.iqとは?

IQ

分子式C11H10N4
その他の名称:IQ、2-Amino-3-methyl-3H-imidazo[4,5-f]quinoline、3-Methyl-3H-imidazo[4,5-f]quinolin-2-amine、2-アミノ-3-メチル-イミダゾ[4,5-f]キノリン、2-Amino-3-methyl-imidazo[4,5-f]quinoline、2-アミノ-3-メチルイミダゾ[4,5-f]キノリン、2-Amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline
体系名:3-メチル-3H-イミダゾ[4,5-f]キノリン-2-アミン、2-アミノ-3-メチル-3H-イミダゾ[4,5-f]キノリン


知能指数

読み方ちのうしすう
【英】:IQ,Intelligence Quotient

 単に学習覚え知識学力ではなく様々な状況環境合理的対処していくための土台となる能力知能捉え、それをわかりやすく数値したものを知能指数と言います。知能検査呼ばれる測定方法を使って検査します。
 知能指数の測定従来精神年齢÷生活年齢×100」で算出する方法主流でしたが、現在はDIQ偏差知能指数)と呼ばれるもので表すことが多くなりました。従来の知能指数が「本来の年齢知能年齢の差」を測るのに対し、DIQでは「同年齢の集団の中でどの位置にあるか」で表します。どちらも平均100でその数値が高いほど知能が高いことを表します。70以下の場合知的障害精神遅滞)」と診断され、その段階によって障害重さ判断します。従来の知能指数では年齢が違う人の知能比較できず、算出方法で使われる精神年齢は、成人についてはあまり有用ではないなどの問題点あります
 知能指数は、その算定方法検査回数によって数値が変わること、また、言葉能力家庭環境などでも異なることから、あらゆる知能網羅しているとは言えず、万能ではありません。現在は知的障害者療育手帳取得就学時の健康診断学習指導などに利用されています。


ウイルス抑制指数

Inhibitory quatient, IQ

【概要】 ある薬物トラフ濃度EC50値との比率。つまり濃度ウイルス抑える濃度よりも遙かに高ければ、それだけウイルス増殖をしっかり抑える考える。ただしその薬物濃度では人間に副作用を及ぼさないことが必要。 

【詳しく】 EC50値は野生型HIVを3使いHIV阻止濃度測定して平均して求めトラフ値実際にHIV感染者採血して測定して求める。リトナビルブーストしたプロテアーゼ阻害剤血中濃度は、ピーク値は高くないのにトラフ値上昇する。このような治療法が効果が優れ薬剤耐性を生じにくくしていることに理屈をつけたもの

《参照》 薬物血中濃度トラフ値ピーク値ブースト


.iq

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 00:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.iq
イラクの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Network Information Center of Iraq
後援組織 Iraqi Communications and Media Commission
利用地域 イラクに関係する団体・個人
使用状況 専ら政府や教育関係機関に限られている。
登録の制限 現在はオンライン登録のないものでも可。
階層構造 多くは.com.iq .gov.iq .edu.iqの下の第三レベルドメイン。若干の第二レベルドメインもある。
関連文書 IANA redelegation report
ウェブサイト Communications and Media Commission
テンプレートを表示

.iq国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イラクに割り当てられている。

このドメインは、元の管理者がハマスとの繋がりを疑われてテキサス州で投獄され[1]、後に2005年に有罪判決を受けたため[2]、数年間管理者不在のまま放置されていた。そこで改めて管理者を決め、再出発させようという声が2003年のイラク戦争の頃より起こり、2005年にNational Communications and Media Commission of Iraqが新たにICANNより委任を受けた[3]

サブドメイン

以下のような種別を表す第二レベルの下での登録となっている。

  • .iq - 一般
  • .gov.iq - 政府機関
  • .edu.iq - 教育機関
  • .com.iq - 商業機関
  • .mil.iq - 軍事機関
  • .org.iq - 非営利団体

出典

外部リンク



I.Q

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 15:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
I.Q
ジャンル パズルゲーム
開発元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
シュガーアンドロケッツ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
1作目 I.Q Intelligent Qube
1997年1月31日
最新作 I.Q Mania
2006年3月9日
テンプレートを表示

I.Q(アイキュー)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたパズルゲーム。またそのシリーズの総称。原案は佐藤雅彦。I.Qは「Intelligent Qube」(インテリジェントキューブ)の略で、知能指数とは関係ないという(ただし「キューブ」の綴りは本来、「Qube」ではなく「Cube」である)。ヨーロッパにおいては、I.QではなくKURUSHIというタイトルで発売している。

概要とルール

『I.Q』はプレイヤーが思考と反射神経を駆使し、奥から迫りくる複数のキューブを次々と捕獲していくゲームである。

目的

プレイヤーは、ステージごとに決められた四角いマス分広がるフィールド上で、奥から迫りくる複数のキューブ(これを問題という)に立ち向かう。マーキング、マーキング解除という操作を繰り返し、なるべく少ない手数でキューブを消して問題をクリアすることがこのゲームの目的である。

捕獲

  • プレイヤーはフィールドの移動と前述の説明にあったマーキング、およびマーキング解除という操作をすることができる。プレイヤーの立っているマスの位置では、足下に青いマーキングを設置することができ、マーキングをしたマスの上にキューブが乗ったときマーキングを解除する(その際、マーキングは赤く染まる)ことで、そのキューブを地面に沈めることができる。これを捕獲という。
  • キューブには、ステージと同じ色をしたノーマルキューブ、緑色のアドバンテージキューブ、黒いフォービドゥンキューブの3種類があり、フォービドゥンキューブ以外のキューブをステージ外に落下させずに全て捕獲しなければならない。
  • アドバンテージキューブは、捕獲するとフィールド上に緑色のマークが残る。その状態で指定されたボタンを押すと、そのマークを中心にひとまわり拡大した3×3マスのエリア(アドバンテージゾーン)に爆発を起こすことができ、爆発エリア上にあるキューブを全て捕獲することができる。アドバンテージゾーンの範囲内にマーキングしていた場合、マーキングした箇所以外のキューブを捕獲することができるというテクニックがある。問題クリア時に緑のマークが残っていた場合、次の問題で繰り越して使用できる(問題によっては規定内の歩数に収めるために必要になる)。
  • フォービドゥンキューブは捕獲してはいけないキューブで、フィールド外に流す必要がある。万一捕獲してしまうと、ペナルティとして1個につき1行フィールドが崩壊してしまう。もちろん、得点は加算されない。

ミスとゲームオーバー

  • プレイヤーが迫りくるキューブに踏みつぶされた場合、その時点ではゲームオーバーにはならないが、そのとき残っていた全てのキューブは強制的にフィールド外に早送りで流されてしまう。
    • 『I.Q Intelligent Qube』『I.Q.FINAL』の場合、その後にも問題用のキューブが残っていると、画面中央にAgain!と表示されて次は再び同じ問題が現れる。
  • ステージごとに灰色のブロックメーターが存在する。
    • ノーマルキューブ、アドバンテージキューブを捕獲できずにフィールド外に落下させてしまった場合、ステージの列と同じ個数分につきステージが一行崩落する。落下させたキューブの個数はブロックメーターとして表示され、全て赤く点灯した際にもう一個落下するとステージが崩落する。
    • プレイヤーがキューブに踏み潰された場合だけ、フォービドゥンキューブもカウント対象になってしまう。この場合は規模の大小にかかわらずステージの崩落が避けられない状況になることが多い。しかし、踏みつぶされた直後も操作は可能であり、高速移動するキューブを上手く捕獲すればペナルティをある程度軽減する事が出来る。
    • 問題用のキューブセットが再出現する際、メーターはリセットされる。
  • 崩壊していくフィールドにプレイヤーが巻き込まれてしまった場合や、問題のセットが出現する際(シリーズによって演出は異なる)に空きフィールドが無くなりプレイヤーが押し出されてしまったとき、またはフィールドの最端で立ち止まり一定時間が経過したとき(『I.Q REMIX+』のみ)、プレイヤーはステージから落下し、ゲームオーバーとなる。

模範歩数とゲームクリア

  • 問題ごとに模範歩数が定められており、各問題でいずれかのキューブを捕獲すると歩数の加算が開始され、キューブが1マス手前に迫るごとに歩数が加算されていく。
  • フォービドゥンキューブ以外の全てのキューブを捕獲してやり過ごすと、その問題はクリアとなる(キューブを全て捕獲しても、残ったフォービドゥンキューブに潰されるとクリアにならない場合がある)。問題をクリアするとフィールドが1行追加され、少しずつ行動猶予に余裕ができてくる。
    • 模範歩数通りにクリアするとPERFECT!の称号が与えられる。また『I.Q FINAL』以降では、模範歩数を超えてクリアした場合はGREAT!、模範歩数未満でクリアできた場合はEXCELLENT!の称号を得られる。
  • 規定の問題セットが全て流れた時に無事生き残れば、ステージクリアとなり次のステージに進める。先に進むにつれ、ステージの距離および幅は少しずつ長くなっていき、問題の難易度も高くなる。
  • スコアの加点については、キューブの捕獲で100点(『I.Q FINAL』のみ、アドバンテージキューブの捕獲で200点)。アドバンテージゾーンを使用してキューブを捕獲すると、二倍の得点が加算される。先述通り、フォービドゥンキューブは捕獲してもスコアは得られない。
  • PERFECT!の称号を得ると5000点(『I.Q FINAL』は10,000点)が加算され、GREAT!で2,000点、EXCELLENT!で15,000点加算される。GREAT!およびEXCELLENT!の無い『I.Q FINAL』以前は、問題クリア時において模範歩数を下回ったときは点数はさらに上がり、模範歩数を1歩でも上回った場合、点数は大幅に下がるように変化する。

I.Qの算出

  • キューブを捕獲したり、問題をクリアし称号を得るごとに得点が加算されていく。また、ステージをクリアしたときのフィールドの行数に応じて1行当たり1,000点のボーナスが加算される。 
  • すべてのステージをクリアするか、ゲームオーバーになったとき、得点に応じてプレイヤーのI.Qが数値として算出される。なお、この値はあくまでゲームオリジナルの数値であり、実際の知能指数を示すものではない。

その他テクニック

  • キューブの移動を利用したテクニックとして、斜め、もしくは縦に隣接しているキューブは、移動する際に隙間が出来ることを利用してすり抜けたり、キューブ移動時にマーキングを解除した後、キューブが移動する箇所にマーキングを潜り込ませるように設置し即座に解除することで、2、3か所同時に捕獲することが出来る。他にもこれらのゲームの仕様を突いたいくつかテクニックが存在し、うまく活用することで歩数を大幅に減らすことも可能である。
  • 全てのブロックが捕獲可能な面においては、全てのブロックを捕獲後プレイヤーが踏み潰されてもパーフェクト以上の条件を満たしていればパーフェクトを取ることが出来る。これにより、(全てのブロックを捕獲可能な問題は高得点であるため)同じ問題をもう一度出すためにわざと潰されるテクニックも存在する。

ステージ

全9ステージの1ラウンドノルマ3問の4ラウンド形式(I.Q FINALでは3ラウンド形式)。全ラウンド達成すればステージクリアとなる。9ステージ目の「FINAL」をクリアするとエンディングとなる。さらにI.Q FINALではIQ500以上を獲得して全9ステージをクリアすると、ムービーが流れて上級者向けの「I.Q TEKTONICS」モードのTEKTONICSステージに突入する。「I.Q TEKTONICS」は真の最終ステージであり、高難易度の全20問で構成されている。他にSURVIVALモードを20分以上プレイする事でも出現するが、この場合はムービーが流れない。

シリーズ一覧

関連項目

  • 服部隆之 - 『I.Q intelligent qube』及び『I.Q FINAL』のBGMの作曲家。このBGMを集めたアルバムも1999年にリリースされた。
  • 中村至男 - グラフィック面を担当。
  • 堀江由朗 - 効果音と楽曲のディレクションを担当。1999年、NHKおかあさんといっしょ』「だんご3兄弟」作、編曲者でもある。
  • NP完全問題 - このゲームはNP完全問題であることが証明されている。

外部リンク


IQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/31 14:44 UTC 版)

IQ




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.iq」の関連用語

.iqのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.iqのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.iq (改訂履歴)、I.Q (改訂履歴)、IQ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS