グローバリゼーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > グローバリゼーション > グローバリゼーションの意味・解説 

グローバル化


globalization

別表記:グローバリゼーション

「globalization」とは・「globalization」の意味

「globalization」とは、世界的な規模での経済政治文化技術などの交流統合を指す言葉である。国境越えた取引コミュニケーション増えることで、世界一体化し地域国家違い徐々に薄れていく現象表している。具体的には、多国籍企業進出インターネットの普及国際機関の設立などが挙げられる

「globalization」の発音・読み方

「globalization」の発音は、/ˌɡloʊbəlɪˈzeɪʃən/であり、IPAカタカナ読みでは「グロウバリゼイション」となる。日本人発音するカタカナ英語では、「グローバリゼーション」と読むことが一般的である。

「globalization」の定義を英語で解説

Globalization is the process by which businesses, ideas, and cultures spread and integrate on a global scale. It involves the increasing interdependence and interconnectedness of countries and people, resulting in a more unified and interconnected world. This phenomenon is driven by factors such as advancements in technology, international trade, and the growth of multinational corporations.

「globalization」の類語

「globalization」の類語には、以下のような言葉がある。

Internationalization

internationalization」は、国際的な規模での活動交流を指す言葉であり、国境越えた取引コミュニケーション増えることを意味する。ただし、「globalization」と異なり一体化統合側面強調されていない

Globalism

globalism」は、世界全体重視する考え方政策を指す言葉である。国際協力多国籍企業活動支持する立場を示すことが多い。

「globalization」に関連する用語・表現

Global economy

global economy」は、世界全体経済活動経済状況を指す言葉である。国際的な取引投資通貨流れなどが含まれる

Global governance

global governance」は、国際的な課題問題対処するための協力調整を行う仕組みプロセスを指す言葉である。国際機関多国間協議がその一例である。

「globalization」の例文

1. Globalization has led to an increase in international trade and investment.(日本語訳:グローバリゼーションによって、国際貿易投資増加している。) 2. The spread of the internet has contributed to the acceleration of globalization.(日本語訳インターネットの普及が、グローバリゼーションの加速寄与している。) 3. Globalization has both positive and negative effects on local cultures.(日本語訳:グローバリゼーションは、地域文化に対してプラス面マイナス面両方影響与えている。) 4. The rise of multinational corporations is a major driver of globalization.(日本語訳多国籍企業台頭が、グローバリゼーションの主要な原動力となっている。) 5. Globalization has increased the demand for skilled workers who can adapt to different cultures and languages.(日本語訳:グローバリゼーションは、異な文化言語適応できるスキルを持つ労働者需要高めている。) 6. Critics argue that globalization has led to a widening gap between rich and poor countries.(日本語訳批評家たちは、グローバリゼーションが豊かな国と貧しい国の格差広げていると主張している。) 7. Globalization has facilitated the spread of new ideas and technologies around the world.(日本語訳:グローバリゼーションは、世界中で新しアイデア技術普及促進している。) 8. The growth of international organizations is a result of the increasing need for global cooperation in the era of globalization.(日本語訳国際機関成長は、グローバリゼーション時代における世界的な協力必要性増大結果である。) 9. Globalization has led to greater competition among businesses, resulting in lower prices for consumers.(日本語訳:グローバリゼーションによって、企業間の競争激化し消費者にとって価格低下している。) 10. The impact of globalization on the environment is a topic of ongoing debate.(日本語訳:グローバリゼーションが環境に与える影響は、引き続き議論対象となっている。)

グローバリゼーション【globalization】

読み方:ぐろーばりぜーしょん

国家などの境界越えて広がり一体化していくこと。特に、経済活動やものの考え方など世界的規模広げること。グローバライゼーション

コンピューターソフトウエアなどにおける国際化グローバル化G11N


グローバリゼーション(Globalization)


グローバリゼーション

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

グローバリゼーション

【英】:Globalization

モノサービス資本情報、人、文化など、経済活動はじめとする人間様々な営み国家枠組み超えて地球規模拡大することをいう。交通・通信手段発達によって可能になった。グローバリゼーションの波は過去3回あるとされ、1回目18701914年には世界中で1人当たりの所得急上昇し2回目195080年には先進国経済統合進んだ3回目に当たる現在のグローバリゼーションは1980年ごろからとされ、途上国世界経済への統合進みつつある。こうした中、統合成功した途上国では経済・社会的な成長見られる一方潮流取り残され途上国では20億人もの人々経済縮小貧困拡大の中で暮らすなど、途上国間で格差広がっている。グローバリゼーションの影響経済的側面だけに限らない世界中張り巡らされインターネット網・テレビ映像から伝えられる外国情報やそれに付随した価値観自国伝統的な文化社会的制度変容加速させ、また大量高速輸送網に支えられ頻繁な人の移動感染症急速な拡大容易にする。2002年中国最初感染確認されSARS重症急性呼吸器症候群)は、北京香港からの人の移動によって瞬く間世界感染広がり、グローバリゼーション時代象徴する公衆衛生学上の新たな課題として世界中から大きな注目集めた。(小堀栄子

参考URL世界銀行ホームページ http://www1.worldbank.org/economicpolicy/globaliza...

グローバリゼーション globalization

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

地球規模化

グローバリゼーション地球規模化と反グローバリゼーション地球規模化という世界的問題も実は米国基準国際化問題重複している部分大きい。

意味説明

ものごと規模国家枠組み越え地球全体拡大すること

地球一体化 全球化


グローバリゼーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/01 07:49 UTC 版)

グローバリゼーション・グローバライゼーション英語: globalization)とは、社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域などの境界を越えて、地球規模に拡大してさまざまな変化を引き起こす現象である[1][2]グローバル化世界の一体化ともいう[3][4]国立国語研究所地球規模化地球一体化への言い換えを提案している[5]他動詞にする場合にはグローバライズする(英語: globalize)という。


  1. ^ 『知恵蔵2007』朝日新聞出版 
  2. ^ 『広辞苑第六版』岩波書店
  3. ^ 近藤和彦「グローバル化の世界史」『歴史と地理』No.554 山川出版社、2002年5月,pp.1-12.
  4. ^ 秋田茂編『グローバル化の世界史』2019年、ミネルヴァ書房
  5. ^ グローバリゼーション国立国語研究所、2023年9月13非閲覧
  6. ^ [1] 国立国語研究所「外来語」委員会『「外来語」言い換え提案 第1回~第4回 総集編 ── 分かりにくい外来語を分かりやすくするための言葉遣いの工夫 ──』 2006-3-13 51頁
  7. ^ 「グローバリゼーションと開発の主要課題」p22-23 大坪滋(「グローバリゼーションと開発」所収)大坪滋編 勁草書房 2009年2月25日第1刷第1版発行
  8. ^ 朝日新聞 1990年1月1日付15頁~17頁
  9. ^ 原田泰・大和総研 『新社会人に効く日本経済入門』 毎日新聞社〈毎日ビジネスブックス〉、2009年、30頁。
  10. ^ 『新訂 新聞学』 p396-397 桂敬一・田島泰彦・浜田純一編著 日本評論社 2009年5月20日新訂第1刷
  11. ^ 「民族とネイション」p145 塩川伸明 岩波新書 2008年11月20日第1刷
  12. ^ 「現代政治学 第3版」p206 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  13. ^ コラム:新型コロナに乗じる中ロ、揺らぐグローバリズム」『Reuters』、2020年3月24日。2020年4月5日閲覧。
  14. ^ Joshi, Rakesh Mohan, (2009) International Business, Oxford University Press, New Delhi and New York ISBN 0-19-568909-7.
  15. ^ Riley, T: "Year 12 Economics", p. 9. Tim Riley Publications, 2005
  16. ^ Globalization and its Impacts on the World Economic Development .
  17. ^ 真相報道 バンキシャ!」2010-5-2放送分 日本テレビ
  18. ^ 「情報通信技術と情報化社会」p42 箸本健二(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  19. ^ 「グローバル・イッシューと国際レジーム」p172 小倉明浩(「グローバル・エコノミー」所収 岩本武和・奥和義・小倉明浩・金早雪・星野郁著 有斐閣 2007年7月10日新版第1刷)
  20. ^ 「食文化の多様性と標準化」p79-80 岩間信之(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  21. ^ 「現代政治学 第3版」p194-195 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  22. ^ 「国際政治の基礎知識 増補版」p325-326 加藤秀治郎・渡邊啓貴編 芦書房 2002年5月1日増補版第1刷
  23. ^ 「国際政治の基礎知識 増補版」p260-264 加藤秀治郎・渡邊啓貴編 芦書房 2002年5月1日増補版第1刷
  24. ^ 「アフリカ経済論」p274 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  25. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p22-23
  26. ^ 「ケニアを知るための55章」pp136 松田素二津田みわ編著 明石書店 2012年7月1日初版第1刷
  27. ^ 「アフリカ経済論」p102 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  28. ^ 「グローバル時代のツーリズム」p93-95 呉羽正昭(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  29. ^ 「グローバル・イッシューと国際レジーム」p174 小倉明浩(「グローバル・エコノミー」所収 岩本武和・奥和義・小倉明浩・金早雪・星野郁著 有斐閣 2007年7月10日新版第1刷)
  30. ^ “The Coronavirus Could Finally Kill the Wild Animal Trade”. Foreign Policy. (2020年2月25日). オリジナルの2020年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200317014208/https://foreignpolicy.com/2020/02/25/virus-bats-pangolins-wild-animals-coronavirus-zoonotic-diseases/ 2020年4月6日閲覧。 
  31. ^ 「人の移動と病気のグローバル化」p120 加賀美雅弘(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  32. ^ “Coronavirus: Which countries have confirmed cases?”. Al Jazeera. (2020年4月6日). オリジナルの2020年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200331073742/https://www.aljazeera.com/news/2020/01/countries-confirmed-cases-coronavirus-200125070959786.html 2020年4月6日閲覧。 
  33. ^ Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins”. 2019年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月25日閲覧。
  34. ^ グローバル化に透明性を パリ経済学校教授・ピケティ氏 日本経済新聞 2014年12月22日
  35. ^ a b CSRを考える 新春特別対談 2008年のCSR新展開を占う 後半 日経CRSプロジェクト 2008年2月13日
  36. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、201頁。
  37. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、81-82頁。
  38. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、218頁。
  39. ^ 竹中平蔵 『竹中教授のみんなの経済学』 幻冬舎、2000年、87頁。
  40. ^ 佐藤雅彦・竹中平蔵 『経済ってそういうことだったのか会議』 日本経済新聞社学〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、214-2155頁。
  41. ^ 森永卓郎 『「騙されない!」ための経済学 モリタク流・経済ニュースのウラ読み術』 PHP研究所〈PHPビジネス新書〉、2008年、169-170頁。
  42. ^ 森永卓郎 『「騙されない!」ための経済学 モリタク流・経済ニュースのウラ読み術』 PHP研究所〈PHPビジネス新書〉、2008年、171頁。
  43. ^ a b 前田浩次 話題の本棚 新しい世界 グローバル化の新局面に期待も BOOK.asahi.com 2006年9月3日
  44. ^ 「現代政治学 第3版」p88 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  45. ^ 貧困の終焉:2025年までに世界を変える 日立総合計画研究所 2007年
  46. ^ a b 「グローバリゼーションと開発の主要課題」p15 大坪滋(「グローバリゼーションと開発」所収)大坪滋編 勁草書房 2009年2月25日第1刷第1版発行
  47. ^ 「グローバリゼーションと開発の主要課題」p22 大坪滋(「グローバリゼーションと開発」所収)大坪滋編 勁草書房 2009年2月25日第1刷第1版発行
  48. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、34頁。
  49. ^ ポール・クルーグマン 『グローバル経済を動かす愚かな人々』[要ページ番号]
  50. ^ 「グローバリゼーションとグローバル・ガバナンス」p274 木村宏恒(「グローバリゼーションと開発」所収)大坪滋編 勁草書房 2009年2月25日第1刷第1版発行
  51. ^ 「現代政治学 第3版」p87 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  52. ^ 「現代政治学 第3版」p195 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  53. ^ 「食文化の多様性と標準化」p79 岩間信之(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  54. ^ 「グローバリゼーションと開発の主要課題」p15-16 大坪滋(「グローバリゼーションと開発」所収)大坪滋編 勁草書房 2009年2月25日第1刷第1版発行
  55. ^ 「グローバル・イッシューと国際レジーム」p195 小倉明浩(「グローバル・エコノミー」所収 岩本武和・奥和義・小倉明浩・金早雪・星野郁著 有斐閣 2007年7月10日新版第1刷)
  56. ^ https://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sh16-01/s1_16_1_5.html 「世界経済の潮流2016年 第1章第5節 グローバル化と格差」日本国内閣府 2019年7月11日閲覧


「グローバリゼーション」の続きの解説一覧

グローバリゼーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 14:42 UTC 版)

ペーター・スローターダイク」の記事における「グローバリゼーション」の解説

スローターダイクによればグローバル化現象対す一般的な捉え方には「距離的制限克服」という人類史的な視野欠けているという。ここで古代ギリシャにおける天文学発展を「第一の波」、15世紀における航海術進展を「第二の波」としたとき、スローターダイクグローバル化を「第三の波」と位置づけ、その帰結違い次のように説明する。すなわち、第二の波世界統一的に捉える見方生み出したが、第三の波はむしろ(反グローバリズム保護貿易主義とでも言うべき)偏狭な自国優先主義生み出しているという。 スローターダイク哲学的観点から思い描くグローバル化歴史は、Die letzte Kugel最後球体)という副題2005年発表されIm Weltinnenraum des Kapitals(資本内部空間)で論じられている。

※この「グローバリゼーション」の解説は、「ペーター・スローターダイク」の解説の一部です。
「グローバリゼーション」を含む「ペーター・スローターダイク」の記事については、「ペーター・スローターダイク」の概要を参照ください。


グローバリゼーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 23:41 UTC 版)

経済的不平等」の記事における「グローバリゼーション」の解説

グローバル資本主義#格差の拡大」も参照 自由貿易により、経済的不平等スケールグローバルかドメスティックなものに拡散する豊かな国が貧しい国と貿易を行うと、市場作用結果として豊かな国の単純労働者賃金下落し貧しい国の単純労働者賃金上昇するポール・クルーグマン自由貿易アメリカ不平等に与えた影響分析したところ、貧しい国との貿易拡大生産手段分散起こったことで、単純労働職はどんどん貿易能化となったが、技術的イノベーションなどの理由で、米国不平等に対して影響マイナーなものであったとしている。他の専門家ともこれと見解同じくしており、Lawrence Katz貿易影響は、収入不平等5-15%増加させたに過ぎない分析している。しかしいくらか経済学者はこの因果関係反論しており、特にRobert Lawrenceは、技術的イノベーション自動化によって、豊かな国の単純労働者機械置き換えつつあるため、もはや豊かな国では単純労働製造工員は、貧しい国との競争によって多くを必要としない主張している。

※この「グローバリゼーション」の解説は、「経済的不平等」の解説の一部です。
「グローバリゼーション」を含む「経済的不平等」の記事については、「経済的不平等」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グローバリゼーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

グローバリゼーション

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:33 UTC 版)

語源

英語 globalization から。

異表記・別形

名詞

グローバリゼーション

  1. 地球規模化。経済文化などの影響力支配力が、地球規模拡大すること。

発音(?)

ぐ↗ろーばりぜ↘ーしょん

翻訳


「グローバリゼーション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



グローバリゼーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グローバリゼーション」の関連用語

グローバリゼーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グローバリゼーションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2024MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2024.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2024 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグローバリゼーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのペーター・スローターダイク (改訂履歴)、経済的不平等 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグローバリゼーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS