最初期とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 最初期の意味・解説 

最初期(1985年 - 1992年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 09:59 UTC 版)

サンクチュアリ (バンド)」の記事における「最初期(1985年 - 1992年)」の解説

1985年ウォーレル・デイン(Vo)、レニー・ラトリッジ(G)ジム・シェパード(B)、ショーン・ブロッスル(G)デイヴ・バドビル(Ds)のラインナップ結成1986年作成したデモテープが、メジャーレーベルエピック・レコード」に評価され契約締結翌年デイヴ・ムステインメガデスプロデュースデビューアルバム『Refuge Denied』をリリースメガデスとのライブツアーにも帯同する機会を得るツアー終了後すぐさま次作制作に取掛かりウォーレル(Vo)の強烈なメッセージ反映させた2ndアルバム『Into the Mirror Black』が完成1989年ヨーロッパで先行リリース全米でも翌年リリースされた。またアルバムの1曲目収録されている「Future Tense」で初めてのPV作成しMTV Headbangers Ball放送され好評を博すライブツアーではフェイツ・ウォーニングフォビドゥンデス・エンジェルと共に回っていたが、途中でブロッスル(G)バンド脱退しジェフ・ルーミス(G)加入した1990年代初頭3rdアルバム制作向けた内容に対し契約元のエピック・レコード」から、当時ロックシーン流行兆し見せていた「グランジ寄りスタイル変更するよう提案されるバンド側でも意見割れて相違引き起こし対立1992年ウォーレル(Vo)側は最終的に提案拒否しバンド活動停止した

※この「最初期(1985年 - 1992年)」の解説は、「サンクチュアリ (バンド)」の解説の一部です。
「最初期(1985年 - 1992年)」を含む「サンクチュアリ (バンド)」の記事については、「サンクチュアリ (バンド)」の概要を参照ください。


最初期(1967年 - 1969年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 15:04 UTC 版)

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター」の記事における「最初期(1967年 - 1969年)」の解説

1967年 ピーター・ハミル、クリス・ジャッジ・スミスにより結成後にニック・パーン、マギー(直ぐに脱退)が参加1968年 パーン脱退ハミルスミス二人で活動ヒュー・バントン加入キース・エリスガイ・エヴァンス加入ハミルスミスとの間にリード・ボーカルの座を巡る争いがあったが、「曲を書いたほうがリード・ボーカルをとる」と言う事になり、スミス脱退1969年 活動停止同年ハミルレコード会社から契約理由ソロ・アルバム制作要求されるハミル元メンバー(バントンエリスエヴァンス)を集めて録音後にVDGG名義となるファースト・アルバム『エアゾール・グレイ・マシーン』録音録音メンバー元の仕事戻っていった。

※この「最初期(1967年 - 1969年)」の解説は、「ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター」の解説の一部です。
「最初期(1967年 - 1969年)」を含む「ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター」の記事については、「ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター」の概要を参照ください。


最初期(1969年 - 1973年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 21:00 UTC 版)

UFO (バンド)」の記事における「最初期(1969年 - 1973年)」の解説

1969年8月フィル・モグ(vo.)、ミック・ボルトン(g.)、ピート・ウェイ(b.)が在籍するHocus Pocusというバンドにアンディ・パーカー(ds.)が加わった際、バンド名を「UFO」に改名し結成された。バンドロンドンのクラブ・シーンで活動し1970年3月イギリスマイナー・レーベルであったビーコン・レコードと契約し本格的なプロ・デビュー果たした1970年発表したデビュー・アルバム『UFO1』と翌年発売の『UFO2/Flying』は英米では売れ行き不振だった初期のUFOは、ディープ・パープルレッド・ツェッペリンジェフ・ベック・グループなどからの影響受けなが独自のサウンド模索していたが、二枚目アルバムではOne Hour Space Rockというキャッチ・フレーズをつけ、スペース・ロック的なロック音楽接近した日本公演後に行われたドイツ公演では、ミック・ボルトンが突然失踪したため、サポート・バンドだったスコーピオンズのギタリストマイケル・シェンカーが急遽代役務めた1972年1月、ミック・ボルトンが脱退脱退理由諸説あり)。これを機にUFOはよりオーソドックスロックシフトし、それに相応しギタリスト探し始めたミック後任ギタリストにはラリー・ウォリス(1972年2月10月)やバーニー・マースデン1972年10月1973年6月)の参加経て以前から加入要請のアプローチ続けていたマイケル・シェンカー加入決定1973年6月バンド迎え入れた。 このラインアップ新たにクリサリス・レコード契約シングルGive Her The Gun/Sweet Little Thing」をドイツリリースし12月にはレオ・ライオンズ(元テン・イヤーズ・アフタークリサリス所属でもあった)のプロデュースアルバムレコーディング開始した

※この「最初期(1969年 - 1973年)」の解説は、「UFO (バンド)」の解説の一部です。
「最初期(1969年 - 1973年)」を含む「UFO (バンド)」の記事については、「UFO (バンド)」の概要を参照ください。


最初期(60年代後半)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 06:51 UTC 版)

デジタルアニメ」の記事における「最初期(60年代後半)」の解説

1968年ロシア初歩的なコンピュータ(BESM-4)と印刷機により"Kitten"が制作された。印刷機小さな四角形アスキーアートのように並べて印刷用紙出力し、その紙をカメラ1枚ずつ撮影して動画にした実験的なアニメーションである。内容としては滑らかにが歩く姿のシルエット描かれている。また同年日本でも山田学月尾嘉男により、コンピュータ制御プロッター用いてワイヤーフレーム立方体3次元的に回転させるようなアニメーションである「風雅技法」の制作が行われている。この作品第1回実験映画祭で入賞した

※この「最初期(60年代後半)」の解説は、「デジタルアニメ」の解説の一部です。
「最初期(60年代後半)」を含む「デジタルアニメ」の記事については、「デジタルアニメ」の概要を参照ください。


最初期(1982年 - 1989年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 01:31 UTC 版)

デストラクション」の記事における「最初期(1982年 - 1989年)」の解説

1982年ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ヴァイル・アム・ラインで「Knight of Demon」として結成された。ほどなくバンド名を「Destruction」に変更し1984年デモ『ベスティアル・インヴェージョン・オブ・ヘル』を制作する。これがもとでスティームハンマー・レコードと契約しミニアルバム『センテンス・オブ・デス』を発表1985年1stアルバム『インファーナル・オーヴァーキル』を発表収録曲「Bestial Invasion」はライブ定番曲となる。 1986年2ndアルバム『エターナル・デヴァステーション』を発表する。本アルバムでは金属ガリガリ削るような独特なギターサウンドがフィーチャーされた。また収録曲Curse the Gods」と「Life Without Sense」は代表曲となり、現在もライブ頻繁に演奏されるその後トミー脱退1987年からはハリーオリー加入し、ツインギターの4人編成となる。同年3rdアルバム『リリース・フロム・アゴニー』、1989年にはライブ・アルバム『ライブ・ウィズアウト・センス』を発表。ツインギター編成活かし独自の不協和音ツインリード導入するなど、ストレートなスラッシュメタルから、より複雑なスタイルへと移り最盛迎えた

※この「最初期(1982年 - 1989年)」の解説は、「デストラクション」の解説の一部です。
「最初期(1982年 - 1989年)」を含む「デストラクション」の記事については、「デストラクション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「最初期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

最初期

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 02:53 UTC 版)

名詞

さいしょき

  1. 物事始まっ時期の中で特に始まってすぐの時期

「最初期」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

最初期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最初期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサンクチュアリ (バンド) (改訂履歴)、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター (改訂履歴)、UFO (バンド) (改訂履歴)、デジタルアニメ (改訂履歴)、デストラクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの最初期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS