異なとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 異な > 異なの意味・解説 

い‐な【異な】

連体形容動詞「い(異)なり」の連体形「いなる」から》普通と変わった変な妙な。「異なことを伺いますが」「縁は異なもの味なもの


け‐な【異な/殊な】

連体形容動詞「け(異)なり」の連体形「けなる」の音変化から。「けなもの」「けなひと」の形で多く用いる》

けなげである。殊勝である。

「そちは—者ぢゃ」〈浄・丹波与作

おとなしい。

「かはいらしく—者なり。いはば町方腰元のやうなり」〈満散利久佐


い‐な【異】

連体〕 (形容動詞異なり」の連体形「異なる」の変化したもの) ふつうでは考えられない。風変わりな。変な妙な

玉塵抄(1563)五「これやうな異な人けだものなどのことを」


け‐な【異】

⇒け(異)


異な

読み方:けな

形容動詞「異だ」の連体形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

異な

出典:『Wiktionary』 (2017/04/25 02:29 UTC 版)

連体詞

(いな)

  1. な。な。

発音

い↘な

連体詞

(いな)

  1. 現代語に同じ)な。な。



異なと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異な」の関連用語

異なのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異なのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの異な (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS