エチオピアとは? わかりやすく解説

マンザイウオ

学名Taractes asper 英名:Rough pomfret
地方名:エチオピア 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目シマガツオ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権仲谷 一宏

特徴
体は大きなうろこにおおわれる両眼の間は平かやや突出する程度で、吻端から後頭部にかけてほとんど直線状背びれ臀びれ全部軟条鎌状突出する。尾柄部に大きはない。中深層にすみ、マグロ延縄などにかかる。

分布:北太平洋北大西洋南アフリカなど 大きさ:45cm
漁法:延縄 食べ方:粕漬け味噌漬けなど

エチオピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/05 09:13 UTC 版)

エチオピア連邦民主共和国[2](エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく、アムハラ語: የኢትዮጵያ ፈደራላዊ ዲሞክራሲያዊ ሪፐብሊክ)、通称 エチオピア は、東アフリカに位置する連邦共和制国家[2]首都アディスアベバ[6]アフリカ最古の独立国であり、現存する世界最古の独立国の一つである[7]。また、インド・ヨーロッパ語族言語とアラビア語のどちらも公用語となっていない、アフリカで唯一の国である。


注釈

  1. ^ アガウ族英語版という説もある。

出典

  1. ^ a b ETHIOPIA TO ADD 4 MORE OFFICIAL LANGUAGES TO FOSTER UNITY”. Ventures Africa (2020年3月4日). 2022年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e エチオピア連邦民主共和国(Federal Democratic Republic of Ethiopia)基礎データ 日本国外務省(2021年11月7日閲覧)
  3. ^ World Bank (2021年11月7日). “The World Factbook”. CIA. 2021年11月7日閲覧。
  4. ^ Ethiopia” (英語). ザ・ワールド・ファクトブック. 2022年8月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月17日閲覧。
  6. ^ 概況・基本統計 | エチオピア - アフリカ - 国・地域別に見る - ジェトロ”. www.jetro.go.jp. 2022年2月21日閲覧。
  7. ^ CIA (2015年). “The World Factbook”. CIA. 2014年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月23日閲覧。
  8. ^ CIA (2021年11月16日). “The World Factbook”. CIA. 2021年11月25日閲覧。
  9. ^ admin (2009年10月26日). “エチオピア文化の魅力について” (日本語). 駐日エチオピア大使館|EMBASSY OF THE FEDERAL DEMOCRATIC REPUBLIC OF ETHIOPIA,TOKYO,JAPAN. 2022年5月16日閲覧。
  10. ^ エチオピア連邦民主共和国|東京都立図書館” (日本語). 東京都立図書館. 2022年2月21日閲覧。
  11. ^ 橘玲 (2019年10月4日). “エチオピアは、ユダヤ教と原始キリスト教、7世紀からはイスラーム、そして今はプロテスタントが共存するまれにみる「宗教多様性」の国”. ZAI ONLINE. https://diamond.jp/articles/-/216668 2019年12月22日閲覧。 
  12. ^ 古川哲史「結びつく二つの「帝国」――大正期から昭和初期にかけて」『エチオピアを知るための50章』(岡倉登志編著、明石書店〈エリア・スタディーズ68〉、2007年12月25日、初版第1刷)299-306頁
  13. ^ 岡倉登志『エチオピアの歴史』(明石書店、1999年10月20日、初版第一刷発行)207-219頁
  14. ^ 岡倉登志『エチオピアの歴史』(明石書店、1999年10月20日、初版第一刷発行)219-229頁
  15. ^ 岡倉登志『エチオピアの歴史』(明石書店、1999年10月20日、初版第一刷発行)231-239頁
  16. ^ 英軍、アジスアベバに到着(『朝日新聞』昭和16年4月8日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p389 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  17. ^ 岡倉登志『エチオピアの歴史』(明石書店、1999年10月20日、初版第一刷発行)239-240頁
  18. ^ 片山正人『現代アフリカ・クーデター全史』(叢文社 2005年 ISBN 4-7947-0523-9)pp.89-93
  19. ^ 「革命三年目のエチオピア 苦境の軍事政権 反政府運動封じに躍起」『朝日新聞』朝刊1976年(昭和51年)9月22日13版7面
  20. ^ Ethiopia PM Abiy Ahmed wants to resolve Eritrea disputes BBC News
  21. ^ 「エチオピア、アビー首相就任」毎日新聞
  22. ^ エチオピアとエリトリアが平和協定締結、国境も再開”. ジェトロ (2020年9月19日). 2020年11月27日閲覧。
  23. ^ Why Abiy Ahmed’s Prosperity Party is good news for Ethiopia”. アルジャジーラ (2019年12月18日). 2020年11月25日閲覧。
  24. ^ At least 100 killed in border clashes between Ethiopia's Somali and Afar regions - official”. ロイター (2021年4月7日). 2021年11月3日閲覧。
  25. ^ エチオピア、戦闘で数百人死亡=関係筋”. ロイター (2020年11月10日). 2020年11月13日閲覧。
  26. ^ エチオピア北部の紛争地で多数の市民虐殺か アムネスティ”. CNN (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  27. ^ エチオピア北部で市民600人殺害か、人権委員会が報告”. CNN (2020年11月25日). 2020年11月25日閲覧。
  28. ^ エチオピア人約2.5万人、戦闘逃れスーダンに流入”. AFP通信 (2020年11月16日). 2020年11月25日閲覧。
  29. ^ エチオピア戦闘、隣国に飛び火 エリトリア首都に攻撃”. 日本経済新聞 (2020年11月16日). 2020年11月25日閲覧。
  30. ^ Leaked EU Diplomatic Cable: DELEGATION OF THE EUROPEAN UNION TO ETHIOPIA”. scoop.co.nz (2021年8月25日). 2021年11月3日閲覧。
  31. ^ エチオピアが非常事態宣言 内戦緊迫、市民に自衛呼びかけ”. 毎日新聞 (2021年11月3日). 2021年11月3日閲覧。
  32. ^ エチオピアで国家非常事態宣言を解除、正常化へ前進(エチオピア) | ビジネス短信” (日本語). ジェトロ. 2022年2月20日閲覧。
  33. ^ エチオピア議会選挙で与党が圧勝 正当性には疑問の声も”. 日本放送協会 (2021年7月11日). 2022年2月1日閲覧。
  34. ^ “エチオピアとエリトリア、戦争終結を宣言 両首脳が共同文書に調印”. CNN. (2018年7月10日). https://www.cnn.co.jp/world/35122226.html 2018年9月2日閲覧。 
  35. ^ “エチオピアとエリトリア、共同宣言に署名”. Qnewニュース. (2017年7月12日). https://qnew-news.net/news/2018-7/2018071206.html 2018年10月14日閲覧。 
  36. ^ エチオピア政府軍、北部で1都市制圧 隣国エリトリアも関与か”. ロイター (2020年11月16日). 2020年11月24日閲覧。
  37. ^ エチオピア戦闘、隣国に飛び火 エリトリア首都に攻撃”. 日本経済新聞 (2020年11月16日). 2020年11月21日閲覧。
  38. ^ エチオピアにエリトリア軍 国連、撤退を要求”. 時事通信 (2021年3月5日). 2021年3月6日閲覧。
  39. ^ エチオピア・ティグレから撤退を G7、エリトリア軍に要求”. AFPBB (2021年4月2日). 2021年4月5日閲覧。
  40. ^ エリトリア軍展開認める エチオピア首相”. 時事通信 (2021年3月5日). 2021年4月5日閲覧。
  41. ^ 「エリトリア軍撤収開始」 北部ティグレ州から―エチオピア”. 時事通信 (2021年4月4日). 2021年4月5日閲覧。
  42. ^ 吉田昌夫『世界現代史14 アフリカ現代II』(山川出版社、1990年2月第2版)p.265
  43. ^ "Haile Selassie of Ethiopia Dies at 83". New York Times. August 28, 1975.
  44. ^ Ethiopia and China Political and Economic Relations: Challenges and prospects after 1991”. Gedion Gamora. 2011年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月19日閲覧。
  45. ^ a b Ethiopia and China: When Two Former Empires Connected”. intpolicydiges. 2018年6月28日閲覧。
  46. ^ Ethiopia and China Political and Economic Relations: Challenges and prospects after 1991”. Gedion Gamora. 2018年2月2日閲覧。
  47. ^ Ethiopia’s Addis Abeba-Adama Expressway Finally Open
  48. ^ 中国・アフリカ関係の高度化を後押しする3大分野
  49. ^ Expansion of Ethiopia’s first industrial park reopens old wounds”. ロイター (2018年2月1日). 2018年10月22日閲覧。
  50. ^ Ethiopia launches first satellite into space”. ロイター (2019年12月20日). 2019年12月23日閲覧。
  51. ^ 中国標準の「海外進出」を加速、「一帯一路」建設を支援”. 理論中国. 2018年6月15日閲覧。
  52. ^ アップルとサムスンに挑む-スマホ市場の下克上狙う中国勢6社”. ブルームバーグ (2018年8月10日). 2019年5月7日閲覧。
  53. ^ ZTE to Help Ethiopia Telecommunications Corporation Build National Network”. ZTE (2008年7月). 2019年5月7日閲覧。
  54. ^ Skyscrapers, trains and roads: How Addis Ababa came to look like a Chinese city”. CNN (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  55. ^ “Ethiopia Already Is the ‘China of Africa’”. ブルームバーグ. (2018年5月29日). https://www.bloomberg.com/view/articles/2018-05-29/ethiopia-already-is-the-china-of-africa 2018年9月10日閲覧。 
  56. ^ “北大留学生校友穆拉图•特肖梅当选埃塞俄比亚总统”. 北京大学新闻网. (2013年10月9日). http://pkunews.pku.edu.cn/xywh/2013-10/09/content_278908.htm 2018年7月22日閲覧。 
  57. ^ 焦点:「一帯一路」鉄道計画がエチオピアで頓挫、中国融資減速”. ロイター (2018年9月3日). 2018年11月24日閲覧。
  58. ^ 『週刊朝日百科 世界の地理96 スーダン・エチオピア・ソマリア・ジブチ』(朝日新聞社 昭和60年9月15日)pp.10-146
  59. ^ 中国が旗を振る「エチオピア開発」の光と影”. 東洋経済オンライン. 2018年6月2日閲覧。
  60. ^ 「アパレル工場エチオピア 中韓印など続々進出 低賃金・鉄道開通で魅力」『日経産業新聞』2017年7月13日アジア・グローバル面
  61. ^ Telecom Deal by China's ZTE, Huawei in Ethiopia Faces Criticism” (2014年1月6日). 2018年2月2日閲覧。
  62. ^ 一部区間が不通となっており、ジブチからアジスアベバ間の列車が運行されていない旨を伝える記述あり(海外鉄道ニュース)2011年6月16日閲覧
  63. ^ エチオピア基礎データ” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年2月20日閲覧。
  64. ^ CONSTITUTION OF THE FEDERAL DEMOCRATIC REPUBLIC OF ETHIOPIA”. 2017年9月6日閲覧。
  65. ^ Karen Pearce, Multicultural Matters: Names and Naming Systems, 2002, Building Bridges.
  66. ^ a b 『旅行人ノート(2) アフリカ 改訂版』旅行人編集室,2000年12月
  67. ^ 『世界の食文化 アフリカ』(農文協 2004年)pp.213-214
  68. ^ コーヒーの歴史」参照
  69. ^ 【グローバルviews】コーヒー大国エチオピア/原産地の覚醒、高値で輸出狙う『日経産業新聞』2021年11月4日グローバル面
  70. ^ 白石顕二『ポップ・アフリカ』(勁草書房〈KEISO BOOKS5〉、1989年11月25日、初版第一刷)70-80頁
  71. ^ Cine-Ethiopia: The History and Politics of Film in the Horn of Africa. Michigan State University Press. (2018). ISBN 978-1-61186-292-8. https://www.jstor.org/stable/10.14321/j.ctv1fxmf1 
  72. ^ a b c d e f グレゴリオ暦で閏年前年は1日遅くなる。



エチオピア

出典:『Wiktionary』 (2018/10/11 04:41 UTC 版)

固有名詞

エチオピア

  1. アフリカ東部にある内陸国正式名称エチオピア連邦民主共和国首都アディスアベバ公用語アムハラ語国民オロモ人アムハラ人などからなる

翻訳


「エチオピア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エチオピア」の関連用語

エチオピアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エチオピアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエチオピア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエチオピア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS