インド洋とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > インド洋の意味・解説 

インドよう -やう [3]インド洋 ◇

太平洋大西洋に次ぐ世界三大洋の一。アジア・オーストラリア・南極アフリカ四大陸に囲まれた海洋地球表面積の7分の1を占める。

インド洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 20:55 UTC 版)

インド洋印度洋、インドよう、:Indian Ocean、:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである[1]。地球表面の水の約20パーセントが含まれる[2]。インド洋の推定水量は292131000km³である[3]




  1. ^ Earth's Oceans. EnchantedLearning.com. Retrieved on 2013-07-16.
  2. ^ The Indian Ocean and the Superpowers. Routledge. (1986). ISBN 0-7099-4241-9. http://books.google.com/?id=2pMOAAAAQAAJ&pg=PA33. 
  3. ^ Donald W. Gotthold, Julia J. Gotthold (1988). Indian Ocean: Bibliography. Clio Press. ISBN 1-85109-034-7. http://books.google.com/?id=ujoRAAAAYAAJ&q=292,131,000+cubic+kilometers&dq=292,131,000+cubic+kilometers. 
  4. ^ Limits of Oceans and Seas. International Hydrographic Organization Special Publication No. 23, 1953.
  5. ^ Stow, D. A. V. (2006) Oceans: an illustrated reference. Chicago: University of Chicago Press, 0-226-77664-6 - page 127 for map of Indian Ocean and pp. 34-37 regarding trenches - but due to the recent discovery, some texts and maps are yet to include the feature.
  6. ^ 大橋正明、村山真弓編著、2003年8月8日初版第1刷、『バングラデシュを知るための60章』p51-55、明石書店
  7. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/2904202 「インド洋海底のプレートが「2つに分裂」、4月スマトラ島沖地震で割れ目」AFPBB 2012年09月27日 2015年3月1日閲覧
  8. ^ 「海洋学 原著第4版」p115 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  9. ^ 「海洋学 原著第4版」p201 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  10. ^ 「世界地理12 両極・海洋」p267 福井英一郎編 朝倉書店 昭和58年9月10日
  11. ^ 「海洋学 原著第4版」p223 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  12. ^ 「世界地理12 両極・海洋」p259 福井英一郎編 朝倉書店 昭和58年9月10日
  13. ^ 「海洋学 原著第4版」p220 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  14. ^ Harper, Douglas. “Online Etymology Dictionary”. Online Etymology Dictionary. 2011年1月18日閲覧。
  15. ^ Mathur, Anand (2003). Indo-American Relations: Foreign Policy Orientations and Perspectives of P.V. Narasimha Rao and Bill Clinton. Scientific Publishers (India). p. 138. ISBN 978-81-7233-336-2. http://books.google.com/books?id=pTR2AAAAMAAJ+. "India occupies the central position in the Indian Ocean region that is why the Ocean was named after India" 
  16. ^ Váli, F. A. (1976). Politics of the Indian Ocean Region: The Balances of Power. Free Press. p. 25. ISBN 978-0-02-933080-7. http://books.google.com/books?id=_P4MAAAAIAAJ. 
  17. ^ Hussain. Geography Of India For Civil Ser Exam. Tata McGraw-Hill Education. pp. 12–251; "India and the Geo–Politics of the Indian Ocean"(16–33). ISBN 978-0-07-066772-3. http://books.google.com/books?id=wUzKCZxvNQoC&pg=SA12-PA251. 
  18. ^ a b c d e 佐藤正幸. “明治初期の英語導入に伴う日本語概念表記の変容に関する研究”. 山梨県立大学. 2020年1月18日閲覧。
  19. ^ The World Factbook. Cia.gov. Retrieved on 2013-07-16.
  20. ^ 「海を渡った人類の遙かな歴史 名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか」p174 ブライアン・フェイガン著 東郷えりか訳 河出書房新社 2013年5月30日初版
  21. ^ Wikisource reference 范曄 司馬彪. 後漢書/卷88. - ウィキソース.  西域傳 第七十八 大秦国:「繁体字: 至桓帝延熹九年、大秦王安敦遣使自日南徼外獻象牙﹑犀角﹑輂瑁 始乃一通焉
  22. ^ 「世界の歴史 第13巻 アジアの多島海」p56 永積昭 講談社 昭和52年11月20日第1刷
  23. ^ 「新書アフリカ史」第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p243
  24. ^ 「世界の歴史 第13巻 アジアの多島海」pp83 永積昭 講談社 昭和52年11月20日第1刷
  25. ^ 「新書アフリカ史」第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p222
  26. ^ 「商業史」p73 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  27. ^ 「商業史」p96 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  28. ^ 「新書アフリカ史」第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p226
  29. ^ 「新書アフリカ史」第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p230
  30. ^ 横井勝彦著 『アジアの海の大英帝国』 講談社 p230-232 ISBN 978-4061596412
  31. ^ 「商業史」p260-261 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷


「インド洋」の続きの解説一覧

インド洋

出典:『Wiktionary』 (2012/01/21 11:36 UTC 版)

固有名詞

インド (いんどよう)

  1. 海洋区域名称。三大洋一つであり、最も狭隘なもの。北部インド亜大陸中心としたユーラシア大陸に接し、西部アフリカ大陸東部オーストラリア大陸等に囲まれている。

参照

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インド洋」の関連用語

インド洋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インド洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインド洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインド洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS