ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ソーシャル・ネットワーキング・サービスの意味・解説 

ソーシャル‐ネットワーキング‐サービス【social networking service】

読み方:そーしゃるねっとわーきんぐさーびす

エス‐エヌ‐エスSNS


SNS(ソーシャルネットワーキングサービス/ソーシャルネットワーキングサイト)

別名:ソーシャルネットワーキングサイト,ソーシャルネットワーキングサービス

SNSとはインターネット上でコミュニティ作り人間関係構築促進するサービスである。
代表的なSNSには以下のものがある。

国内
mixi
GREE
モバゲータウン
海外
Facebook
MySpace

企業内独自にSNSを作り、SNSを人材マネジメントツールとして利用するケースもある。
その場合の主な利用目的としては、以下のようなものがある

休職中の従業員復職支援(例:産休中従業員企業情報共有ツールとして用いることで、復職後情報格差緩和される
社内人間関係構築支援(例:入社前の内定者間のコミュニケーションのツールとして用いることで人間関係構築促進をする)
社内情報共有(例:業務日報などを記載させることで業務の見える化をする)

ただし、SNSを適切に運用できないと、以下の問題を引き起こすことがある

・SNSが定着することなく形骸化してしまう。
書き込むことが目的化し、業務必要のない私的な内容含まれるなど、本来の目的異なった用途用いられてしまう。

こうした問題への対策としては、SNSの利用時間限定することが考えられる(例:利用可能時間年に数回というイベントのような扱いにすることで、SNS自体ロイヤリティ向上させる)。


SNS

フルスペル:Social Networking Service, Social Networking Site
読み方エスエヌエス
別名:ソーシャルネットワーキングサービス,ソーシャルネットワーキングサイトソーシャルネットワーキング

SNSとは、参加するユーザー互いに自分の趣味好み友人社会生活などのことを公開しあったりしながら幅広いコミュニケーション取り合うことを目的としたコミュニティ型のWebサイトのことである。

SNSで提供されている主な機能としては、自分のプロフィールアバターなどを公開して自己紹介するためのマイページ機能、SNS上で交流ある友人知人登録しておけるアドレス帳機能マイページ訪問したユーザー履歴を参照できる「あしあと機能ブログのように簡単にエントリー更新できる日記帳機能、同じ趣味感性持った同士コミュニティ作れる掲示板機能、などがある。

SNSの中には既存参加者から招待される参加できるシステム採用しているものも多い。また誰でも自由に参加できるタイプのSNSもある。

SNSは、米国では2003年頃成立し日本おいても2004年頃には登場し始めた代表的なSNSとしては、MySpaceFriendsterFacebookorkutCyworldなどがあり、国内においてはmixi筆頭にGREEYahoo! Daysなどがある。また、Last.fmTwitterどのように、ある特定のサービスを主眼しながらSNSの要素を融合させているサービス数多く登場している。


参照リンク
MySpace
mixi
Web2.0のほかの用語一覧
SNS:  Retty  repin  人人網  SNS  SNS疲れ  Sparks  SNSメタボ

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 07:29 UTC 版)

ソーシャル・ネットワーキング・サービス: Social networking service; SNS)とは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスである。英語圏では "SNS" という頭字語は日常の会話で用いられておらず、social mediaや単にsocialなどと呼ぶ。


  1. ^ https://news.mynavi.jp/article/sns-1/
  2. ^ Twitterについての調査レポートP16 (PDF) - ネットマイル
  3. ^ Twitterヘルプ ツイッターとは?、2010年5月14日閲覧(2009年12月26日時点のアーカイブ
  4. ^ https://www.cnet.com/news/twitters-not-a-social-network/
  5. ^ 朝日新聞2022年2月27日 (Sunday World Economy)SNS中傷、事業者にも厳しい視線:朝日新聞デジタル
  6. ^ The Network Nation」S. Roxanne Hiltz、Murray Turoff 共著 (アジソン・ウェスレイ出版, 1978, 1993)
  7. ^ Cotriss, David (2008-05-29). “Where are they now: TheGlobe.com”. The Industry Standard. https://www.infoworld.com/news/2008/05/29/where-are-they-now-theglobe-com. 
  8. ^ Romm-Livermore, C.、Setzekorn, K. 共著 (2008). Social Networking Communities and E-Dating Services: Concepts and Implications.、IGI グローバル社. 271頁
  9. ^ Knapp, E.著 (2006). A Parent's Guide to Myspace. DayDream Publishers. ISBN 1-4196-4146-8
  10. ^ Over 200 social networking sites、インフォジュース ウェブサイト、2008年1月19日掲載
  11. ^ Steve Rosenbush 著 (2005). News Corp.'s Place in MySpace、ビジネスウィーク誌, July 19, 2005. (MySpace 閲覧数の図)
  12. ^ "Social graph-iti": Facebook's social network graphing、エコノミスト誌 ウェブサイトの記事、2008年1月19日
  13. ^ セカンドライフはなぜ失敗したのか、そしてclusterはVRリビングルームで何を目指すのか? | TechCrunch Japan
  14. ^ myprofile.jp(フレンド相互リンク機能は2003年公開。2010年終了)
  15. ^ GOCOO閉鎖[1] [リンク切れ]
  16. ^ ブログ・SNSの経済効果の推計 平成21年7月 総務省情報通信政策研究所 調査研究部 (2009)
  17. ^ a b 平成の終わりに、“日本が生んだソーシャルメディア”、mixiを振り返る | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)
  18. ^ “LINE1億人突破、次の標的”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2013年1月18日). https://toyokeizai.net/articles/-/12564 2013年1月18日閲覧。 
  19. ^ なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち : 深読み : 読売新聞オンライン
  20. ^ 最新調査によれば、今の若者は(も)Facebook、Twitterがおキライ | ギズモード・ジャパン
  21. ^ 6-4 未成年者が使う場合”. 総務省 - 財団法人地方自治情報センター. 2015年5月21日閲覧。
  22. ^ 西川義経. “瞳に映る景色で住所特定……地下アイドルストーカー「住居侵入・強制わいせつ致傷」の異常手口”. 文春オンライン. 2020年7月8日閲覧。
  23. ^ ストーカー、「瞳に映った景色」で女性の自宅を特定 日本」『BBCニュース』、2019年10月11日。2020年7月8日閲覧。
  24. ^ “SNS通じ犯罪被害の子ども、最多 昨年2082人、中学生が大幅増加:朝日新聞デジタル”. (2020年3月14日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14402504.html 
  25. ^ a b Salamon, Maureen (2022年5月1日). “Scroll smarter to protect your mental health” (英語). Harvard Health. 2022年5月4日閲覧。
  26. ^ SNS上で他人と自分を比較してばかりいる人はうつ症状であることが非常に多いことが判明
  27. ^ フェイスブックやめると幸せに? デンマークで千人調査
  28. ^ 上司が友達申請・いいね強要…「ソーハラ」増加 読売新聞 2013年1月10日
  29. ^ SNSの誹謗中傷減らすサイト開設 法務省など”. FNNプライムオンライン. 2020年8月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月23日閲覧。
  30. ^ 地震でデマ情報拡散 “冷静に行動を”|NHKニュース 2018年6月18日) - ウェイバックマシン(2018年6月24日アーカイブ分)
  31. ^ 東名高速事故でデマ情報拡散 11人を書類送検|NHKニュース 2018年6月19日) - ウェイバックマシン(2018年6月24日アーカイブ分)
  32. ^ a b 福長秀彦「「北海道胆振東部地震」と流言の拡散SNS時代の拡散抑制を考える」『放送研究と調査』第69巻第2号、NHK放送文化研究所、2019年、 48-70頁、 doi:10.24634/bunken.69.2_48
  33. ^ a b 岩橋瑠伊, 矢吹太朗「SNSにおいてフェイクニュースを拡散するユーザの特徴抽出」『第80回全国大会講演論文集』第2018巻第1号、2018年3月、 113-114頁、 NAID 170000176890
  34. ^ a b c SNSのニュース「信用しない」87% 日本経済新聞 2017/1/26 2:00


「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の続きの解説一覧

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 14:55 UTC 版)

つながりの社会性」の記事における「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の解説

ゼロ年代半ば頃から、mixiTwitterといったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が興隆しているが、そこでは他者からなんらかのコメントをもらうという行為自体によって自分がだれかから気にかけられていることを確認するといった形式的なコミュニケーション作法がとられ、これらもつながりの社会性浮上象徴するものと考えられる。特にmixiの「足あと機能 は、利用者がそのページアクセスしたという形式的事実ログとして保存するという意味つながりの社会性支えアーキテクチャといえる動画共有サービスサイトの中でも、動画コメント書き込む機能備えたニコニコ動画Youtubeなどの他サイトよりもより強固なつながりの社会性適応した設計なされており、動画自体見えなくなるほど大量のコメント一斉に書き込まれ現象いわゆる弾幕)が頻繁に確認されることからも、動画内容自体よりもそれを媒介として他のユーザー一体感共有したコミュニケーションとったりすることが重要視されるというつながりの社会性志向みてとれる実際にはニコニコ動画では同一の動画コンテンツ視聴するユーザー間は同じ時間共有させているのではなくシステムの設計によって擬似的同期性得られているだけであり、つながりの社会性においては実は「現実につながること」ではなくつながっている感覚を得ること」が求められているのであるという見方もできる。

※この「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の解説は、「つながりの社会性」の解説の一部です。
「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」を含む「つながりの社会性」の記事については、「つながりの社会性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ソーシャルネットワーキングサービス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の関連用語

ソーシャル・ネットワーキング・サービスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソーシャル・ネットワーキング・サービスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSNSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソーシャル・ネットワーキング・サービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのつながりの社会性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS