達成とは? わかりやすく解説

達成


たっ‐せい【達成】

読み方:たっせい

[名](スル)成し遂げること。目的を果たすこと。「大記録を―する」「目標を―する」


達成(サクセス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:15 UTC 版)

カードファイト!! ヴァンガード」の記事における「達成(サクセス)」の解説

自分のいずれかのリアガードのパワーが、指定された数値以上になったターン中「達成状態」になる。

※この「達成(サクセス)」の解説は、「カードファイト!! ヴァンガード」の解説の一部です。
「達成(サクセス)」を含む「カードファイト!! ヴァンガード」の記事については、「カードファイト!! ヴァンガード」の概要を参照ください。


達成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 03:21 UTC 版)

第44次長期滞在」の記事における「達成」の解説

2015年7月ケリーリンドグレン初め完全に宇宙育てられた野菜英語版)を食したアメリカ人になった日本のこうのとり5号機は、ISSによる捕獲油井亀美也が、こうのとり管制JAXA筑波宇宙センターが、NASAヒューストンでの交信チーム代表若田光一加わり日本チームでの捕獲となった

※この「達成」の解説は、「第44次長期滞在」の解説の一部です。
「達成」を含む「第44次長期滞在」の記事については、「第44次長期滞在」の概要を参照ください。


達成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 02:50 UTC 版)

商業軌道輸送サービス」の記事における「達成」の解説

2010年6月スペースX社ファルコン9ロケット初打ち上げ成功同年12月COTS基づ1回目デモフライト実施しドラゴン宇宙船地球を2周した後大気圏再突入果たし民間初となる地球周回軌道からの帰還成功した次いで2012年5月には2度目デモフライト行い民間初となるISSへのドッキングにも成功COTS目標を達成した。同年10月からはCRS基づ補給ミッション開始している。 オービタル・サイエンシズ社も2013年4月アンタレスロケット初打ち上げ成功同年9月にはCOTS基づデモフライト実施しシグナス宇宙船によるISSへの初ドッキング成功2006年計画開始から7年経て、2社いずれもCOTSによる宇宙船開発達成した

※この「達成」の解説は、「商業軌道輸送サービス」の解説の一部です。
「達成」を含む「商業軌道輸送サービス」の記事については、「商業軌道輸送サービス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「達成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

達成

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 12:57 UTC 版)

名詞

たっせい

  1. ものごとなしとげること。

翻訳

動詞

活用

翻訳


「達成」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「達成」に関係したコラム

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「達成」の関連用語

達成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



達成のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカードファイト!! ヴァンガード (改訂履歴)、第44次長期滞在 (改訂履歴)、商業軌道輸送サービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの達成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS