ヒンディー語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヒンディー語の意味・解説 

ヒンディー‐ご【ヒンディー語】


ヒンディー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 06:53 UTC 版)

ヒンディー語ヒンディー(ヒンディーご、हिंदी, हिन्दी)は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている[1]。インドで最も多くの人に話されている。




  1. ^ a b c THE CONSTITUTION OF INDIA: PART XVII OFFICIAL LANGUAGE: CHAPTER I: Language of the Union”. India Code. 2015年9月3日閲覧。 (英語)
  2. ^ “Taapsee Pannu: 'Game Over' is very special” (英語). ザ・タイムズ・オブ・インディア. (2019年5月25日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/taapsee-pannu-game-over-is-very-special/articleshow/69494885.cms 2019年5月26日閲覧。 
  3. ^ Masica (1993) pp.429-430
  4. ^ Official Languages Act, 1963
  5. ^ Shapiro (2007) 第5節
  6. ^ Kachru (1987) p.472
  7. ^ ヒンディー語練習
  8. ^ 町田(1999) p.102
  9. ^ 町田 (1999) p.42
  10. ^ 町田 (1999) p.68
  11. ^ 町田 (1999) p.79
  12. ^ 町田 (1999) p.94
  13. ^ 外国学図書館 - 14冊の本棚(展示企画) | 大阪大学附属図書館”. www.library.osaka-u.ac.jp. 2021年5月6日閲覧。
  14. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年12月11日). “【石野伸子の読み直し浪花女】複眼のコスモポリタン陳舜臣(1)台湾ルーツ「枯草の根」 語学研究所を辞め16年” (日本語). 産経ニュース. 2021年5月6日閲覧。
  15. ^ 外国学図書館 - 14冊の本棚(展示企画) | 大阪大学附属図書館”. www.library.osaka-u.ac.jp. 2021年5月6日閲覧。


「ヒンディー語」の続きの解説一覧

ヒンディー語

出典:『Wiktionary』 (2020/02/26 14:08 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 hi
ISO639-2 hin
ISO639-3 hin
SIL {{{4}}}

名詞

ヒンディー語(-ゴ)

  1. インドの主に中部北部で用いられるインド・ヨーロッパ語族 インド・イラン語派言語インドで最も多くの人に話されており、インド公用語となっている。。言語表記にはデーヴァナーガリーを用いる。ヒンドゥスターニー語ウルドゥー語と共通の祖語とし、発音体系・文法基本語彙などは共通しているが、使用文字の他、サンスクリット影響大きく残る点などで異なる。さらに、東ヒンディー語と西ヒンディー語とに分けられる。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒンディー語」の関連用語

ヒンディー語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒンディー語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンディー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヒンディー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS