イタリア王国とは? わかりやすく解説

イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/18 09:17 UTC 版)

イタリア王国(イタリアおうこく、イタリア語: Regno d'Italia)は、現在のイタリア共和国の前身となる王国である。イタリア統一運動の流れの中で1861年に成立し[2]1946年共和制へ移行した。


  1. ^ Italy (1922-1943)”. nationalanthems.info. 2015年1月22日閲覧。
  2. ^ “19世紀後半、黒船、地震、台風、疫病などの災禍をくぐり抜け、明治維新に向かう(福和伸夫)”. Yahoo!ニュース. (2020年8月24日). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/4d57ba83d5e41aac42e5017f84dc3147e53dc0ff 2020年12月3日閲覧。 
  3. ^ 西修「各国憲法の制定年(~1940年代)と改正の実際」駒澤大學法學部研究紀要 (69), 2011-03
  4. ^ イタリア参戦、南仏へ侵入開始『東京朝日新聞』昭和15年6月11日(『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p371 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  5. ^ イタリア軍、リビアからエジプト侵攻『東京日日新聞』昭和15年9月14日(『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p389)
  6. ^ イタリア軍、ギリシャに侵入『朝日新聞』昭和15年10月29日(『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p386)
  7. ^ ドイツ軍、ユーゴ・ギリシャへ侵入『東京日日新聞』昭和16年4月7日(『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p387)


「イタリア王国」の続きの解説一覧

イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 14:35 UTC 版)

女皇の聖戦」の記事における「イタリア王国」の解説

ジュニオ・ヴァレリオ・ボルゲーゼ 年齢 - 37歳 階級 - 海軍中佐 アメリカイタリア大使館勤務する駐在武官門閥貴族出身で、故郷トスカナでは「皇太子」と呼ばれている。ムッソリーニ指令を受け、氷山空母〈自由の女神〉乗り込む。那子に心酔しているハルゼーとの相性は悪い。 那子の婿候補一人だが、結婚に関して打算動いており、イタリア戦略的価値背景自身高く売り付けようと考えている。 アドーネ・デル・チーマ 階級 - 海軍大佐 戦艦ローマ艦長欧州合同使節艦隊一員として訪日ベネト・ムッソリーニ 統領勝ち馬に乗ることしか考えていない利己主義者で、ドイツ日本天秤に掛けている。そのため、同盟相手であるヒトラーからは信用されていない

※この「イタリア王国」の解説は、「女皇の聖戦」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「女皇の聖戦」の記事については、「女皇の聖戦」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 03:43 UTC 版)

アスカリ (兵士)」の記事における「イタリア王国」の解説

イタリア軍もまたイタリア領東アフリカ(のちのエチオピア、エリトリアおよびソマリア)で原住民兵を雇用した。これらは歩兵騎兵および軽砲兵隊からなる軍だった。彼らは最初エリトリア人から、のちにソマリ人から採用されイタリア人士官および下士官の下で軍務就いたイタリア軍アスカリ第一次エチオピア戦争伊土戦争第二次エチオピア戦争および第二次世界大戦東アフリカ戦線英語版))を戦った1940年イタリア領東アフリカ軍務就いたイタリア256,000名のうち、約182,000名がエリトリアソマリアおよび占領して間もないエチオピア(1935 - 36年占領)から採用された。1941年1月イギリス連邦軍エチオピア侵攻し東アフリカイタリア軍新しく採用されエチオピアアスカリ大部分脱走したエリトリアアスカリのほとんどは4ヶ月後の東アフリカイタリア軍降伏まで忠誠通した

※この「イタリア王国」の解説は、「アスカリ (兵士)」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「アスカリ (兵士)」の記事については、「アスカリ (兵士)」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 02:57 UTC 版)

エリトリア」の記事における「イタリア王国」の解説

1869年エジプトヨーロッパオリエントを結ぶスエズ運河開通すると、イタリアエチオピア介入始め1882年イタリア植民宣言をし、1885年占領した1889年エチオピアはイタリア王国とウッチャリ条約を結び、この地(エリトリア)をイタリア支配委ねた。翌1890年イタリアはこの地を「エリトリア」と名づけた(イタリア領東アフリカ)。第一次エチオピア戦争1889年 - 1896年)。第二次エチオピア戦争1935年 - 1936年)が起きた首都アスマライタリア人移民人口60%を占めイタリア首相であったベニート・ムッソリーニが「第2のローマ」(ピッコラ・ローマ、リトルローマ)を目指し1920年1930年代イタリア新進気鋭建築家達により奇抜なアール・デコ建築未来派建築多く建設された。現在では観光資源になっており、2017年に「アスマラ :アフリカモダニズム都市」として世界遺産文化遺産)に登録されている。

※この「イタリア王国」の解説は、「エリトリア」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「エリトリア」の記事については、「エリトリア」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 02:31 UTC 版)

カーデン・ロイド豆戦車」の記事における「イタリア王国」の解説

何輌かのMk.V*とMk.VI購入し、後にMk.VIC.V.29(C.V.=カルロ・ヴェローチェ〔快速戦車イタリア語: Carro Veloce〕)の名称で、21輌を輸入し、4輌のライセンス生産行った。これはその後フィアットおよびアンサルドにより、より大型で完全密閉式戦闘室を持つ発展型、豆戦車L3シリーズ開発へと繋がった

※この「イタリア王国」の解説は、「カーデン・ロイド豆戦車」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「カーデン・ロイド豆戦車」の記事については、「カーデン・ロイド豆戦車」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 01:24 UTC 版)

高い城の男」の記事における「イタリア王国」の解説

ドイツ最大同盟国枢軸国一員として戦勝国となり、バルカン半島アフリカ北部東部与えられた。戦後日独冷戦では一貫してドイツ協力している。

※この「イタリア王国」の解説は、「高い城の男」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「高い城の男」の記事については、「高い城の男」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 05:00 UTC 版)

ミラノ」の記事における「イタリア王国」の解説

1861年ミラノはイタリア王国の一部編入され引き続き発展した第二次世界大戦では、イタリア降伏した1943年以降ドイツ軍及びサロ政権統治下に入ったため、イギリス軍アメリカ軍をはじめとした連合国軍による激し爆撃をうけたが、戦後急速に発展して復興をとげた。ミラノ文化的に戦後のモダン・デザインの発信地として知られ国際デザイン美術展であるミラノ・トリエンナーレ開催されている。

※この「イタリア王国」の解説は、「ミラノ」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「ミラノ」の記事については、「ミラノ」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 03:16 UTC 版)

ルノー R35」の記事における「イタリア王国」の解説

1941年ドイツから124輌を供与された。イタリアで中戦車分類され、「M/R 35」の名称が与えられた。これらは後にシチリア防衛戦使用された。

※この「イタリア王国」の解説は、「ルノー R35」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「ルノー R35」の記事については、「ルノー R35」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 05:36 UTC 版)

イタリアの首相」の記事における「イタリア王国」の解説

第2次イタリア独立戦争結果イタリア王国が建国されサルデーニャ王国宰相だったカミッロ・カヴール新たにイタリア王国の首相に就任したことに始まった代人肖像首相原語表記内閣就任退任所属党派備考11 カミッロ・カヴールCamillo Benso, Conte di Cavour 第4次 1861年3月17日 1861年6月6日 国民統一派=歴史的右翼 22 ベッティーノ・リカーソリBettino Ricasoli 第1次 1861年6月6日 1862年3月4日 歴史的右翼 33 ウルバーノ・ラッタッツィ(イタリア語版英語版Urbano Rattazzi 第1次 1862年3月4日 1862年12月9日 歴史的左翼 44 ルイージ・ファリーニLuigi Farini 1862年12月9日 1863年3月24日 歴史的右翼 55 マルコ・ミンゲッティMarco Minghetti 第1次 1863年3月24日 1864年9月23日 歴史的右翼 66 アルフォンソ・マルモラAlfonso Ferrero, Marchese de La Marmora 第1次 1864年9月23日 1865年12月31日 歴史的右翼 7第2次 1865年12月31日 1866年6月17日 歴史的右翼 8- ベッティーノ・リカーソリBettino Ricasoli 第2次 1866年6月17日 1867年4月10日 歴史的右翼 9- ウルバーノ・ラッタッツィUrbano Rattazzi 第2次 1867年4月10日 1867年10月27日 歴史的左翼 107 フェデリーコ・メナブレーアFederico Luigi, Conte Menabrea 第1次 1867年10月27日 1868年1月5日 歴史的右翼 11第2次 1868年1月5日 1869年5月13日 歴史的右翼 12第3次 1869年5月13日 1869年12月14日 歴史的右翼 138 ジョヴァンニ・ランツァ(イタリア語版英語版Giovanni Lanza 1869年12月14日 1873年7月10日 歴史的右翼 14- マルコ・ミンゲッティMarco Minghetti 第2次 1873年7月10日 1876年3月25日 歴史的右翼 159 アゴスティーノ・デプレーティスイタリア語版英語版Agostino Depretis 第1次 1876年3月25日 1877年12月25日 歴史的左翼 16第2次 1877年12月25日 1878年5月25日 歴史的左翼 1710 ベネデット・カイローリ(英語版Benedetto Cairoli 1878年5月25日 1878年12月19日 歴史的左翼 18- アゴスティーノ・デプレーティスAgostino Depretis 第3次 1878年12月19日 1879年7月14日 歴史的左翼 19- ベネデット・カイローリBenedetto Cairoli 第2次 1879年7月14日 1879年11月25日 歴史的左翼 20第3次 1879年11月25日 1881年5月29日 歴史的左翼 21- アゴスティーノ・デプレーティスAgostino Depretis 第4次 1881年5月29日 1883年5月25日 歴史的左翼 22第5次 1883年5月25日 1884年3月30日 歴史的左翼 23第6次 1884年3月30日 1885年6月29日 歴史的左翼 24第7次 1885年6月29日 1886年5月30日 歴史的左翼 25第8次 1886年5月30日 1887年4月4日 歴史的左翼 26第9次 1887年4月4日 1887年7月29日 歴史的左翼 2711 フランチェスコ・クリスピFrancesco Crispi 第1次 1887年7月29日 1889年3月9日 歴史的左翼 28第2次 1889年3月9日 1891年2月6日 歴史的左翼 2912 アントニオ・ルディニAntonio Starabba, Marchese di Rudinì 第1次 1891年2月6日 1892年5月15日 歴史的右翼 3013 ジョヴァンニ・ジョリッティGiovanni Giolitti 第1次 1892年5月15日 1893年12月15日 歴史的左翼 31- フランチェスコ・クリスピFrancesco Crispi 第3次 1893年12月15日 1896年3月10日 歴史的左翼 32- アントニオ・ルディニAntonio Starabba, Marchese di Rudinì 第2次 1896年3月10日 1896年7月11日 歴史的右翼 33第3次 1896年7月11日 1897年12月24日 歴史的右翼 34第4次 1897年12月14日 1898年6月1日 歴史的右翼 35第5次 1898年6月1日 1898年6月29日 歴史的右翼 3614 ルイージ・ペルーLuigi Pelloux 第1次 1898年6月29日 1899年5月14日 歴史的右翼 37第2次 1899年5月14日 1900年6月24日 歴史的右翼 3815 ジュゼッペ・サラッコGiuseppe Saracco 1900年6月24日 1901年2月15日 歴史的左翼 3916 ジュゼッペ・ザナルデッリGiuseppe Zanardelli 1901年2月15日 1903年11月3日 歴史的左翼 40- ジョヴァンニ・ジョリッティGiovanni Giolitti 第2次 1903年11月3日 1905年3月12日 歴史的左翼 4117 トンマーゾ・ティットーニTommaso Tittoni 1905年3月12日 1905年3月28日 歴史的右翼 4218 アレッサンドロ・フォルティスAlessandro Fortis 第1次 1905年3月28日 1905年12月24日 歴史的左翼 43第2次 1905年12月24日 1906年2月8日 歴史的左翼 4419 シドネイ・ソンニーノ(イタリア語版英語版)Sidney Sonnino 第1次 1906年2月8日 1906年5月29日 歴史的右翼 45- ジョヴァンニ・ジョリッティGiovanni Giolitti 第3次 1906年5月29日 1909年12月11日 歴史的左翼 46- シドネイ・ソンニーノSidney Sonnino 第2次 1909年12月11日 1910年3月31日 歴史的右翼 4720 ルイージ・ルッツァッティLuigi Luzzatti 1910年3月31日 1911年3月30日 歴史的右翼 48- ジョヴァンニ・ジョリッティGiovanni Giolitti 第4次 1911年3月30日 1914年3月21日 歴史的左翼 4921 アントニオ・サランドライタリア語版英語版Antonio Salandra 第1次 1914年3月21日 1914年11月5日 歴史的右翼 50第2次 1914年11月5日 1916年6月18日 歴史的右翼 5122 パオロ・ボセッリPaolo Boselli 1916年6月18日 1917年10月23日 歴史的右翼 5223 ヴィットーリオ・オルランドVittorio Orlando 1917年10月23日 1919年6月23日 歴史的左翼 5324 フランチェスコ・ニッティFrancesco Nitti 第1次 1919年6月23日 1920年5月21日 急進党 54第2次 1920年5月21日 1920年6月15日 急進党 55- ジョヴァンニ・ジョリッティGiovanni Giolitti 第5次 1920年6月15日 1921年7月4日 イタリア自由党 5625 イヴァノエ・ボノーミIvanoe Bonomi 1921年7月4日 1922年2月26日 社会改良党 5726 ルイージ・ファクタLuigi Facta 第1次 1922年2月26日 1922年8月1日 イタリア自由党 58第2次 1922年8月1日 1922年10月31日 イタリア自由党 5927 ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini 1922年10月31日 1943年7月25日 ファシスト党 統帥ドゥーチェ) 6028 ピエトロ・バドリオPietro Badoglio 第1次 1943年7月25日 1944年4月17日 無所属 暫定軍事政権 61第2次 1944年4月22日 1944年6月18日 無所属 暫定軍事政権 62- イヴァノエ・ボノーミIvanoe Bonomi 第2次 1944年6月18日 1945年6月19日 労働民主党 6329 フェルッチョ・パッリFerruccio Parri 1945年6月21日 1945年12月8日 行動党 6430 アルチーデ・デ・ガスペリAlcide De Gasperi 第1次 1945年12月10日 1946年7月1日 キリスト教民主主義

※この「イタリア王国」の解説は、「イタリアの首相」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「イタリアの首相」の記事については、「イタリアの首相」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 23:23 UTC 版)

III号突撃砲」の記事における「イタリア王国」の解説

1943年5月、5輌の突撃砲供与された。

※この「イタリア王国」の解説は、「III号突撃砲」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「III号突撃砲」の記事については、「III号突撃砲」の概要を参照ください。


イタリア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:00 UTC 版)

勲章」の記事における「イタリア王国」の解説

イタリア王冠勲章(Ordine della Corona d'Italia1868年2月20日イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世リソルジメントによるイタリア統一記念して制定した騎士団勲章市民騎士団勲章下位勲章とされた。非カトリック教徒でも受勲許可されるなど、修道騎士団前身とする騎士団勲章比べてより広く授与が行われた。共和制移行によって国家勲章としての役割失われた労働功績勲章(Ordine al merito del lavoro) 1901年5月9日イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世労働者企業家経済的功績讃える為に創設した騎士団勲章共和制下でも依然として授与続けられており、労働大臣選定によって受勲対象者決められている。 イタリア植民勲章(Ordine coloniale della Stella d'Italia1914年6月18日イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世植民地駐留する軍人に対して授与した騎士団勲章共和制移行によって廃止された。 ローマ鷹勲章(Ordine civile e militare dell'Aquila romana1942年3月14日ベニート・ムッソリーニ国家統領国家ファシスト党の最高勲章として制定した1944年10月5日王国政府によって廃止された。 イタリア王騎士団勲章 労働功績騎士団勲章 イタリア植民騎士団勲章 ローマ・アクィラ騎士団勲章

※この「イタリア王国」の解説は、「勲章」の解説の一部です。
「イタリア王国」を含む「勲章」の記事については、「勲章」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イタリア王国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イタリア王国」の関連用語

イタリア王国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イタリア王国のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイタリア王国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの女皇の聖戦 (改訂履歴)、アスカリ (兵士) (改訂履歴)、エリトリア (改訂履歴)、カーデン・ロイド豆戦車 (改訂履歴)、高い城の男 (改訂履歴)、ミラノ (改訂履歴)、ルノー R35 (改訂履歴)、イタリアの首相 (改訂履歴)、III号突撃砲 (改訂履歴)、勲章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS