スウェーデンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 君主国 > スウェーデンの意味・解説 

スウェーデン【Sweden】

読み方:すうぇーでん

スカンジナビア半島東部占め立憲王国正称、スウェーデン王国。首都ストックホルム1523年デンマークから独立1814年以来戦争加わらない中立を守る社会保障制度発達した福祉国家人口9612010)。スウェーデン語ではSverige(スベリエ)といい、スベア族の国の意。

[補説] 「瑞典」とも書く。


スウェーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/26 09:39 UTC 版)

スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語:  Konungariket Sverige[ヘルプ/ファイル])、通称スウェーデンは、北ヨーロッパスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。北欧諸国のひとつであり、西にノルウェー、東がフィンランド、南はデンマーク国境を接しており、バルト海を挟む形でバルト三国ポーランドとも接している。


注釈

  1. ^ 現国王カール16世グスタフのモットーは「För Sverige i tiden(スウェーデンのために、時代と共に)」であり、国の標語にもなっている。
  2. ^ 「西」はスペイン(西斑牙)の略字として現在も広く使用されている。
  3. ^ 1947年、スウェーデンは個人識別番号を導入した。
  4. ^ kommunの訳語は一般書では「市」と表記(翻訳)されており、研究書では「コミューン」と音をそのままカタカナ転写するのが一般的である。具体的には一般書として『スウェーデンの分権社会』 (ISBN 4-7948-0500-4)、『スウェーデンの作業療法士』 (ISBN 4-7948-0475-X)、研究書としては『スウェーデンハンドブック』 (ISBN 4-657-97523-4)、『北欧の政治』 (ISBN 4-657-98946-4)、『スウェーデンの政治』 (ISBN 4-657-94626-9) の各書を参照されたし。

出典

  1. ^ a b スウェーデン王国基礎データ”. 外務省. 2023年1月26日閲覧。
  2. ^ スウェーデン”. データ世界銀行. 2021年10月31日閲覧。
  3. ^ スウェーデン”. データ世界銀行. 2021年10月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年10月15日閲覧([1]
  5. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 スウェーデン
  6. ^ a b c d e f スウェーデン
  7. ^ EIU Democracy Index - World Democracy Report
  8. ^ Positive Peace Index | The most and least resilient countries in the world” (英語). Vision of Humanity. 2022年4月9日閲覧。
  9. ^ 国境なき記者団公式ホームページ
  10. ^ 世界で評判の良い国ランキング 1位は2年連続のスウェーデン” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年10月18日). 2020年2月18日閲覧。
  11. ^ 「共同参画」2021年5月号 世界経済フォーラムが「ジェンダー・ギャップ指数2021」を公表” (日本語). 内閣府男女共同参画局 (2021年5月). 2021年7月23日閲覧。
  12. ^ Union, Publications Office of the European (2015年10月1日). “Discrimination in the EU in 2015 : report.” (英語). op.europa.eu. 2021年8月25日閲覧。
  13. ^ POSITIVE PEACE REPORT Analysing the factors that build, predict and sustain peace.”. 2022年1月31日閲覧。
  14. ^ a b c d All About 社会ニュース/よくわかる政治 スウェーデン政治の基礎知識2006
  15. ^ All About NEWSWEEK 揺らぐ「平等の国」スウェーデン 富裕層減税で格差拡大、ポピュリズムや極右台頭の懸念
  16. ^ 日本放送協会. “【詳しく】NATO北欧2か国加盟へ なぜトルコは一転支持? | NHK” (日本語). NHK NEWS WEB. 2022年9月14日閲覧。
  17. ^ 1926年7月11日付の東京朝日新聞記事(神戸大学電子図書館システム)では「日典通商条約」「日瑞居住通商条約」の使用例が確認可能である。
  18. ^ ノルウェーにも侵入、オスロを占領(『東京朝日新聞』昭和15年4月10日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p366 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  19. ^ 手塚和彰 『外国人労働者研究』 信山社 2004年 31頁
  20. ^ 村井誠人 『スウェーデンを知るための60章』 明石書店 2009年 40章 スウェーデンの移民政策
  21. ^ Swedish rightwing on verge of narrow election win but waits on final tally” (英語). the Guardian (2022年9月12日). 2022年9月14日閲覧。
  22. ^ スウェーデン総選挙 右派勢力の過半数獲得確実に 首相辞意表明”. 2022年9月27日閲覧。
  23. ^ Stipendier för utresande till Japan | Svenska institutet”. web.archive.org (2015年4月6日). 2022年2月11日閲覧。
  24. ^ a b c d e Regeringskansliet, Regeringen och (2015年5月7日). “Sverige och FN” (スウェーデン語). Regeringskansliet. 2022年2月11日閲覧。
  25. ^ 北大西洋条約機構(NATO)” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年7月27日閲覧。
  26. ^ トルコ大統領、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟「凍結」を示唆” (日本語). CNN.co.jp. 2022年7月27日閲覧。
  27. ^ Putin “Nukes” Sweden Again – This Time Nearly for Real”. 2022年5月2日閲覧。
  28. ^ a b Russian Jets That Violated Airspace and Entered Sweden Were Carrying Nukes and Was a Deliberate Move to Scare Stockholm” (英語). www.ibtimes.sg (2022年3月31日). 2022年5月2日閲覧。
  29. ^ a b c d ロバート・ダルシュ 2012, p. 149.
  30. ^ ロバート・ダルシュ 2012, p. 153.
  31. ^ ロバート・ダルシュ 2012, p. 154-155.
  32. ^ ロバート・ダルシュ 2012, p. 158.
  33. ^ “緊張高まるバルト海の要塞ゴトランド島 スウェーデン12年ぶり再軍備「“夢”破れた。挑発抑える」”. 産経新聞朝刊. (2017年3月10日). https://www.sankei.com/article/20170310-CIL2WHUZ5NL7BMEVFUXHE4UUBM/ 
  34. ^ Sweden and Finland join UK-led response force”. イギリス国防省ホームページ. 2017年7月10日閲覧。
  35. ^ 人口は2007年6月30日付のスウェーデン統計局(Statistiska centralbyrån)による統計結果。面積はナショナルエンスィークロペディーン(Nationalencyklopedin)調べの数値。人口密度は小数第三位を四捨五入。
  36. ^ キャッシュレス化した北欧の決済事情と旅行者への注意点”. 欧州旅行人 Euro traveller. 2018年9月7日閲覧。
  37. ^ スウェーデンの現金使用率は2%、キャッシュレス社会への賛否”. ハフポスト (2017年3月2日). 2018年9月7日閲覧。
  38. ^ 現金お断り!スウェーデンのキャッシュレス社会がすごい
  39. ^ スウェーデンが進めるキャシュレス社会、「現金お断り」のお店も”. Digital Innovation Lab (2016年12月28日). 2018年9月7日閲覧。
  40. ^ a b c 山田裕規 (2018年2月20日). “現金が消えた国?スウェーデンで見た財布とスマホ”. NHK. 2018年9月7日閲覧。
  41. ^ 「スウェーデン」 外務省
  42. ^ Report for Selected Countries and Subjects” (英語). IMF. 2023年1月26日閲覧。
  43. ^ GNI per capita, PPP (current international $) | Data”. data.worldbank.org. 2021年9月27日閲覧。
  44. ^ ARCレポート(スウェーデン) 2017年9月 56-7頁
  45. ^ 石弘之著『地球環境報告』岩波書店《岩波新書(新赤版33)》 1988年 216ページ
  46. ^ 北欧に学ぶ キャッシュレス支える強い経済(加藤出)
  47. ^ https://www.coursera.org/lecture/ai-business-future-of-work/difference-between-definitions-of-ai-with-irene-ek-Z4lik” (日本語). Coursera. 2022年12月23日閲覧。
  48. ^ Society at a Glance 2014, OECD, (2014-03-18), doi:10.1787/soc_glance-2014-en, ISBN 9789264206694 
  49. ^ スウェーデン 出生率(出産), 1950-2019 - knoema.com” (日本語). Knoema. 2020年7月14日閲覧。
  50. ^ 北欧通信第3号 スウェーデン人から見た日本像 (2004年)
  51. ^ 国際交流基金 - スウェーデン(2020年度)”. www.jpf.go.jp. 2023年1月26日閲覧。
  52. ^ 医療制度の国際比較 (Report). 財務総合政策研究所. (2010-06-30). Chapt.5. https://www.mof.go.jp/pri/research/conference/zk087.htm. 
  53. ^ イギリス及びスウェーデンの医療制度と医療技術評価」『レファレンス』第753巻、国立国会図書館、2013年10月。
  54. ^ Revenue Statistics (Report). OECD. doi:10.1787/19963726. 
  55. ^ OECD Social Expenditure Statistics (Report). OECD. (2011). doi:10.1787/socx-data-en. http://www.oecd.org/els/soc/expenditure.htm. 
  56. ^ Innovation, Science/Research: Inventing tomorrow's world - SWEDEN.SE”. web.archive.org (2011年1月4日). 2022年1月29日閲覧。
  57. ^ a b 星野泉 (2006-03). スウェーデンの地方財政と地方財政調整制度. 平成17年度比較地方自治研究会調査研究報告書 (財団法人自治体国際化協会). http://www.clair.or.jp/j/forum/series/pdf/h17-7.pdf. 
  58. ^ a b c 寛容の国スウェーデンで極右が台頭するワケをグラフで見える化してみた(木村正人) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2021年1月12日閲覧。
  59. ^ Manga images ‘not child porn’: Supreme Court” (英語). The Local Sweden (2012年6月15日). 2022年2月7日閲覧。
  60. ^ BROTTSBALK (1962:700)”. 2022年3月24日閲覧。
  61. ^ Fakta om barnpornografibrott - Om Polisen - www.polisen.se”. archive.ph (2010年8月25日). 2022年3月24日閲覧。
  62. ^ Wayback Machine”. web.archive.org. 2022年3月24日閲覧。
  63. ^ ‘Prison is not for punishment in Sweden. We get people into better shape’ | Erwin James” (英語). the Guardian (2014年11月26日). 2022年8月23日閲覧。
  64. ^ Sweden's Prison System”. REhabilitation, not incarceration. 2022年8月23日閲覧。
  65. ^ a b Prison 'not for punishment' in Sweden” (英語). Corrections1. 2022年8月23日閲覧。
  66. ^ 「北欧諸国への難民申請者数が減少、最も激減したのはノルウェー。ポピュリズム効果?」
  67. ^ “Immigrants: The ins and the outs”. The Economist. (2013年2月2日). http://www.economist.com/news/special-report/21570836-immigration-and-growing-inequality-are-making-nordics-less-homogeneous-ins-and 2013年6月10日閲覧。 
  68. ^ Number of persons with foreign or Swedish background (detailed division) by region, age in ten year groups and sex. Year 2002–2011”. Statistics Sweden. 2013年1月5日閲覧。
  69. ^ Statistikdatabasen” (Swedish). Statistics Sweden. 2013年3月12日閲覧。
  70. ^ Antal personer med utländsk eller svensk bakgrund (grov indelning) efter region, ålder i tioårsklasser och kön. År 2002 – 2011” (Swedish). Statistics Sweden. 2016年5月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  71. ^ 6.5% of the EU population are foreigners and 9.4% are born abroad (PDF)”. Eurostat. 2013年3月13日閲覧。
  72. ^ a b Tabeller över Sveriges befolkning 2009” (Swedish). Statistics Sweden (2009年1月24日). 2011年9月1日閲覧。
  73. ^ Befolkningsutveckling; födda, döda, in- och utvandring, gifta, skilda 1749–2007” (Swedish). Statistics Sweden. 2013年9月7日閲覧。
  74. ^ “Stockholm riots raise questions about immigration policy”. Financial Times. (2013年5月22日). http://www.ft.com/intl/cms/s/0/c4843956-c2f3-11e2-9bcb-00144feab7de.html#axzz2UIBxfkhu 
  75. ^ “スウェーデン、亡命希望のシリア難民全員受け入れへ”. AFPBB News. (2013年9月4日) 
  76. ^ a b スウェーデン、亡命希望のシリア難民全員受け入れへ” (日本語). www.afpbb.com. 2022年2月3日閲覧。
  77. ^ Union, Publications Office of the European (2015年10月1日). “Discrimination in the EU in 2015 : report.” (英語). op.europa.eu. 2021年8月25日閲覧。
  78. ^ a b c POSITIVE PEACE REPORT Analysing the factors that build, predict and sustain peace.”. 2022年1月31日閲覧。
  79. ^ Global Peace Index Map » The Most & Least Peaceful Countries” (英語). Vision of Humanity. 2022年2月11日閲覧。
  80. ^ スウェーデン テロ・誘拐情勢 2014-12-25
  81. ^ a b Fler upplever brottslighet och vandalisering i sitt bostadsområde” (スウェーデン語). Statistiska Centralbyrån. 2022年2月10日閲覧。
  82. ^ a b Brå - Brottsförebyggande rådet - Dödligt våld”. web.archive.org (2012年3月6日). 2022年2月10日閲覧。
  83. ^ スウェーデン司法省 (2015年). “The Swedish judicial system”. 2017年5月28日閲覧。
  84. ^ a b Help for those who are living with domestic violence” (英語). www.migrationsverket.se. 2021年1月12日閲覧。
  85. ^ スウェーデンのDV(家庭内暴力)の深刻な実態” (日本語). news.allabout.co.jp. 2021年1月12日閲覧。
  86. ^ a b https://www.europarl.europa.eu/RegData/etudes/IDAN/2018/604958/IPOL_IDA(2018)604958_EN.pdf
  87. ^ a b Sweden”. evaw-global-database.unwomen.org. 2021年1月12日閲覧。
  88. ^ “Sweden's rape rate under the spotlight” (英語). BBC News. (2012年9月14日). https://www.bbc.com/news/magazine-19592372 2021年1月12日閲覧。 
  89. ^ Wolf, Naomi (2012年8月31日). “Sweden’s Other Rape Suspects | by Naomi Wolf” (英語). Project Syndicate. 2021年1月12日閲覧。
  90. ^ 在留邦人向け安全の手引き 在スウェーデン日本国大使館 2014-12-25
  91. ^ a b c d e f g h i Nyheter, S. V. T.; Håkansson, Axel; Larsson, Jens; Sundin, Kenneth (2015年11月2日). “Extrem situation jämfört med grannländerna” (スウェーデン語). SVT Nyheter. https://www.svt.se/nyheter/lokalt/vast/extrem-situation-jamfort-med-grannlanderna 2022年2月10日閲覧。 
  92. ^ 2008_23_brottsuvecklingen.pdf”. 2022年2月10日閲覧。
  93. ^ 経済平和研究所” (日本語). www.rotary.org. 2021年11月10日閲覧。
  94. ^ スウェーデン総選挙、中道右派政権続投 右翼政党も議席 (アサヒ・コム)
  95. ^ a b “ストックホルムで3夜連続の暴動、車や学校に放火”. AFP. (2013年5月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/2945617?pid=10786496 
  96. ^ “Ny kartläggning av våldtäktsdomar: 58 procent av de dömda är födda utomlands” (スウェーデン語). https://www.expressen.se/gt/utlandsfodda-en-majoritet-bland-domda-i-valdtaktsfall/?utm_medium=link 2018年8月22日閲覧。 
  97. ^ Eurobarometer”. europa.eu. 2021年10月3日閲覧。
  98. ^ Union, Publications Office of the European (2015年10月1日). “Discrimination in the EU in 2015 : report.” (英語). op.europa.eu. 2021年8月25日閲覧。
  99. ^ Gender Inequality Index (GII) | Human Development Reports”. hdr.undp.org. 2022年2月11日閲覧。
  100. ^ 川嶋未来. “【インタビュー】DARK FUNERAL”. Lawson HMV Entertainment, Inc.. 2016年6月12日閲覧。
  101. ^ 川嶋未来. “【インタビュー】SABATON”. Lawson HMV Entertainment, Inc.. 2016年6月12日閲覧。
  102. ^ IBRAHIMOVIC TAKES PLAYER OF YEAR GONG”. Legue1 (2013年5月20日). 2019年9月19日閲覧。



スウェーデン(1921年に廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:16 UTC 版)

世界の死刑制度の現状」の記事における「スウェーデン(1921年廃止)」の解説

スウェーデンでは1800年から1866年間に644人の死刑執行が行われていたが、殺人罪外で死刑適用されたのは1853年発生した集団暴行事件首謀者に対するものが最後であった。だが、1866年以降1921年までに死刑執行されたのは15人と激減した最後の執行1910年1月発生した強盗殺人に対するもので、1910年11月23日ストックホルム行われたが、ギロチンスウェーデン史唯一死刑執行使われた。それまで斬首刑行われており、絞首刑1864年刑法改正削除実際には1836年最後に使われていなかった)されていた。 スウェーデンで死刑廃止されたのは、1921年3月であるが、この時は「戦時犯罪を除く」とされた。全体的に死刑廃止されたのは1973年1月1日以降である。また1975年憲法改正死刑絶対禁止項目が盛り込まれた。 スウェーデンの世論であるが、死刑制度への支持率30から40%の間を変化しているという。スウェーデンの世論調査会社SIFOによる2006年の調査によれば、スウェーデン市民36%が『死によって罰されなければならない犯罪があると思う』と考えており、特に若い男性のほうが他の年齢層よりも支持率高かった。しかし他の年齢層では死刑に対する支持概ね低かったという。

※この「スウェーデン(1921年に廃止)」の解説は、「世界の死刑制度の現状」の解説の一部です。
「スウェーデン(1921年に廃止)」を含む「世界の死刑制度の現状」の記事については、「世界の死刑制度の現状」の概要を参照ください。


スウェーデン(1979–96年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 18:18 UTC 版)

ワクチン忌避」の記事における「スウェーデン(197996年)」の解説

スウェーデンでは、1979年から96年にかけて百日咳予防接種中止による空白期間中は、子供60%が10歳までに百日咳感染していた。緊密な医療監視によって、死亡率は年あたり1人程度抑えられた。

※この「スウェーデン(1979–96年)」の解説は、「ワクチン忌避」の解説の一部です。
「スウェーデン(1979–96年)」を含む「ワクチン忌避」の記事については、「ワクチン忌避」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スウェーデン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スウェーデン

出典:『Wiktionary』 (2020/05/17 03:50 UTC 版)

固有名詞

スウェーデン

  1. ヨーロッパにある、スカンジナビア半島東半分を占める国。正式名称スウェーデン王国首都ストックホルムスエーデン

別表記

関連語

翻訳


「スウェーデン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「スウェーデン」に関係したコラム

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

  • FXの通貨ペアの値幅一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の値幅とは、通貨ペアが値上がり、あるいは、値下がりする際の最小の為替レートのことです。例えば、USD/JPYの値幅は0.001円です。USD/JPYが1ドル79.595円の場...

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • CFDの取引で配当金を受け取るには

    CFDの取引で配当金を受け取るには、株式取引で買い建てをした場合です。もちろん、保有銘柄が株主配当を行っている場合に限ります。配当金は、権利確定日の取引終了日に買い建玉を保有していることが条件になりま...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スウェーデン」の関連用語

スウェーデンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スウェーデンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスウェーデン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの世界の死刑制度の現状 (改訂履歴)、ワクチン忌避 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスウェーデン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS