世界銀行とは?

世界銀行(IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)


世界銀行

【英】:The World Bank

1944年ブレトンウッズ会議IMF(国際通貨基金)とともにIBRD(国際復興開発銀行)が創設された。
世界銀行(WB)は独自の規約を持つ国連の特別機関であり、世界最大援助機関である。
世界銀行は一般にIBRD(国際復興開発銀行)とIDA(国際開発協会)を意味する。これに姉妹機関であるIFC(国際金融公社)、MIGA(多数国間投資保証機関)、ICSID(投資紛争解決国際センター)をあわせて世界銀行グループと呼ぶ。
IBRD(国際復興開発銀行)の当初目的は、戦争破壊からの復興開発途上国における生産設備および生産資源開発であった。最近は、開発途上国貧困緩和持続的成長のための支援目的としている。
IBRDIDA各国マクロ経済調査などの各種調査行い、国別支援戦略決定し、支援の重点分野決定している。
その後借入国政府や他の援助機関との対話行いつつ、具体的な支援プログラム・プロジェクトを決定している。
案件実施借入自身が行い、IBRDIDAはこれら事業円滑に実施されるようモニタリングを行っている。
2003年2月現在184カ国が加盟している。
IDA(国際開発協会)は準商業ベースでの条件での借入が困難な貧困途上国に対して、より緩和された条件融資を行うことを目的としている。IBRD事業資金市場からの資金調達により行われており、IDA融資のための事業資金は、先進国からの出資金IBRD純益移転などにより行われている。世界銀行グループの5つの機関はその管理上、共通の事業所使用しており、世界銀行の総裁に対して責任を負う本部ワシントンにある。

関連情報リンク】
The World Bank

世界銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 06:20 UTC 版)

世界銀行(せかいぎんこう、略称:世銀英語: World Bank)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関である。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。




  1. ^ 国際復興開発銀行 (IBRD):http://www.worldbank.org/ja/country/japan/brief/international-bank-for-reconstruction-and-development
  2. ^ 『世界銀行 歴史・資金・組織』松本悟 (「NGOから見た世界銀行 市民社会と国際機構のはざま」所収) p26 松本悟・大芝亮編著 ミネルヴァ書房 2013年5月30日初版第1刷
  3. ^ 『世界銀行 歴史・資金・組織』松本悟 (「NGOから見た世界銀行 市民社会と国際機構のはざま」所収) p28 松本悟・大芝亮編著 ミネルヴァ書房 2013年5月30日初版第1刷
  4. ^ 「日本が世界銀行からの貸し出しを受けた 31プロジェクト」
  5. ^ 日本国外務省 ODAとは? ODAちょっといい話 第二話 戦後の灰燼からの脱却
  6. ^ 日本国外務省 わが外交の近況 昭和44年度(第14号) 第3節 経済協力のための国際協調
  7. ^ 『世界銀行 歴史・資金・組織』松本悟 (「NGOから見た世界銀行 市民社会と国際機構のはざま」所収) p37-38 松本悟・大芝亮編著 ミネルヴァ書房 2013年5月30日初版第1刷
  8. ^ 「緑の帝国 世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム」p57-61 マイケル・ゴールドマン著 山口富子監訳 京都大学学術出版会 2008年2月15日初版第1刷発行
  9. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p22-23
  10. ^ 「ケニアを知るための55章」pp136 松田素二・津田みわ編著 明石書店 2012年7月1日初版第1刷
  11. ^ 「アフリカ経済論」p102 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  12. ^ http://toyokeizai.net/articles/-/243 『「スキャンダルまみれの世界銀行が抱える宿痾」ハーバード大学教授 ケネス・ロゴフ』東洋経済ONLINE 2007年06月11日  2017年3月15日閲覧
  13. ^ 日本国外務省 第67回(2012年)国際通貨基金・世界銀行年次総会の主催国公式ホームページを開設しました
  14. ^ 「世界銀行ガイド」p10 世界銀行刊 田村勝省訳 シュプリンガー・フェアクラーク東京株式会社 2005年9月9日発行
  15. ^ 「世界銀行の次期総裁にキム氏、初のアジア系」日テレNEWS24 2012年4月17日 2017年3月15日閲覧
  16. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/2872102 「世界銀行、次期総裁に米国のキム氏を選出」AFPBB 2012年04月17日 2017年3月15日閲覧
  17. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/IBRDCountryVotingTable.pdf International Bank for Reconstruction and Development as of March 2015
  18. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/IFCCountryVotingTable.pdf International Finance Corporation as of March 2015
  19. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/IDACountryVotingTable.pdf International Development Association as of December 2014
  20. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/MIGACountryVotingTable.pdf Multilateral Investment Guarantee Agency as of December 2014





世界銀行と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界銀行」の関連用語

世界銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



世界銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS