
  202. ^ a b c Istanbul '10”. Turkey Tourism Market Research Reports. Istanbul Valuation and Consulting (2010年). 2012年3月29日閲覧。 (n.b. Source indicates that the Topkapı Palace Museum and the Hagia Sophia together bring in 55 million TL, approximately $30 million in 2010, on an annual basis.)
  203. ^ İstanbul Büyükşehir Belediyesi Resmi Web Sitesi”. Istanbul Metropolitan Municipality (IMMWEBl). 2006年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月1日閲覧。
  204. ^ Financial sector (PDF)”. Foreign Economic Relations Board Turkey DEIK. 2006年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月1日閲覧。
  205. ^ World Gold Council > jewellery:Turkey”. World Gold Council. 2007年1月1日閲覧。
  206. ^ [2] 無許可の花火工房爆発、20人死亡、トルコ 2008年02月01日 01:31 AFP
  207. ^ Baytop T. Türk Eczacılık Tarihi Araştırmaları (History of Turkish Pharmacy Researches) Istanbul. 2000:12-75.
  208. ^ Dogan UVEY*, Ayse Nur GOKCE*, Ibrahim BASAGAOGLU (2004) "Pharmaceutical Industry in Turkey" in 38th International Medical History Congress in Istanbul
  209. ^ Hürriyet: 2006’da Türkiye’ye gelen turist başına harcama 728 dolara indi
  210. ^ Sabah: Turist sayısı genelde düştü İstanbul'da arttı
  211. ^ [3]
  212. ^ EIBTM 2007 - The Global Meetings & Incentive Exhibition for the MICE Industry”. Reed Exhibitions Limited (member of the Association of Event Organisers (AEO)). 2006年3月11日閲覧。 [リンク切れ]
  213. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, p. 8
  214. ^ Reisman 2006, p. 88
  215. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, pp. 2–4
  216. ^ a b İstanbul – Archaeology Museum”. Republic of Turkey Ministry of Culture and Tourism. 2012年4月19日閲覧。
  217. ^ a b Göktürk, Soysal & Türeli 2010, pp. 221–3
  218. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, pp. 223–4
  219. ^ 『世界の美しい階段』エクスナレッジ、2015年、173頁。ISBN 978-4-7678-2042-2 
  220. ^ Hansen, Suzy (2012年2月10日). “The Istanbul Art-Boom Bubble”. The New York Times. 2012年4月19日閲覧。
  221. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, pp. 130–1
  222. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, pp. 133–4
  223. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, p. 146
  224. ^ Göktürk, Soysal & Türeli 2010, p. 165
  225. ^ Nikitin, Nikolaj (2012年3月6日). “Golden Age for Turkish Cinema”. Credit-Suisse. 2012年7月6日閲覧。
  226. ^ Köksal 2012, pp. 24–5
  227. ^ History”. The Istanbul Foundation for Culture and Arts. 2012年4月13日閲覧。
  228. ^ Gibbons, Fiachra (2011年9月21日). “10 of the Best Exhibitions at the Istanbul Biennial”. The Guardian. 2012年4月13日閲覧。
  229. ^ Hensel, Michael; Sungurogl, Defne; Ertaş, Hülya, eds (2010-01-22). “Turkey at the Threshold”. Architectural Design (London: John Wiley & Sons) 80 (1). ISBN 978-0-470-74319-5. 
  230. ^ a b Köse 2009, pp. 91–2
  231. ^ Taşan-Kok 2004, p. 166
  232. ^ Emeksiz, İpek (2010年9月3日). “Abdi İpekçi Avenue to be new Champs Elysee”. Hürriyet Daily News. 2012年4月28日閲覧。
  233. ^ Shopping in Singapore is Better than Paris”. CNN (2012年1月6日). 2012年4月28日閲覧。
  234. ^ Schäfers, Marlene (2008年7月26日). “Managing the Difficult Balance Between Tourism and Authenticity”. Hürriyet Daily News. 2012年4月29日閲覧。
  235. ^ Schillinger, Liesl (2011年7月8日). “A Turkish Idyll Lost in Time”. The New York Times. 2012年4月29日閲覧。
  236. ^ Keyder 1999, p. 34
  237. ^ Kugel, Seth (2011年7月17日). “The $100 Istanbul Weekend”. The New York Times. 2012年4月29日閲覧。
  238. ^ Knieling & Othengrafen 2009, pp. 228–34
  239. ^ A Big Night Out in Istanbul – And a Big Breakfast the Morning After”. The Guardian (2012年3月23日). 2012年4月29日閲覧。
  240. ^ a b Galatasaray: The Lions of the Bosporus”. FIFA. 2012年4月10日閲覧。
  241. ^ UEFA Champions League 2007/08 – History – Fenerbahçe”. The Union of European Football Associations (2011年10月8日). 2012年4月10日閲覧。
  242. ^ Takımlar” (トルコ語). Türkiye Basketbol Ligi. 2019年1月3日閲覧。
  243. ^ List of Certified Athletics Facilities”. The International Association of Athletics Federations (2013年1月1日). 2013年1月2日閲覧。
  244. ^ 2008/09: Pitmen strike gold in Istanbul”. The Union of European Football Associations (2009年5月20日). 2012年4月10日閲覧。
  245. ^ Aktaş, İsmail (2012年3月14日). “Aşçıoğlu Sues Partners in Joint Project Over Ali Sami Yen Land”. Hürriyet Daily News. 2012年7月3日閲覧。
  246. ^ Regulations of the UEFA European Football Championship 2010–12 (pdf)”. The Union of European Football Associations. p. 14. 2012年4月10日閲覧。
  247. ^ Regulations of the UEFA Europa League 2010/11 (pdf)”. The Union of European Football Associations. p. 17. 2012年4月10日閲覧。
  248. ^ Türk Telekom Arena Istanbul”. 'asp' Architekten. 2012年7月5日閲覧。
  249. ^ 2010 FIBA World Championship Istanbul: Arenas”. FIBA. 2012年4月10日閲覧。
  250. ^ Istanbul – Arenas”. FIBA (2010年). 2012年6月29日閲覧。
  251. ^ Fenerbahce Ulker's new home, Ulker Sports Arena, opens”. Euroleague Basketball (2012年1月24日). 2012年6月29日閲覧。
  252. ^ Wilson, Stephen (2011年9月2日). “2020 Olympics: Six cities lodge bids for the games”. The Christian Science Monitor. 2012年6月29日閲覧。
  253. ^ UEFA Announce New Euro 2020 Bid Process”. The Independent (2012年5月16日). 2012年6月29日閲覧。
  254. ^ 安倍首相「本当にうれしい 」東京五輪決定 cnn.co.jp 2013.09.07
  255. ^ Events”. FIA World Touring Car Championship (2012年). 2012年6月29日閲覧。
  256. ^ The Circuits”. European Le Mans Series (2012年). 2012年7月3日閲覧。
  257. ^ Richards, Giles (2011年4月22日). “Turkey Grand Prix Heads for the Scrapyard Over $26m Price Tag”. The Guardian. 2012年7月3日閲覧。
  258. ^ 2012 Yarış Programı ve Genel Yarış Talimatı” [2012 Race Schedule and General Sailing Instructions] (Turkish). The Istanbul Sailing Club (2012年). 2012年7月3日閲覧。
  259. ^ Turkish Daily News (2008年8月23日). “Sailing Week Starts in Istanbul”. Hürriyet Daily News. 2012年7月3日閲覧。
  260. ^ About Us”. The Turkish Offshore Racing Club (2012年3月31日). 2012年7月3日閲覧。
  261. ^ Races”. F1 Powerboat World Championship (2012年). 2012年7月3日閲覧。
  262. ^ Brummett 2000, pp. 11, 35, 385–6
  263. ^ a b c d Country Profile: Turkey”. The Library of Congress Federal Research Division (2008年8月). 2012年5月8日閲覧。
  264. ^ Gazete Net Satışları” [Net Sales of Newspapers] (Turkish). Medyatava (2012年4月30日). 2012年5月8日閲覧。
  265. ^ a b TRT – Radio”. The Turkish Radio and Television Corporation. 2012年5月8日閲覧。
  266. ^ Time Out Guides 2010, p. 224
  267. ^ TRT – Television”. The Turkish Radio and Television Corporation. 2012年5月8日閲覧。
  268. ^ Norris 2010, p. 184
  269. ^ Chris Morris”. BBC. 2012年5月8日閲覧。
  270. ^ History”. Istanbul University (2011年8月11日). 2012年8月20日閲覧。
  271. ^ History”. Istanbul Technical University. 2012年7月4日閲覧。
  272. ^ University Profile: Istanbul Technical University, Turkey”. Board of European Students of Technology. 2012年3月30日閲覧。
  273. ^ State Universities”. The Turkish Council of Higher Education. 2012年3月30日閲覧。
  274. ^ About Marmara”. Marmara University. 2012年7月4日閲覧。
  275. ^ General Information”. Ankara: Istanbul Medeniyet University. 2012年3月30日閲覧。
  276. ^ a b Doğramacı, İhsan (2005年8月). “Private Versus Public Universities: The Turkish Experience (Microsoft Word.doc)”. 18th International Conference on Higher Education. 2012年3月30日閲覧。
  277. ^ History of RC”. Robert College (2012年). 2012年10月15日閲覧。
  278. ^ Private Universities”. The Turkish Council of Higher Education. 2012年3月30日閲覧。
  279. ^ 2007 Yılına Ait Veriler” [Data for 2007] (Turkish). Governorship of Istanbul. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月30日閲覧。
  280. ^ Historique” [History] (French). Galatasaray University. 2012年3月30日閲覧。
  281. ^ Millî Eğitim Bakanlığı Anadolu Liseleri Yönetmeliği” [Ministry of Education Regulation on Anatolian High Schools] (Turkish). Ministry of Education (1999年11月5日). 2012年3月30日閲覧。
  282. ^ Galatasaray Lisesi”. Galatasaray High School. 2012年7月4日閲覧。
  283. ^ The History of the Italian School”. Liceo Italiano. 2012年7月3日閲覧。
  284. ^ Principles of Education”. Darüşşafaka High School. 2012年7月6日閲覧。
  285. ^ Kabataş Erkek Lisesi” (Turkey). Kabataş Erkek Lisesi. 2012年3月31日閲覧。
  286. ^ KAL Uygulamalı Yabancı Dil Laboratuvarı” [KAL Applied Foreign Language Lab] (Turkish). Kadıköy Anadolu Lisesi. 2012年3月31日閲覧。
  287. ^ a b Istanbul and the History of Water in Istanbul”. Istanbul Water and Sewerage Administration. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年3月11日閲覧。
  288. ^ Tigrek & Kibaroğlu 2011, pp. 33–4
  289. ^ İSKİ Administration”. Istanbul Water and Sewerage Administration. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
  290. ^ a b c Silahtarağa Power Plant”. SantralIstanbul. 2012年3月31日閲覧。
  291. ^ a b Short History of Electrical Energy in Turkey”. Turkish Electricity Transmission Company (2001年). 2009年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月5日閲覧。
  292. ^ Central Post Office”. Emporis. 2012年4月4日閲覧。
  293. ^ a b c d About Us | Brief History”. The Post and Telegraph Organization. 2012年3月31日閲覧。
  294. ^ Masters & Ágoston 2009, p. 557
  295. ^ Shaw & Shaw 1977, p. 230
  296. ^ a b About Türk Telekom: History”. Türk Telekom. 2012年3月31日閲覧。
  297. ^ Sanal 2011, p. 85
  298. ^ Oxford Business Group 2009, p. 197
  299. ^ Oxford Business Group 2009, p. 198
  300. ^ Connell 2010, pp. 52–3
  301. ^ Papathanassis 2011, p. 63
  302. ^ Google Maps – Istanbul Overview (Map). Cartography by Google, Inc. Google, Inc. 2012年4月1日閲覧
  303. ^ Efe & Cürebal 2011, p. 720
  304. ^ a b ERM Group (Germany and UK) and ELC-Group (Istanbul) (January 2011 2011). “Volume I: Non Technical Summary (NTS)”. Eurasia Tunnel Environmental and Social Impact Assessment. The European Investment Bank. 2012年7月4日閲覧。
  305. ^ a b Letsch, Constanze (2012年6月8日). “Plan for New Bosphorus Bridge Sparks Row Over Future of Istanbul”. The Guardian. 2012年7月4日閲覧。
  306. ^ Songün, Sevim (2010年7月16日). “Istanbul Commuters Skeptical of Transit Change”. Hürriyet Daily News. 2012年7月5日閲覧。
  307. ^ a b c Chronological History of IETT”. Istanbul Electricity, Tramway and Tunnel General Management. 2012年4月1日閲覧。
  308. ^ T1 Bağcılar–Kabataş Tramvay Hattı” [T1 Bağcılar–Kabataş Tram Line] (Turkish). İstanbul Ulaşım A.Ş. (Istanbul Transport Corporation). 2012年8月20日閲覧。
  309. ^ Tunnel”. Istanbul Electricity, Tramway and Tunnel. 2012年4月3日閲覧。 (Note: It is apparent this is merely a machine translation of the original Turkish page.)
  310. ^ F1 Taksim–Kabataş Füniküler Hattı” [F1 Bağcılar–Kabataş Funicular Line] (Turkish). İstanbul Ulaşım A.Ş. (Istanbul Transport Corporation). 2012年8月20日閲覧。
  311. ^ Raylı Sistemler” [Rail Systems] (Turkish). İstanbul Ulaşım A.Ş. (Istanbul Transport Corporation). 2012年8月20日閲覧。
  312. ^ Ağ Haritaları” [Network Maps] (Turkish). İstanbul Ulaşım A.Ş. (Istanbul Transport Corporation). 2012年8月20日閲覧。
  313. ^ Turkey: Connecting Continents”. Economic Updates. Oxford Business Group (2012年3月7日). 2012年4月3日閲覧。
  314. ^ Efe & Cürebal 2011, p. 723
  315. ^ Public Transportation in Istanbul”. Istanbul Electricity, Tramway and Tunnel General Management. 2012年4月3日閲覧。
  316. ^ Metrobus”. Istanbul Electricity, Tramway and Tunnel General Management. 2012年4月3日閲覧。
  317. ^ Interaktif Haritalar | İç Hatlar” [Interactive Map of Timetables | Inner-City Lines] (Turkish). İDO. 2012年4月3日閲覧。
  318. ^ Dış Hatlar” [Interactive Map of Timetables | Inter-City Lines] (Turkish). İDO. 2012年4月3日閲覧。
  319. ^ Grytsenko, Sergiy (2011年9月26日). “EBRD Supports Privatisation of Ferry Operations in Istanbul”. The European Bank for Reconstruction and Development. 2012年4月4日閲覧。
  320. ^ Liman Hizmetleri” [Port Services] (Turkish). Turkey Maritime Organization (2011年2月10日). 2012年8月28日閲覧。
  321. ^ Bölgesel Yolcu Trenleri” [Regional Passenger Trains] (Turkish). Turkish State Railways. 2012年4月3日閲覧。
  322. ^ Keenan, Steve (2012年6月22日). “How Your Greek Summer Holiday Can Help Save Greece”. The Guardian. 2012年9月28日閲覧。
  323. ^ Haydarpasa Train Station”. Emporis. 2012年4月3日閲覧。
  324. ^ Head, Jonathan (2010年2月16日). “Iraq – Turkey railway link re-opens”. BBC. 2012年4月3日閲覧。
  325. ^ Transports to Middle-Eastern Countries”. Turkish National Railways. 2012年4月3日閲覧。
  326. ^ Akay, Latifa (2012年2月5日). “2012 Sees End of Line for Haydarpaşa Station”. Today's Zaman. 2012年4月3日閲覧。
  327. ^ 世界初の大陸間海底トンネル、トルコで開通 2013年10月30日 08:33 AFP
  328. ^ İstanbul Otogarı” [Istanbul Bus Station] (Turkish). Avrasya Terminal İşletmeleri A.Ş. (Eurasian Terminal Management, Inc.). 2012年4月3日閲覧。
  329. ^ Eurolines Germany–Deutsche Touring GmbH–Europabus”. Touring. 2012年4月3日閲覧。
  330. ^ Strauss, Delphine (2009年11月25日). “Sabiha Gökçen: New Terminal Lands On Time and Budget”. The Financial Times. 2012年7月4日閲覧。
  331. ^ Yolcu Trafiği (Gelen-Giden) (pdf)” [Passenger Traffic (Incoming-Outgoing)] (Turkish). General Directorate of State Airports Authority. 2012年4月3日閲覧。
  332. ^ Sabiha Gökçen Named World's Fastest Growing Airport”. Today's Zaman (2011年8月18日). 2012年4月4日閲覧。
  333. ^ Rogers, Simon (2012年5月4日). “The World's Top 100 Airports: Listed, Ranked, and Mapped”. The Guardian. 2012年7月6日閲覧。
  334. ^ Sister Cities of Istanbul”. 2009年7月1日閲覧。
  335. ^ Erdem, Selim Efe (2009年7月1日). “İstanbul'a 49 kardeş” (Turkish). Radikal. http://www.radikal.com.tr/haber.php?haberno=94185 2009年7月22日閲覧. "49 sister cities in 2003" 
  336. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p IBB (2010 [last update]). “kardes_sehir_isbirligi_ve_iyi_niyet_anlasmasi_imzalanan_seh.pdf (application/pdf Object)”. ibb.gov.tr. 2011年5月30日閲覧。
  337. ^ Berlin's international city relations”. Berlin Mayor's Office. 2009年7月1日閲覧。
  338. ^ Barcelona internacional - Ciutats agermanades” (Spanish). © 2006-2009 Ajuntament de Barcelona. 2009年7月13日閲覧。
  339. ^ Sister cities of Budapest” (Hungarian). Official Website of Budapest. 2009年7月1日閲覧。
  340. ^ www.praha-mesto.cz. “Partner cities”. 2008年10月9日閲覧。
  341. ^ Saint Petersburg in figures - International and Interregional Ties”. Saint Petersburg City Government. 2008年11月23日閲覧。
  342. ^ http://www.ibb.gov.tr/tr-TR/Pages/Haber.aspx?NewsID=20463



イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 07:21 UTC 版)

2011年7月7日にトルコオリンピック委員会がイスタンブールを国内候補都市選出しトルコエルドアン首相8月13日正式に立候補表明した。イスタンブールはこれまで2000年夏季オリンピック-2012年夏季オリンピック4大連続立候補したが、2000年大会で1回目投票最下位(7票)となり落選2008年大会2回目投票最下位(9票)となって落選している。2004年大会2012年大会1次選考落選している。今回5度目挑戦となり、イスタンブールはここ数年競技会場建設インフラ整備急速に進んだことや、トルコ経済順調な発展背景イスラム圏初の五輪開催目指している。イスタンブールはこれまでの招致活動で、国際大会開催経験不足などを指摘されていたが、2010年バスケットボール世界選手権決勝戦開催し2012年3月には陸上世界室内選手権開催成功し着々と開催経験を積んでいる。しかし、2012年4月トルコ2020年のサッカー欧州選手権開催地立候補したIOC規定では、オリンピック同年大規模なスポーツイベント開催することは禁じられているため、IOCジャック・ロゲ会長は「もしイスタンブールが五輪開催地選ばれたら、トルコ欧州選手権開催辞退しなくてはならない」と述べたその後欧州サッカー連盟 (UEFA) のミシェル・プラティニ会長ヨーロッパ多くの国が財政難陥っている現状を踏まえ2020年大会欧州各国での広域開催とする案を提案2012年12月6日理事会広域開催決定した一方トルコ国際サッカー連盟はこの決定否定的な意見述べている。また、隣国シリア内戦収まらず、大規模な軍事衝突懸念がある。イスタンブール招致委員会トップはヤルシン・アクソイが努めメインスタジアム2005年UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦舞台となったアタテュルク・スタジアムとする計画打ち出している。1次選考ではインフラ面や交通面指摘受けたものの、潜在能力があると評価されて正式立候補都市選出された。また、1次選考際に発表された IOC報告書では IOC が行った世論調査市民支持が7割を超えており、政府による強固な支援とともに高く評価された。イスタンブールがオリンピックの開催地選考最終候補まで残ったのは2008年大会選考以来3度目である。イスタンブールの招致委員会2013年1月21日トルコ航空などトルコ国内の7社と総額2千ドル(約18億円)のスポンサー契約結んだ

※この「イスタンブール」の解説は、「2020年夏季オリンピックの開催地選考」の解説の一部です。» 「2020年夏季オリンピックの開催地選考」の概要を見る


イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 01:34 UTC 版)

奈々子実家営んでいる喫茶店二見たちがここでバイトをすることもある。名の由来トルコ同名都市

※この「イスタンブール」の解説は、「キサラギGOLD★STAR」の解説の一部です。» 「キサラギGOLD★STAR」の概要を見る


イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 08:17 UTC 版)

トルコ最大都市イスタンブールは2000年2004年大会に続く3大会連続立候補となったが、2回目投票では9票しか獲得できず、過半数獲得した北京破れた

※この「イスタンブール」の解説は、「2008年夏季オリンピックの開催地選考」の解説の一部です。» 「2008年夏季オリンピックの開催地選考」の概要を見る


イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 21:13 UTC 版)

コンスタンティノープル征服後メフメト2世は町をイスラム教徒居住地とし、減少した人口回復させるために様々な政策打ち出したメフメト治下のイスタンブールでは、宗教公共施設商業施設建設推進されメフメト同時代ギリシャ人歴史家クリトヴォロスは、イスタンブールの復興事業キリスト教徒保護称賛した

※この「イスタンブール」の解説は、「メフメト2世」の解説の一部です。» 「メフメト2世」の概要を見る


イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:58 UTC 版)

İstanbul - トルコ語現在の都市としての名称を指す。ただし、当記事で扱う総主教庁の名にこの表記用いことはない

※この「イスタンブール」の解説は、「コンスタンティノープル総主教庁」の解説の一部です。» 「コンスタンティノープル総主教庁」の概要を見る


イスタンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:58 UTC 版)

İstanbul - トルコ語現在の都市としての名称を指す。ただし、当記事で扱う総主教庁の名にこの表記用いことはない

※この「イスタンブール」の解説は、「コンスタンティノープル総主教庁」の解説の一部です。» 「コンスタンティノープル総主教庁」の概要を見る


イスタンブール(トルコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:21 UTC 版)

久しぶりの魚料理日本近づいている気さえする。食事不自由しない居心地のいい町。

※この「イスタンブール(トルコ)」の解説は、「深夜特急」の解説の一部です。» 「深夜特急」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イスタンブール

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 13:49 UTC 版)

固有名詞

イスタンブール表記のゆれ:イスタンブル

  1. トルコトルコ共和国)の都市

語源

類義語

翻訳


「イスタンブール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



イスタンブールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イスタンブール」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イスタンブールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イスタンブールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイスタンブール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2020年夏季オリンピックの開催地選考 (改訂履歴)、キサラギGOLD★STAR (改訂履歴)、2008年夏季オリンピックの開催地選考 (改訂履歴)、メフメト2世 (改訂履歴)、コンスタンティノープル総主教庁 (改訂履歴)、コンスタンティノープル総主教庁 (改訂履歴)、深夜特急 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイスタンブール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS