文化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 文化 > 文化の意味・解説 

文化

読み方:ぶんか

文化とは、文化の意味

文化とは、複数名により構成される社会の中で共有される考え方価値基準体系のことである。簡単にいうと、ある集団が持つ固有の様式ことである。文化の語は、英語の culture訳語として明治時代頃から使用された言葉であり、英語の culture には、「文化」の他に「訓練」、「養殖」、「栽培」という意味もある。その意味の多様さから、文化という言葉はその文脈により様々に定義される。

英語の culture語源ラテン語の colore である。colore は、「耕す」、「住む」、「崇拝する」等の意味を持っていた。「耕す」とは、植物の自然な生育環境改変し、人間の生活に役立つようにすることであると言える。つまり、culture とは、自然な状態にあるものを人間思考や生活に従わせることである。このことから、culture対立概念として、「自然」という言葉想定することができる。

文化とは、人間により創造されたもの、人工物であり、その社会において後天的に学ぶべきもの全般のことであると言えるそのような意味で、文化の種類としては言語宗教音楽料理絵画哲学文学ファッション法律などが挙げられるそのような事情から、文化という言葉からは、文学音楽といった高度な営み連想することが多く例えアニメーション漫画等の大衆的な文化は「サブカルチャー」と呼ぶ。

ぶん‐か〔‐クワ〕【文化】

人間生活様式全体人類がみずからの手築き上げてきた有形・無形成果総体それぞれの民族地域・社会固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに相互交流によって発展してきた。カルチュア。「日本の—」「東西の—の交流

1のうち、特に、哲学芸術・科学・宗教などの精神的活動、およびその所産物質的所産文明とよび、文化と区別される。

世の中開けて生活内容が高まること。文明開化多く他の語の上に付いて、便利・モダン新式などの意を表す。「—住宅

[用法] 文化・文明——「文化」は民族社会風習伝統思考方法価値観などの総称で、世代通じて伝承されていくものを意味する。◇「文明」は人間知恵進み技術進歩して、生活が便利に快適になる面に重点がある。◇「文化」と「文明」の使い分けは、「文化」が各時代わたって広範囲で、精神的所産重視しているのに対し、「文明」は時代地域とも限定され、経済技術進歩重きを置くというのが一応の目安である。「中国文化というと古代から現代までだが、「黄河文明というと古代黄河流域発達した文化に限られる。「西洋文化」は古代から現代にいたるヨーロッパ文化をいうが、「西洋文明」は特に西洋近代機械文明限っていうことがある。◇「文化」のほうが広く使われ、「文化住宅」「文化生活」「文化包丁」などでは便利・新式の意となる。


ぶんか〔ブンクワ〕【文化】


文化

読み方:ブンカbunka

江戸時代年号(1804~1818)。


文化

【仮名】ぶんか
原文culture

宗教団体国家など、ある集団の中で共有されている信条価値観行動のこと。文化には言語や習慣、それに役割対人関係についての信条などが含まれる

文化

読み方:ブンカbunka

所在 北海道網走市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 10:20 UTC 版)

文化(ぶんか、ラテン語: cultura)には、いくつかの定義が存在するが、総じていうと人間社会の構成員として獲得する多数の振る舞いの全体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。


注釈

  1. ^ しかし大型類人猿が言語を学習できるということが知られるようになると、文化獲得における重要なイベントである学習を細分化して人間の学習(意図模倣)と動物の学習(単純模倣)をわけ、さらには教示の有無を問題にするという発想もでている。つまり動物が社会化のなかで獲得するふるまいは、単純模倣によってだけ獲得される伝統traditionであり、人間が言語や意図模倣、教示を通した社会化のなかで身につける文化という差異を創出して定義づけ、人間以外の動物には文化を身につけることは困難であるとするのである。

出典

  1. ^ 毎日新聞社編『話のネタ』p.55、PHP文庫、1998年。
  2. ^ 「現代文化論 新しい人文知とはなにか」p7-8 吉見俊哉 有斐閣 2018年11月5日初版第1刷発行
  3. ^ 太田好信『民族誌的近代への介入—文化を語る権利は誰にあるのか〔増補版〕』人文書院、2009年。
  4. ^ 祖父江孝男『文化人類学入門』中央公論社〈中公新書; 560〉、1979年。
  5. ^ E.B.Taylor (2007) [1871]. Primitive culture: researches into the development of mythology, philosophy, religion, art, and custom.. Kessinger Pub Co. pp. 1. ISBN 142863830X 
    翻訳: E.B.タイラー『原始文化』比屋根安定訳、誠信書房、1962年。
  6. ^ 村武慶「文化の変動」『文化人類学』村武精一・佐々木宏幹、有斐閣、1991年。
  7. ^ クロード・レヴィ=ストロース「言語学と人類学」『構造人類学』佐々木明訳、みすず書房、1972年(原著1958年)。
  8. ^ 『心ところばの起源を探る: 文化と認知』大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本田啓訳、勁草書房、2006年。
  9. ^ パーソンズ・T.(タルコット)『文化システム論』ミネルヴァ書房、1991年。
  10. ^ Cf. タモツ・シブタニ著、2013年、木原綾香ほか訳「パースペクティブとしての準拠集団Discussion Papers In Economics and Sociology, No.1301.
  11. ^ Habermas, Jürgen 河上倫逸ほか訳 (1985-1987) [1981]. コミュニケーション的行為の理論. 木鐸社 
  12. ^ 高橋徹『意味の歴史社会学―ルーマンの近代ゼマンティック論』世界思想社、2002年。
  13. ^ 文化 (動物)の芋洗いの項目を参照
  14. ^ 「文化進化論 ダーウィン進化論は文化を説明できるか」p288 アレックス・メスーディ 野中香方子訳 NTT出版 2016年2月15日書版第1刷発行
  15. ^ Rikoteki na idenshi.. Dawkins, Richard, 1941-, Hidaka, Toshitaka, 1930-2009., Kishi, Yuji, 1947-, Haneda, Setsuko, 1940-, 日高, 敏隆, 1930-2009, 岸, 由二, 1947-. Kinokuniyashoten. (2018.2). ISBN 9784314011532. OCLC 1030169575. https://www.worldcat.org/oclc/1030169575 
  16. ^ 「文化進化論 ダーウィン進化論は文化を説明できるか」p291-298 アレックス・メスーディ 野中香方子訳 NTT出版 2016年2月15日書版第1刷発行
  17. ^ 「文化進化論 ダーウィン進化論は文化を説明できるか」p309-310 アレックス・メスーディ 野中香方子訳 NTT出版 2016年2月15日書版第1刷発行
  18. ^ 「文化人類学キーワード」p12 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  19. ^ 「文化人類学のレッスン フィールドからの出発」p210 奥野克巳・花渕馨也共編 学陽書房 2005年4月11日初版発行
  20. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.466
  21. ^ 「博覧会の政治学」p192-194 吉見俊哉 中公新書 1992年9月25日初版
  22. ^ 「文化人類学キーワード」p12 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  23. ^ 「文化人類学のレッスン フィールドからの出発」p211-212 奥野克巳・花渕馨也共編 学陽書房 2005年4月11日初版発行
  24. ^ 「文化人類学キーワード」p13 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  25. ^ マーヴィン・ハリス『ヒトはなぜヒトを食べたか—生態人類学から見た文化の起源』鈴木洋一訳、早川書房〈ハヤカワ文庫—ハヤカワ・ノンフィクション文庫〉、1997年。
  26. ^ 『「文化」を捉え直す カルチュラル・セキュリティの発想』p70 渡辺靖 岩波新書 2015年11月20日第1刷発行
  27. ^ 『「文化」を捉え直す カルチュラル・セキュリティの発想』p71 0-72 渡辺靖 岩波新書 2015年11月20日第1刷発行
  28. ^ 『「文化」を捉え直す カルチュラル・セキュリティの発想』p78 渡辺靖 岩波新書 2015年11月20日第1刷発行
  29. ^ 「世界の宗教と人口」(人口学ライブラリー13)p73-75 早瀬保子・小島宏編著 原書房 2013年7月16日第1刷
  30. ^ Keesing, R (1989). “Creating the Past”. The contemporary Pacific 1 (2): 19-42. 
  31. ^ Trask, H-K (1991). “Native and Anthropologist”. The contemporary Pacific 3 (1): 159-167. 
  32. ^ マーガレット・ミード『サモアの思春期』畑中幸子・山本真鳥訳、蒼樹書房、1976年(原著1928年)。
  33. ^ デレク・フリーマン『マーガレット・ミードとサモア』木村洋二訳、1995(原著1983年)。
  34. ^ 池田光穂「第5章 民族誌のメイキングとリメイキング―ミードがサモアで見いだしたものの行方」『メイキング文化人類学』太田好信・浜本満、2005年。
  35. ^ 太田好信『民族誌的近代への介入』、2001年、298頁。
  36. ^ 「現代文化論 新しい人文知とはなにか」p95-96 吉見俊哉 有斐閣 2018年11月5日初版第1刷発行
  37. ^ http://www.asahi.com/special/kotoba/archive2015/danwa/2011011100007.html 「文化住宅にしひがし」1ページ目 朝日新聞デジタル 2011年1月13日 2021年12月24日閲覧
  38. ^ 「現代文化論 新しい人文知とはなにか」p97 吉見俊哉 有斐閣 2018年11月5日初版第1刷発行
  39. ^ http://www.asahi.com/special/kotoba/archive2015/danwa/2011011100007.html%3Fpage=2.html 「文化住宅にしひがし」2ページ目 朝日新聞デジタル 2011年1月13日 2021年12月24日閲覧
  40. ^ http://bunka-al.com/corp.html 「会社概要」文化軽金属株式会社 2021年12月24日閲覧
  41. ^ http://www.asahi.com/special/kotoba/archive2015/danwa/2011011100007.html%3Fpage=2.html 「文化住宅にしひがし」2ページ目 朝日新聞デジタル 2011年1月13日 2021年12月24日閲覧
  42. ^ The Predicament of Culture: Twentieth-Century Ethnography, Literature and Art, Cambridge, MA, (1988), pp. 17 
  43. ^ The Predicament of Culture: Twentieth-Century Ethnography, Literature and Art, Cambridge, MA, (1988), pp. 246 
  44. ^ 太田好信『トランスポジションの思想 文化人類学の再想像』世界思想社、1998年。
    クリフォードの分類については太田 (1998) の訳p.270を採用した。
  45. ^ 山下晋司「『劇場国家』から『旅行者の楽園へ』」『国立民族学博物館研究報告』第17巻第1号、1992年、 1-33頁。
  46. ^ 荒俣宏『大東亞科學綺譚』筑摩書房〈ちくま文庫〉、1996年。
  47. ^ 山中速人『イメージの楽園』筑摩書房、東京、1992年。
  48. ^ リチャード・ブロディ『ミーム―心を操るウイルス』講談社、1998年。
  49. ^ 「面白くて眠れなくなる宗教学」p105-106 中村圭志 PHP研究所 2018年2月6日第1版第1刷発行
  50. ^ 「面白くて眠れなくなる宗教学」p116-121 中村圭志 PHP研究所 2018年2月6日第1版第1刷発行
  51. ^ 「現代人の社会学・入門 グローバル化時代の生活世界」p9 西原和久・油井清光編 有斐閣 2010年12月20日初版第1刷発行
  52. ^ 「食文化の多様性と標準化」p79-80 岩間信之(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆山下清海加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  53. ^ 「現代人の社会学・入門 グローバル化時代の生活世界」p130-131 西原和久・油井清光編 有斐閣 2010年12月20日初版第1刷発行
  54. ^ 「現代人の社会学・入門 グローバル化時代の生活世界」p21 西原和久・油井清光編 有斐閣 2010年12月20日初版第1刷発行
  55. ^ 『「文化」を捉え直す カルチュラル・セキュリティの発想』p22 渡辺靖 岩波新書 2015年11月20日第1刷発行
  56. ^ 「メディアとジャーナリズムの理論 基礎理論から実践的なジャーナリズム論へ」p79 仲川秀樹・塚越孝著 同友館 2011年8月22日
  57. ^ 「環境になったメディア マスメディアは社会をどう変えているか」p98 藤竹暁 北樹出版 2004年3月25日初版第1刷
  58. ^ 「現代文化論 新しい人文知とはなにか」p42 吉見俊哉 有斐閣 2018年11月5日初版第1刷発行
  59. ^ 「文化人類学キーワード」p184-185 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  60. ^ 「食で読み解くヨーロッパ 地理研究の現場から」p120-124 加賀美雅弘 朝倉書店 2019年4月10日初版第1刷
  61. ^ 『「文化」を捉え直す カルチュラル・セキュリティの発想』p84-87 渡辺靖 岩波新書 2015年11月20日第1刷発行
  62. ^ 「外交 他文明時代の対話と交渉」p183-187 細谷雄一 有斐閣 2007年12月30日初版第1刷
  63. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/kyoryoku/unesco/isan/index.html 「文化遺産」日本国外務省 平成28年2月1日 2021年5月23日閲覧
  64. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/kyoryoku/unesco/isan/world/index.html 「世界遺産」日本国外務省 令和3年8月11日 2021年8月15日閲覧
  65. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/kyoryoku/unesco/isan/mukei/index.html 「無形文化遺産」日本国外務省 平成31年1月9日 2021年8月15日閲覧
  66. ^ 「よくわかるスポーツ人類学」p144-145 寒川恒夫編著 ミネルヴァ書房 2017年3月31日初版第1刷発行



文化

出典:『Wiktionary』 (2021/06/13 11:46 UTC 版)

名詞

(ぶんか)

  1. 人間がその歴史において形成してきた慣習営み総称カルチャー場合により哲学芸術学問信仰など人間精神的営みと、その成果を指す。
  2. 語義1から転じて)他の語彙前に付いて、ハイカラ・便利・新式などの意を表す。 文明開化

関連語

派生語

翻訳

固有名詞

ぶんか

  1. 日本元号一つ享和の後、文政の前。1804年3月22日から1818年5月26日までの期間のこと。

由来

易経

後漢書

  • 「宣教以章其、立武備以秉其威」より

「文化」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



文化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文化」の関連用語

文化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS