ジャワ島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ジャワ島の意味・解説 

ジャワ‐とう〔‐タウ〕【ジャワ島】

読み方:じゃわとう

ジャワ


ジャワ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 15:32 UTC 版)

ジャワ島(ジャワとう、インドネシア語: Jawa英語: Java)は、インドネシアを構成するの一つ。世界一人口の多い島でインドネシアの首都ジャカルタ」がある。スマトラ島などとともに、大スンダ列島を形成する。形状は東西に細長い。スマトラ島の東、カリマンタン島の南、バリ島の西に位置する。ジャワ島には4つのと2つの特別州がある。


注釈

  1. ^ ポート・ディクソンの南にある岬で、マラッカ海峡香辛料貿易における海の関所の役割をしていた。
  2. ^ 同じく世界遺産のボロブドゥール寺院遺跡群もジョグジャカルタからのアクセスになるが、所在地は中部ジャワ州になる。

出典

  1. ^ サイモン・ウィンチェスター著、柴田裕之訳『クラカトアの大噴火 -世界の歴史を動かした火山-』早川書房 2004年 27ページ)
  2. ^ a b 水間 2013, pp. 49–50
  3. ^ 製造元のハウス食品の説明


「ジャワ島」の続きの解説一覧

ジャワ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:38 UTC 版)

国鉄C12形蒸気機関車」の記事における「ジャワ島」の解説

1943年昭和18年)には海軍に2両が供出され1067 mm軌間のままジャワ島に送られている戦後インドネシア国鉄編入されC32形 (C3201 - 02) となって1970年代まで使用された。

※この「ジャワ島」の解説は、「国鉄C12形蒸気機関車」の解説の一部です。
「ジャワ島」を含む「国鉄C12形蒸気機関車」の記事については、「国鉄C12形蒸気機関車」の概要を参照ください。


ジャワ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 08:46 UTC 版)

インドネシアの鉄道」の記事における「ジャワ島」の解説

ジャワ島内には、PT Kereta Api9つ地域事業部(DAOP I - DAOP IV)が、ジャカルタ・バンドン・チルボン・プルウォクルト・スマラン・ジョグジャカルタ・マディウン・スラバヤ・ジュンブルが設置され各々管轄している。メラク - ランカスビトゥン - ジャカルタジャカルタ - チカンペック - チルボン - スマラン - スラバヤジャカルタ - チルボン - クロヤ - ジョグジャカルタ - ソロスラカルタ)- マディウン - クルトソノ - スラバヤジャカルタ - チカンペック - バンドン - クロヤスラバヤ - ジュンブル - バニュワンギなどの路線幹線となっている。他に昨今少なくなったものの、いくつかの支線存在している。また島東端バニュワンギへ行く路線は、バニュワンギ・バル駅からクタパン港、そこから連絡船バリ島ギリマヌク港へ向かうこともできる。ただしバリ島には鉄道がないためバスでの移動となるが、州都デンパサールにはPT Kereta Api事務所があり、バス鉄道連絡乗車券用意されている。 ジャワ島での鉄道輸送は、大半旅客輸送である。旅客列車等級にはSpecialスペシャル)・Eksekutif(エグゼクティブ)・Bisinis(ビジネス)・Ekonomi(エコノミー)の4つがあり、速達列車特急・急行)も多く設定されている。 また、ジャカルタ周辺ではPT Kereta Api線路通勤電鉄(KRL JABOTABEK)の電車運行している。また都市モノレール建設されたが工事途中で中断している、ほかジャカルタMRTが日本のODA支援を受け建設工事中である。 このほか製糖工場専用線森林鉄道などが600 mm, 700 mmなどのナローゲージ多数存在する

※この「ジャワ島」の解説は、「インドネシアの鉄道」の解説の一部です。
「ジャワ島」を含む「インドネシアの鉄道」の記事については、「インドネシアの鉄道」の概要を参照ください。


ジャワ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 06:11 UTC 版)

日本占領時期のインドネシア」の記事における「ジャワ島」の解説

スカルノハッタと共に独立運動をしていたシャフリルは、占領後対日協力をせずに学生地下活動導いた反対派政治家のアミル・シャリフディン(英語版)は、マルクス主義者民族主義者との関係を通して地下レジスタンス運動組織するため1942年初頭25,000ギルダーオランダ人より与えられた1943年日本軍アミル逮捕するも、アミルインドネシア人気があり、スカルノ介入もあって処刑かろうじて免れたスラバヤ拠点を置くアミルグループ外で連合側に味方した最も積極的な集団は、華人アンボン島民、スラウェシ島マナド市民だった。 シンガパルナ事件 1944年2月西部のシンガパルナ(インドネシア語版、英語版)で、宮城遥拝拒んだイスラーム系の指導者住民組織して抵抗した日本軍はこれを弾圧したが、初めてのインドネシア人抵抗であり、軍政監部はイスラーム指導者優遇する政策とっていたつもりであったために当局衝撃与えた。 タクシマラヤ事件、インドラマユ事件 日本軍戦局悪化や米の強制供出により、1944年の春から夏にかけてジャワ島各地抵抗活動頻発した1944年2月にはジャワ西部農民反抗としてタクシマラヤ事件6月にはインドラマユ事件起きたこれらの事件は、米の強制供出による食料不足原因だった。1944年9月小磯声明ののちも独立のための政策打ち出されなかったため、民衆の不満は高まったブリタル反乱 ジャワ島で民衆の不満が高まる中、1945年2月14日にはブリタル郷土防衛義勇軍PETA)の大団蜂起するPETAブリタル反乱インドネシア語版、英語版)が起きた反乱指揮したスプリヤディ原因理由について、(1) 民衆労務者たち悲歎見るに忍びない(2) 周囲の日本人傲慢さ残酷さ我慢できない(3) 日本をはじめ諸外国から干渉受けない自由な独立求めたい小磯首相約束信じていないと述べたまた、大団教育担当団長スカンダル原因について(1) 労務者悲惨な状況(2) 日本人による義勇軍に対する侮辱や、独立約束矛盾する言動(3) インドネシア女性に対する日本人の性的な搾取(4) 組合名のもとに行われる経済的搾取述べている。蜂起に参加したのは大団500名のうち410名で、若手の小団長分団長中心となった日本軍監部反乱に対して前面出ずインドネシア兵による威嚇説得工作行なった反乱軍は同じインドネシア人に対して抵抗しないという日本軍監部予想的中し反乱鎮圧された。スプリヤディ独立後にインドネシア国家英雄となった

※この「ジャワ島」の解説は、「日本占領時期のインドネシア」の解説の一部です。
「ジャワ島」を含む「日本占領時期のインドネシア」の記事については、「日本占領時期のインドネシア」の概要を参照ください。


ジャワ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:36 UTC 版)

豆腐」の記事における「ジャワ島」の解説

インドネシアのジャワ島では「トーフ」と称する

※この「ジャワ島」の解説は、「豆腐」の解説の一部です。
「ジャワ島」を含む「豆腐」の記事については、「豆腐」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャワ島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジャワ島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャワ島」の関連用語

ジャワ島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャワ島のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャワ島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国鉄C12形蒸気機関車 (改訂履歴)、インドネシアの鉄道 (改訂履歴)、日本占領時期のインドネシア (改訂履歴)、豆腐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS