小惑星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 天体 > 小惑星の意味・解説 

しょう‐わくせい〔セウ‐〕【小惑星】


小惑星 Asteroid


小惑星

小惑星は名前のついているものだけでも12,000個以上

小惑星は主に火星と木星のあいだあります太陽のまわりを回る無数の天体のことを呼び、名前のついているものだけでも12,000個以上あり、起動確定し番号がついた小惑星は約10万個、発見された小惑星の総数は約26個にもおよびます(数はいずれ2005年4月現在)。小惑星は大きな惑星こわれてできたものという説と、惑星になれなかった微惑星(びわくせい)という説の2つありますが、はっきりしたことは、今もナゾのままになっています

小惑星のほとんどが火星と木星の間にある

1801年1月1日イタリア天文学者ピアジは、初め火星木星間に1つ惑星セレス」を発見しましたそのあと1802年ドイツの天文学者オルバースが「パラス」を、2004年には同じドイツの天文学者ハーディングが「ジュノー」を、そして2007年にはまたオルバースが「ベスタ」を見つけたのです。このあとも、火星木星間に小さな天体が執に発見されて、今では約6,000個の小惑星が確認されています。

小惑星「ダクティル」
小惑星「ダクティル

小惑星「ガスプラ」
小惑星「ガスプラ

いちばん大きな小惑星はセレス

小惑星はほとんどが直径100km以下の小さな天体で、岩石などからできています。形が不規則で、その表面でこぼこしてます。これまで確認されたなかでいちばん大きなものは、ピアジが見つけたセレス」と呼ばれるものです。これ1つで小惑星全部合計した重さ半分占めてます。しかし、大きといって直径が910kmで、月の1/4分ほどの大きさしかありません

地球に落ちる流星や隕石たち

宇宙の細かい岩やちりのつぶが、大気との摩擦によって燃えたものを流星といいますが、この流星なかでも特別明るいものを「火球といいます。これには大気の中で燃え切らずに、地上落ちてくるものもあります。これを隕石(いんせき)といい、地球には1年に何1,000個も落ちてきますが、そのうち見つかるのは10程度です。地球の大気中に飛び込んでくるものは火星外側にある小惑星帯からやってきたものですアメリカアリゾナ州には1万5,000年前落ちた隕石でできた大きなクレーター残ってます。

平均直径500m以下のミニ惑星イトカワ

1998 SF36は、1998年9月アメリカリンカーン研究所発見した小惑星です。2003年日本のロケット生みの親である故・糸川英夫博士にちなみ、 イトカワITOKAWA)と命名されました。最長部約535m、最短部約209mの、主に岩石質からできている原始的小惑星です。 2005年秋には小惑星探査機はやぶさ到達し科学観測行いました

小惑星「イトカワ」
小惑星「イトカワ


小惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 08:59 UTC 版)

小惑星(しょうわくせい、: : Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。


注釈

  1. ^ 実例としてはミスター・スポックを参照。
  2. ^ 一部例外あり。名前が重複している太陽系内の天体を参照。
  3. ^ 1886年に発見された (250) ベティーナのみで、以降禁止。
  4. ^ 21世紀初頭にはネタ切れのため、本人ではなく肉親が参戦した人物の名前も付けられるようになっている。
  5. ^ (66652) ボラシシはSF小説の作品中に登場する架空の神話から命名された。また、(174567)Varda、(385446)Manweは指輪物語の神格から命名された。
  6. ^ 命名された小惑星は番号順に会津宮城岩手青森茨城栃木千葉県浜通り中通り陸前高田栄村津南町である。

出典

  1. ^ Brett Gladman, J. J. Kavelaars, Jean-Marc Petit, Alessandro Morbidelli1, Matthew J. Holman, and T. Loredo The Structure of the Kuiper Belt: Size Distribution and Radial Extent The Astronomical Journal, Vol.122, No.2 (2001)
  2. ^ Center for Near Earth Object Studies, Jet Propulsion Laboratory, NASA. “Discovery Statistics”. 2021年7月6日閲覧。
  3. ^ 編:岡村定矩「2.太陽系、2.1.3.太陽系小天体の起源、a.小惑星の起源」『天文学への招待』朝倉書店、2001年。ISBN 4-254-15016-4
  4. ^ JAXA|はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について”. ISAS/JAXA (2010年11月16日). 2010年11月16日閲覧。
  5. ^ オバマ大統領、米国の新宇宙政策を発表”. 日本惑星協会 (2010年4月21日). 2010年5月30日閲覧。
  6. ^ a b c “直径10メートルの小惑星飛来、ベーリング海上空で爆発”. AFP. (2019年3月20日). p. 2. https://www.afpbb.com/articles/-/3216700?page=2 2019年3月21日閲覧。 
  7. ^ “直径10メートルの小惑星飛来、ベーリング海上空で爆発”. AFP. (2019年3月20日). p. 1. https://www.afpbb.com/articles/-/3216700 2019年3月21日閲覧。 
  8. ^ a b c ニュートン (2013-1)、p.42-43、直径10kmの小惑星衝突で生物種の70%が絶滅した
  9. ^ ニュートン (2013-1)、p.44-45、たった直径50mの小惑星衝突で、直径1.2kmの大穴ができる
  10. ^ a b c d ニュートン (2013-1)、p.48-49、地球の近くを公転する小惑星が、危険な小惑星に豹変する
  11. ^ a b c d ニュートン (2013-1)、p.58-59、宇宙船を小惑星に衝突させる計画が検討されている
  12. ^ “爆破は困難?、小惑星は思ったより硬かった 米研究”. CNN. (2019年3月8日). https://www.cnn.co.jp/fringe/35133916.html 2019年3月9日閲覧。 



小惑星(ASTEROID)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/26 15:56 UTC 版)

ボスコニアン」の記事における「小惑星(ASTEROID)」の解説

その昔巨大な惑星砕け散っ残骸自機敵機問わず接触する破壊される10点

※この「小惑星(ASTEROID)」の解説は、「ボスコニアン」の解説の一部です。
「小惑星(ASTEROID)」を含む「ボスコニアン」の記事については、「ボスコニアン」の概要を参照ください。


小惑星(劇場版『R』)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:36 UTC 版)

美少女戦士セーラームーン」の記事における「小惑星(劇場版『R』)」の解説

地球接近した小惑星。フィオレ軌道変えて地球衝突しかけ、セーラー戦士と衛の力を借りたセーラームーンの「幻の銀水晶」の力で破壊される

※この「小惑星(劇場版『R』)」の解説は、「美少女戦士セーラームーン」の解説の一部です。
「小惑星(劇場版『R』)」を含む「美少女戦士セーラームーン」の記事については、「美少女戦士セーラームーン」の概要を参照ください。


小惑星(LV-426)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:20 UTC 版)

エイリアン (映画)」の記事における「小惑星(LV-426)」の解説

銀河系外縁部に位置するレチクル座ゼータ第2星系Zeta II Reticuli)のガス状巨星周遊する小惑星。遺棄され太古の異星人宇宙船残存していた。大気組成窒素メタン高濃度炭酸ガスなどが主成分気温零下劇中では単に小惑星と呼ばれ、LV-426の名称で呼ばれるのは『2』から。

※この「小惑星(LV-426)」の解説は、「エイリアン (映画)」の解説の一部です。
「小惑星(LV-426)」を含む「エイリアン (映画)」の記事については、「エイリアン (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小惑星」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小惑星

出典:『Wiktionary』 (2021/12/08 23:24 UTC 版)

この単語漢字
しょう
第一学年
わく
常用漢字
せい
第二学年
音読み 呉音 漢音

発音

  • (東京) しょーわせー [shòówáꜜkùsèè] (中高型 – [3])
  • IPA(?): [ɕo̞ːɰᵝa̠kɯ̟̊ᵝse̞ː]

名詞

(しょうわくせい)

  1. (天文学, 天体) 太陽系天体のうち惑星準惑星より小さいもので、拡散成分のないもの。

熟語

関連語

翻訳


「小惑星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小惑星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小惑星」の関連用語

小惑星のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小惑星のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小惑星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボスコニアン (改訂履歴)、美少女戦士セーラームーン (改訂履歴)、エイリアン (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小惑星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS