インドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > インドの意味・解説 

インド 【India 印度】

狭義にはインド共和国(旧イギリス領一九七年独立、五〇年共和制)をいうが、広義にはアジア大陸中南部インド洋突き出た大半島、ならびにセイロン島まで含めた地域名。インド、パキスタンバングラデシュスリランカモルジブの各共和国と、ネパールブータン小王国がある。インドの名は、インダス川梵語シンドゥ(Sindhu大きな川)と呼んだのに起因するといわれ、ペルシア人はヒンドゥ(Hindu)、ギリシア人インディアIndia)と訛称した。中国では身毒・信度・捐度・賢豆・天篤・天竺など種々に書いたが、昔の日本でも、これを踏襲した。前三〇〇〇年頃からインダス川流域文明栄え、前一五〇〇年頃からドラヴィダ族圧迫してアーリヤ人侵入した宗教史的に七期とする説がある。①神話時代(前一五〇〇−前一〇〇〇年頃)で、天然現象神格化していた。②バラモン教時代(前一〇〇〇−前五〇〇年頃)。③インド哲学興起時代(前五〇〇−前二五〇年頃)。④仏教興隆時代(前二五〇~後五〇〇年頃)。⑤バラモン教復興時代(五〇〇一〇〇〇年頃)。⑥ヒンドゥー教成立時代一〇〇〇一五〇〇年頃)。⑦現代一五〇〇年頃よりキリスト教入り諸宗混在現状である(比屋根安定世界宗教辞典』)。キリスト教ネストリウス派が六世紀までに入っていたともいわれる一二三年イスラム教徒仏教一大中心地ビクラマシラー寺を破壊し仏教排撃された。一九一年調査インド共和国宗教人率は、ヒンドゥー教インド教とも)八二・七%、イスラム教一一・二%、キリスト教二・六%、シク教一・九%、仏教〇・七%、ジャイナ教〇・五%、その他(パールシーユダヤ教など)〇・四%となっている(平凡社大百科事典』)。

インド

インド
India
通貨単位インド・ルピーパイサ
Indian Rupee / Paise
1ルピー=100パイサ
マップ
1 ルピー (2001)
1 ルピー (1980) *
50 パイサ *
25 パイサ *
20 パイサ (1971) *
10 パイサ *
5 パイサ (1981) *
3 パイサ *
2 パイサ (1978) *
1 パイサ (1972) *

インド―KUMIKO

作者中島らも

収載図書エキゾティカ
出版社双葉社
刊行年月1998.5


インド

名前 Ind

インド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/18 02:35 UTC 版)

インドヒンディー語: भारत英語: India[注釈 2] またはインド共和国(インドきょうわこく、ヒンディー語: भारत गणराज्य英語: Republic of India[注釈 3][3]南アジアに位置し、インド亜大陸の大半を領してインド洋に面する連邦共和制国家。首都はデリーニューデリー[3]、最大都市はムンバイ[4]


注釈

  1. ^ 日本の学校教育では(財)世界の動き社『世界の国一覧表』の2002年度版がデリー首都圏の行政機構改革によりニューデリーが包摂されたことを反映して首都を従前の「ニューデリー」から「デリー」に変更しており、同年以降は文部科学省学習指導要領でも首都を「デリー」としている。
  2. ^ インド憲法上の正式名称。
  3. ^ ヒンディー語の名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ)を日本語訳したもの。
  4. ^ 2023年現在、同国軍が保有する武器の約半分はロシア製となっている。

出典

  1. ^ UNdata”. 国連. 2021年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月13日閲覧。
  3. ^ a b c インド基礎データ”. 外務省 (2020年3月24日). 2020年6月13日閲覧。
  4. ^ 三訂版, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,精選版 日本国語大辞典,百科事典マイペディア,旺文社世界史事典. “ムンバイとは”. コトバンク. 2022年3月10日閲覧。
  5. ^ a b c 第2版, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,世界大百科事典. “インドとは”. コトバンク. 2022年3月10日閲覧。
  6. ^ 人口爆発 インドの都市を待ち受ける困難な未来”. AFP (2022年11月27日). 2022年11月29日閲覧。
  7. ^ 中間層、15年で人口の7割:ア開銀予想、30年に12億人」『NNA ASIA アジア経済ニュース』2019年12月23日閲覧
  8. ^ 経済産業省 (2019-03) (PDF), 医療国際展開カントリーレポート 新興国等のヘルスケア市場環境に関する基本情報 インド編, pp. 8, https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/iryou/downloadfiles/pdf/countryreport_India.pdf 2020年2月18日閲覧。 
  9. ^ インド総選挙、与党優勢でモディ首相3選視野 民主主義後退の懸念”. 日本経済新聞 (2024年4月18日). 2024年4月18日閲覧。
  10. ^ 世界銀行 (2017年). “Armed forces personnel, total(軍事力人数)”. 2020年2月17日閲覧。
  11. ^ Dr Nan Tian; Alexandra Kuimova; Dr Aude Fleurant; Pieter D. Wezeman; Siemon T. Wezeman (2019-04) (PDF), TRENDS IN WORLD MILITARY EXPENDITURE, 2018(2018年の世界の軍事費の動向), スウェーデン ソルナ: STOCKHOLM INTERNATIONAL PEACE RESEARCH INSTITUTE(ストックホルム国際平和研究所, https://www.sipri.org/sites/default/files/2019-04/fs_1904_milex_2018.pdf 2020年2月17日閲覧。 
  12. ^ Article 1.(1) of the Constituion of INDIA: India, that is Bharat, shall be a Union of States. (retrived at 6th September, 2023)
  13. ^ Charlton T. Lewis (1980) [1879]. A Latin Dictionary. Oxford: Clarendon Press. p. 933. ISBN 0198642016. "India, a country extending from the Indus to China" 
  14. ^ マルコ・ポーロ 著、愛宕松男 訳『東方見聞録』 2巻、平凡社ライブラリー、2000年、329-330頁。ISBN 4582763278 
  15. ^ インドはなぜ国名を「バーラト」に変更?”. www.afpbb.com (2023年9月11日). 2023年9月17日閲覧。
  16. ^ “インド、国名を「バーラト」と表記 G20晩餐会招待状が物議”. Reuters. (2023年9月7日). https://jp.reuters.com/life/4ROCCSLHQNJ45LSPCEIHB7CMWA-2023-09-06/ 
  17. ^ E.G. Pulleyblank (1962). “The Consonantal System of Old Chinese”. Asia Major, New Series 9 (1): 117. https://www2.ihp.sinica.edu.tw/file/1110cxVuiEg.PDF. 
  18. ^ a b 玄奘 『大唐西域記』 水谷真成訳注、中国古典文学大系22, 1971年, 56頁.
  19. ^ kotobank 天竺
  20. ^ 石﨑貴比古「天竺の語源に関する一考察」『印度學佛教學研究』第69巻第2号、2021年、951-947頁、doi:10.4259/ibk.69.2_951 
  21. ^ 西脇保幸「明治期以降における外国国名の呼称変遷について」『新地理』第42巻第4号、1995年、1-12頁、doi:10.5996/newgeo.42.4_1 
  22. ^ 世界の国旗
  23. ^ 四宮圭「第三世界の政治学」『エコノミスト』1966年2月15日
  24. ^ https://www.independent.co.uk/voices/commentators/johann-hari/johann-hari-the-truth-our-empire-killed-millions-404631.html
  25. ^ 内藤雅雄「1939年インドの政治危機 : スバース・チャンドラ・ボースをめぐって」『専修大学人文科学研究所月報』第276巻、専修大学人文科学研究所、2015年5月、17-41頁、CRID 1390009224825935616doi:10.34360/00007085ISSN 0387-8694NAID 120006793483 
  26. ^ a b 四宮宏貴「「インドを立去れ」運動におけるガンディーと国民会議派」『アジア・アフリカ言語文化研究』第23巻、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、1982年3月、1-37頁、CRID 1050001337707278592hdl:10108/21697ISSN 0387-2807NAID 120000997430 
  27. ^ a b 堀江洋文「スバス・チャンドラ・ボースの再評価」『専修大学人文科学研究所月報』第276巻、専修大学人文科学研究所、2015年5月、43-79頁、CRID 1390572174779347712doi:10.34360/00007086ISSN 0387-8694NAID 120006793484 
  28. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 215-217.
  29. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 220-221.
  30. ^ http://indiacode.nic.in/coiweb/amend/amend42.htmー1947年にイギリスから独立して以来、インドはクーデターなどの非合法な政権交代を経験したことのない、南アジアでは珍しい議会制民主主義国家である。
  31. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 226.
  32. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 228.
  33. ^ 絵所2008年 64頁
  34. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 284.
  35. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 237.
  36. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 240-241.
  37. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 242.
  38. ^ 『南アジア史4 近現代』, p. 244.
  39. ^ インドでモディ政権発足、集権的な内閣目指すと表明ロイター(2014年5月27日)
  40. ^ 下院総選挙、モディ政権与党のBJPが圧勝(インド)ビジネス短信―ジェトロの海外ニュース”. 2022年10月16日閲覧。
  41. ^ 【巨象の未来 インド・モディ政権2期目へ】下 過激化するヒンズー教徒 宗教分断どう食い止める”. 産経ニュース (2019年5月26日). 2023年5月20日閲覧。
  42. ^ ナレンドラ・モディ新首相が直面するインド内政の課題 | 研究プログラム”. 東京財団政策研究所. 2023年6月5日閲覧。
  43. ^ インド総選挙、与党優勢でモディ首相3選視野 民主主義後退の懸念”. 日本経済新聞 (2024年4月18日). 2024年4月18日閲覧。
  44. ^ Human Rights Watch Submission to the Universal Periodic Review of India” (英語). Human Rights Watch (2022年3月31日). 2023年6月5日閲覧。
  45. ^ インド:国連人権審査で深刻な懸念”. Human Rights Watch (2022年11月17日). 2023年6月5日閲覧。
  46. ^ インド総選挙、与党優勢でモディ首相3選視野 民主主義後退の懸念”. 日本経済新聞 (2024年4月18日). 2024年4月18日閲覧。
  47. ^ Dr. Manmohan Singh's banquet speech in honour of Japanese Prime Minister National Informatics Centre Contents Provided By Prime Minister's Office
  48. ^ a b c 江崎道朗マスコミが報じないトランプ台頭の秘密青林堂、2016年10月8日、100頁。ISBN 978-4792605681https://books.google.co.jp/books?id=91CJDQAAQBAJ&pg=PT100#v=onepage&q&f=false 
  49. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/visit/0810_ahks.html
  50. ^ 日インド国交樹立60周年(日本国外務省)
  51. ^ [1]『産経新聞』2014年9月2日閲覧
  52. ^ “The Rise and Fall of Hindi Chini Bhai Bhai”. Foreign Policy. (2014年9月18日). http://foreignpolicy.com/2014/09/18/the-rise-and-fall-of-hindi-chini-bhai-bhai/ 2017年5月26日閲覧。 
  53. ^ INDIA-CHINA BILATERAL RELATIONS” (PDF). 2019年2月22日閲覧。
  54. ^ “India and China agree over Tibet”. BBC. (2003年6月24日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/3015840.stm 2019年11月20日閲覧。 
  55. ^ “China, India reopen border trade”. チャイナデイリー. (2006年7月6日). http://www.chinadaily.com.cn/china/2006-07/06/content_634253.htm 2019年11月20日閲覧。 
  56. ^ “China is now India's top trading partner—and one of its least liked”. Quartz. (2014年3月3日). https://qz.com/183134/china-is-now-indias-top-trading-partner-and-one-of-its-least-liked/ 2019年11月8日閲覧。 
  57. ^ 「印パ核戦争」なら死者1億人に すすが地球寒冷化誘発 研究 AFP(2019年10月3日)2020年12月5日閲覧
  58. ^ “インド・パキスタン外相会談、二国間ビザ緩和などで合意”. (2012年9月11日). http://www.emeye.jp/disp%2FOWA%2F2012%2F0911%2Fstockname_0911_007%2F0%2F1/ 2012年9月17日閲覧。 
  59. ^ インドに「対抗措置」警告 パキスタン首相、軍拡非難『産経新聞』2015年11月10日閲覧
  60. ^ 「インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張『産経新聞』2016年9月28日
  61. ^ 「印パ、実効支配線で銃撃=軍事作戦に発展-主張食い違い、非難応酬・カシミール」時事通信(2016年9月30日)
  62. ^ “印パ両軍が砲撃の応酬 カシミール、双方に死者”. 『日本経済新聞』. (2019年10月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51212840R21C19A0EAF000/ 2019年11月20日閲覧。 
  63. ^ “ロシアに幻滅したインド 進む武器の国産化”. WedgeONLINE. (2023年2月21日). https://wedge.ismedia.jp/articles/-/29496 2023年3月3日閲覧。 
  64. ^ IISS (2012). “Chapter Six: Asia”. The Military Balance (London: Routledge) 112 (1): 205–302. doi:10.1080/04597222.2012.663215. 
  65. ^ W. Arthur Lewis Grouth and Flunctuations, 1870-1913, London, 1978, p.205.
  66. ^ a b Daniel R. Headrick The Tentacles of Progress : Technology Transfer in the Age of Imperialism, 1850-1940, Oxford University Press, 1988, Chapter.6 Hydraulic Imperialism in India and Egypt
  67. ^ a b c d e f All About インドの季節(気候・気温)・祝日・イベント
  68. ^ msnニュース - インドで史上最高気温51度、熱中症や停電頻発
  69. ^ 刈安望「アジア編」『世界地方旗図鑑』(初版第一刷)えにし書房、2015年2月10日。ISBN 978-4908073151 
  70. ^ インド、州分割論が再燃”. 日本経済新聞 (2023年3月8日). 2023年3月8日閲覧。
  71. ^ "World Gazetteer: India - Metropolitan areas 2008 calculation", 2008年9月28日
  72. ^ World Development Indicators
  73. ^ 及川 2009, pp. 82–84.
  74. ^ 出典名不明[リンク切れ]
  75. ^ 「インド農業改革 反発拡大/取引自由化 首都でデモ続く/モディ政権に打撃も」『日本経済新聞』朝刊2020年12月7日(国際面)2021年2月7日閲覧
  76. ^ 日本・農林水産省「インドの農林水産業概況」平成28年10月3日更新 web上公開PDF
  77. ^ 及川 2009, p. 83, インドの農林水産業概況.
  78. ^ 及川 2009, p. 83.
  79. ^ 矢ケ崎典隆他『地誌学概論』(朝倉書店 2012年)pp.73-75.
  80. ^ 矢ヶ崎典隆他『地誌学概論』(朝倉書店 2012年)p.73.
  81. ^ Headrick The Tentacles of Progress, Chapter.5 Cities, Sanitation, and Segregation
  82. ^ 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 『世界の工業の趨勢2013』インド
  83. ^ “Economic structure”. The Economist. (2003年10月6日). http://www.economist.com/countries/India/profile.cfm?folder=Profile%2DEconomic%20Structure 
  84. ^ “Indian manufacturers learn to compete”. The Economist. (2004年2月12日). http://www.economist.com/displaystory.cfm?story_id=S%27%298%3C%2FPQ%3B%21%21P%214%0A 
  85. ^ a b c d e 『アウトソーシング大国、インドの岐路』2007年8月24日付配信 日経ビジネスオンライン
  86. ^ http://www.mugendai-web.jp/archives/1534
  87. ^ 「インド零細店、デジタル化 仕入れや在庫管理支援」『日経産業新聞』2020年11月10日(16面)
  88. ^ 【ASIAトレンド】水上飛行機初の定期運航インド観光の救世主?『日本経済新聞』朝刊2020年11月28日(国際面)2020年12月5日閲覧
  89. ^ ‘Mission definitely over’”. 90-95% of the job done. The Hindu (2009年8月30日). 2009年8月29日閲覧。
  90. ^ インドの火星探査機、周回軌道の高度上昇に成功AFPBBNews(2013年11月12日)
  91. ^ マンガルヤーン - コトバンク
  92. ^ インドの探査機、火星周回軌道に到達 アジア初の成功”. 『日本経済新聞』 (2014年9月24日). 2014年9月24日閲覧。
  93. ^ インド人口、中国抜き世界最多に 今年半ばに14億2860万人=国連”. BBCニュース (2023年4月20日). 2023年7月7日閲覧。
  94. ^ インド各州、人口抑制策「子供2人以下」優遇検討 雇用や必需品、不足の恐れ『日本経済新聞』朝刊2021年8月12日(国際面)2021年8月25日閲覧
  95. ^ 井上恭子「人口増加率・識字率・男女比の地域差が示すもの」/ 広瀬崇子・近藤正規・井上恭子・南埜猛編著『現代インドを知るための60章』(明石書店 2007年)213ページ
  96. ^ http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=1380230
  97. ^ http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=516768
  98. ^ How languages intersect in India”. Hindustan Times. 2021年3月20日閲覧。
  99. ^ How many Indians can you talk to?”. 2021年3月20日閲覧。
  100. ^ ORGI. “Census of India: Comparative speaker's strength of Scheduled Languages-1951, 1961, 1971, 1981, 1991 ,2001 and 2011”. 2021年3月20日閲覧。
  101. ^ a b http://www.censusindia.gov.in/2011census/C-17.htmlArchived 2019-11-13 at the Wayback Machine.
  102. ^ Searching for Sanskrit Speakers in the Indian Census”. The Wire. 2021年2月9日閲覧。
  103. ^ The Myth of 'Sanskrit Villages' and the Realm of Soft Power”. The Wire. 2021年2月9日閲覧。
  104. ^ Sreevatsan, Ajai (2014年8月10日). “Where are the Sanskrit speakers?” (英語). The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/where-are-the-sanskrit-speakers/article6299433.ece 2021年2月9日閲覧。 
  105. ^ インド英語 神田外語大学×東京外国語大学 英語モジュール(2020年12月5日閲覧)
  106. ^ 現代教養学科ブログリレー フフバートル:多民族・多宗教・多言語国家インドの言語問題(2020年12月5日閲覧)。昭和女子大学における、インド出身の言語学者であるプラシャント・パルデシ国立国語研究所教授の講義による。
  107. ^ Sari nights and henna parties, Amy Yee, The Financial Times, May 17, 2008
  108. ^ India's love affair with gold, CBS News, February 12, 2012
  109. ^ Ending Child Marriage: A profile of progress in India” (英語). UNICEF DATA (2019年2月28日). 2022年3月20日閲覧。
  110. ^ 諸外国・地域の学校情報”. 外務省. 2020年6月13日閲覧。
  111. ^ CIA – The World Factbook – India
  112. ^ Norton, Ben (2023年6月23日). “US woos India's far-right PM Modi to help wage new cold war on China” (英語). Geopolitical Economy Report. 2023年6月30日閲覧。
  113. ^ 【巨象の未来 インド・モディ政権2期目へ】下 過激化するヒンズー教徒 宗教分断どう食い止める”. 産経ニュース (2019年5月26日). 2023年5月20日閲覧。
  114. ^ ナレンドラ・モディ新首相が直面するインド内政の課題 | 研究プログラム”. 東京財団政策研究所. 2023年9月30日閲覧。
  115. ^ Bhansali Scam
  116. ^ GoodReturns 9 Famous Financial Scams in India January 9, 2017
  117. ^ NDTV Profit, "ICICI Bank, SBI, StanChart Top Bank Frauds List, Says Reserve Bank Data", March 12, 2017
  118. ^ Government of India [planningcommission.gov.in/plans/planrel/12thplan/welcome.html Twelfth Five Year Plan 2012-17]
  119. ^ Poverty headcount ratio at $2.15 a day (2017 PPP) (% of population) - India
  120. ^ 国民の半分、少なくとも1回は賄賂の支払い経験 インド調査”. CNN.co.jp (2019年12月1日). 2019年12月25日閲覧。
  121. ^ “世界で最も大気汚染が深刻な14の都市は、全てインドにあった”. ビジネスインサイダー. (2018年5月25日). https://www.businessinsider.jp/post-167855 2019年7月19日閲覧。 
  122. ^ “インドEV普及、現実的な目標設定「30年に3割」”. 日本経済新聞. (2018年3月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28006520S8A310C1FFE000/ 2019年7月19日閲覧。 
  123. ^ 印「クリーン・インディア」開始3年 遅れるトイレ普及、商機620億ドル SankeiBiz(2017年12月25日)2019年2月24日閲覧
  124. ^ India Assessment – 2013”. साउथ एशिया इंटेलिजेंस रिव्यू. 2013年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月7日閲覧。
  125. ^ インド 危険・スポット・広域情報”. 外務省. 2021年11月23日閲覧。
  126. ^ インドの「不可触民」 今も続く差別の形”. BBC. 2023年6月28日閲覧。
  127. ^ 「殴るくらいなら撃ち殺してくれ」 カシミール住民がインド軍の拷問を訴え”. BBC. 2023年6月28日閲覧。
  128. ^ Asia's women in agriculture, environment and rural production: India”. 2014年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月7日閲覧。
  129. ^ “Why are India's media under fire?”. BBC News. (2012年1月19日). オリジナルの2018年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180603020926/http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-india-16524711 2018年6月20日閲覧。 
  130. ^ Livemint Archive” (英語). 2009年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月25日閲覧。
  131. ^ a b c Schwartzberg, Joseph E. (2008), India, Encyclopædia Britannica.
  132. ^ Thomas, Raju G. C. (2006), "Media", Encyclopaedia of India (vol. 3) edited by Stanley Wolpert, pp. 105–107, Thomson Gale, ISBN 0-684-31352-9.
  133. ^ a b c 「インド」『朝倉世界地理大百科事典5 アジア・オセアニアII』2002年、118頁。ISBN 4254166656 
  134. ^ Narendra Modi Stadium ESPN cricinfo 2023年9月16日閲覧。
  135. ^ IPL only third-most popular cricket event in India, international competitions more favoured, survey reveals CNBC TV18 2019年7月6日閲覧。
  136. ^ アジア15都市生活者の好きなスポーツ、スポーツイベント 博報堂 2019年7月6日閲覧。
  137. ^ What India needs is more cricket and less Bollywood Financial Times 2023年9月16日閲覧。
  138. ^ Board of Control for Cricket in India 国際クリケット日評議会 2023年9月29日閲覧。
  139. ^ Kings, queens and suchlike personages frequently appear in the history of cricket The Cricket Monthly 2023年10月6日閲覧。
  140. ^ Ranji Trophy Is Named After Ranjitsinhji, Father Of Indian Cricket Who Never Played For India India Times 2023年10月6日閲覧。
  141. ^ India become second team in history to top ICC rankings in all three formats WISDEN 2023年9月29日閲覧。
  142. ^ IPL media rights sold for Rs 48,390 crore for a 5 year period: BCCI Secretary Jay ShahThe Economic Times 2023年9月16日閲覧。
  143. ^ The ICC Awards of the Decade winners announced ICC 2023年9月16日閲覧。
  144. ^ Virat Kohli tops powerful celebrity brands list with a brand value of $170.9 million The Economic Times 2019年7月3日閲覧。
  145. ^ Virat Kohli becomes first Asian to cross 250 million followers on Instagram The Sporting News 2023年9月16日閲覧。
  146. ^ 松岡完「ワールドカップの国際政治学」朝日新聞社、1994年、P71



インド(印度)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:42 UTC 版)

文禄・慶長の役」の記事における「インド(印度)」の解説

天正10年ローマ向けて出発した天正遣欧少年使節が、天正15年帰路ポルトガル領インドゴア植民地立ち寄った際、副王から秀吉への書簡託された。彼らはイエズス会巡察ヴァリニャーノ伴って天正18年1590年)に帰国。翌天正19年正月ヴァリニャーノ秀吉謁見してこの書簡渡した副王書簡バテレン追放令出されたことを知る前の内容で、秀吉敬意払ってキリスト教布教宣教師保護感謝して将来もつづく良好な関係を期待するものであった。ところが、7月25日秀吉発した返書この期待を裏切るものだった承兌起草したため内容朝鮮国王渡したものに似ていたが、秀吉は自らが国内天下統一成し遂げた偉大な人物であることを誇示し今は明国征伐せんとしているところであるが、印度にも行こう思えば造作もないことで「遠近異同隔たりはない」と印度遠征可能性壮語する一方印度仏教中国儒教日本の神道は一体のもので、神道知ればすべてに通じるという独自の宗教観を披露し国民魔道引き入れようという邪法キリスト教)の布教今後許さないので、以後宣教師入国するのを許さず厳しく罰することを警告していた。他方通商目的入港の安全を保障し南蛮貿易保護する意向示してもいたが、ヴァリニャーノ痛烈な内容驚愕し前田玄以仲介頼み込んで何とか表現穏やかにするように苦心した詳細は「天正遣欧少年使節」および「バテレン追放令」を参照 この書簡には恩賜品の武具一式添えられていたが、これは軍事的威嚇の意味があったのではないかとも解釈されている。バテレン追放令一時期緩和され後で二度目発令強化され組屋文書では、加藤清正小西行長には天竺印度)の領地切り取り自由の許し与えられていた。

※この「インド(印度)」の解説は、「文禄・慶長の役」の解説の一部です。
「インド(印度)」を含む「文禄・慶長の役」の記事については、「文禄・慶長の役」の概要を参照ください。


インド(およびネパール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 13:10 UTC 版)

巡礼」の記事における「インド(およびネパール)」の解説

釈迦生誕の地であるカピラバストゥ釈迦晩年毘瑠璃王により破壊され廃城となった状態であったが、釈迦の死後数百年後には、仏教の僧によって釈迦生誕の地とされるカピラヴァストゥルンビニ地域への巡礼が行われるようになっていたことが知られている。有名な僧ではたとえば5世紀法顕7世紀玄奘などもカピラバストゥ巡礼訪れそれを文書残した。だが,やがて同地域で仏教かわってヒンドゥー教イスラム教信仰されるようになった結果仏僧による巡礼途絶えるようになり、14世紀ころにはカピラヴァストゥの場所が分からなくなってしまい、(UNESCO調査によると)15世紀ころにはルンビニ地域への巡礼途絶えてしまったようだ、という。 (1956年ビームラーオ・ラームジー・アンベードカルらが始めた仏教復興運動新仏教運動)によってインドに数十万人仏教徒登場しその結果 仏教巡礼が再び行われるようになっていった。) 現在の仏僧仏教徒巡礼地として有名なところとしては、ルンビニ生誕地)、ブッダガヤ成道、つまり悟り至った地)、サールナート説法開始した地)、クシナガラ入滅した地)の「仏教四大聖地」がある。熱心な仏教徒世界各地からやって来る。またそれにさらに4カ所を加えた仏教八大聖地」へ巡礼する人もいる。

※この「インド(およびネパール)」の解説は、「巡礼」の解説の一部です。
「インド(およびネパール)」を含む「巡礼」の記事については、「巡礼」の概要を参照ください。


インド(仏教など)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:33 UTC 版)

平等主義」の記事における「インド(仏教など)」の解説

古代インドでは、紀元前10世紀頃のアーリヤ人侵入以降、そのバラモン階級伝統的に祭祀思想一切取り仕切ってきたが、紀元前6世紀頃から、中心地であるガンジス川流域において、非バラモン階級出家者沙門)達が、従来バラモン教的伝統に囚われない自由思想家として登場活躍するようになり、唯物論も含む様々な思想説かれるようになった。(参考: 六師外道その内1つであった仏教では、開祖であるゴータマ釈迦)によって、人間出自ではなくその行い身口意の「三業」の善し悪し)によって判断されなくてはならないとして、カースト階級による区別差別否定され徹底した平等主義説かれ、また実践された。 初期仏教では、僧伽僧団)に属す出家者比丘・比丘尼)が涅槃到達解脱のための修行行いつつ、在家信徒智慧・徳を与え、その見返りとして在家信徒食物物品を彼らに提供するという共存関係で成り立っていたが、この関係は在家信徒側に不満・疎外感蓄積させていく格好となり、やがて衆生救済に励む「菩薩信仰派生させ、大乗仏教という仏教改革革新運動成立1つ要因背景となった。そうして成立した大乗仏教経典においては、『維摩経』『勝鬘経』のように在家信徒題材として扱ったり、『法華経』『涅槃経』のように仏性如来蔵思想強調されるなどして、在家信徒を含む平等主義がより強調されるようになって行った。 (更に後の仏においては大衆的な宗教であるヒンドゥー教台頭に伴い、それに対抗していくために、土俗様々な呪術取り入れたり現世利益強調する一方そうした中で僧侶側の理論行法高度化秘術化、大衆との差異化探求進み、それらが結合して密教成立していくことになった。)

※この「インド(仏教など)」の解説は、「平等主義」の解説の一部です。
「インド(仏教など)」を含む「平等主義」の記事については、「平等主義」の概要を参照ください。


インド(作法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:30 UTC 版)

紅茶」の記事における「インド(作法)」の解説

植民地時代イギリスの影響受けて独自の喫茶文化発達させた。チャイ呼ばれる非常に甘い煮出し式ミルクティーを飲む習慣がある。

※この「インド(作法)」の解説は、「紅茶」の解説の一部です。
「インド(作法)」を含む「紅茶」の記事については、「紅茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

インド

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 11:09 UTC 版)

語源

名詞

インド漢字表記印度 略:

  1. 国家南アジアの国。首都ニューデリー
  2. 歴史・地域語義1の国の他、パキスタンバングラデシュネパールブータンスリランカなどを含む文化圏隣接するイランアフガニスタンチベットミャンマービルマ)の文化圏含まない概ねインダス川ガンジス川流域発祥とするバラモン教ヒンズー教影響強く受けた地域ということができるが、この領域含まれる人種民族言語系統宗教習俗種種雑多一般的に共通する性質があるわけではなく、あえて言えば1937年ビルマ分離された後のインド帝国領域である。

関連語


翻訳


「インド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「インド」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDの砂糖取引とは

    砂糖の先物取引は、ニューヨーク市場やロンドン市場、東京市場などで行われています。そしてCFDの砂糖価格は、ニューヨーク市場での砂糖の価格に連動して推移します。砂糖の価格変動要因には、粗糖生産国の気象、...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDの呼値とは

    CFDの呼値とは、CFDの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば呼値が0.1の銘柄の場合、現在の価格が1235.9ならば、値上がりしたら1236.0、値下がりしたら12...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インド」の関連用語

インドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2024, WorldCoin.Net All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの文禄・慶長の役 (改訂履歴)、巡礼 (改訂履歴)、平等主義 (改訂履歴)、紅茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS