香港とは?

ホンコン【香港】

《Hong Kong中国特別行政区九竜半島香港島および付属小島からなる香港島アヘン戦争1842年に、九竜市はアロー戦争1860年英国割譲され、その他の新界99年間の期限1898年租借1984年の中英共同宣言もとづき1997年中国返還された。人口6982008)。シャンガン。ヒョンゴン。

邱永漢(きゅうえいかん)の短編小説昭和30年(1955)発表同年、第34直木賞受賞

香港の画像
香港(1)で流通する香港ドル
香港の画像

ホンコン 【香港】

(Xianggang;Hong Kong中国本土の南にある特別行政区香港島九竜半島付属諸島から成るアヘン戦争の後、一八四二年香港島、六〇年に九竜半島南端部がイギリス割譲され、九八年九竜半島大部分付属諸島から成る新界租借地となった。自由貿易地域として繁栄一九七年中国返還。名は九竜栽培された香木の積出港だったから。欧州社会中国社会とが混在しており、キリスト教と共に道教仏教もあり、政府火葬奨励しているが土葬洗骨風習が残る。

香港

香港
Hong Kong
通貨単位香港ドルセント
Hong Kong Dollar/Cent
1ドル=100セント
マップ
2 ドル (1993)
2 ドル (1975)
1 ドル (1979)
50 セント (1998)
50 セント (1977)
20 セント (1995)
20 セント (1975)
10 セント (1989)
10 セント (1965)

香港

作者邱永漢

収載図書香港・濁水渓
出版社実業之日本社
刊行年月1992.6
シリーズ名邱永漢ベスト・シリーズ

収載図書邱永漢 短篇小説傑作選―見えない国境線
出版社新潮社
刊行年月1994.1

収載図書消えた直木賞男たち足音
出版社メディアファクトリー
刊行年月2005.7


香港

作者永倉万治

収載図書人の気も知らない
出版社実業之日本社
刊行年月2000.5


香港


香港―聖母と胃袋

作者中島らも

収載図書エキゾティカ
出版社双葉社
刊行年月1998.5


香港―フレグラント・ハーバー

作者

収載図書香港―フレグラント・ハーバー
出版社
刊行年月1998.6
シリーズ名NOVELS


香港―焼け跡の街

作者張愛玲

収載図書浪漫都市物語上海・香港'40S
出版社JICC出版局
刊行年月1991.12
シリーズ名発見冒険中国文学


香港

読み方:ホンコン(honkon)

作者 邱永漢

初出 昭和30年

ジャンル 小説


香港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 04:07 UTC 版)

中華人民共和国香港特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくホンコンとくべつぎょうせいく)、通称香港(ホンコン、中国語: 香港; イェール式広東語: Hēunggóng; 拼音: Xiānggǎng英語: Hong Kong)は、中華人民共和国の南部にある特別行政区である。同じ特別行政区でポルトガルの植民地であった澳門(マカオ)は南西に70km離れている[4]東アジア域内から多くの観光客をひきつけ、150年以上にわたってイギリス植民地であったことで世界に知られている。




  1. ^ Population Estimates”. 政府統計處 (2019年10月18日). 2019年10月29日閲覧。
  2. ^ IMF Data and Statistics 2017年7月5日閲覧([1]
  3. ^ a b Hong Kong”. International Monetary Fund. 2018年5月3日閲覧。
  4. ^ Geography and Climate, Hong Kong”. Census and Statistics Department, Hong Kong Government. 2007年1月10日閲覧。
  5. ^ Ash, Russell (2006). The Top 10 of Everything 2007. Hamlyn. p. 78. ISBN 0-600-61532-4 
  6. ^ a b c (PDF) 2016 年中期人口統計 – 簡要報告 : 2016 Population By-census – Summary Results (Report). 政府統計處 : Census and Statistics Department. (2017年2月). https://www.bycensus2016.gov.hk/data/16bc-summary-results.pdf 2020年8月25日閲覧。. 
  7. ^ Fan Shuh Ching (1974). “The Population of Hong Kong”. World Population Year (Committee for International Coordination of National Research in Demography): 18-20. http://www.cicred.org/Eng/Publications/pdf/c-c21.pdf 2010年8月25日閲覧。. 
  8. ^ Second paragraph reads, "The first wave of refugees came to Hong Kong in the 1930s to escape from the Chinese Civil War and the Sino-Japanese War, but it wasn't until 1949, during the Chinese exodus, when an estimated one million-plus mainland Chinese started coming into the city via the northern borders. Many people, mostly anti-communist Kuomintang officials and capitalists, rushed to Hong Kong in search of refuge." A history of refugees in Hong Kong”. Time Out Hong Kong - Know your City (2013年6月18日). 2013年9月9日閲覧。
  9. ^ Page 16, "The turmoil on the mainland, leading to the defeat of the Nationalists and takeover by the Communists in 1949, unleashed a torrent of refugees - both rich and poor -into Hong Kong." Hong Kong: Facts about Hong Kong -History (10th ed.). Hong Kong: Lonely Planet. (2002). p. 16. ISBN 1864502304 
  10. ^ “Veterans who fled mainland for Hong Kong in 1970s tell their stories”. South China Morning Post (Hong Kong). http://www.scmp.com/news/hong-kong/article/1120852/veterans-who-fled-mainland-hong-kong-1970s-tell-their-stories 2013年9月9日閲覧。 
  11. ^ Carroll, John (2007). A Concise History of Hong Kong. Rowman & Littlefield. p. 127. ISBN 978-0742534223 
  12. ^ Headrick The Tentacles of Progress, Chapter.5 Cities, Sanitation, and Segregation
  13. ^ アジア節水会議 香港における水事情と節水の現況 2011年
  14. ^ Chau, K.W. (1993). "Management of limited water resources in Hong Kong". International Journal of Water Resources Development. 9 (1): 68-72. doi:10.1080/07900629308722574.
  15. ^ Basic Law, Chapter IV, Section 4”. Basic Law Promotion Steering Committee. 2009年11月10日閲覧。
  16. ^ Russell, Peter H.; O'Brien, David M. (2001). Judicial Independence in the Age of Democracy: Critical Perspectives from around the World. en:University of Virginia Press. p. 306. ISBN 978-0-8139-2016-0 
  17. ^ http://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/foreign-affairs-committee/news/hong-kong-tor/
  18. ^ Ghai, Yash P. (2000). Autonomy and Ethnicity: Negotiating Competing Claims in Multi-ethnic States. Cambridge University Press. pp. 92-97. ISBN 978-0-521-78642-3 
  19. ^ http://www.eiu.com/public/topical_report.aspx?campaignid=Democracy0814
  20. ^ SCMP (2013年3月21日). “Hong Kong upgraded to 'flawed democracy' on Economist index”. SCMP. http://www.scmp.com/news/hong-kong/article/1195234/hong-kong-upgrades-flawed-democracy-status-economist-index 2014年9月24日閲覧。 
  21. ^ http://www.freedomhouse.org/sites/default/files/FIW%202013%20Booklet_0.pdf
  22. ^ “Triennial Central Bank Survey: Report on global foreign exchange market activity in 2010”. Monetary and Economic Department (en:Bank for International Settlements): 12. (December 2010). http://www.bis.org/publ/rpfxf10t.pdf 2011年10月15日閲覧。. 
  23. ^ a b Hong Kong”. en:International Monetary Fund. 2013年10月27日閲覧。
  24. ^ Global Competitiveness Index 2012-2013” (2012年). 2013年6月8日閲覧。
  25. ^ “「IQの高い国ランキング」韓国が世界2位、日本は?”. ZUU ONLINE. (2016年5月12日). https://zuuonline.com/archives/106192 2018年5月14日閲覧。 
  26. ^ http://www.myhealthportal.hk/en/content/articles/18/Health_Effects_of_Air_Pollution_in_Hong_Kong/
  27. ^ http://www.epd.gov.hk/epd/sites/default/files/epd/english/environmentinhk/air/studyrpts/files/final_report_mvtmpms_2012.pdf
  28. ^ “平均寿命、男女とも過去最高更新 女性87.14歳 男性80.98歳”. 日本経済新聞. (2017年7月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HGD_X20C17A7000000/ 2018年1月13日閲覧。 
  29. ^ “香港、長寿世界一の秘訣”. 日本経済新聞. (2016年12月20日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO10869770Q6A221C1EAC000/ 2018年1月13日閲覧。 
  30. ^ 『調査報告第10号』 横浜正金銀行1920年、28頁
  31. ^ 『朝日東亜リポート第6輯』朝日新聞社1939年、南支に於ける香港ドルの地位 135-141頁
  32. ^ 「ビル四つ、なだれ倒壊」『朝日新聞』昭和47年(1972年)6月19日夕刊、3版、1面
  33. ^ 香港斜坡安全 - 香港的天然山坡 土木工程拓展署土力工程處
  34. ^ Monthly Meteorological Normals for Hong Kong”. Hong Kong Observatory. 2008年2月1日閲覧。
  35. ^ a b c 香港便覽- 人口 - 香港特別行政區政府
  36. ^ 海外移住の経験者が教える、仕事が見つけやすい27の世界の都市 Business Insider Japan
  37. ^ 連載ルポ 香港返還10周年 一国二制度の実験 第10回 香港の人口問題中国情報源〜中国、香港、台湾、マカオ〜
  38. ^ 「民主政治が驚くほどの速さで後退している気がしています」―岐路を迎える香港の「高度な自治」 (2019年6月6日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年5月30日閲覧。
  39. ^ 香港への優遇措置撤廃表明 トランプ氏「一国一制度に...」(フジテレビ系(FNN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月30日閲覧。
  40. ^ 「『基本法解釈の正しい認識を』全人代常委副秘書長」 人民網日本語版2004年04月09日
  41. ^ 三浦一幹 (2019). “香港~中国本土を直結 広深港高速鉄道全線開業!”. 鉄道ファン No.694: 128~131. 
  42. ^ レコードチャイナ:高収入の魅力?人材流出、香港大学への留学生4割は大陸に戻らず—中国
  43. ^ レコードチャイナ:本土出身の中国人留学生、香港での就職を希望—中国
  44. ^ 新卒者6割以上が中国本土での就職を希望—香港
  45. ^ 香港:30年後は男女比7対10、高齢化深刻に サーチナ 2007年7月17日
  46. ^ KatsumiUmezono (2018年6月4日). “約6万円でお手伝いさんを雇える香港”. OWL. 2020年6月7日閲覧。
  47. ^ Brief Information on Proposed Grade I Items, pp. 53-54
  48. ^ World Economic Outlook Database, October 2016 IMF 2016年10月30日閲覧。
  49. ^ 「1.2 名目GDP(国内総生産)及び一人当たりGNI(国民総所得)順位」 外務省
  50. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  51. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2017 森記念財団都市戦略研究所 2017年10月26日閲覧。
  52. ^ IMD 世界競争力 2012
  53. ^ BCG Global Wealth 2012
  54. ^ The Cities With The Most Billionaires Forbes 2016年10月30日閲覧。
  55. ^ 香港 17年連続「世界で最も自由な経済体」
  56. ^ 広東・香港・マカオを結ぶベイエリア 名実ともに世界一になれるか?”. AFPBB (2018年6月24日). 2019年2月20日閲覧。
  57. ^ 中国「ベイエリア」、東京圏やNY圏超えるGDP目指す-30年までに”. ブルームバーグ (2017年8月24日). 2019年2月20日閲覧。
  58. ^ 武田信晃 (2018年11月6日). “初来日の香港行政長官に感じた「したたかさ」”. Wedge. http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14432 2018年11月26日閲覧。 
  59. ^ The Global Financial Centres Index Long Finance 2020年5月13日閲覧。
  60. ^ Triennial Central Bank Survey of foreign exchange and OTC derivatives markets in 2016 Bank of International Settlements 2016年10月30日閲覧。
  61. ^ Hong Kong Is World’s Top Travel Destination THE WALL STREET JOURNAL 2014年1月31日閲覧。
  62. ^ 英語または普通話で放送し、ニュース報道は中国政府の意向に沿っている。
  63. ^ 香港で大規模な抗議デモ 40年ぶりテレビ放送免許巡り:日本経済新聞、「香港TV局免許 却下に抗議デモ」2013年10月22日『読売新聞』朝刊7面
  64. ^ 銭俊華「香港粤語の標準化および中文との結合 : 漢字文化の多様性」『アジア地域文化研究』第15号、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部アジア地域文化研究会、2019年3月、 65-86頁、 doi:10.15083/00077300ISSN 1880-0602NAID 1200067233442020年8月8日閲覧。
  65. ^ 二零零一年施政報告 推廣兩文三語
  66. ^ 「西洋式の名もまた一般的である。もともとはヨーロッパ人の教師が香港人の名前を一つ一つ呼ぶことができなかったので使われたのである」(『香港』70ページ)。ただしイギリス人が付けたもの以外に、香港人が自分で名乗ったあるいは、西洋人のためではなく、広東語と標準中国語との違いを避けるためであるなどの異論がある。実際に、複数の起源があるのかもしれない。
  67. ^ BrittanyHite (2014年2月13日). “上海がアジアのファッションリーダーにー東京は11位”. WSJ. https://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304204104579380360137600686 2020年6月7日閲覧。 
  68. ^ 香港 (2)香港人の食習慣”. 国土交通省. 2020年6月7日閲覧。



.hk

(香港 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 02:16 UTC 版)

.hkは、香港国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。




  1. ^ a b c d e f g この種類のドメインは2011年1月中旬から登録できない。それ以前に登録されたドメインは使用し、登録を更新することができる。[1]


「.hk」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「香港」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株365で取引される銘柄の一覧

    株365で取引されている銘柄数は4です。銘柄は東京金融取引所が定めたもので、どの証券会社でも同じ銘柄になっています。▼日経225証拠金取引日経平均株価(日経225)を基準に価格が決定されます。NKY/...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引の見方

    FTSE中国25証拠金取引は、FTSE中国25に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE中国25の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE中国25証拠金取引の値動きを予測できます。FTSE中国...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDの取引時間

    CFDの取引時間は商品内容や取引国によりさまざまです。一般的には、金や原油といったコモディティ、日本やアメリカ合衆国などの株価指数などはほぼ24時間の取引が可能です。一方、各国の株式や日米を除く株価指...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香港」の関連用語

香港のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



香港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2020, WorldCoin.Net All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの香港 (改訂履歴)、.hk (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS