ラトビアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > ラトビアの意味・解説 

ラトビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/04 14:27 UTC 版)

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、ラトビア語: Latvijas Republika)、通称ラトビアは、バルト海東岸に位置する共和制国家。国土面積は約6.5万平方キロメートル、人口は約189万人(2021年1月時点)、首都リガ[3]


注釈

  1. ^ ラトビアはロシア西部プスコフ州の一部の領有権を主張した。

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2021” (英語). IMF (2021年10月). 2021年11月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k ラトビア共和国(Republic of Latvia)基礎データ 日本国外務省(2022年7月7日閲覧)
  4. ^ わかる!国際情勢>Vol.80 バルト三国と日本 日本国外務省(2022年7月7日閲覧)
  5. ^ 国際連合統計局の分類より。地図 および次の「Northern Europe」参照 [1] 2011年2月17日(2011年4月2日閲覧)。
    日本の外務省欧州局は西欧課が担当する。外務省欧州局(2011年4月2日閲覧)。
  6. ^ 「ラトビア、徴兵制復活」AFP(2022年7月6日)2022年7月7日閲覧
  7. ^ 内閣府. “ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計表(県民経済計算) > 県民経済計算(平成18年度 - 平成27年度)(2008SNA、平成23年基準計数)> 統計表 > 1. 総括表 > 県内総生産(生産側、名目)※支出側も同じ(Excel形式:71KB)”. 2018年12月13日閲覧。
  8. ^ World Economic Outlook Database, October 2018” (英語). IMF (2018年10月). 2018年12月13日閲覧。
  9. ^ “EU、ラトビアのユーロ導入を正式承認 18カ国体制に”. 日本経済新聞. (2013年7月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM09050_Z00C13A7FF1000/ 2014年1月6日閲覧。 
  10. ^ “ラトビアがユーロ導入、18カ国目”. ロイター. (2014年1月2日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA0102D20140102 2014年1月6日閲覧。 
  11. ^ ラトビアの正式加盟 : OECD 日本政府代表部” (日本語). www.oecd.emb-japan.go.jp. 2018年7月4日閲覧。
  12. ^ ラトビア共和国”. 外務省. 2022年8月27日閲覧。
  13. ^ Population, total”. 世界銀行. 2016年9月18日閲覧。
  14. ^ a b “ラトビア「帰ってきて」訴え…EU加盟後、国民流出”. 毎日新聞. (2016年9月18日). http://mainichi.jp/articles/20160918/k00/00m/030/091000c 2016年9月18日閲覧。 
  15. ^ Veģis, Pēteris. “On key provisional results of Population and Housing Census 2011”. Iedzīvotāji pēc tautības gada sākumā - Tautība un Laika periods. Social Statistics Department of Latvia. 2022年2月23日閲覧。
  16. ^ Gada laikā iedzīvotāju skaits Rīgā sarucis par 6700 iedzīvotājiem”. 2022年2月3日閲覧。
  17. ^ Laulības reģistrācija vai šķiršana: kas notiek ar uzvārdiem?, SKAIDROJUMI, Feb 13, 2015.
  18. ^ ラトビアの結婚式 在ラトビア日本国大使館
  19. ^ Latvija sprendžia nepiliečių klausimą: siūlo naujagimiams automatiškai suteikti pilietybę”. LRT.lt. 2022年2月3日閲覧。
  20. ^ No more "non-citizens" to be born in Latvia from 2020”. 2022年8月27日閲覧。
  21. ^ Government okays transition to Latvian as sole language at schools in 2019”. 2022年2月3日閲覧。
  22. ^ 2012. gada 18. februāra tautas nobalsošana par likumprojekta "Grozījumi Latvijas Republikas Satversmē" pieņemšanu Rezultāti
  23. ^ 海外安全ホームページ: 安全対策基礎データ :ラトビア 日本国外務省
  24. ^ “「世界一美しい国」ラトビアが圧倒的”. (2013年10月12日). http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/11/worlds-most-beautiful-cou_n_4083274.html 2014年11月25日閲覧。 
  25. ^ latvia.travel”. 2022年10月4日閲覧。


「ラトビア」の続きの解説一覧

ラトビア

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 11:24 UTC 版)

異表記・別形

固有名詞

ラトビア

  1. ヨーロッパ北東部にある国。バルト海沿岸面する正式名称ラトビア共和国首都リガ

派生語

翻訳


「ラトビア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ラトビアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ラトビア」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラトビア」の関連用語

ラトビアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラトビアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラトビア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラトビア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS