気体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 気体 > 気体の意味・解説 

き‐たい【気体】

物質が示す状態の一。一定の形・体積をもたず、流動性に富むもの。分子間の引力小さく分子が自由に運動でき、体積温度比例圧力反比例して変化する。ガスガス体。→液体固体


気体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/11 06:48 UTC 版)

気体(きたい、: gas)とは、物質の状態のひとつであり[1]、一定の体積を持たず、自由に流動し圧力の増減で体積が容易に変化する状態のこと[1]。 「ガス体」とも言う[1]




  1. ^ a b c 岩波書店『広辞苑』 第6版 「気体」
  2. ^ a b ブリタニカ百科事典 【気体】
  3. ^ McPherson & Henderson 1917, pp. 104–10
  4. ^ American Chemical Society, Faraday Society, Chemical Society (Great Britain)'s The Journal of physical chemistry, Volume 11 (Cornell – 1907), page 137.
  5. ^ Tanya Zelevinsky (2009). “84Sr—just right for forming a Bose-Einstein condensate”. Physics 2: 94. http://physics.aps.org/articles/v2/94. 
  6. ^ Quantum Gas Microscope Offers Glimpse Of Quirky Ultracold Atoms ScienceDaily 4 November 2009 - ボース=アインシュタイン凝縮についてのリンクを提供
  7. ^ The Journal of physical chemistry, Volume 11 (Cornell – 1907) pp. 164–5.
  8. ^ このような物理特性の例外として、マイケル・ファラデーは1833年、氷に電気伝導性がないことを発見した。詳しくは、John Tyndall's Faraday as a Discoverer (1868), p.45
  9. ^ John S. Hutchinson (2008). Concept Development Studies in Chemistry. p. 67. http://cnx.org/content/col10264/latest/ 
  10. ^ Anderson 1984, p. 501
  11. ^ J. Clerk Maxwell (1904). Theory of Heat. Mineola: Dover Publications. pp. 319–20. ISBN 0486417352 
  12. ^ See pages 137–8 of Society (Cornell – 1907).
  13. ^ Kenneth Wark (1977). Thermodynamics (3 ed.). McGraw-Hill. p. 12. ISBN 0-07-068280-1 
  14. ^ (McPherson & Henderson 1917, pp. 60–61)
  15. ^ Anderson 1984, pp. 289–291
  16. ^ Anderson 1984, p. 291
  17. ^ このときの温度の上限は 1500 K とされている。詳しくは(John 1984, p. 256)
  18. ^ John 1984, p. 205
  19. ^ John 1984, pp. 247–56
  20. ^ McPherson & Henderson 1917, pp. 52–55
  21. ^ McPherson & Henderson 1917, pp. 55–60
  22. ^ John P. Millington (1906). John Dalton. pp. 72, 77–78 
  23. ^ Online Etymology Dictionary





気体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気体」の関連用語

気体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの気体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS