標的とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 標的の意味・解説 

ひょう‐てき〔ヘウ‐〕【標的】

読み方:ひょうてき

射撃弓術などに使うまと。

攻撃目標ターゲット。「敵の―になる」

手本模範目標とするもの。

以て人民の由る可き―を示す者なかる可らず」〈福沢学問のすゝめ


標的

作者片岡義男

収載図書今日は口数がすくない
出版社角川書店
刊行年月1988.2
シリーズ名角川文庫


標的

作者アルシデス・マイア

収載図書堀口大學全集 補巻 2(飜訳作品 2) 復刻版
出版社日本図書センター
刊行年月2001.12


標的

作者紗羅

収載図書コリアン・ミステリ―韓国推理小説傑作選
出版社バベル・プレス
刊行年月2002.5


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 02:46 UTC 版)

標的(ひょうてき)とは、射撃弓術などで用いる的のこと。転じて攻撃目標などの対象を指す言葉として用いられる。英語ではターゲット(target) という。




「標的」の続きの解説一覧

標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 02:34 UTC 版)

ライフル射撃」の記事における「標的」の解説

基本的に紙製で、大きさ競技によって異なる着弾点が中心に近いほど高得点であり、一発につき10点最高点である。なお、決勝が行われる場合得点0.1単位まで判定されこの場合最高点一発につき10.9点である。オリンピック等の国際大会では、電子標的呼ばれる着弾と同時に得点判明する装置使用する

※この「標的」の解説は、「ライフル射撃」の解説の一部です。
「標的」を含む「ライフル射撃」の記事については、「ライフル射撃」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 02:36 UTC 版)

標的艦」の記事における「標的」の解説

標的として処分された例。 肥前 - ロシア帝国海軍戦艦レトヴィザン接収後に改造1924年7月25日豊後水道標的として撃沈処分壱岐 - ロシア帝国海軍戦艦インペラートル・ニコライ1世1915年10月3日伊勢湾外で巡洋戦艦金剛比叡36 cm主砲標的として撃沈処分石見 - ロシア帝国海軍戦艦アリヨール。1924年7月10日横須賀及び三浦半島城ヶ崎西方爆撃実験標的として撃沈処分長門 - 太平洋戦争後の1946年アメリカ軍によって原爆水中爆発実験の標的になり、2回の核爆発耐え4日その姿留めたが、4日後の7月29日未明沈没。 響 - 太平洋戦争後の1947年戦時賠償艦としてソ連に渡りヴェールヌイとなる。1970年代ウラジオストク沖にて標的として撃沈処分

※この「標的」の解説は、「標的艦」の解説の一部です。
「標的」を含む「標的艦」の記事については、「標的艦」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 09:43 UTC 版)

MiRNA-21」の記事における「標的」の解説

miR-21の標的は数多く実験的に確認されており、それらのほとんどは腫瘍抑制因子である。よく知られているものとしては、PTEN、PDCD4、Tropomyosin、Sprouty 1、Sprouty 2、Bcl-2RECK、IL-12p35、JAG1、HNRPK、BTG2、TGFBRII、TAp63 P12/CDK2AP1、MEF2C、ANP32A, SMARCA4 RhoB、hMSH2 など。

※この「標的」の解説は、「MiRNA-21」の解説の一部です。
「標的」を含む「MiRNA-21」の記事については、「MiRNA-21」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 02:53 UTC 版)

ヨードレシニフェラトキシン」の記事における「標的」の解説

当初はヨードレシニフェラトキシンは高い親和性(HEK 293/VR1に対するKd = 4.3 ± 0.9 nMラット脊髄膜に対するKd = 4.2 ± 1.0 nM)を有するTRPV1受容体競合的アンタゴニスト考えられていたが、最近の研究では、特に1から30 µM高濃度においてはマウスの熱調節システムにおいて一時的な部分アゴニスト特性あること示されている。 TRPV1受容体カルシウム透過チャネル形成する838アミノ酸からなるタンパク質コードしておりカプサイシンによって活性化されるが、有害な熱や細胞外の低pHによっても活性化されるTRPV1受容体多くの中枢および末梢神経系発現しており、とりわけ求心性痛覚経路におけるシグナル伝導においてと重要な役割果たしている。

※この「標的」の解説は、「ヨードレシニフェラトキシン」の解説の一部です。
「標的」を含む「ヨードレシニフェラトキシン」の記事については、「ヨードレシニフェラトキシン」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/27 06:43 UTC 版)

プロジェクト・ジェニファー」の記事における「標的」の解説

1968年3月8日アメリカSOSUSシースパイダー)ソナーネットワークがソ連海軍潜水艦爆発事故探知した。この爆発事故関連した調査が米衛星海兵隊調査船によっても行われたソ連海軍沈没したK-129を発見することができなかった一方アメリカ海軍は特殊探査装置使用するために改良された原子力潜水艦ハリバット(USS Halibut, SSN-587)がハワイ沖に沈没しているK-129を発見することに成功する当時国家安全保障担当大統領補佐官ヘンリー・キッシンジャー隠密裏にK-129をサルベージアメリカ持ち帰ることを許可したこれにより当時冷戦相手国ソ連軍事技術や、もし可能なら当時ソ連暗号技術を知ることが大きな目的だった

※この「標的」の解説は、「プロジェクト・ジェニファー」の解説の一部です。
「標的」を含む「プロジェクト・ジェニファー」の記事については、「プロジェクト・ジェニファー」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 07:45 UTC 版)

中国における通信妨害」の記事における「標的」の解説

1996年放送開始以来中国当局ラジオ・フリー・アジアへの妨害続けている。2002年アメリカ放送理事会英語版)は、中国語広東語チベット語ウイグル語サービスを含む「中国向けVOARFA短波放送は、ほとんどすべて妨害されている。」と報告した2008年には、オスロ拠点を置くチベットの声が、2008年のチベット動乱際に外部からの放送遮断するために妨害電波使用する機会増え無線通信妨害激しくなったと報じたこの他の標的には、BBCワールドサービス希望之声(英語版)などがある。

※この「標的」の解説は、「中国における通信妨害」の解説の一部です。
「標的」を含む「中国における通信妨害」の記事については、「中国における通信妨害」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 10:04 UTC 版)

709事件」の記事における「標的」の解説

取り締まり影響を受けた著名人一部以下に示す。 2015年拉致され人権弁護士李和平(中国語版)は、その後2017年4月禁固刑科され2017年5月釈放された。このとき法務への従事メディア取材応じないことを誓う文書署名させられている。 気功集団法輪功メンバー弁護土地奪われ農民支援をしてきた弁護士の王全璋(中国語版)は、2015年8月逮捕され2018年12月から2019年1月まで裁判かけられ国家転覆罪で懲役4.5年の判決下され2020年4月4日刑務所から釈放された。当局により、2週間COVID-19隔離間のため、当局によって済南市旧居移された。(王の妻は、自宅軟禁状態に保つための口実として政府感染症流行利用した信じている)。釈放後も当局者による監視を受けている王は、拘禁され時の様子を「1カ月間、毎日6時から夜10時まで両手上げたまま立たされた。長期間睡眠妨害されたり、トイレ行かせもらえなかったり、人体実験のようだった」と語り暗室自白強要され日常的に暴言殴打受けた主張している。 国家分裂罪で無期懲役判決受けたウイグル族学者イリハム・トフティ弁護担当するなど「中国で最も勇敢な弁護士」と称され弁護士王宇中国語版)は、政府転覆扇動したとして起訴され2016年保釈された。王はその後欧米政治家外交官国内人権関係者と会うたびに当局から警告を受けており、2019年3月にも在北京米国大使館前の路上で拘束連行されている。このとき王は大使館招きに応じてイベント参加しようとしていた。 「超級低俗屠夫」のハンドルネーム活動していた人権活動家の吴淦は、2017年12月8年実刑判決受けた活動家の向莉は、取り締まり中に中国から出国禁じられていたが、2018年1月タイへ密出国した。 ドイチェ・ヴェレ報道によると、2020年6月17日、王全璋を擁護し公然と習近平罷免法制度政治制度改革求めていた余文生(中国語版)が、懲役4年3年間の政治的権利剥奪の刑を言い渡された。

※この「標的」の解説は、「709事件」の解説の一部です。
「標的」を含む「709事件」の記事については、「709事件」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:42 UTC 版)

狙撃手」の記事における「標的」の解説

狙撃手は人を狙う事もあれば物資を狙う事もあるが、敵の中で最も重要な人員(たとえば将校などの指揮官や、通信重火器を扱う専門技術兵)を狙いそれによって敵の作戦最大限妨害することを図ることが多い。その他に狙撃手が狙う対象としては、狙撃手自身にとって直接の危険をもたらす敵兵(たとえば、しばしば狙撃兵捜索を行う軍用犬を扱う兵など)がある。 狙撃手は、その外見や振舞いで敵の指揮官特定する。たとえば階級章や、通信兵話しかけている、車輌乗客として乗っている従卒従えている、双眼鏡地図ケースを持っている、しばしば移動しては何かを話していることなどを手掛かりとする。もし可能であれば狙撃手階級の高い順に狙うが、階級分からない場合は、敵の通信重火器妨害することを図る。 現代戦では、損害多く何らかの運用員を必要とする兵器よるものが殆どなので、狙撃手の最も有効な使用法一つは偵察である。狙撃兵は、高い潜伏技術浸透技術優れた長距離観測装備と、敵への接近監視技術生かすことができる。偵察役割与えられた場合重要度の高い標的を撃破できる機会がある場合限り交戦認め交戦規定与えられるダネル NTW-20やVidhwansakのようなライフル純粋に対物ライフルとして設計されものである。たとえば、駐機している航空機のタービン・ディスクやミサイル誘導パッケージ高価な光学装置ベアリングレーダー装置導波管などを狙撃する。対物ライフル装備した狙撃手は、レーダー盤、水タンク乗り物エンジンや、多くの他の標的を狙うことができる。 バレット製やMcMillan製の.50口径ライフルのようなものは、対物専用として設計されたものではないが、対物ライフルとして求められる射程破壊力従来多くの対物ライフルよりも軽量なもので実現していたため、しばしば対物目的用いられた。他の口径、たとえば.408 Cheyenne Tactical.338 Lapua Magnumなどは限定的な対物目的に使うこともできるように設計されているが、理想的に長距離対人狙撃用の弾丸である。

※この「標的」の解説は、「狙撃手」の解説の一部です。
「標的」を含む「狙撃手」の記事については、「狙撃手」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 12:15 UTC 版)

バッティングセンター」の記事における「標的」の解説

前方に「ホームラン」の標的が設けてあり、打球当たると景品や数ゲーム無料で遊べるようになったり、景品貰えたりする特典がある。標的は「本塁打」のほか「二塁打」「三塁打」「シングルヒット」などと分けられている場合もある。 標的には打球速度時速表示するものや推定飛距離表示するものもある。 月間ホームラン数や年間ホームラン数をランキング形式発表している施設もあり、上位者には更に景品与えられることもある。

※この「標的」の解説は、「バッティングセンター」の解説の一部です。
「標的」を含む「バッティングセンター」の記事については、「バッティングセンター」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 11:00 UTC 版)

スナイパーエリートV2」の記事における「標的」の解説

アイゼンベルク フェアバーン最初の標的。ドイツ軍少将で、V2ロケット運用指揮していた人物右目上下に走る傷があるのが特徴戦局悪化する中、ソ連への亡命企てるが、ブランデンブルク門前の広場手引き役のロシア人会話しているところを狙撃され死亡ギュンター・クレイドル フェアバーン2人目の標的。博士号を持つ、ロケットエンジン専門家ロケット製造施設の場所を知っている人物。装甲車護衛部隊に守られながら移動しているため、狙撃前にトラップ仕掛け必要があるシュヴァイガー 元々はフェアバーンの標的の1人であったが、独断アメリカへの亡命図ったことがヴォルフから裏切り行為みなされ拘束された末処刑されそうになるこれに伴いフェアバーン情報を得るべく処刑阻止して助けようとするが、ドイツ軍との銃撃戦傷を負い、迫るソ連軍一掃した直後フェアバーンヴォルフ陰謀打ち明けようとするが、傷は深く全容話せぬまま絶命する。しかし、その内容フェアバーンにとって、想定外の何かが起こっていると理解するには十分であった劇中唯一フェアバーンの標的から外れなおかつフェアバーン直接会話するシーンがある唯一の人物。なお、本作ドイツ人ドイツ語を、ロシア人ロシア語を話すが、シュヴァイガー処刑行おうとしていたドイツ軍将校とはドイツ語で会話をしているが、フェアバーンとは英語で会話している。 ミュラー フェアバーン4人目の標的。ドイツ軍将校で、連合国軍の空襲対処すべく、ティーアガルテン高射砲塔現場指揮のために配置された。この情報得た司令部フェアバーンのために狙撃地点割り出し武器空中投下するが、パイロットの投下ミスで肝心の武器教会の塔へと落ちてしまい、フェアバーン狙撃前に教会へ潜入することとなる。 ヴォルフ フェアバーン最後の標的。V2ロケット搭載されていた化学兵器タブン開発者キューベルワーゲン乗って逃走しようとしたが、走行中に胸を撃ち抜かれ、車が横転し大破地面叩きつけられ死亡した

※この「標的」の解説は、「スナイパーエリートV2」の解説の一部です。
「標的」を含む「スナイパーエリートV2」の記事については、「スナイパーエリートV2」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:35 UTC 版)

AZUMI (漫画)」の記事における「標的」の解説

井伊直弼いい なおすけ江戸幕府大老作中でのあずみの最初の標的。大量弾圧を行う強権的独裁者であることを三井警戒され、あずみが暗殺差し向けられた。三井事前に掴んでいた桜田門外で水戸脱藩浪士たちの襲撃に合わせて、あずみが斬り込み駕籠周り護衛らをすべて斬り伏せ井伊駕籠開けて伊井喉笛を一突にして殺害し駕籠閉じて撤収していった。その後有村次左衛門駕籠刺し、すでに死んでいた井伊体を引きずり出して首をとった。 徳川斉昭とくがわ なりあき前水藩主あずみの2人目の標的。異人襲撃繰り返強硬な攘夷論者であることを三井危険視され、あずみが暗殺差し向けられた。同時期井伊暗殺黒幕として斉昭恨んでいた彦根藩からも刺客団が送り込まれたが失敗し斉昭捕らえた彦根藩刺客たち残虐にいたぶった後首刎ねさせた。六十過ぎた今も無類の好色家で、あずみは土御門家姫知子と名乗って斉昭偕楽園招かれ潜入した夜に厠に行っていたところ、あずみに回りにいた大勢護衛全員気絶させられ慌てて厠から出たところであずみと顔を合わせ知子」の名を最後まで口にする間もなく額を針で突かれ死亡した宍戸 魁(ししど かい) 水戸藩脱藩浪士強面大男イギリス公使暗殺目論み、それを阻止すべく松平春嶽内意受けた三井があずみを暗殺差し向けた彼自身はあっさりあずみに斬り捨てられたが、あずみと親しかった池谷新平彼に間諜間違えられて斬られてしまい、あずみはそのことで自責の念感じていた。 清河八郎きよかわ はちろう浪士組指導者圭次郎が心酔していた人物松平春嶽内意受けた三井清河八郎暗殺決定したとき、猪一志願して斬りにいったが、清河返り討ちにされた。猪一仇を討つためにも清河自分で討つことにしたあずみは、清河騙し討ちにしようとしていた佐々木只三郎気絶させるとともに清河勝負申し込んだ清河北辰一刀流免許皆伝剣豪であったが、あずみのではなく一瞬で喉と後ろ首斬られて絶命した。佐々木たちの騙し討ち計画成功したのような切り口になっており、あずみは意識取り戻して駆けつけてきた佐々木たちに手柄譲って去っていった。 聖覚院 慈行せいがくいん じこう) 京都の聖覚院を支配する高僧仏顔の男で側に細面男と怪力男2人の僧を従えている。天皇朝廷公卿攘夷扇動していることを三井警戒され、あずみが暗殺差し向けられた。慈行に思われ仏顔影武者であり側に控え細面本物の慈行で、それに気づいたお駒捕らえられたが、ちゃんを通じてあずみに伝えることに成功し、あずみは仏顔怪力男気絶させて細面だけ額を針で突いて殺害した篠田 源太郎(しのだ げんたろう会津藩松平容保公用方。征長軍参謀長州絶滅主張する過激な男で、長州征伐乗り気ではない総督徳川慶勝押し切るほど我が強い横暴な大酒のみで女漁りを好む。駿介の救出に力を借りた桂小五郎依頼であずみが暗殺請け負った服部父子はあずみが篠田狙っていることに気づいたが、あずみをおびき寄せるための餌にするため放っておかれ、有馬温泉豪遊をしていたところをあずみに護衛たちを気絶させられた後、額を針で突かれ死亡した

※この「標的」の解説は、「AZUMI (漫画)」の解説の一部です。
「標的」を含む「AZUMI (漫画)」の記事については、「AZUMI (漫画)」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 09:34 UTC 版)

ヘッジホッグシグナル伝達経路」の記事における「標的」の解説

ヘッジホッグシグナル伝達経路におけるもっとも一般的な標的はSmoothened(SMO)であり、これに対するアゴニストアンタゴニストによりシグナル下流に影響を与えること出来る。この他、PTCH1に対する抗体やGli3に対する抗体もこのシグナル経路効果を発揮する。また、Gliに対するsiRNA細胞成長阻害しアポトーシス誘導することが知られる

※この「標的」の解説は、「ヘッジホッグシグナル伝達経路」の解説の一部です。
「標的」を含む「ヘッジホッグシグナル伝達経路」の記事については、「ヘッジホッグシグナル伝達経路」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 16:47 UTC 版)

リアリティショーRPG キルデスビジネス」の記事における「標的」の解説

番組が標的に指定した人間無限のエネルギー内包する黄金の魂』の持ち主で、既に好きなだけ願い叶えてもらっている。その願い全世界影響するものであるため、複製され世界住んでいる回収人戦うこと負ければ魂が奪われることも承諾済み

※この「標的」の解説は、「リアリティショーRPG キルデスビジネス」の解説の一部です。
「標的」を含む「リアリティショーRPG キルデスビジネス」の記事については、「リアリティショーRPG キルデスビジネス」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 02:08 UTC 版)

2011年ツーソン銃撃事件」の記事における「標的」の解説

報道によれば犯人の標的はガブリエル・ギフォーズ下院議員であった頭部銃撃受けた議員はただちに病院搬送され緊急手術受けた容体一時は予断を許さない状態にあったが、1月12日には意識回復した事件から2週間足らず同月21日には退院した8月1日には、当時焦点となっていた国家債務上限引き上げ法案に賛成票投じるため、事件以来初め登院した。 2012年1月25日リハビリ専念するため、下院議員辞職した

※この「標的」の解説は、「2011年ツーソン銃撃事件」の解説の一部です。
「標的」を含む「2011年ツーソン銃撃事件」の記事については、「2011年ツーソン銃撃事件」の概要を参照ください。


標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/30 08:56 UTC 版)

アスコクロリン」の記事における「標的」の解説

ミトコンドリア電子伝達系のうち複合体III阻害剤である。複合体IIIにはユビキノール酸化を行うQo部位逆にユビキノン還元を行うQi部位とが存在するが、アスコクロリンはこの双方結合して強力に阻害する同様にユビキノール酸化を行う大腸菌シトクロームboや、トリパノソーマ被子植物オルタナティブオキシダーゼも、低濃度アスコクロリンによって阻害されることが示されている。さらに高濃度では、ユビキノン還元を行うジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼ阻害することも知られている

※この「標的」の解説は、「アスコクロリン」の解説の一部です。
「標的」を含む「アスコクロリン」の記事については、「アスコクロリン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「標的」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「標的」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



標的と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標的」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



標的のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標的 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのライフル射撃 (改訂履歴)、標的艦 (改訂履歴)、MiRNA-21 (改訂履歴)、ヨードレシニフェラトキシン (改訂履歴)、プロジェクト・ジェニファー (改訂履歴)、中国における通信妨害 (改訂履歴)、709事件 (改訂履歴)、狙撃手 (改訂履歴)、バッティングセンター (改訂履歴)、スナイパーエリートV2 (改訂履歴)、AZUMI (漫画) (改訂履歴)、ヘッジホッグシグナル伝達経路 (改訂履歴)、リアリティショーRPG キルデスビジネス (改訂履歴)、2011年ツーソン銃撃事件 (改訂履歴)、アスコクロリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS