エイブラハム・リンカーンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > アメリカ合衆国の大統領 > エイブラハム・リンカーンの意味・解説 

Abraham Lincoln

Abraham Lincoln
(16) Abraham Lincoln
(エイブラハム・リンカーン)
共和党 (1861-65)

( )内の年は在任期間

エイブラハム・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 15:42 UTC 版)

エイブラハム・リンカーン: Abraham Lincoln [ˈeɪbrəhæm ˈlɪŋkən] ( 音声ファイル)1809年2月12日 - 1865年4月15日)は、アメリカ合衆国政治家弁護士アブラハム[1]、姓はリンカンと表記されることもある[2]弁護士イリノイ州議員、下院議員を経て、第16代アメリカ合衆国大統領に就任した。


注釈

  1. ^ ただしマルコ伝の該当箇所の日本語訳は、文語訳「もし家分れ争はば、其の家立つこと能はざるべし」、口語訳「もし家が内わで分れ争うなら、その家は立ち行かないであろう」、新共同訳「家が内輪で争えば、その家は成り立たない」などとなっている。

出典

  1. ^ “米大統領候補、使う言葉は「13歳以下」最下位はトランプ氏”. 時事通信社. (2016年3月17日). http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_all&k=20160317033960a 2016年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 河尻定 (2017年3月24日). “東京ふしぎ探検隊 リンカン? ローズベルト? 大変わりする歴史教科書”. 日経BP社. 2018年6月26日閲覧。
  3. ^ ディー・ブラウン 2013, §1.
  4. ^ ディー・ブラウン 2013, §2.
  5. ^ <幕末の動乱と明治維新>第7回~「最後の将軍」最後の選択 読売新聞 2017年3月1日
  6. ^ 『海外新聞』に見える幕末のことば -口語文への兆し- 山口 豊
  7. ^ 東京大学総合研究博物館画像アーカイヴス
  8. ^ 藤村全集 第16巻
  9. ^ 外来語の表記(答申)(抄)文部科学省
  10. ^ 帝国書院 社会科Q&A
  11. ^ Donald 1996, pp. 20–22.
  12. ^ a b Pessen, pp. 24-25.
  13. ^ a b White, pp. 12-13.
  14. ^ Donald 1996, p. 21.
  15. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.12
  16. ^ Donald 1996, pp. 22–24.
  17. ^ Lamb, p. 189.
  18. ^ a b Sandburg (1926), p. 20.
  19. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.13
  20. ^ Donald 1996, pp. 30–33.
  21. ^ Donald 1996, pp. 26–27.
  22. ^ White, pp. 25, 31, 47.
  23. ^ Donald 1996, p. 33.
  24. ^ Donald 1996, pp. 30–33
  25. ^ Donald 1996, pp. 28, 152.
  26. ^ 茅野美ど里訳、伝記世界を変えた人々16、「エイブラハム・リンカーン」、偕成社、1994年3月、P.25
  27. ^ Donald (1996), pp. 38-43;Prokopowicz, pp. 18-19.
  28. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.14
  29. ^ Donald 1996, p. 36.
  30. ^ Thomas (2008), pp. 23-53;Carwardine (2003), pp. 3-5.
  31. ^ Donald 1996, p. 41.
  32. ^ Sandburg (1926), pp. 22-23.
  33. ^ 本間長世、p.14
  34. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.11-22
  35. ^ 本間長世、p.74
  36. ^ 高木八尺、「米国政治史における土地の意義」、『高木八尺著作集』第1巻、アメリカ史I、東京大学出版会、1970年、p.488-489
  37. ^ 本間長世、p.102
  38. ^ 本間長世、p.103
  39. ^ グッドウィン, 文庫版(上)
  40. ^ Winkle, pp. 86-95.
  41. ^ Oates pg. 18-20. Donald pg. 41
  42. ^ Winkle ch 7-8.[要ページ番号]
  43. ^ laughtergenealogy.com - Presidents Personal Information[信頼性要検証]
  44. ^ Donald 1996, p. 46.
  45. ^ Winkle, pp. 114-116.
  46. ^ Donald 1996, pp. 53–55.
  47. ^ White, p. 59.
  48. ^ Donald pg. 52-53
  49. ^ 本間長世, p. 35.
  50. ^ Donald 1996, p. 64.
  51. ^ White, pp. 71, 79, 108.
  52. ^ Simon 1990, p. 130.
  53. ^ Donald 1996, p. 134.
  54. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.18
  55. ^ Foner (2010), pp. 17-19, 67.
  56. ^ アメリカ植民地協会#リンカーンと協会を参照
  57. ^ Simon 1990, p. 283.
  58. ^ Donald (1996), pp. 67-69;Thomas (2008), pp. 56-57, 69-70.
  59. ^ Lamb, p. 43.
  60. ^ a b Sandburg (1926), pp. 46-48.
  61. ^ Donald 1996, p. 86.
  62. ^ Donald 1996, p. 87.
  63. ^ Sandburg (1926), pp. 50-51.
  64. ^ Donald 1996, p. 93.
  65. ^ White, p. 125.
  66. ^ Donald 1996, pp. 95–96.
  67. ^ White, p. 126.
  68. ^ Baker, p. 120.
  69. ^ White, pp. 179-181, 476.
  70. ^ Steers, p. 341.
  71. ^ Shenk, Joshua Wolf (2005年10月). “Lincoln's Great Depression”. The Atlantic. The Atlantic Monthly Group. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  72. ^ Foner (1995), pp. 440-447.
  73. ^ Fenster, Bob. They Did What!? The Funny, Weird, Wonderful, and Stupid Things Famous People Have Done, Andrews Publishing, 2002. p. 55.
  74. ^ Donald 1996, p. 222.
  75. ^ Boritt (1994), pp. 137-153.
  76. ^ Oates, p. 79.
  77. ^ Harris, p. 54;Foner (2010), p. 57.
  78. ^ Heidler (2006), pp. 181-183.
  79. ^ Holzer, p. 63.
  80. ^ 高木八尺、p.23
  81. ^ Oates, pp. 79-80.
  82. ^ a b Basler (1946), pp. 199-202.
  83. ^ a b 本間長世、p.37
  84. ^ McGovern, p. 33.
  85. ^ Basler (1946), p. 202.
  86. ^ Lincoln's Spot Resolutions”. National Archives. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  87. ^ Donald 1996, p. 128.
  88. ^ 高木八尺、解説p.158
  89. ^ Donald 1996, pp. 124–126.
  90. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.21
  91. ^ Donald 1996, p. 140.
  92. ^ Harris, pp. 55-57.
  93. ^ Donald 1948, p. 17.
  94. ^ Donald 1996, p. 96.
  95. ^ Donald 1996, pp. 105–106, 158.
  96. ^ Donald 1996, pp. 142–143.
  97. ^ Donald 1996, pp. 156–157.
  98. ^ White, p. 163.
  99. ^ Abraham Lincoln's Patent Model:Improvement for Buoying Vessels Over Shoals”. Smithsonian Institution. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  100. ^ a b Donald (1996), p. 155.
  101. ^ Dirck (2007), p. 92.
  102. ^ Handy, p. 440.
  103. ^ Donald 1996, pp. 155–156, 196–197.
  104. ^ a b c Donald (1996), pp. 150-151.
  105. ^ Harrison (1935), p. 270.
  106. ^ Donald pg. 104-106. Thomas pg. 142-153
  107. ^ Donald pg. 105-106, 149. Harris pg. 65
  108. ^ Donald pg. 146
  109. ^ Donald pg. 148. Thomas pg. 156
  110. ^ The Peculiar Instution”. Newberry Library and Chicago History Museum. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  111. ^ Lincoln Speaks Out”. Newberry Library and Chicago History Museum. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  112. ^ McGovern, pp. 36-37.
  113. ^ Foner (2010), pp. 84-88.
  114. ^ 渡辺惣樹『日米衝突の根源』
  115. ^ Thomas (2008), pp. 148-152.
  116. ^ Basler (1953), p. 255.
  117. ^ Oates, p. 119.
  118. ^ White, pp. 205-208.
  119. ^ McGovern, pp. 38-39.
  120. ^ Donald 1996, p. 193.
  121. ^ en:United States presidential election, 1856#Republican Party nomination
  122. ^ Zarefsky, pp. 69-110.
  123. ^ Jaffa, pp. 299-300.
  124. ^ 高木八尺、「ドレッド・スコット判決に関するスプリングフィールドにおける演説」p.41
  125. ^ Oates, pp. 138-139.
  126. ^ White, p. 251.
  127. ^ 高木八尺、p.43
  128. ^ Harris, p. 98.
  129. ^ 高木八尺、解説 p.164
  130. ^ 高木八尺、解説 p.166
  131. ^ Donald 1996, p. 209.
  132. ^ McPherson (1993), p. 182.
  133. ^ Donald 1996, pp. 214–224.
  134. ^ Donald 1996, p. 223.
  135. ^ Carwardine (2003), pp. 89-90.
  136. ^ Donald 1996, pp. 242, 412.
  137. ^ Jaffa, p. 473.
  138. ^ Holzer, pp. 108-111.
  139. ^ マイケル・ジェイ・フリードマン (2009年2月). “ホワイトハウスへの道:1854年以降のエイブラハム・リンカーン (PDF)”. エイブラハム・リンカーン - 自由という遺産. 米国務省国際情報プログラム局. p. 29. 2012年2月21日閲覧。
  140. ^ Carwardine (2003), p. 97.
  141. ^ Holzer, p. 157.
  142. ^ Donald 1996, p. 240.
  143. ^ Donald 1996, p. 241.
  144. ^ 本間長世、p.124
  145. ^ Oates, pp. 175-176.
  146. ^ Donald 1996, p. 245.
  147. ^ Luthin, pp. 609-629.
  148. ^ Hofstadter, pp. 50-55.
  149. ^ Donald 1996, pp. 247–250.
  150. ^ Boritt (1994), pp. 10, 13, 18.
  151. ^ Donald 1996, p. 253.
  152. ^ Donald 1996, pp. 254–256.
  153. ^ Donald 1996, p. 254.
  154. ^ Mansch, p. 61.
  155. ^ Harris, p. 243.
  156. ^ White, p. 350.
  157. ^ Nevins (1950), p. 312.
  158. ^ Edgar, p. 350.
  159. ^ White, pp. 360-361.
  160. ^ Donald 1996, p. 268.
  161. ^ Vorenberg, p. 22.
  162. ^ Lupton, p. 34.
  163. ^ a b Donald (1996), p. 267.
  164. ^ Potter, p. 498.
  165. ^ White, p. 362.
  166. ^ Potter, pp. 520, 569-570.
  167. ^ White, p. 369.
  168. ^ 高木八尺、「スプリングフィールドを去ってワシントンに向かう別れの挨拶」p.92
  169. ^ Donald 1996, pp. 273–277.
  170. ^ 本間長世、p.140
  171. ^ Donald 1996, pp. 277–279.
  172. ^ Sandburg (2002), p. 212.
  173. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.93
  174. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.104
  175. ^ Donald 1996, pp. 283–284.
  176. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.107
  177. ^ Donald 1996, pp. 268, 279.
  178. ^ Donald 1996, pp. 292–293.
  179. ^ Nevins (2000), p. 29.
  180. ^ Sherman, pp. 185-186.
  181. ^ Donald 1996, p. 293.
  182. ^ Oates, p. 226.
  183. ^ Donald (1996), pp. 303-304;Carwardine (2003), pp. 163-164.
  184. ^ Heidler (2000), p. 174.
  185. ^ Donald 1996, p. 304.
  186. ^ Donald 1996, pp. 315, 338–339.
  187. ^ Scott, pp. 326-341.
  188. ^ Thomas (2007), p. 180.
  189. ^ Donald 1996, pp. 331–333, 417.
  190. ^ a b Donald (1996), p. 314;Carwardine (2003), p. 178.
  191. ^ Donald 1996, pp. 314–317.
  192. ^ Carwardine (2003), p. 181.
  193. ^ Adams, pp. 540-562.
  194. ^ Donald 1996, p. 322.
  195. ^ Prokopowicz, p. 127.
  196. ^ Benjamin P. Thomas and Harold M. Hyman, Stanton, the Life and Times of Lincoln's Secretary of War (Knopf, 1962)[要ページ番号]
  197. ^ Donald 1996, pp. 295–296.
  198. ^ Donald 1996, pp. 391–392.
  199. ^ Ambrose, pp. 7, 66, 159.
  200. ^ Donald 1996, pp. 432–436.
  201. ^ Donald 1996, pp. 318–319.
  202. ^ Donald 1996, pp. 349–352.
  203. ^ Donald 1996, pp. 360–361.
  204. ^ 本間長世、p.164-165
  205. ^ Nevins (1960), pp. 2:159-162.
  206. ^ Donald 1996, pp. 339–340.
  207. ^ Goodwin, pp. 478-479.
  208. ^ Goodwin, pp. 478-480.
  209. ^ Goodwin, p. 481.
  210. ^ “[https://www.nps.gov/articles/the-legacy-of-the-maryland-campaign.htm Series: Born of Earnest Struggle The Legacy of the Maryland Campaign]”. 2020年12月21日閲覧。
  211. ^ 小川 2020, pp. 056–068.
  212. ^ 小川 2020, pp. 095–103.
  213. ^ Alaska Cruise History Lesson: Who was William H. Seward?”. 2020年12月21日閲覧。
  214. ^ Mackubin, Thomas Owens (2004年3月25日). “The Liberator”. National Review. National Review. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  215. ^ Guelzo (1999), pp. 290-291.
  216. ^ Donald 1996, pp. 364–365.
  217. ^ McPherson (1992), p. 124.
  218. ^ Donald (1996), p. 368.
  219. ^ 高木八尺、「ホレス・グリーリーにあてた書簡」、1862年8月22日、p.134-135
  220. ^ Guelzo (2004), pp. 147-153.
  221. ^ Donald 1996, pp. 364, 379.
  222. ^ Donald 1996, p. 407.
  223. ^ Donald 1996, p. 408.
  224. ^ Nevins (1960), pp. 2:239-240.
  225. ^ Donald 1996, pp. 430–431.
  226. ^ Donald 1996, p. 431.
  227. ^ Douglass, pp. 259-260.
  228. ^ 本間長世、p.178
  229. ^ Nevins (1960), pp. 318-322, quote on p. 322.
  230. ^ Donald 1996, pp. 389–390.
  231. ^ Donald 1996, pp. 429–431.
  232. ^ Nevins (1960), pp. 343-367.
  233. ^ Donald 1996, pp. 422–423.
  234. ^ Nevins (1960), pp. 2:432-450.
  235. ^ 本間長世、p.184
  236. ^ Donald 1996, pp. 444–447.
  237. ^ Donald 1996, p. 446.
  238. ^ Donald 1996, pp. 453–460.
  239. ^ a b c 高木八尺、「ゲティスバーグ演説」p.148-149
  240. ^ Donald 1996, pp. 460–466.
  241. ^ Wills, pp. 20, 27, 105, 146.
  242. ^ 本間長世、p.188
  243. ^ Thomas (2008), p. 315.
  244. ^ Nevins (2000), (Vol. IV), pp. 6-17.
  245. ^ Donald 1996, pp. 490–492.
  246. ^ McPherson (2009), p. 113.
  247. ^ Donald 1996, p. 501.
  248. ^ The Peacemakers”. The White House Historical Association. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  249. ^ Thomas (2008), pp. 422-424.
  250. ^ Neely (2004), pp. 434-458.
  251. ^ Thomas (2008), p. 434.
  252. ^ Donald 1996, pp. 516–518.
  253. ^ Fish, pp. 53-69.
  254. ^ Tegeder, pp. 77-90.
  255. ^ Donald 1996, pp. 494–507.
  256. ^ Grimsley, p. 80.
  257. ^ Basler (1953), p. 514.
  258. ^ Donald 1996, p. 531.
  259. ^ Randall & Current (1955), p. 307.
  260. ^ Paludan, pp. 274-293.
  261. ^ 本間長世、p.204
  262. ^ 高木八尺、「再選祝賀の歓呼の歌に対する挨拶の辞」p.151
  263. ^ Donald 1996, p. 565.
  264. ^ Noll, p. 426.
  265. ^ Basler (1953), p. 333.
  266. ^ 高木八尺、p.156
  267. ^ Donald 1996, p. 589.
  268. ^ Thomas (2008), pp. 509-512.
  269. ^ Donald 1996, pp. 471–472.
  270. ^ Donald 1996, pp. 485–486.
  271. ^ Nevins (2000), Vol IV., p. 206.
  272. ^ 本間長世、p.215
  273. ^ Donald 1996, p. 561.
  274. ^ Donald 1996, pp. 562–563.
  275. ^ Primary Documents in American History:13th Amendment to the U.S. Constitution”. Library of Congress. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  276. ^ Carwardine (2003), pp. 242-243.
  277. ^ Presidential Proclamation-Civil War Sesquicentennial”. The White House (2011年4月12日). 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。 “...a new meaning was conferred on our country's name...”
  278. ^ Jaffa, p. 399.
  279. ^ Diggins, p. 307.
  280. ^ Foner (2010), p. 215.
  281. ^ Jaffa, p. 263.
  282. ^ Belz (1998), p. 86.
  283. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.101
  284. ^ Donald (2001), p. 137.
  285. ^ Paludan, p. 116.
  286. ^ McPherson (1993), pp. 450-452.
  287. ^ Donald 1996, p. 424.
  288. ^ Paludan, p. 111.
  289. ^ Donald (2001), p. 424.
  290. ^ Cox, p. 182.
  291. ^ Nichols, pp. 210-232.
  292. ^ Donald 1996, pp. 501–502.
  293. ^ a b c Donald 1996, p. 471
  294. ^ 高木八尺、「感謝祭を行う旨の布告」p.145-147
  295. ^ Schaffer, p. 48.
  296. ^ Blue, p. 245.
  297. ^ Donald 1996, pp. 300, 539.
  298. ^ Donald 1996, p. 597.
  299. ^ Martin, Paul (2010年4月8日). “Lincoln's Missing Bodyguard”. Smithsonian Magazine. Smithsonian Institution. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  300. ^ Donald 1996, pp. 594–597.
  301. ^ 本間長世、p.234
  302. ^ リンカーン大統領の髪の毛、850万円で落札”. CNN. 2020年9月17日閲覧。
  303. ^ Donald 1996, pp. 48–49, 514–515.
  304. ^ Donald 1996, pp. 48–49.
  305. ^ Parrillo, pp. 227-253.
  306. ^ Wilson 1999, pp. 251–254.
  307. ^ Wilson 1999, p. 254.
  308. ^ Donald 1996, p. 514
  309. ^ “【AFP記者コラム】米大統領選の政治と宗教、共和党予備選と「聖書地帯」”. フランス通信社. (2016年3月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3079995 2016年3月14日閲覧。 
  310. ^ Taranto, p. 264.
  311. ^ Chesebrough, pp. 76, 79, 106, 110.
  312. ^ Schwartz (2000), p. 109.
  313. ^ Schwartz (2009), pp. 23, 91-98.
  314. ^ Belz (2006), pp. 514-518.
  315. ^ Graebner, pp. 67-94.
  316. ^ Smith, pp. 43-45.
  317. ^ Boritt (1994), pp. 196, 198, 228, 301.
  318. ^ Harris, p. 2.
  319. ^ Randall (1947), p. 175.
  320. ^ Zilversmit, pp. 22-24.
  321. ^ Smith, p. 42.
  322. ^ Bennett, pp. 35-42.
  323. ^ Dirck (2008), p. 31.
  324. ^ Striner, pp. 2-4.
  325. ^ Cashin, p. 61.
  326. ^ Kelley & Lewis, p. 228.
  327. ^ Schwartz (2009), p. 146.
  328. ^ Dennis, p. 194.
  329. ^ Renovation and Expansion of the Historic DC Courthouse (PDF)”. DC Court of Appeals. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  330. ^ Vinciguerra, Thomas (2009年2月7日). “Now if Only We Could Mint Lincoln Himself”. The New York Times: p. WK4. オリジナルの2011年10月26日時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jmhWehf 2011年11月10日閲覧。 
  331. ^ Mount Rushmore National Memorial”. U.S. National Park Service. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  332. ^ Abraham Lincoln Birthplace National Historic Site”. U.S. National Park Service. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  333. ^ Lincoln Boyhood National Memorial”. U.S. National Park Service. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  334. ^ Lincoln's New Salem”. Illinois Historic Preservation Agency. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  335. ^ Lincoln Home National Historic Site”. U.S. National Park Service. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  336. ^ About Ford's”. Ford's Theatre. 2011年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  337. ^ Peterson, pp. 312, 368.
  338. ^ The Abraham Lincoln Presidential Library and Museum”. Abraham Lincoln Presidential Library and Museum. 2011年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  339. ^ Lincoln Tomb”. Illinois Historic Preservation Agency. 2011年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。.
  340. ^ Schwartz (2009), pp. 196-199.
  341. ^ Peterson pp. 147, 263.
  342. ^ Carroll, James R. (2009年1月12日). “Let the Lincoln Bicentennial Celebrations Begin”. The Courier-Journal. オリジナルの2011年10月26日時点におけるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jn5TYV5 2011年11月10日閲覧。 
  343. ^ (3153) Lincoln = 1969 TF5 = 1975 GD = 1979 GQ = 1979 KJ1 = 1982 BY5 = 1984 SH3”. MPC. 2021年9月10日閲覧。



エイブラハム・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 20:57 UTC 版)

連合軍大型IFO空中戦艦のような巨体で、脚部アイゼンハワーを4機搭載可能。左右に巨大なのような翼を持つ。武装ホーミングレーザー大型マシンガン。本来は対シークレット用として開発されたのだが、損耗嫌った連合軍により温存されていた第19話で2機がゲネラシオン・ブルに攻め込む。なお、機体制御3人で行う。主なパイロットタナカ

※この「エイブラハム・リンカーン」の解説は、「エウレカセブンAO」の解説の一部です。» 「エウレカセブンAO」の概要を見る


エイブラハム・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 20:57 UTC 版)

連合軍大型IFO空中戦艦のような巨体で、脚部アイゼンハワーを4機搭載可能。左右に巨大なのような翼を持つ。武装ホーミングレーザー大型マシンガン。本来は対シークレット用として開発されたのだが、損耗嫌った連合軍により温存されていた第19話で2機がゲネラシオン・ブルに攻め込む。なお、機体制御3人で行う。主なパイロットタナカ

※この「エイブラハム・リンカーン」の解説は、「エウレカセブンAO」の解説の一部です。» 「エウレカセブンAO」の概要を見る


エイブラハム・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 14:24 UTC 版)

ディケーターはエイブラハム・リンカーンにとってイリノイ州では最初の住み処となったリンカーン1830年に町の西に家族と共に入ったディケーターでサンガモン川航行重要性に関して初め政治的な演説行い、それがイリノイ州政治指導者達の注意を引いたリンカーンは第8司法巡回地区弁護士として度々ディケーター立ち寄りメインストリートメインストリート交差点ディケーターでは南北メインストリート東西メインストリートがあった)に立っている丸太造り裁判所で5件の事件扱った初期の裁判所は現在ノースフォーク道路メイコン郡歴史博物館置かれている。ディケーター人気のあるレストランはリンカーン・スクエア・ラウンジであり、リンカーン大統領選挙運動中にディケーター演説した所に建てられた。市内にはリンカーン彫像5つある。1つはリンカーン・スクエアに、1つ現在の裁判所前に2つメイコン郡歴史博物館に、最後の1つはミリキン大学にある。 1860年5月9日10日イリノイ州共和党州大会ディケーター開催された。この大会で初めリンカーンは「垣根用の材を挽く候補者」(The Railsplitter Candidateリンカーン渾名になった)として、アメリカ合衆国大統領選挙出馬するお墨付き得た2008年6月6日7日リンカーン生誕200周年記念してイリノイ州共和党州大会がディケーター・カンファランスセンター・アンド・ホテルで開催された。

※この「エイブラハム・リンカーン」の解説は、「ディケーター (イリノイ州)」の解説の一部です。» 「ディケーター (イリノイ州)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エイブラハム・リンカーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エイブラハム・リンカーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エイブラハム・リンカーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
在日米国大使館在日米国大使館
この記事は「在日米国大使館」ホームページ内の、「歴代大統領のポートレート」の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイブラハム・リンカーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのエウレカセブンAO (改訂履歴)、エウレカセブンAO (改訂履歴)、ディケーター (イリノイ州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS