以前とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > > 以前の意味・解説 

い‐ぜん【以前/×已前】

その時よりも前。「一二時—に到着する」⇔以後

今より前の時点。現在から見て近い過去副詞的にも用いる。「—と違って今では」「—会ったことがある

ある状態に達する前の段階。「結婚—の住所」「能力—の問題だ」

[補説] 「以」は基準となる数値を含むのが普通であるが、例えば「明治以前」というときに、明治時代を除いて、その前をさす場合もある。


い‐ぜん【以前・已前】

〔名〕

① (時、年齢事件などを表わす語について) その時点を含みそれより前。また、その時点を含まないでいう場合もある。⇔以後

令義解718考課八月卅日以前挍定」

平家13C前)一〇「いくさ以前より大事の御いたはりとて」〔史記‐趙世家

② 現在からだいぶ隔たった過去のある時期。むかし。

大観謡曲七騎落1483頃)「以前某に心をつくさせられ候、その返報に」

咄本醒睡笑(1628)三「この四十年ばかり以前、江州永原祈祷連歌ありし」

③ 勅や太政官符などの公式様文書(くしきようもんじょ)において、事書(ことがき)の次の行の本文事実書という)の書き出し部分に使われた文言事書内容が二か条以上にわたるときは「以前」、一か条の場合は「右」と書習慣であった。

三代格‐一八養老六年(722)八月二九日「太政官符。右一十九国承前令不駅。〈略〉以前件状如前。謹以申聞

聞き手に対して前に一度紹介した人や物事を再び述べるとき用いる。さっき。

平家13C前)九「以前になのっつる武蔵国住人熊谷次郎直実子息小次郎直家」

洒落本傾城買二筋道(1798)冬の床「今はこれまでと、いぜんのかみそりとりいだし、すでにあやうく見へたるに」

(5) ある事柄範囲達する前の段階

竹沢先生と云ふ人192425)〈長与善郎竹沢先生人生観換言すれば倫理以前、実践以前の大問題」

[補注]①は基準点を含んで(あるいは、含まないで)前であることを表わし、ほぼ「以後」の反対の意味になる。また、基準点より離れた点に新し基準点設け数値をつける場合もある(「試験のある三日以前に問題発表する」)。


以前

読み方:イゼン(izen)

公式令に前の文章をうける語。


以前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 00:38 UTC 版)

以前(いぜん)とはある事柄よりのこと、以後(いご)とはある事柄よりのことである。ここでは、法律用語における以前以後を解説する。




「以前」の続きの解説一覧

以前

出典:『Wiktionary』 (2020/01/16 06:41 UTC 版)

名詞

(いぜん)

  1. その時をいれて、その時から前。その前。副詞的、接続助詞的にも用いられる。
  2. あることのために当然達成しておくべき条件を満たしていない段階

副詞

  1. 過去のある時点において。かつて。以前に。

発音

い↘ぜん

対義語

翻訳

接尾辞

以 前(いぜん)

  1. ~より過去において。
  2. (まず、達成すべき条件である)~に達していなくて。

対義語

翻訳

語義1




以前と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「以前」に関係したコラム

  • 為替の日足・週足の期間は

    為替レートを一定の期間で区切った1つ1つを「足」といいます。期間が1日の場合を日足、1週間の場合を週足といいます。足は、日付、始値、高値、安値、終値、出来高の6つの要素から構成されます。このうち、始値...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「以前」の関連用語

以前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



以前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの以前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの以前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS