1862年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1862年の意味・解説 

文久2年 (みずのえいぬ 壬戌)

文久2年
年(年号)
1853年 (嘉永6年) 黒船来航
1855年 (安政2年) 安政江戸地震
1858年 (安政5年) 安政の大獄
1860年 (万延元年) 桜田門外の変
●1862年 (文久2年) 生麦事件
文久2年
1863年 (文久3年) 薩英戦争
1867年 (慶応3年) 大政奉還
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い
1869年 (明治2年) 版籍奉還
1871年 (明治4年) 廃藩置県
1871年 (明治4年) 解放令
1873年 (明治6年) 徴兵制布告
1876年 (明治9年) 廃刀令
1877年 (明治10年) 西南戦争
1877年 (明治10年) 東京大学設立
1882年 (明治15年) 上野動物園開園


文久2年
Siebold Philipp Von 1796年1866年(寛政8年慶応2年) 66
高島 秋帆 1798年1866年(寛政10年慶応2年) 64
男谷 精一郎 1798年1864年(寛政10年元治元年) 64
Harris Townsend 1804年1878年(文化元年明治11年) 58
緒方 洪庵 1810年1863年(文化7年文久3年) 52
Hepburn J. 1815年1911年(文化12年明治44年) 47
河竹 黙阿弥 1816年1893年(文化13年明治26年) 46
安藤 信正 1819年1871年(文政2年明治4年) 43
勝 海舟 1823年1899年(文政6年明治32年) 39
Boissonade G. E. 1825年1910年(文政8年明治43年) 37
梅若  実 1828年1909年(文政11年明治42年) 34
松平 春嶽 1828年1890年(文政11年明治23年) 34
高橋 由一 1828年1894年(文政11年明治27年) 34
仮名垣 魯文 1829年1894年(文政12年明治27年) 33才
中村 正直 1832年1891年(天保3年明治24年) 30
近藤 勇 1834年1868年(天保5年明治元年) 28
Roesler K. 1834年1894年(天保5年明治27年) 28
橋本 雅邦 1835年1908年(天保6年明治41年) 27
土方 歳三 1835年1869年(天保6年明治2年) 27
榎本 武揚 1836年1908年(天保7年明治41年) 26
徳川(一橋) 慶喜 1837年1913年(天保8年大正2年) 25
Morse E. S. 1838年1925年(天保9年大正14年) 24
三遊亭 円朝(初代) 1839年1900年(天保10年明治33年) 23
渋沢 栄一 1840年1931年(天保11年昭和6年) 22才
Morel E. 1841年1871年(天保12年明治4年) 21
沼間 守一 1843年1890年(天保14年明治23年) 19才
Griffis William Eliot 1843年1928年(天保14年昭和3年) 19才
尾上 菊五郎(五世) 1844年1903年(弘化元年明治36年) 18
沖田 総司 1844年1868年(弘化元年明治元年) 18
徳川 家茂 1846年1866年(弘化3年慶応2年) 16才
Balz E. 1849年1913年(嘉永2年大正2年) 13
星 亨 1850年1901年(嘉永3年明治34年) 12
小泉 八雲 1850年1904年(嘉永3年明治37年) 12
Conder J. J. 1852年1920年(嘉永5年大正9年) 10
Eckeert Franz Von 1852年1916年(嘉永5年大正5年) 10
島田 三郎 1852年1923年(嘉永5年大正12年) 10
高村 光雲 1852年1934年(嘉永5年昭和9年) 10
明治天皇 1852年1912年(嘉永5年大正元年) 10
Fenollosa E. F. 1853年1908年(嘉永6年明治41年) 9才
高橋 是清 1854年1936年(安政元年昭和11年) 8才
田口 卯吉 1855年1905年(安政2年明治38年) 7才
浅井 忠 1856年1907年(安政3年明治40年) 6才
高木 正年 1856年1934年(安政3年昭和9年) 6才
快楽亭 ブラック 1858年1923年(安政5年大正12年) 4才
田中 長兵衛 1858年1924年(安政5年大正13年) 4才
妻木 頼黄 1859年1916年(安政6年大正5年) 3才
Bigot G. 1860年1927年(万延元年昭和2年) 2才
内村 鑑三 1861年1930年(文久元年昭和5年) 1才

1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 14:36 UTC 版)

1862年(1862 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる平年






「1862年」の続きの解説一覧

1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/28 14:26 UTC 版)

マナサスギャップ鉄道」の記事における「1862年」の解説

南軍鹵獲したボルチモア・アンド・オハイオ鉄道レールおよび資材は、ウィンチェスター・アンド・ポトマック鉄道利用してウィンチェスター運ばれそこに保管されていたが、1862年の初頭、そのほとんどがセンターヴィル軍用鉄道建設を始めとする南軍鉄道使用された。シェナンドー渓谷からの物資マナサスギャップ鉄道利用してマナサス・ジャンクションに運ばれ、さらにセンターヴィル軍用鉄道ジョンストン大将本営があるセンターヴィル(Centreville)まで運ばれた。 その後南軍リッチモンド防衛のために南進したため春先にはマナサスギャップ鉄道西側とウィンチェスター・アンド・ポトマック鉄道北軍の手堕ちジョージ・マクレラン少将作戦計画利用されることとなったマクレランマナサスギャップ鉄道とウィンチェスター・アンド・ポトマック鉄道連結し首都ワシントンからボルチモア・アンド・オハイオ鉄道、ウィンチェスター・アンド・ポトマック鉄道、新連結線マナサスギャップ鉄道オレンジ・アンド・アレクサンドリア鉄道とつながる「鉄道の輪」を構築する計画だった。 ストーンウォール・ジャクソンバレー方面作戦の一環として、1862年5月23日ターナー・アシュビー大佐バージニア第7騎兵連隊7th Virginia Cavalry)はストラスバーグからのレール引き剥がし、トーマス・マンフォード(Thomas T. Munford大佐バージニア第2騎兵連隊2nd Virginia Cavalry)は、さらに東のサラフェア渓谷(Thoroughfare Gap)で、線路破壊した

※この「1862年」の解説は、「マナサスギャップ鉄道」の解説の一部です。
「1862年」を含む「マナサスギャップ鉄道」の記事については、「マナサスギャップ鉄道」の概要を参照ください。


1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/16 15:52 UTC 版)

ジョン・モスビー」の記事における「1862年」の解説

モスビーはその情報集め能力J・E・B・スチュアート将軍印象づけ後で中尉昇進しスチュアート騎兵隊斥候任された。スチュアート将軍攻撃戦略展開するのに貢献した半島方面作戦間にスチュアートの「マクレラン軍騎り回し作戦にも功があった。 この際モスビー北軍騎兵捕らえられワシントンD.C.の古議事堂監獄収監され10日後に捕虜交換釈放された。モスビー捕虜であった間ですら敵状探ったモンロー砦にちょっと立ち寄った間にハンプトン・ローズ異常なまでに艦船集まっていることを見て取った。その艦船ノースカロライナ州にいたアンブローズ・バーンサイド軍勢数千北バージニア方面作戦にあるジョン・ポープ軍を補強するために送っているところだと分かったモスビー解放された後で歩いてリッチモンド郊外作戦本部向かいロバート・E・リー将軍調べてきたことを報告した

※この「1862年」の解説は、「ジョン・モスビー」の解説の一部です。
「1862年」を含む「ジョン・モスビー」の記事については、「ジョン・モスビー」の概要を参照ください。


1862年(24歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 14:31 UTC 版)

フランツ・ブレンターノ」の記事における「1862年(24歳)」の解説

処女作アリストテレスによる存在者さまざまの意味について』(Von der mannigfachen Bedeutung des Seienden nach Aristoteles)を出版当時学界大御所存在であり、アリストテレス研究者として有名なトレンデレンブルグ賞賛得たテュービンゲン大学学位を得る。

※この「1862年(24歳)」の解説は、「フランツ・ブレンターノ」の解説の一部です。
「1862年(24歳)」を含む「フランツ・ブレンターノ」の記事については、「フランツ・ブレンターノ」の概要を参照ください。


1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 03:54 UTC 版)

3フィート6インチ軌間」の記事における「1862年」の解説

1862年、ノルウェー技師であるカール・アブラハム・ピルは、ノルウェーレーロース線(英語版)において初めて1067 mm軌間鉄道建築した

※この「1862年」の解説は、「3フィート6インチ軌間」の解説の一部です。
「1862年」を含む「3フィート6インチ軌間」の記事については、「3フィート6インチ軌間」の概要を参照ください。


1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:10 UTC 版)

1860年代」の記事における「1862年」の解説

詳細は「1862年」を参照 1月21日文久元年12月22日) - 文久遣欧使節欧州諸国との不平等条約解消交渉のため出発2月13日文久2年1月15日) - 坂下門外の変3月11日文久2年2月11日) - 和宮将軍徳川家茂婚礼 5月1日 - 第2回ロンドン万国博覧会開幕する5月21日文久2年4月23日) - 寺田屋騒動6月5日 - フランスベトナム間で不平等条約サイゴン条約締結 6月6日 - 両都両港開市開港延期問題に関し日英間でロンドン覚書締結 文久2年8月21日 - 生麦事件9月22日 - リンカーン奴隷解放宣言を出す。

※この「1862年」の解説は、「1860年代」の解説の一部です。
「1862年」を含む「1860年代」の記事については、「1860年代」の概要を参照ください。


1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 03:52 UTC 版)

ジョセフ・フッカー」の記事における「1862年」の解説

1862年の半島方面作戦で、フッカーポトマック軍第3軍団第2師団指揮し、その任務良くこなし、戦場において重要なポイント積極的に求め戦闘指揮者としてその勇名をはせた。ウィリアムズバーグの戦いその結果として1862年5月5日少将昇進した)と七日間の戦いを通じて頭角現したマクレランの慎重すぎる将軍ぶりにイライラし、リッチモンド占領できなかったことについて明け透け批判したフッカーはその上官について、「彼は軍人ではないだけでなく、軍人とは何かを知らないと言った半島方面作戦フッカーに関する2つ評判、すなわち部下福祉士気気を遣うことと、戦場においてすら深酒をするということ固まったマクレランの軍が活動できなくなると、フッカージョン・ポープ少将バージニア軍転属になった。その師団はまずサミュエル・P・ハインツェルマン少将第3軍団についたが、北バージニア方面作戦第二次ブルランの戦い北軍大敗した後は9月6日軍団指揮バージニア軍第3軍団に就いた。ロバート・E・リー軍隊北のメリーランド州入ったメリーランド方面作戦)とき、フッカー軍団9月12日第1軍団改組された)はポトマック軍下に戻りサウス山の戦いアンティータムの戦いでは活躍したアンティータムでは、アメリカ史の中でも最も流血の多い日の最初の攻撃仕掛けたのがフッカー軍団であり、ストーンウォール・ジャクソン軍団南へ追い遣り、そこで手詰まりとなったフッカー攻撃的であり、部下奮い立たせていたが、足を負傷して早朝戦場を離れた。自分戦場に留まっておれば、決定的な北軍勝利になったはずだと主張したが、マクレラン将軍慎重さのために再度北軍失敗し勢力的に劣るリー軍が壊滅免れたリンカーン大統領辛抱できなくなりマクレラン解任してアンブローズ・バーンサイド少将後任据えた12月フレデリックスバーグの戦い北軍もう一つ挫折だった。足の傷から快復しフッカー短期間第5軍団指揮執ったが、続いて第3軍団第5軍団統括する大師団」指揮官昇進したフッカーは市の背後にある防御施された高台攻撃するというバーンサイド作戦あざ笑い、それを「非常識」と見なした。その大師団(特に第5軍団)は、フッカー抗議したにも拘わらずバーンサイド命令によって14度無益な突撃行い甚だし損失被ったバーンサイドはこの戦いの後1863年1月にも惨めな「泥の行軍」を行いフッカーの上に対する批判公式の命令不服従の域まで達したバーンサイドのことを「卑劣漢...失敗した犠牲の」と表現したバーンサイドフッカー含み部下指揮官総入れ替え目論み、大統領の承認求め書面作ったフッカーのことは、「現在のうな重大な危機重要な役割任せるには不適」と述べた。しかし、リンカーン大統領再度辛抱できず、反対にバーンサイド解任した。

※この「1862年」の解説は、「ジョセフ・フッカー」の解説の一部です。
「1862年」を含む「ジョセフ・フッカー」の記事については、「ジョセフ・フッカー」の概要を参照ください。


1862年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 20:01 UTC 版)

モンロー砦」の記事における「1862年」の解説

1862年3月ハンプトン・ローズ海戦がスーエルズポイント沖で起こった。これはCSSバージニアUSSモニターとの間で初めての装甲艦同士戦いとなった結果として引き分けたが、この戦闘海戦の姿が変わり木造戦闘艦時代終わった。 その春遅くモンロー砦基地とする北軍海軍常駐することで、陸軍ジョージ・マクレラン少将半島方面作戦支援するためにワシントンD.C.から水路陸軍運び妨害されずにモンロー砦上陸することが可能となったマクレラン軍隊モンロー砦編成されて1862年春の間にバージニア半島遡り6月1日までに西に80マイル (130 km) 進んでリッチモンドから数マイル地点達したその後30日間リッチモンド包囲した続いて七日間の戦いではマクレランリッチモンドからジェームズ川下流に後退しこの方面作戦終わったマクレランにとって幸いなことにこの間北軍ノーフォークハンプトン・ローズおよびドルーリーズブラフ(リッチモンドの南約8マイル (13 km)の戦略的地点より下流のジェームズ川を再占領していた。

※この「1862年」の解説は、「モンロー砦」の解説の一部です。
「1862年」を含む「モンロー砦」の記事については、「モンロー砦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1862年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1862年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1862年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1862年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1862年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマナサスギャップ鉄道 (改訂履歴)、ジョン・モスビー (改訂履歴)、フランツ・ブレンターノ (改訂履歴)、3フィート6インチ軌間 (改訂履歴)、1860年代 (改訂履歴)、ジョセフ・フッカー (改訂履歴)、モンロー砦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS