気とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

き【気〔氣〕】

読み方:き

[音](漢) (呉)

学習漢字1年

[一]〈キ〉

息。「気管気息一気呼気口気

ガス体。「気圧気化気体外気換気空気香気湿気臭気瘴気(しょうき)・蒸気冷気

天地間に生じ自然現象。「気温気候・気象磁気暑気天気電気・陽気」

宇宙人間根底にあるとされるエネルギー生命活力。「運気・元気・正気(せいき)・生気精気病気

精神感情働き。「気質気性気分意気陰気鋭気狂気血気根気才気士気正気(しょうき)・短気稚気怒気・平気・本気・勇気

何か特有のようす。「気運・気味/鬼気景気語気妖気(ようき)・霊気雰囲気

一年を二四分した期間。「気節節気二十四気

[二]〈ケ〉

ガス体。「湯気(ゆげ)」

心の働き気持ち。「気色(けしき)/嫌気俗気毒気山気若気(わかげ)」

ようす。「気配油気色気金気(かなけ)・産気土気(つちけ)・人気(ひとけ)・水気(みずけ)」

病気。「脚気(かっけ)・腰気

名のり]おき

難読呆気(あっけ)・噯気(おくび)・気質(かたぎ)・気障(きざ)・健気(けなげ)・若気(にやけ)・惚気(のろけ)・呑気(のんき)・暢気(のんき)


き【気】

読み方:き

生命意識心などの状態や働き

㋐息。呼吸。「―が詰まりそうな部屋

意識。「―を失う」

物事反応する心の働き。「―を静める

精神の傾向気質。「―が強い」

精神の盛り上がり気勢。「復興の―がみなぎる

気分気持ち。「―が楽だ」「―が乗らない

あれこれ考える心の動き心遣い。心配。「どうにも―になる」

物事ひきつけられたり、人を恋い慕ったりする気持ち興味関心。「彼女に―がある」

㋘何かをしようとする、また何かしたい思う心動き。つもり。「どうする―だ」「やる―がある」

天地生じ自然現象空気大気や、水蒸気などの気体。「山の―」

あたりに漂う雰囲気。心に感じ周囲のようす。「陰鬱(いんうつ)な―が漂う」

ある物がもっている特有の香り風味。「―の抜けたビール

昔、中国1年24分した一つの、15日間。さらに3分した一つを候といい、気は3候からなる節気


ぎ【気】

読み方:ぎ

語素名詞下に付いて、それにふさわし性質気質気性などの意を表す。「男―」「商売―」


け【気/希/×稀】

読み方:け

〈気〉⇒き

〈希〉⇒き

〈稀〉⇒き


け【気】

読み方:け

【一】[名]

そのものがもつ要素傾向また、それが感じられる状態・気配。「火の―」「血の―」「泣き上戸の―がある」

そのものから発して、その存在感じとらせるもの。気体状のもの。におい。味など。

「東おもての朝日の―いと苦しければ」〈かげろふ・下〉

それを感じられる心の状態。気分心地

恐しき―も覚えず」〈源・夕顔

気候天気

「―を寒み葦(あし)の汀(みぎは)もさえぬれば流る見えぬ池の水鳥」〈和泉式部続集

病気

「脚の―起こりて」〈落窪・三〉

多く「気が付く」の形で産気

今朝から―がつきて、今日生まるるとて」〈浮・胸算用・二〉

【二】接頭

動詞・形容詞に付いて、なんとなく、漠然としたなどの意を表す。「―おされる」「―だるい」

主として形容詞時に動詞形容動詞に付いて、ようすが…であるという意を表す。「―おそろし」「―うとし」「―あなどる」「―ざやか」

【三】接尾名詞動詞連用形形容詞・形容動詞語幹などに付いてそのようなようす・気配感じなどの意を表す。名詞に付く場合、「っけ」の形になることも多い。「人―」「飾りっ―」「商売っ―」「食い―」「寒―」「いや―」


げ【気】

読み方:げ

接尾動詞連用形形容詞の語幹などに付いて名詞、または形容動詞語幹をつくる。…そうだ、…らしいようす、などの意を表す。「わけあり―」「うれし―」「おとな―もない」


け 【気】

気の呉音ケからか。一説に訓とも)実体を手にすることはできないが、その存在感じられるもの(気配)。心持ち気力天性。(病気にもいう)→ 気

読み方:き

  1. 気。(一)淫慾の意。きをはらす。「気も長し又気も強し九十九夜」(二)淫液。きがいくきをやる俗語
  2. 淫慾或は精液

読み方:き

  1. きもちのこと。又は精気のことをいふ。夫木集梅の花見ゆれど春の気は烟をこめてさむからなくに」とある。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 07:43 UTC 版)

: : [ˈ] CHEE  )、また(き)とは、中国思想道教中医学漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。


  1. ^ DENG Yu, ZHU Shuanli, Deng Hai (2002). “Generalized Quanta Wave with Qi on Traditional Chinese Medecine”, Journal of Mathematical Medicine, 15(4), pp. 369-371.
  2. ^ DENG Yu, Zhu Shuanli, X. Peng, Deng Hai (2003). “Ration of Qi with Modern Essential on Traditional Chinese Medicine Qi: Qi Set, Qi Element”, Journal of Mathematical Medicine, 16(4).
  3. ^ 邓宇[Deng Yu]・朱栓立[Zhu Shuanli]・徐彭[Xu Peng]・邓海[Deng Hai](2000)〈五行阴阳的特征与新英译[New Translator with Characteristic of Wu xing Yin Yang]〉《中国中西医结合杂志[Chinese Journal of Integrative Medicine]》20(12):987。
  4. ^ 邓宇[Deng Yu]・朱栓立[Zhu Shuanli]・徐彭[Xu Peng]・邓海[Deng Hai](2000)〈五行阴阳的特征与新英译[Fresh Translator of Zang Xiang Fractal five System]〉《中国中西医结合杂志[Journal of Integrative Medicine]》(12):937。
  5. ^ 邓宇[Deng Yu]等(1998)〈阴阳的科学本质及数理化建构〉《中国中医基础医学杂志[Chinese Journal of basic medicine in traditional chinese medicine]》2:59-61。
  6. ^ 邓宇[Deng Yu]等(1999)〈中医分形集[TCM Fractal Sets]〉《数理医药学杂志[Journal of Mathematical Medicine]》12:(3):264-265。
  7. ^ 邓宇[Deng Yu]・朱栓立[Zhu Shuanli]・徐彭[Xu Peng]・邓海[Deng Hai](2000)〈经络英文新释译与实质[Essence and New Translator of Channels]〉《中国中西医结合杂志[Chinese Journal of Integrative Medicine]》20(8):615。
  8. ^ a b 上田信『風水という名の環境学: 気の流れる大地』、農山漁村文化協会〈図説・中国文化百華〉第15巻、2007年、182-195頁。ISBN 978-4-540-03097-0
  9. ^ 医学中央雑誌で検索しても2005年~2010年で該当する論文は1件のみである。
    • 定方美恵子、山田幸子「看護療法としての気功: その可能性を模索する」『日本看護技術学会誌』第7巻第1号、日本看護技術学会、2008年3月、34-36頁。NAID 40015971701



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:46 UTC 版)

白狐魔記」の記事における「気」の解説

気配のような物。持っている物を落としたり物を消したりなどができる。

※この「気」の解説は、「白狐魔記」の解説の一部です。
「気」を含む「白狐魔記」の記事については、「白狐魔記」の概要を参照ください。


気(き)(陽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 01:30 UTC 版)

蛇蝎 -DAKATSU-」の記事における「気(き)(陽)」の解説

自然界の「気」。通称・気様(きさま)。気学は本来、除災招福のために用いものであるため、人を殺めたりせずに正道に戻せ亜人忠告する亜人以外には姿は見えないが、肩に乗るサイズから一般的な人間サイズガンダムのような巨大サイズまで自由自在に大きさ変えられる

※この「気(き)(陽)」の解説は、「蛇蝎 -DAKATSU-」の解説の一部です。
「気(き)(陽)」を含む「蛇蝎 -DAKATSU-」の記事については、「蛇蝎 -DAKATSU-」の概要を参照ください。


気(き)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 19:05 UTC 版)

ザ・サード」の記事における「気(き)」の解説

不可視の力。火乃香やパイフウはこの力を感知し増幅して用いることができる。自然界存在するが、どのように蓄えられているのか、その総量どれほどであるのかといったことは不明である

※この「気(き)」の解説は、「ザ・サード」の解説の一部です。
「気(き)」を含む「ザ・サード」の記事については、「ザ・サード」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 22:42 UTC 版)

盾の勇者の成り上がり」の記事における「気」の解説

異世界存在する概念で生命発するエネルギーのこと。異世界には、この気を操る武術存在しており、修行をすることで見えるようになり、コントロールができるようになる気を扱うことで、自身をより強化させたりできる。また気を集めることで、スタミナ回復するともできる武術戦いだけでなく、物作りにも利用でき、気を放ちながら作業をすることで集中力上がり、物に気を注ぐことで品質上がる効果があるまた、優れた武芸者技術者中には、気が見えないが、無意識に扱っている者も存在する変幻無双流 尚文の異世界過去勇者参考に勇者の力であるEPエネルギーブースト)を再現した流派弱者理不尽な強さをもつ強者を倒すために生まれた流派でもある体内外から気を集め留め攻撃載せて放つ変幻無双流特定の武器無く、どんな物であろうとも武器として活用し敵を殲滅する万能戦闘術。変幻無双流真髄を理解した後は自分に合った武術習得することが望ましい。後述自在珠玉流とも組み合わせ応用するともできる勇者強化方法知らなくてもすでにEP能力上げていることとSP存在によって習得難しいとされる。しかし習得することで魔法スキル混ぜて効果上げたりEPをうまく使いこなせるうになる。数世代一度生まれ天才転生者)によって内部分裂起こし一度滅んだが、尚文によって変幻無双流のエルラスラが元気になり、彼らに流派教えたことで復活する防御系技能弱体化魔法対策の技は失伝してしまったが、尚文たちによって見つかる。点 変幻無双流の型の一つ強固な鎧に身を固めたものに放つとされる相手内部に気をねじ込み相手内部硬さ利用して暴れさせる型で、防御力の高い相手結界に対して効果を発揮する防御比例攻撃放てる相手の気が暴れ前に力によって体内から流すことで回避できる作中でも多く使用されている無双活性 辺りの気を吸収し自身強化する技。 気による守りの型 セインが尚文たちに教えた気による防御技術これらの技を合わせて使うこともできるWEB版ではアトラと尚文が協力して一から作り出している。集 魔法攻撃気の力で軌道捻じ曲げて引き寄せる技。魔法攻撃矢面に立つ時に役立つ。気の力が強いと銃弾などの飛び道具同様にできる。基本範囲半径3メートルだが、より気を強くすれば範囲広がる魔道祓い 変幻無双流失伝技。集の応用技で、援護弱体化援護無効化魔法を集で集めて弾き飛ばす副次効果使用者半径2メートル内の魔法散らすこともできるが、至難の業となっている。自在珠玉の裏秘術見つかったことで再現された。 壁 気で見えない壁数秒作って攻撃防御したり、相手動き妨害する技。盾のスキルエアストシールドと比べて汎用性があり、範囲をかなり大きくできるが、防御力効果時間低め使用者力量によるかもしれないが)。集と合わせて使うことで、攻撃別の相手当てるともできる。 玉 気や魔法攻撃気で集めて凝縮し相手投げつけるカウンター技。集と合わせて使うことができる。玉点 アトラ編み出し名付けた技。点と玉を組み合わせた技で、玉で相手放った気を集め凝縮させて、自身の攻撃一点上乗せさせる。 自在珠玉流 絆の異世界プラーナという気に似た技術を操る流派アマチハ調停者開祖とされているグラス変幻無双流の方応用利き、強力と語っていたが、双方流派師範代同士が、互角に戦っていたため、優劣が低いわけではないようだ。かつての変幻無双流のように、弟子問題起こしたせいで、師範代意気消沈していたが、変幻無双流師範代叱咤激励決闘受けたことで立ち直った変幻無双流組み合わせ応用するともできる裏輪舞 波動弾き 自在珠玉の裏秘術援護弱体化援護無効化魔法弾き飛ばす自在珠玉流の道場の奉具殿にあった鎮震の扇にシルディナグラス神託によって発見される

※この「気」の解説は、「盾の勇者の成り上がり」の解説の一部です。
「気」を含む「盾の勇者の成り上がり」の記事については、「盾の勇者の成り上がり」の概要を参照ください。


気(き)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:19 UTC 版)

漢方医学」の記事における「気(き)」の解説

人間体の中を巡っている仮想的な生命エネルギーのようなもの。

※この「気(き)」の解説は、「漢方医学」の解説の一部です。
「気(き)」を含む「漢方医学」の記事については、「漢方医学」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:14 UTC 版)

ドラゴンボール」の記事における「気」の解説

体の中流れエネルギー比喩。これを操作して飛行することや、凝縮放出して気功波として放つことができる。体の一部分に込めることで、攻撃力防御力上げたり用法様々であり訓練すれば相手気の強さ位置感じたり遠く離れた相手分かり個人特定可能で気を完全に消すことで気配を隠すこともできる

※この「気」の解説は、「ドラゴンボール」の解説の一部です。
「気」を含む「ドラゴンボール」の記事については、「ドラゴンボール」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:03 UTC 版)

気功」の記事における「気」の解説

詳細は「気」を参照 気は目に見えない何らかの働きのあるものととらえることができる。伝統中国医学では気血と言えば具体的にを巡っているものと考えられ西洋医学血液血管を巡るのと同様に気は経絡を巡るものと考えられている。鍼灸治療はそうした気血巡りよくすることに主眼がある。気功の気は、明らかにこうした中医学の「気」のニュアンス強く持っている実際には、気は体内に、ある変化として感覚されるものを指すことが多い。そうした気の感覚のことを気感という。また、気は伝わ性質を持つ。例え人から人へ瞬時にある状態が伝わる。そうした現象利用して外気治療などが行われることがあるが、あくびや笑い伝染するように、そうした気の現象日常生活中に常にあるまた、公園樹木向き合ったり、海辺で波を感じたりしながら自然界の気と交流することも気功ではよく行われている。気功修練積んだものは、気を目視することができるうになるという[要出典]。

※この「気」の解説は、「気功」の解説の一部です。
「気」を含む「気功」の記事については、「気功」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:00 UTC 版)

ブラッククローバー」の記事における「氣」の解説

人の目線、呼吸音匂い筋肉動き、何となくの気配そういった人から発せられる生体エネルギー総称。これを読み取ることで魔の感知出来なくても相手気配動き、魔を消している存在をも察知することができ、さらに相手心理状態なども察することが可能となる

※この「氣」の解説は、「ブラッククローバー」の解説の一部です。
「氣」を含む「ブラッククローバー」の記事については、「ブラッククローバー」の概要を参照ください。


氣(き)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 09:28 UTC 版)

百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の記事における「氣(き)」の解説

自然界存在するエネルギー。それを自在に操ることで、将と契り結ばなくても剣姫クラス強さ発揮できる

※この「氣(き)」の解説は、「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の解説の一部です。
「氣(き)」を含む「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の記事については、「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「気」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:28 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 原子又は分子自由に動ける物質状態、又はその状態にある物質気体
  2. )人の活力などの源となるとされる、不可視かつ流動的な仮想物体
  3. 中国哲学上の用語の一つ一般的に不可視であり、流動的運動し作用をおこす。また、凝固して可視的物質となり、万物構成する要素ともなるもの
  4. 心の状態。意識意思
  5. 雰囲気
  6. 飲み物風味炭酸
  7. 性質
  8. 兆候気配

熟語

連語・慣用句・ことわざ


出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:14 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「気」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「気」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白狐魔記 (改訂履歴)、蛇蝎 -DAKATSU- (改訂履歴)、ザ・サード (改訂履歴)、盾の勇者の成り上がり (改訂履歴)、漢方医学 (改訂履歴)、ドラゴンボール (改訂履歴)、気功 (改訂履歴)、ブラッククローバー (改訂履歴)、百花繚乱 SAMURAI GIRLS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS