特性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 性質 > 特性の意味・解説 

とく‐せい【特性】

読み方:とくせい

そのものだけが持つ性質特有のすぐれた性質特質。「素材の―を活かす

「特性」に似た言葉

特性

ISO9000では”そのもの識別するための性質”とあるが、例えば物でいうと、サイズ、色、重さ値段品名等が特性となる。

特性

処理製表をする前のデータ通常生データ 1ないし未加工データ 1呼ばれ、処理と製表をした後のデータ基礎データ 1ないし第一次データ 1呼ばれる基礎データ通常統計表 4形でとめられ絶対値 3系列 2からなるこのような表のデータ通常年齢や子供数といった特定の変数 5ないし変量 5に関して分類されたり、特定の属性 6ないし特性 6(すなわち性、配偶関係等)に関して分類されたりする。データいくつかの変数ないし属性に関して同時に分類されるような表は、クロス集計表 7ないし関連表分割表) 7呼ばれる要約表 8個別表 9ほど詳細でない情報もたらす


特性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 06:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「特性」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「特性」を含むページの一覧/「特性」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「特性」が役に立つかも知れません。

関連項目



特性(GUI側)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/17 14:37 UTC 版)

LIFIT」の記事における「特性(GUI側)」の解説

お化けエクセル」と一部評されるようにMicrosoft Excel似たような操作感覚。(若干違う箇所もあり) 操作オペレーションがマクロログとして,GUI上に生成表示される。又自動出力ログとして記録される。 マクロログを使って実行することにより、Microsoft Excelの「マクロ自動記録実行と同様な処理が可能。 Java作成されGUIである。 DayDa.Labooエンジンとの接続タイプには、「Nタイプ」「Sタイプ」の二種類存在する

※この「特性(GUI側)」の解説は、「LIFIT」の解説の一部です。
「特性(GUI側)」を含む「LIFIT」の記事については、「LIFIT」の概要を参照ください。


特性(DAYDA.Labooエンジン側)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/17 14:37 UTC 版)

LIFIT」の記事における「特性(DAYDA.Labooエンジン側)」の解説

x64(Win64)版のみ「共有メモリ」というJOBテーブル共有機能がある。 操作行がMicrosoft Excelに比べ著しく多く(データ操作行は200以上)、また Microsoft Excelより高速に計算理を行うことができる。 エンジン処理自体高速な為、実行結果リアルタイム確認しながら操作を行うことができる。(思考途切れさせない)

※この「特性(DAYDA.Labooエンジン側)」の解説は、「LIFIT」の解説の一部です。
「特性(DAYDA.Labooエンジン側)」を含む「LIFIT」の記事については、「LIFIT」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「特性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

特性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:20 UTC 版)

名詞

とくせい

  1. そのものだけの持つ特有性質

発音(?)

と↗くせー

「特性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



特性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「特性」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における日々公表銘柄とは

    株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する...

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特性」の関連用語

特性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのLIFIT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの特性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS