風味とは? わかりやすく解説

ふう‐み【風味】

読み方:ふうみ

飲食物香り味わい。「—のよい紅茶

そのものその人などから受ける好ましい感じ風情

山居の—を詠じて」〈太平記一二

味見をすること。

料理人お—をするとて」〈咄・鹿の子餅


フレーバー

(風味 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 08:56 UTC 版)

フレーバー: flavour: flavor)は、食品の香り食感など口に入れた時に生じる感覚をまとめていう言葉。風味香味とも言う。




「フレーバー」の続きの解説一覧

風味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 14:46 UTC 版)

食用卵」の記事における「風味」の解説

卵の古さ及びその保存条件は、卵に大きな影響与える。しかし、鳥の食生活は、卵の風味に影響する例えば、茶色卵品種が、菜種大豆食事を摂ると、その腸内微生物は、それらを、魚臭トリエチルアミン代謝し、卵内の成分反映する雌鳥自由に行動し、よってなす予測不可能食事は、当然に予測できない卵を生み出すであろうアヒルの卵は、の卵とは異なるが、の卵に似た風味を持つ傾向にある。 卵は、周囲食材の風味を吸収するために、混合物に浸すことが可能である。茶葉蛋は、さまざまな香辛料紅茶の茶葉混ぜた醸造酒により、味わい深くなっている。

※この「風味」の解説は、「食用卵」の解説の一部です。
「風味」を含む「食用卵」の記事については、「食用卵」の概要を参照ください。


風味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:49 UTC 版)

ピーマン」の記事における「風味」の解説

カラーピーマン様に成熟した果肉には甘みがあり青臭みが気にならない一方で緑色未成熟果肉には独特の青臭い風味と苦味がある。ピーマンを苦手とする人の主な要因は、この特有の青臭さを気にする人が多いからだと言われている。特に子供はこの風味を好まないことが多くニンジングリーンピースなどと共に子供嫌いな食材筆頭挙げられることも多い。1970年代後半には、1960年代子供好きだった物を並べた巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌われ者代表として江川・ピーマン・北の湖」という言葉生まれたほどである。この青臭さ苦味は、油で調理する軽減される。また苦味は、味覚敏感な幼少期大人よりも強く感受されるため、成長するにつれ食べられるうになる子供は多い。 ピーマン特有の青臭さの元は、ピラジンという成分である。ピラジン緑ピーマン多く含まれ血液凝固するのを予防する効果があり、脳血栓心筋梗塞予防に役立つ成分だと評価されている。2012年3月タキイ種苗お茶の水女子大学との共同研究により、クェルシトリンピーマン苦味成分であることが解明された。苦味を嫌う子供に対しては、1990年代パプリカ普及から応用なされるようになったほか、ハラペーニョ改良加え辛味苦味和らげたこどもピーマン」の開発なされている。

※この「風味」の解説は、「ピーマン」の解説の一部です。
「風味」を含む「ピーマン」の記事については、「ピーマン」の概要を参照ください。


風味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/17 03:15 UTC 版)

代用醤油」の記事における「風味」の解説

当時文献によると、醤油粕用いたものは以下の様に述べられており、色、香、味ともに醤油とは異なっていた(引用文原文ママ字体新字体変更)。 「 一番多いのは醤油粕細工したものです。(中略)之は見た所醤油らしく、香気似て居ますが、旨味は到底醤油に及びもつきません。(中略)又、や貝の煮汁を同じ様に加工したものもあります、之は味はよいものもありますが香は全然醤油とちがひます。しかしながら魚醤など、原料それぞれに独特の香り味わいがあり、嗜好適したものも作られていた。

※この「風味」の解説は、「代用醤油」の解説の一部です。
「風味」を含む「代用醤油」の記事については、「代用醤油」の概要を参照ください。


風味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 09:41 UTC 版)

「かぶせ茶」記事における「風味」の解説

味は、煎茶のさわやかさと玉露旨み併せ持つ淹れ方によってやや味が異なり、熱めの湯で抽出時間が短いほど煎茶よりのさわやかな味に、ぬるめの湯で抽出時間長いほど玉露よりの旨み中心の味になる。抽出方法や湯の温度煎茶とほぼ同等で、70度から85度が適温とされるが、玉露のように冷ました湯で淹れても良い玉露似た味で、玉露40度から50度が適温)よりはるかに高温抽出できるために「熱湯玉露」の商品名つけられたが、沸騰した湯で淹れる深蒸し緑茶違い実際に熱湯淹れると味は落ちる。抽出時間も、煎茶のように熱めの湯で淹れる場合煎茶と同じ、玉露のようにぬるめの湯で淹れる場合玉露と同じでよい。煎茶玉露、どちらの方法でも楽しめるのが、かぶせ茶特徴である。

※この「風味」の解説は、「かぶせ茶」の解説の一部です。
「風味」を含む「かぶせ茶」の記事については、「かぶせ茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「風味」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

風味

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 23:53 UTC 版)

この単語漢字
ふう
第二学年

第三学年
音読み 音読み

発音

名詞

(ふうみ)

  1. 食品香り味わいまた、よい味わい、独特の味わい
    • 風味がある。風味を添える。
  2. 雰囲気風情感じ印象

翻訳


「風味」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風味」の関連用語

風味のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフレーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食用卵 (改訂履歴)、ピーマン (改訂履歴)、代用醤油 (改訂履歴)、かぶせ茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風味 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS