風情とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > ありさま > 風情の意味・解説 

ふ‐ぜい【風情】

【一】[名]

風流風雅趣・味わい。情緒。「風情のある庭」

けはい。ようす。ありさま。「どことなく哀れな風情」

能楽で、所作。しぐさ。

身だしなみ

「人の—とて朝毎に髪結はするも」〈浮・一代男・三〉

【二】接尾

人・人名・身分などを表す名詞また、代名詞に付いて、卑しめる意やへりくだる意を表す。「私風情にはとても理解することができません」

名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、などの意を表す。

「箱—の物にしたため入れて」〈徒然五四


ふう‐じょう〔‐ジヤウ〕【風情】

ようす。けしき。ふぜい。

古人の—を学ばば」〈玲瓏随筆


風情

読み方:フウジョウ(fuujou)

風雅な趣


風情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/02/18 12:16 UTC 版)

風情(ふぜい)は、日本古来存在する美意識の1つ。一般的に、長い時間を経て大自然によりもたらされる物体の劣化や、本来あるべき日本の四季が造り出す、儚いもの、質素なもの、空虚なものの中にある美しさや趣や情緒を見つけ、で感じるということ。またそれを感じ、心を平常に、時には揺さぶらせ豊かにするということ。




「風情」の続きの解説一覧



風情と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風情」の関連用語

風情のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風情のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS