世界銀行チーフエコノミストとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界銀行チーフエコノミストの意味・解説 

世界銀行チーフエコノミスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/20 00:39 UTC 版)

世界銀行チーフエコノミスト(せかいぎんこうチーフエコノミスト、World Bank Chief Economist)は、正式名称を世界銀行上級副総裁経済開発チーフエコノミスト(Senior Vice President, Development Economics, and Chief Economist)といい、世界銀行の副総裁にあたる役職で、国際経済において最も影響力のあるポストのひとつである。世界銀行チーフエコノミストは、世界的、地域的、国家的、それぞれのレベルで、世界銀行の開発戦略と経済調査のアジェンダ全般を経済学的見地から牽引する立場にある。また、上級管理チームのメンバーとして、世界銀行と世界銀行総裁の経済問題の調整に関して助言を行う。




「世界銀行チーフエコノミスト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界銀行チーフエコノミスト」の関連用語

世界銀行チーフエコノミストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



世界銀行チーフエコノミストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界銀行チーフエコノミスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS