目標とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 目標 > 目標の意味・解説 

もく‐ひょう〔‐ヘウ〕【目標】

そこに行き着くように、またそこから外れないよう目印とするもの。「島を目標にして東へ進む」

射撃攻撃などの対象。まと。「砲撃の目標になる」

行動を進めるにあたって実現達成をめざす水準。「目標を達成する」「月産五千台を目標とする」「目標額」

目的[用法]


め‐じるし【目印/目標】

見てすぐわかるようにつけたしるし。「持ち物に―をつける」

目標となる物。「角の郵便局を―においで下さい

江戸時代商標をいった語。


目的

(目標 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/19 06:27 UTC 版)

目的(もくてき、ギリシア語 τέλος テロス、英語 goal)とは、成し遂げようとすることがら[1]。行為の目指すところ[1]


  1. ^ ひとに親切にしてそれを記録しつづけると人は幸福を感じる率がとても高い、ということは、実証的な研究であきらかになっている(出典:大石繁宏『幸せを科学する―心理学からわかったこと』新曜社、2009 ISBN 4788511541)。ウィキペディアの「幸福」という記事では「親切介入法」という節で解説されている。
  1. ^ a b 広辞苑 第六版「目的」
  2. ^ "世界の目的論的な存在の仕方[要出典]"
  3. ^ 8大学工学部を中心とした 工学における教育プログラムに関する検討」(PDFファイル) 工学における教育プログラムに関する検討委員会、1998年5月8日。
  4. ^ 広辞苑 第六版「目標」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 西田文郎『人生の目的が見つかる魔法の杖』パンローリング株式会社、2014年。ASIN B00K388BL4。KINDLE版あり。第一章、第二章


「目的」の続きの解説一覧

目標

出典:『Wiktionary』 (2020/05/07 02:33 UTC 版)

名詞

もくひょう

  1. 道などを行く際の目印目途
  2. 標的。まと。
  3. 到達実現目指してもうけた水準

発音

も↗くひょー

翻訳




目標と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「目標」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDの三角方式とは

    株式やFX、CFDの三角方式とは、相場のトレンドから目標価格を予測する手法のことです。三角方式では、上昇トレンドの終了が確認されて下降トレンドへ転換した時点での下値目標価格を予測します。あるいは、下降...

  • 株式の投資判断とは

    株式の投資判断とは、証券会社などの証券アナリストが銘柄を分析して投資判断を下すことです。投資判断では、「1、2、3」のような数字で表現したり、「売り、買い、中立」、「Underweight、Overw...

  • FXのダブルトップでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルトップとは、チャートが「W」の字を上下反転したように形成されていることです。ダブルトップが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルトップを形成したチャートです。ダブル...

  • FXのダブルボトムでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルボトムとは、チャートが「W」の字のように形成されていることです。ダブルボトムが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルボトムを形成したチャートです。ダブルボトムが形成...

  • FXのスキャルピング手法とは

    FX(外国為替証拠金取引)のスキャルピング(scalping)手法とは、わずかな利益を狙って短時間に売買を繰り返す手法のことです。スキャルピング手法では、1回の取引時間は1分から10分程度であることが...

  • FXのスイングトレードとは

    FX(外国為替証拠金取引)のスイングトレード(swing trading)とは、数日から1週間の期間に売買を繰り返す手法のことです。スイングトレードは、トレールを用いて、利益が出ている間は利益幅を伸ば...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目標」の関連用語

目標のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目標のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの目的 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの目標 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS