2004年とは? わかりやすく解説

2004年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 03:10 UTC 版)

2004年(2004 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる閏年平成16年。


  1. ^ 外務報道官談話・グルジア大統領選挙について 外務省、2004年1月16日。
  2. ^ 大和田尚孝 (2004年2月2日). “コンピュータの“西暦2038年問題”発生、早くも日本を揺るがす”. 日経コンピュータ. http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20040202/139212/ 
  3. ^ 2004 June 8th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2017年9月16日閲覧。
  4. ^ 小林 星蘭”. テアトルアカデミー. 2021年1月10日閲覧。
  5. ^ マイケル・コリンズ 『2004年 火星への旅』草思社、1992年、216-218,226-229頁。ISBN 978-4-7942-0472-1 
  6. ^ マイケル・コリンズ 『2004年 火星への旅』草思社、1992年、255-262頁。ISBN 978-4-7942-0472-1 
  7. ^ フィリップ・K・ディック 『ザップ・ガン』東京創元社、1989年、7-12,127-130,139-155,189,275,278頁。ISBN 978-4-488-69602-3 



2004年(初演)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 15:10 UTC 版)

シブヤから遠く離れて」の記事における「2004年(初演)」の解説

3月6日 - 30日Bunkamuraシアターコクーン上演

※この「2004年(初演)」の解説は、「シブヤから遠く離れて」の解説の一部です。
「2004年(初演)」を含む「シブヤから遠く離れて」の記事については、「シブヤから遠く離れて」の概要を参照ください。


2004年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:08 UTC 版)

アトラクション (競走馬)」の記事における「2004年(3歳)」の解説

クラシック競走である1000ギニー復帰マイル初挑戦10ヶ月ぶりの出走ながら2番人気推されレースではサンデーサイレンス産駒であるサンドロップを半馬身押さえて逃げ切り、クラシックホースとなった続いて出走したアイリッシュ1000ギニーでは1番人気支持され、アレキサンダーゴールデンを1馬身差で下し史上初となる英愛1000ギニー連覇成し遂げたコロネーションステークスではさらに着差広げ後続に2馬身1/2差で勝利した8月15日初めての古馬との対戦となるファルマスステークス出走。ここでも1番人気支持されたがソヴィエトソングの2着となり、デビューからの連勝は8で止まった続いてフランス遠征しジャックルマロワ賞出走するが、重馬場影響したのか勝ち馬のウィッパーから大きく離された殿負け喫しその後メイトロンステークスではまたしてもソヴィエトソングの2着敗れたその後サンチャリオットステークス出走しシッククビ差押さえ勝利するが、競走後に脚を故障して休養入ったこの年G1競走4勝2着2回という成績を残すが、英愛オークス制覇しブリーダーズカップ・フィリー&メアターフにも勝利したウィジャボードカルティエ賞年度代表馬及び最優秀3歳牝馬選ばれたため、アトラクションカルティエ賞受賞できなかった。

※この「2004年(3歳)」の解説は、「アトラクション (競走馬)」の解説の一部です。
「2004年(3歳)」を含む「アトラクション (競走馬)」の記事については、「アトラクション (競走馬)」の概要を参照ください。


2004年(ジョーダン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 03:36 UTC 版)

ニック・ハイドフェルド」の記事における「2004年(ジョーダン)」の解説

2004年はジャンカルロ・フィジケラトレードされる形でジョーダン移籍チーム末期的な状況戦闘力の低いマシンであったが、モナコGP入賞。又、カナダGPでも入賞果たした

※この「2004年(ジョーダン)」の解説は、「ニック・ハイドフェルド」の解説の一部です。
「2004年(ジョーダン)」を含む「ニック・ハイドフェルド」の記事については、「ニック・ハイドフェルド」の概要を参照ください。


2004年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 01:57 UTC 版)

サクラプレジデント」の記事における「2004年(4歳)」の解説

休養経て2004年の初戦中山記念であったが、最後の直線鋭く伸び2着サイドワインダーに2馬身2分の1差をつけ、1分449のコースレコードタイムで重賞3勝目挙げた中山記念のあとは安田記念目標にしていたが、体調不良のため長期休養入り天皇賞(秋)復帰したものの14着と敗れ11月になって左前脚に浅屈腱炎発症したことから引退決まった

※この「2004年(4歳)」の解説は、「サクラプレジデント」の解説の一部です。
「2004年(4歳)」を含む「サクラプレジデント」の記事については、「サクラプレジデント」の概要を参照ください。


2004年(九州リーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 02:56 UTC 版)

日本電信電話公社熊本サッカー部」の記事における「2004年(九州リーグ)」の解説

熊本にJリーグチームを」というスローガンを掲げ熊本県サッカー協会中心にそれまであまり関心のなかった地元自治体協力の下、「熊本にJリーグチームを」県民推進運動本部発足される。なお、当時、実は地元自治体に対してJリーグ参入向けた協力依頼したが、内容等に折り合い付かなかったようで結局断念した、という経緯があった。

※この「2004年(九州リーグ)」の解説は、「日本電信電話公社熊本サッカー部」の解説の一部です。
「2004年(九州リーグ)」を含む「日本電信電話公社熊本サッカー部」の記事については、「日本電信電話公社熊本サッカー部」の概要を参照ください。


2004年-(超級)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 17:00 UTC 版)

山東泰山足球倶楽部」の記事における「2004年-(超級)」の解説

2005年 AFCチャンピオンズリーグ2005ACL初出場すると予選横浜FMPSMマカッサルBECテロ・サーサナグループFを6勝の予選全勝首位通過して決勝トーナメント進出した準々決勝アル・イテハド対戦したホームの第1戦を1-1引き分けアウェイ第2戦では2-7大差で敗戦合計スコア3-8準々決勝敗退決定した2006年 スーパーリーグと名称変更されてから初の優勝AFCチャンピオンズリーグ2007A3チャンピオンズカップ2007出場権獲得した2007年 2006年度中国スーパーリーグ優勝チームとして、AFCチャンピオンズリーグ2007A3チャンピオンズカップ2007出場した2回目出場となったAFCチャンピオンズリーグ2007予選城南アデレード・ユナイテッドドンタム・ロンアングループGを4勝1分1敗の2位終えた首位城南勝点で並ぶも得失点上回れずグループリーグ敗退した初出場この年最後となったA3チャンピオンズカップ2007では上海申花浦和城南一和天馬対戦し、2勝1敗で2位準優勝終えた優勝した上海申花勝点で並ぶも得失点上回れなかった。 2008年 スーパーリーグにて優勝果たす。 2009年 2008年度中国スーパーリーグ優勝チームとして、3回目出場となったAFCチャンピオンズリーグ2009予選G大阪FCソウル、スリウィジャヤのグループFを2勝1分3敗の3位終えグループリーグ敗退したスーパーリーグ4位となり、AFCチャンピオンズリーグ2010出場権獲得した2010年 2年連続4回目出場となったAFCチャンピオンズリーグ2010予選アデレード・ユナイテッド浦項広島グループHを2勝4敗でグループリーグ最下位4位終え敗退した2011年 3年連続5回目出場となったAFCチャンピオンズリーグ2011予選全北C大阪アレマ・マラングループGを2勝1分3敗の3位終えグループリーグ敗退した2013年 2013年度中国スーパーリーグ2位となり、AFCチャンピオンズリーグ2014出場権獲得した2014年 6回目出場となったAFCチャンピオンズリーグ2014予選浦項C大阪ブリーラム・ユナイテッドグループE1勝2分3敗でグループリーグ最下位4位終え敗退した2015年 呂征と耿暁鋒上海申花ライアン・マッゴーワンダンディー・ユナイテッドFC馬龍青島中能王剛SGサカベンエンスに移籍ヴァグネル・ラヴ契約解除した。 アトレチコ・ミネイロからジエゴ・タルデッリ移籍金550ユーロ獲得した2年連続7回目出場となったAFCチャンピオンズリーグ2015予選全北ビンズオングループEを2勝1分3敗の3位終えグループリーグ敗退した超級リーグ戦では185分7敗の3位終えたAFCチャンピオンズリーグ2016プレーオフ出場権獲得した2016年 AFCチャンピオンズリーグ本戦をかけて予選2回戦から出場するACLではグループリーグ突破したリーグ戦下位低迷したため、新監督としてフェリックス・マガト就任した2020年 新型コロナウイルス影響により、リーグ戦短縮された。リーグ戦では成績残さなかったが、下半期監督交代され、カップ戦優勝した2021年 クラブ名会社名入れないようにするサッカー協会の方を受けて2021年シーズンからクラブ名を「山東泰山足球倶楽部」(Shandong Taishan Football Club)へ改名した。なお、当チーム給与未払いによりACLへの参加権(ライセンス自体)が剥奪されている。 新型コロナウイルス影響により、リーグ戦前期後期分かれていたが、選手の補強などを積極的にやりつつながらリーグ戦22勝6引き分け1敗の好成績11年ぶりにリーグ優勝カップ戦上海海港に勝ち、カップ戦優勝へ。願念の「二冠王」を達成

※この「2004年-(超級)」の解説は、「山東泰山足球倶楽部」の解説の一部です。
「2004年-(超級)」を含む「山東泰山足球倶楽部」の記事については、「山東泰山足球倶楽部」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2004年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2004年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2004年」に関係したコラム

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2004年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2004年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2004年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシブヤから遠く離れて (改訂履歴)、アトラクション (競走馬) (改訂履歴)、ニック・ハイドフェルド (改訂履歴)、サクラプレジデント (改訂履歴)、日本電信電話公社熊本サッカー部 (改訂履歴)、山東泰山足球倶楽部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS