マルタ語とは? わかりやすく解説

マルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 17:29 UTC 版)

マルタ語(マルタ語:Malti, Lingwa Maltija)は、マルタ共和国公用語として話される言語欧州連合(EU)の公式言語の一つ。言語はアラビア語口語アーンミーヤ)の変種の一つであるが、ロマンス系語彙借用語が多いことから(ただし、これはマグリブの口語全体にいえることである)別言語とする学者もいる。




  1. ^ GĦは結合した母音を長母音化する。もとは咽頭音であった。ただし、直後にHが来た場合には、/h:/となる。語尾では/h/音価を持つ。例:qtigħ/ʔtiːh/
  2. ^ HはĦ・GĦに続く場合や語尾では/h/、それ以外では音価なし。


「マルタ語」の続きの解説一覧

マルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

ċ, ġ, ż が使われそれぞれ /tʃ/, /dʒ/, /z/ を表す(z は /ts/ または /dz/ を表す)。

※この「マルタ語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。» 「ドット符号」の概要を見る


マルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 07:39 UTC 版)

マルタ語はEU公用語とされているが、欧州連合理事会2004年5月1日から移行期間設定しこの間すべての法令をマルタ語で表記する必要はないとされた。その後いったん欧州連合理事会移行期間1年延長することが合意されたが、正式な決定とはならなかった。これにより2007年4月30日からEU機構によるすべての新たな法令はマルタ語でも採択作成されることになった

※この「マルタ語」の解説は、「欧州連合の言語」の解説の一部です。» 「欧州連合の言語」の概要を見る


マルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 22:28 UTC 版)

ħ, għ を用いる。前者咽頭摩擦音 /ħ/ を、後者母音咽頭化を表す。

※この「マルタ語」の解説は、「ストローク符号」の解説の一部です。» 「ストローク符号」の概要を見る


マルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

ċ, ġ, ż が使われそれぞれ /tʃ/, /dʒ/, /z/ を表す(z は /ts/ または /dz/ を表す)。

※この「マルタ語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。» 「ドット符号」の概要を見る


マルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 04:41 UTC 版)

マルタ語には、似た表現として「jekk Alla jrid」(もし神がそれを望むならば)が存在する。マルタ語は、アラビア語シチリア方言、すなわち、9世紀末から12世紀末にかけて、シチリア後にマルタ出来たアラビア語の方言に由来する

※この「マルタ語」の解説は、「インシャ・アッラー」の解説の一部です。» 「インシャ・アッラー」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マルタ語

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 13:46 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 mt
ISO639-2 mlt
ISO639-3 mlt
SIL {{{4}}}

名詞

マルタ(まるたご)

  1. マルタ共和国内で使用される言語アラビア語方言とされるが、語彙ロマンス語影響強く受けており、ラテン文字により表記される

発音(?)

  • まるたご

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マルタ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マルタ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルタ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドット符号 (改訂履歴)、欧州連合の言語 (改訂履歴)、ストローク符号 (改訂履歴)、ドット符号 (改訂履歴)、インシャ・アッラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマルタ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS