10世紀とは? わかりやすく解説

10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/13 13:09 UTC 版)

10世紀(じっせいき)は、西暦901年から西暦1000年までの100年間を指す世紀1千年紀における最後の世紀である。


  1. ^ 第60代・醍醐天皇の皇位継承と昌泰の変”. WEB歴史街道 (2020年5月18日). 2020年12月29日閲覧。


「10世紀」の続きの解説一覧

10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 05:43 UTC 版)

中世前期」の記事における「10世紀」の解説

詳細は「神聖ローマ帝国を参照 神聖ローマ帝国 元気がなくよく病気になったカロリング朝カール3世帝国フランス王国ドイツ、(北)イタリア分断した甥のカール3世率いられ騒乱引き起こした887年)。ドイツ政府弱点に対して優位に立ちながらマジャル人ハンガリー大平原建国し、ドイツイタリアフランスにさえ国土広げ始めたドイツ貴族919年にフリッツラルのライヒシュタハ(全国会議)でザクセン公ハインリヒ1世を王に選出したハインリヒ権力は、他の中心となる公国指導者権力と比べて大したことはなく、以前ゲルマン族の封建的な発露であったハインリヒ息子オットー1世936年973年)は、フランスルイ4世支援受けた公爵反乱を鎮めることができた(939年)。951年オットー1世イタリア入城し未亡人ブルグントのアーデルハイト結婚し、自らロンバルディアの王を名乗りイタリアの王ベレンガーリオ2世950年-952年)から臣従誓い受けたオットー1世親族主要な公国新し指導者に任じたが、この方法は不忠問題完全に解決するものではなかった。息子のリュドルフ(スワビア公)は反乱起こしマジャル人ドイツに入るのを歓迎した953年)。バヴァリアアウクスブルク近郊レヒフェルトの戦いで、マジャル人がラツィアを楽しんでいる間にオットー1世マジャル人追いつき勝利の証を得た955年)。この後マジャル人略奪暮ら国家であることをやめ、指導者ハンガリー呼ばれるキリスト教王国建国した(1000年)。名声大い高まったオットー1世は、再びイタリア入城しローマでヨハネス12世の手王位imperator augustusに就いた(962年)。 用語は後世まで使われることはなかったが、歴史家はこの事件神聖ローマ帝国建国と位置付けているオットー国家は、第一帝国ドイツ帝国)ともみなされている。オットー1世いかなる領土結び付けることなく帝国の名称を用いた帝国皇帝は、自らをカール大帝始ま皇帝の一族考えた。(この「皇帝」の何人かは、戴冠することで教皇威張り散らしただけのイタリアの地有力者であった。)オットー1世対立するベレンガーリオ2世共謀することでヨハネス12世退位させ、代わりにレオ8世任命した963年)。ベレンガーリオ2世捕えられ、ドイツに連行された。ヨハネス12世オットー1世時代終わると復位できたが、間もなくして妻の腕の中死亡したドイツ帝国建国に加えてオットー1世業績に「オットー式教会制度」の創設があり、聖職者唯一教養のあった部門)が帝国公務員としての業務を遂行した。ローマ地域ボスからローマ教皇職を持ち上げ、その地位十分に埋められていると確信し国際的な教会指導ができる品格与えた

※この「10世紀」の解説は、「中世前期」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「中世前期」の記事については、「中世前期」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 17:33 UTC 版)

ジルオール」の記事における「10世紀」の解説

アローラリューロストール王国建国9世紀末との記述もあり)。

※この「10世紀」の解説は、「ジルオール」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「ジルオール」の記事については、「ジルオール」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 08:05 UTC 版)

日食の一覧」の記事における「10世紀」の解説

959年12月3日天徳3年11月1日):皆既食 現在の兵庫県付近に始まり京都通過して紀伊半島方面抜けたが、当日は不見975年8月10日天延3年7月1日):皆既食日本紀略』に「天延三年七月一日辛未、(中略)、卯辰刻皆虧 如墨色無光 群鳥飛亂 衆星盡見 詔書大赦天下以下略)」(天延三年七月一日辛未975年8月10日]、卯辰の刻に皆虧[午前七時皆既]、[太陽は]墨色如くにて光無し鳥の群れ乱れ飛び、多くの星すべて見えたり天下に大赦発布す)と書かれており、他にもこの食を記録した文献は多い。日本の首都見られ史上初皆既日食で、大事件であり、朝廷天下に大赦発布して、通常対象ならない死刑囚まで罪を減じられている。中心食中国重慶付近始まり中国地方から関東地方通った京都での食甚7時48分(京都真太陽時とされる

※この「10世紀」の解説は、「日食の一覧」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「日食の一覧」の記事については、「日食の一覧」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 05:21 UTC 版)

クロアチア王国 (925年 - 1102年)」の記事における「10世紀」の解説

10世紀にクロアチア社会大きな変化経験する土着の指導者であるジュパニは旧来の地主の地を没収した国王家臣に取って代わられ、基本的な封建制度作られたこれまで軍事力構成していた自由農民農奴とされたため、クロアチアの軍事力の衰退引き起こしたトミスラヴの跡を継いだトルピミル2世在位928年935年)とクレシミル1世在位935年945年) は王権維持成功し東ローマ帝国教皇両方勢力との良好な関係は継続するが、この時代全体像不明確である。クレシミル1世の子であるミロスラヴ治世緩やかなクロアチア衰退によって特徴付けられている。クロアチア従属していた周辺の諸勢力は、王国不安定な状況利用して独立するミロスラヴ4年の間王位に就いていたが、権力闘争の中でバンのプリビナによって殺害される。プリビナはミハイロ・クレシミル2世在位949年969年)を国王擁立しクレシミル2世によって国家大部分秩序回復された。クレシミル2世ダルマチア沿岸部都市と特に良好な関係を保ちクレシミル2世の妃ヘレンザダルソリン土地教会寄贈したヘレンによって建立されソリン聖マリア教会には、クロアチア支配者の墓が置かれている。976年10月8日没したヘレン聖マリア教会埋葬されヘレン石棺碑文には「王国の母」という言葉刻まれている。 ミハイロ・クレシミル2世の跡を継いだ息子のスティエパン・ドルジスラヴ(在位969年997年)は東ローマ帝国ダルマチア地方テマ良好な関係を構築する981年にドルジスラヴは東ローマ皇帝バシレイオス2世から王の標章、エパルホスの称号、パトリキオスの爵位贈られる爵位とともにドルジスラヴにダルマチア統治権与えられクロアチア王ははじめて「クロアチアダルマチア諸都市の王」を称することができた。

※この「10世紀」の解説は、「クロアチア王国 (925年 - 1102年)」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「クロアチア王国 (925年 - 1102年)」の記事については、「クロアチア王国 (925年 - 1102年)」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 04:20 UTC 版)

キリスト教年表」の記事における「10世紀」の解説

950年 デンマーク王ハーラル1世キリスト教公認957年 キエフ公オリガコンスタンティノポリス受洗962年 東フランク王国ドイツ国王オットー1世神聖ローマ帝国皇帝となる。 988年 キエフ大公ウラジーミル1世受洗し主教座設置される989年 キエフ大公ウラジーミル1世東ローマ皇帝の妹と結婚し正教会ルーシ国教になる素地となる995年 ノルウェー王オーラヴ1世キリスト教導入1000年アイスランドアルシングにおいてキリスト教国教として受け入れる。 キリスト教改宗したアイスランド・ヴァイキングのレイフ・エリクソン北アメリカ「発見」布教領有化は成されなかった。 スウェーデン王オーロフ・シェットコンヌングイングランド人宣教師によって受洗

※この「10世紀」の解説は、「キリスト教年表」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「キリスト教年表」の記事については、「キリスト教年表」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 20:57 UTC 版)

西洋音楽年表」の記事における「10世紀」の解説

アラビアファーラービーギリシア音楽組織支持楽器に関する書を著す。 ウィンチェスターのオールドミンスターにオルガン設置

※この「10世紀」の解説は、「西洋音楽年表」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「西洋音楽年表」の記事については、「西洋音楽年表」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 08:43 UTC 版)

飢饉の一覧」の記事における「10世紀」の解説

927年 - 東ローマ帝国飢饉963年964年 アイルランド飢饉968年 - エジプト飢饉50万人が死亡

※この「10世紀」の解説は、「飢饉の一覧」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「飢饉の一覧」の記事については、「飢饉の一覧」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 06:03 UTC 版)

フランスの歴史年表」の記事における「10世紀」の解説

年日事件911年 サン=クレール=シュール=エプト条約シャルル3世ノルマン人ロロ徒歩王の間締結されノルマンディー公国創設された。 922年 シャルル3世貴族反乱廃位されウードの弟ロベール1世が王に選出された。 923年 6月15日 ソワソンの戦いロベール1世娘婿ブルゴーニュ公ラウールシャルル3世捕えたが、ロベール1世自身は戦死したラウール西フランク王選出されブルゴーニュ公は弟のユーグ黒公継いだ936年 1月15日 ラウール死去シャルル3世の子ルイ4世王位継承した954年 9月10日 ルイ4世死去、子のロテール継承した986年 3月1日 ロテール死去、子のルイ5世怠惰王が継承した987年 5月21日 ルイ5世死去継嗣無くカロリング朝はここで断絶したユーグ・カペー貴族血統軍事成功国王選出されカペー朝始まりとなった996年 10月24日 ユーグ・カペー死去、子のロベール2世王位継承した

※この「10世紀」の解説は、「フランスの歴史年表」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「フランスの歴史年表」の記事については、「フランスの歴史年表」の概要を参照ください。


10世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 08:19 UTC 版)

地震の年表 (日本)」の記事における「10世紀」の解説

934年7月11日 (7月16日) (承平4年5月27日京都地震。午刻に地震2回 - M6938年5月17日5月22日)(承平8年4月15日京都などで地震 - M7死者あり。高野山でも建物損壊その後余震多く8月6日大きな余震976年7月17日7月22日)(天延4年6月18日山城・近江地震 - M6.7以上、死者50人以上。

※この「10世紀」の解説は、「地震の年表 (日本)」の解説の一部です。
「10世紀」を含む「地震の年表 (日本)」の記事については、「地震の年表 (日本)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「10世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「10世紀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「10世紀」の関連用語

10世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



10世紀のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの10世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中世前期 (改訂履歴)、ジルオール (改訂履歴)、日食の一覧 (改訂履歴)、クロアチア王国 (925年 - 1102年) (改訂履歴)、キリスト教年表 (改訂履歴)、西洋音楽年表 (改訂履歴)、飢饉の一覧 (改訂履歴)、フランスの歴史年表 (改訂履歴)、地震の年表 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS