ノーベル文学賞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > イベント > > ヨーロッパの文学賞 > ノーベル文学賞の意味・解説 

ノーベル文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 14:38 UTC 版)

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう、スウェーデン語: Nobelpriset i litteratur)はノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物[1]に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年フレデリック・ミストラルホセ・エチェガライ・イ・アイサギレ1917年カール・ギェレルプヘンリク・ポントピダン1966年シュムエル・アグノンネリー・ザックス1974年エイヴィンド・ユーンソンハリー・マーティンソンが2人同時受賞となっている。




  1. ^ Nobel Media AB. “Full text of Alfred Nobel's Will”. 2011年10月22日閲覧。
  2. ^ 柏倉、2-3頁。
  3. ^ a b c 戎崎俊一監修 『ノーベル文学賞と経済学賞 : 暮らしと心を豊かにした人びと』 ポプラ社、2003年ISBN 4-591-07516-8、2-3頁 16頁。
  4. ^ The Asahi Shimbun Company. “ノーベル文学賞 選考の地を訪ねて〈上〉”. 2011年10月22日閲覧。
  5. ^ 柏倉、4-7頁。
  6. ^ 柏倉、104-105頁。
  7. ^ 柏倉、179-180頁。
  8. ^ 柏倉、79頁。
  9. ^ ノーベル賞のメダル”. アワードプレス. 2017年10月4日閲覧。
  10. ^ 柏倉、8-9頁。
  11. ^ 大木ひさよ「川端康成とノーベル文学賞 スウェーデンアカデミー所蔵の選考資料をめぐって」『京都語文』第21号(2014年) 45頁
  12. ^ 柏倉、15-23頁。
  13. ^ 柏倉、42-43頁。
  14. ^ 柏倉、56-59頁。
  15. ^ 柏倉、99-101頁。
  16. ^ Nobel Media AB. “Nobel Prize Facts”. 2011年10月29日閲覧。Four Nobel Laureates have been forced by authorities to decline the Nobel Prize!
  17. ^ 柏倉、141-147頁。
  18. ^ Nobel Media AB. “Nobel Prize Facts”. 2011年10月29日閲覧。Two Nobel Laureates have declined the Nobel Prize!
  19. ^ 柏倉、148-151頁。
  20. ^ a b 下司佳代子 (2018年5月4日). “ノーベル文学賞、今年の選考見送り レイプ疑惑で混乱”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASL536X03L53UHBI019.html 2018年5月4日閲覧。 
  21. ^ a b 矢野純一 (2018年5月4日). “ノーベル賞 文学賞選考延期 セクハラ・情報漏えい疑惑で”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180504/k00/00e/040/216000c 2018年5月5日閲覧。 
  22. ^ ノーベル文学賞、今年は見送り=選考機関、性犯罪疑惑で混乱-スウェーデンAFP 2018年5月4日閲覧


「ノーベル文学賞」の続きの解説一覧





ノーベル文学賞と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノーベル文学賞」の関連用語

ノーベル文学賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノーベル文学賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル文学賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS