古ノルド語とは? わかりやすく解説

古ノルド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 07:03 UTC 版)

古ノルド語(こノルドご、norrǿnt mál英語: Old Norse, ON)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。


注釈

  1. ^ W は古西ノルド語、E は古東ノルド語で用いられたことを意味する。
  2. ^ この場合 æ は /æ/ を表す。

出典

  1. ^ たとえば三省堂言語学大辞典』「古ノルド語」の項。ただし当項目では、8世紀以後の諸方言(古アイスランド語など)を古ノルド語、8世紀以前を「原始ノルド語」(ノルド祖語のこと)と呼ぶ事例についても触れている。
  2. ^ Harbert, Wayne. The Germanic Languages. Cambridge: Cambridge Univ. Press, 2007. 7-10.
  3. ^ a b c d e f g Old Norse Online: Lesson 1 - 1. The Alphabet
  4. ^ Málsnjallr-Máttigr; Mánuðr, alternated with mónoðr
  5. ^ 下宮・金子 (2006): p.21.
  6. ^ 例えばヘンリー・スウィート『An Icelandic Primer』(1895年、[1])など。
  7. ^ Old Norse Online: Lesson 1 - 2.1. Consonants
  8. ^ 下宮・金子 (2006): p.22
  9. ^ ウォルシュ, p. 21
  10. ^ 下宮・金子, p.27.
  11. ^ 下宮・金子, p.35.


「古ノルド語」の続きの解説一覧

古ノルド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:28 UTC 版)

イスタンブール」の記事における「古ノルド語」の解説

中世ヴァイキング東ヨーロッパでの拡大を通してヴァリャーグなどでビザンティン帝国との接点があり、古ノルド語ではミクラガルズ Miklagarðr(mikill は「大きな」や「偉大な」、garðr は「街」)、後にミクラガード Miklagard を使っていた。今日でもこの語はアイスランド語のミクリガルドゥール Mikligarðurフェロー語のミクラガルドゥール Miklagarður の語に残っている

※この「古ノルド語」の解説は、「イスタンブール」の解説の一部です。
「古ノルド語」を含む「イスタンブール」の記事については、「イスタンブール」の概要を参照ください。


古ノルド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/30 13:30 UTC 版)

スウェーデン文学」の記事における「古ノルド語」の解説

詳しくはルーン石碑を参照ルーン石碑多く文学的な目的よりも実用的な目的を持つもので、従って主に歴史学者文献学者関心対象である。また、いくつかのルーン石碑魔術呪術目的で使われいたものであり、碑文本質的に意味をなす文章ではない。例外的に文学的価値有するもっとも特筆すべきものは西暦800年ごろのレーク石碑で、レーク石碑これまでに知られている最長の碑文持ちサガ伝説さまざまな詩句抜粋含まれ頭韻法(fornyrdislag)など種々の韻律形式によって綴られている。一般にはこれがスウェーデン文学黎明みなされている。

※この「古ノルド語」の解説は、「スウェーデン文学」の解説の一部です。
「古ノルド語」を含む「スウェーデン文学」の記事については、「スウェーデン文学」の概要を参照ください。


古ノルド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 22:50 UTC 版)

スウェーデン語の歴史」の記事における「古ノルド語」の解説

詳細は「古ノルド語」を参照 8世紀スカンディナヴィア地方ゲルマン語(原ノルド語)から古ノルド語が成立したゲルマン語はもともとルーン文字書かれていたが、原ノルド語24文字からなるフサルク書かれているに対し、古ノルド語は16文字からなるフサルク書かれている文字数限られたことで、古ノルド語では1つルーン複数音素対応することになった。たとえば母音uに対する文字がo, ø, yにも用いられ、iに対応する文字がeにも用いられるといった具合である。 次いで東西2つ良く似た方言、古西ノルド語ノルウェーおよびアイスランド)と古東ノルド語デンマークおよびスウェーデン)に分かれた古東ノルド語特徴は、元々の二重母音æiが古東ノルド語では単母音eに、auとøyがøになるということである。これに対して古西ノルド語では、それぞれeiauey二重母音のままである12世紀初めごろから、デンマークとスウェーデンの方言が分かれ始める。大雑把に言えば変化デンマーク側で先に起き傾向があり、それがシェラン島からスウェーデン中部にかけていくつかの等語線つくりながら不均等伝播ていったこうした変化中には現代スウェーデン語にはまだ起きてないようなものもあるので、スウェーデン語のほうがより古い形を残しているとも言えるが、それでもだいたいにおいてこの2つ言語間の差は小さなものである

※この「古ノルド語」の解説は、「スウェーデン語の歴史」の解説の一部です。
「古ノルド語」を含む「スウェーデン語の歴史」の記事については、「スウェーデン語の歴史」の概要を参照ください。


古ノルド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 14:53 UTC 版)

i-ウムラウト」の記事における「古ノルド語」の解説

北ゲルマン祖語では後ろにj(子音)が来たとき (*skunja > skyn)、または長音節の後にi(母音)が来たとき(*gastiR > gestr, しかし *staði > *stað のまま)に起こる。後者短音節にも起こことがある (*kuni > kyn, *komiR > kømr)。

※この「古ノルド語」の解説は、「i-ウムラウト」の解説の一部です。
「古ノルド語」を含む「i-ウムラウト」の記事については、「i-ウムラウト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「古ノルド語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「古ノルド語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

古ノルド語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古ノルド語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古ノルド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイスタンブール (改訂履歴)、スウェーデン文学 (改訂履歴)、スウェーデン語の歴史 (改訂履歴)、i-ウムラウト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS