借用語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 借用語の意味・解説 

しゃくよう‐ご【借用語】

読み方:しゃくようご

もともとは他の言語から取り入れられた語ではあっても、その言語同化し、全く日常語化してしまっているような語。日本語における「さけ()」(アイヌ語)「だんな(旦那)」(サンスクリット)「きせる(煙管)」(カンボジア語)などの類。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:35 UTC 版)

借用語(しゃくようご、: Lehnwort)とは、言語学の用語で、他の言語から別の言語にそのまま取り入れられた語彙である。


  1. ^ Gold, David L. (1984). “The Terms Ruckentlehnung and Reborrowing”. Language Problems & Language Planning 8: 122. doi:10.1075/lplp.8.1.23gol. 


「借用語」の続きの解説一覧

借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:49 UTC 版)

潮州語」の記事における「借用語」の解説

英語からの借用語が多い他、タイ一時期住んだ元華僑がいたり、潮汕華人との交流さかんなため、タイ語から借用している語彙もある。また、マレーシア語からの借用語もある。 潮州語使用地域広東省属すため、省都広州広東語潮州語借用されている例もある。

※この「借用語」の解説は、「潮州語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「潮州語」の記事については、「潮州語」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/01 18:24 UTC 版)

ブリ語 (インドネシア)」の記事における「借用語」の解説

naga 〈龍〉(< nāga- 〈〉)やrupa 〈姿〉(< rūpa-)といったサンスクリットやwaktu(< وقت)といったアラビア語起源語彙存在するが、これはインドネシア語マレー語)を経由して伝わったものである推定される。またkastəraとうもろこし〉、sintu 〈帯〉、tənda 〈店〉、❛oras時間〉といったスペイン語ポルトガル語からの借用語存在する

※この「借用語」の解説は、「ブリ語 (インドネシア)」の解説の一部です。
「借用語」を含む「ブリ語 (インドネシア)」の記事については、「ブリ語 (インドネシア)」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 23:45 UTC 版)

リトアニア語」の記事における「借用語」の解説

借用語(pasiskolintas daiktavardis)の多く語尾変化などのリトアニア語化により、上記5ついずれかで格変化する(例えば英語の computerコンピュータ)に由来する kompiuteris は、語尾が ‑is となり、第1変化分類される)。しかし中には、無変化名詞(nelinksniuojamas daiktavardis)として外国語綴りもしくは発音のまま用いられるものもある。無変化名詞の性は、語尾が ‑i 、 ‑o 、 ‑u の場合は男性名詞として、 ‑a 、 ‑ė の場合は第2変化名詞と同じ語尾有するために女性名詞として用いられることが多い。しかし後者中には性が未だ定まっていない名詞もある。中でも特に aveniu (「アベニュー」、英語の avenue由来)、 kakadu (「オウム」、ドイツ語の Kakadu に由来)、 žiuri (「陪審団」、フランス語jury由来)、 turnė (「ツアー」、フランス語の tournée に由来)、 karatė (「空手」、日本語由来)、 kupė (「仕切り客室」、フランス語coupé由来)、 koljė (「首飾り」、フランス語collier由来)、 amplua (「役回り」、フランス語の emploi に由来)の7単語は性が定まっていない名詞としてあげられる例えkaratė の場合、58.06% の人は女性名詞として用い反面男性名詞として用いる人も 41.94% いる)。 その他の変化名詞の例: alibi男性名詞アリバイ」) esė (女性名詞エッセイ」) haiku男性名詞俳句」) interviu (男性名詞面接インタビュー」) kazino (男性名詞カジノ」) kimono男性名詞着物」) meniu (男性名詞メニュー」) metro男性名詞「地下鉄」) šou男性名詞ショー」) tabu男性名詞タブー」) taksi男性名詞タクシー」) tango男性名詞タンゴ」) želė (女性名詞ゼリー」)

※この「借用語」の解説は、「リトアニア語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「リトアニア語」の記事については、「リトアニア語」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 22:44 UTC 版)

広東語」の記事における「借用語」の解説

広東語には英語からの借用語が多い。これは、清代からイギリスとの接触持ちピジン英語話されていた時代もあったことと関係があるまた、香港155年間のイギリスによる統治経て、さらに英語からの借用語増えた

※この「借用語」の解説は、「広東語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「広東語」の記事については、「広東語」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 19:43 UTC 版)

ディベヒ語」の記事における「借用語」の解説

ディベヒ語話者日常会話において多くの言語からの借用語を非常に大量に用いている。借用語使用の程度はその言語との接触度合に応じて話者によりさまざまであるしたがって、英語の教育受けた人はより多数英単語を、一方で英語とほとんどまたはまった接触していない平均的な話者ほんの少数だけを使う傾向あることになろう。採用された若干単語はすでに深くディベヒ語一部化しており、ほかの単語をもって代えがたく思われるほどである。 借用語がディベヒ語のなかに同化するしかたはさまざまである。これはその借用語が人・物行為いずれを表すかによっている。

※この「借用語」の解説は、「ディベヒ語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「ディベヒ語」の記事については、「ディベヒ語」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 14:28 UTC 版)

テソ語」の記事における「借用語」の解説

テソ語は主に英語由来の借用語が多い。他にスワヒリ語他のバントゥー系言語からの借用語である。 Note: テソ語単語最初がEで始まるものは、É または "ay"と発音する下表アスタリスク(*)が付いている単語は、最後の文字発音しないことを示す。 英語 (日本語テソ語Car(車) Emotoka Televisionテレビ) Etelevision Radioラジオ) Eredio Fax Machineファックス機) Afakis Mashin E-mail電子メール) E-emeilo * Internetインターネット) E-Intanet Computerコンピュータ) Akompiuta Telephone++電話) Etelefoni * Record Playerレコードプレーヤー) A rekod puleya CD PlayerCDプレーヤー) A sidi puleya DVD playerDBDプレーヤー) Adividi puleya discディスク) Adisiki * ++テソ語telephoneは、Etelefoniである。しかしながら多くのテソ語話者は"Esimu"という単語使用する。ただし、これは公式なテソ語単語ではない。

※この「借用語」の解説は、「テソ語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「テソ語」の記事については、「テソ語」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 06:37 UTC 版)

子音連結」の記事における「借用語」の解説

借用語における子音クラスタは、それを借用する側の言語通常の音素配列制限に従うとは限らないウビフ語語根psta」はアディゲ語からの借用語で、ウビフ語における「頭子音は2子音まで」という規則に反している。 英語の「sphere」( /ˈsfɪər/ )や「sphinx」( /ˈsfɪŋks/ )はギリシア語からの借用語で、英語における「単語頭で複数摩擦音連続しない」という規則に反している(最適性理論参照)。

※この「借用語」の解説は、「子音連結」の解説の一部です。
「借用語」を含む「子音連結」の記事については、「子音連結」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 22:26 UTC 版)

シェルタ語」の記事における「借用語」の解説

いくつかのシェルタ語単語主流である英語話者によって借用されている。例えば、"男" を意味した19世紀半ば使われていた単語"bloke"は、元々は"少年"を意味するアイルランド語単語buachaillから転じたように思われる。 男を指すキャント語/ギャモン語の単語はfeanであり、少年を指す単語はsueblikである。

※この「借用語」の解説は、「シェルタ語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「シェルタ語」の記事については、「シェルタ語」の概要を参照ください。


借用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 04:48 UTC 版)

ジンポー語」の記事における「借用語」の解説

カチン族タイ族長い間共生関係にあったカチン族一部タイ族になる事例当該地域民族流動性事例1つとしてよく知られるカチン族タイ族緊密な関係は借用語として言語にも反映されている。ミャンマー現代公用語であるビルマ語多くも本来はシャン語を介してカチン諸語借用されと考えられる

※この「借用語」の解説は、「ジンポー語」の解説の一部です。
「借用語」を含む「ジンポー語」の記事については、「ジンポー語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「借用語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

借用語

出典:『Wiktionary』 (2021/11/17 03:16 UTC 版)

この単語漢字
しゃく
第四学年
よう
第二学年

第二学年
呉音 漢音 呉音

発音

名詞

借用 (しゃくようご)

  1. (言語学) 他の言語から別の言語そのまま取り入れた語彙
    1. 狭義には外国起源言語であるという意識が残る語彙国語大辞典等)。

実例

  1. 日本語の借用語

類義語

関連語

翻訳


「借用語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



借用語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「借用語」の関連用語

借用語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



借用語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの借用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの潮州語 (改訂履歴)、ブリ語 (インドネシア) (改訂履歴)、リトアニア語 (改訂履歴)、広東語 (改訂履歴)、ディベヒ語 (改訂履歴)、テソ語 (改訂履歴)、子音連結 (改訂履歴)、シェルタ語 (改訂履歴)、ジンポー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの借用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS