ロシア語とは?

ロシア‐ご【ロシア語】


ロシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 03:09 UTC 版)

ロシア語(ロシアご、русский язык[ˈruskʲɪj jɪˈzɨk] ( 音声ファイル))は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派東スラヴ語群に属する言語露語とも略される。ロシア連邦公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語ベラルーシ語がある。




  1. ^ 岩間他(1979), pp. 260-261.
    袴田茂樹. “第5回 ロシア人と外国語――欧米文化に復帰するロシア人”. TMU CONSULTING. 2012年11月27日閲覧。
  2. ^ 田中克彦『「スターリン言語学」精読』、岩波書店、2000年、171頁
  3. ^ a b 旧ソ連圏で相次ぐ“ロシア語離れ” 反露感情、ロシアの地位低下を反映か産経新聞 2018年9月30日
  4. ^ 桂川甫周『北槎聞略・大黒屋光太夫ロシア漂流記』亀井高孝校訂、岩波書店(岩波文庫)1993年(平成5年)、148~156頁、273~332頁
  5. ^ ロシア語の黎明期渡辺雅司、ロシア語ロシア文学研究15号、1983-09
  6. ^ 公的なロシア語教育の起源は1871年に外務省が設置した「独魯清語学所」で、これは東京外国語学校に統合された。
  7. ^ 同年のポーツマス条約で日本が南樺太を領有してサハリンをロシアと南北分割し、続く1910年の韓国併合で日本領となった朝鮮北東端の日本海沿岸部分がロシアの沿海地方と豆満江河口部で接した。
  8. ^ a b c 概要”. 早稲田大学文学学術院文学部 ロシア語ロシア文学コース . 2020年12月13日閲覧。
  9. ^ 杉山は1916年を同大学露語学科の設置年としている。
  10. ^ 戦後の学制改革で大阪外国語大学となり、2007年に大阪大学へ統合。ロシア語教育の部署は同大学外国語学部ロシア語専攻としてその後も残存。
  11. ^ 現在の天理大学。2020年現在ではロシア語やロシア文学の単独学科はなく、同大学国際学部地域文化学科ヨーロッパ・アフリカ研究コースにロシア語担当の教員が在籍。
  12. ^ 杉山、138p。
  13. ^ 一部はソ連とともに日本と戦ったモンゴル人民共和国領内の収容所へ送られた。
  14. ^ 千島列島南部の国後島択捉島、北海道東方の色丹島などでは日本政府が領有権の残存を主張している(北方領土問題)。
  15. ^ 西原史暁、「ロシア語、第二外国語となる―戦後の東京大学の場合」、2011年2月6日公開、2020年12月13日閲覧。この時点では理科一類(工学部系)と理科二類(理学部・農学部・薬学部系)の学生のみ。後に全6科類の学生に対象が拡大。
  16. ^ 東京物語 Токио Моногатари - ニコライ堂”. ロシア語通訳協会. 2020年12月13日閲覧。
  17. ^ “旧ソ連圏で相次ぐ“ロシア語離れ” 反露感情、ロシアの地位低下を反映か”. 産経新聞. (2018年9月29日). https://www.sankei.com/world/photos/180929/wor1809290021-p1.html 2018年9月30日閲覧。 
  18. ^ アクセントのないоは[ɐ~ə]、еは[ɪ~ɪ̯ə~ə]に弱化するため、正確にはイ クラトカヤ[ˈi ˈkratkəɪ̯ə]
  19. ^ 半母音の й は、主に母音の後ろでのみあらわれ、日本語のヤ、ユ、ヨのように [j] の音の後ろに母音が続く場合は е, ё, ю, я を用いる。
  20. ^ a b 硬音の子音は微妙に「ウ」の音感、軟音の子音は微妙に「イ」の音感を伴う。
  21. ^ 硬音記号は、現在では軟母音で始まる単語の前に硬子音で終わる接頭辞が付加される場合(例: под + ехатьподъехать)にしか用いられない。ただし日本語をロシア語式に音訳する際、[n]と後続の母音を分けて発音することを明示する必要がある場合など(例:欽一の「きんいち」が「きち」にならないようにする)、外国語の表記に用いることがある。
  22. ^ к、т、чの前のгは/х/となるため、正確にはミャフキイズナク[ˈmʲæxʲkʲɪɪ̯ znak]
  23. ^ 軟音記号はそれが伴う直前の子音が軟音であることを現す。
  24. ^ アラスカでロシア語の方言発見、ロシアNOW、2013年5月30日
  25. ^ ソ連科学アカデミー東洋学研究所『和露大辞典』ニコライ・コンラド監修、1976年、ナウカ、裏表紙の表の表記に基づいた。



ロシア語

出典:『Wiktionary』 (2020/03/28 02:52 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 ru
ISO639-2 rus
ISO639-3 rus
SIL {{{4}}}

名詞

ロシアロシアご漢字表記:露語

  1. ロシア公用語ロシアのほか主に旧ソ連諸国にて用いられ、国連公用語一つ

翻訳




ロシア語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

ロシアの言語 古シベリア諸語  ユカギール諸語  ロシア語  アルタイ語  チュクチ・カムチャツカ語族
ウズベキスタンの言語 ブハラ語  ドンガン語  ロシア語  クリミア・タタール語  カラカルパク語
カザフスタンの言語 カザフ語  キルギス語  ガガウズ語  ドンガン語  ロシア語
ウクライナの言語 ウクライナ語  ガガウズ語  ロシア語  クリミア・タタール語  ハンガリー語
タジキスタンの言語 キルギス語  ブハラ語  ドンガン語  ロシア語  ソグド語
ラトビアの言語 ベラルーシ語  リヴォニア語  ラトビア語  ロシア語  ラトガリア語
アゼルバイジャンの言語 ザザキ語  アヴァル語  レズギ語  ロシア語  アゼルバイジャン語
トルクメニスタンの言語 レズギ語  カザフ語  ドンガン語  ロシア語  トルクメン語
エストニアの言語 ベラルーシ語  ヴォロ語  ロシア語  エストニア語
ベラルーシの言語 ベラルーシ語  ロシア語

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロシア語」の関連用語

ロシア語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロシア語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロシア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロシア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS